鉄炮記

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

原文[編集]

  鐵炮記  代種子嶋久時公

隅州之南有一嶋去州一十八里名曰種子我祖世々居焉古來相傳嶋名種子者此嶋雖小其居民庶而且冨譬如播種之下一種子而生々無窮是故名焉先是天文癸卯秋八月二十五丁酉我西村小浦有一大舩不知自何國來舩客百餘人其形不類其語不通見者以爲竒怪矣其中有大明儒生一人名五峯者今不詳其姓字時西村主宰有織部丞者頗觧文字偶遇五峯以杖書於沙上云舩中之客不知何國人也何其形之異哉五峯即書云此是西南蠻種之賈胡也粗雖知君臣之義未知禮貌之在其中是故其飮也杯飮而不杯其食也手食而不箸徒知嗜欲之愜其情不知文字之通其理也故謂賈胡到一處輙止此其種也以其所有易其所無而巳非可怪者矣於是織部丞又書云是去十又三里有一津津名赤尾木我所由頼之宗子世々所居之地也津口有數千戸々富家昌而南商北賈往還如織今雖繋舩於此不若要津之深而且不漣之愈也告之於我祖父惠時與老父時堯々々即使扁艇數十拏之至於二十七日巳亥入舩於赤尾木津丁斯之時津有忠首座者日州龍源之徒也欲聞法華一乗之妙寓止津口終攺禪爲法華之徒號曰住乗院殆通經書揮筆敏捷偶遇五峯以文字通言語五峯亦以爲知巳之在異邦也所謂同聲相應同氣相求者也賈胡之長有二人一曰牟良叔舎一曰喜利志多侘孟太手携一物長二三尺其爲體也中通外直而以重爲質其中雖常通其底要密塞其傍有一穴通火之路也形象無物之可比倫也其爲用也入妙藥於其中𣷹以小團鈆先置一小白於岸畔親手一物修其身眇其目而自其一穴放火則莫不立中矣其發也如掣電之光其鳴也如驚雷之轟聞者莫不掩其耳矣置一小白者如射者之捿鵠於侯中之比也此物一發而銀山可摧鐵壁可穿姦宄之爲仇於人之國者觸之則立䘮其魄况於麇鹿之禍於苗稼者乎其用於世者不可勝數矣時堯見之以爲希世之珍矣始不知其何名亦不詳其爲何用旣而人名爲鐵炮者不知明人之所名乎抑不知我一嶋者之所名乎一日時堯重譯謂二人蛮種曰我非曰能之願學焉蠻種亦重譯荅曰君若欲學之我亦罄其藴奧以告焉時堯曰藴奧可得聞乎蛮種曰在正心與眇目而巳時堯曰正心者先聖之所以教人而我之所以學之也大凢天下之理不從事於斯動靜云爲自不能無差矣公之所謂正心豈復有異乎眇目者其明不足以燭逺如之何而眇其目乎蛮種荅曰夫物要守約守約者以愽見爲未至矣眇目者非見之不明欲守其約以致之逺也君其察之時堯喜曰老子之所謂見小曰明其斯之謂欤是𫞓重九之節日在辛亥涓取良辰試入妙藥與小團鈆於其中置一小白於百歩之外放之火則其殆庶幾乎時人始而驚中而恐而畏之終而翕然亦曰願學時堯不言其價之高而難及而求蛮種之二鐵炮以爲家珍矣其妙藥之擣篩和合之法令小臣篠川小四郞學之時堯朝磨夕淬勤而不已嚮之殆庶者於是百發百中無一失者矣於此之時紀州根來寺有杉坊某公者不逺千里欲求我鐵炮時堯感人之求之之深也其心觧之曰昔者徐君好季札劔徐君雖口弗敢言季札巳心知之終觧寶劔吾嶋雖褊小何敢愛一物且復我不求自得喜而不寐十襲祕之而况求而不得豈復快於心欤我之所好亦人之所好也我豈敢獨私於巳而韞匵而藏諸即遣津田監物丞持以贈其一於杉坊矣且使之知妙藥之法與放火之道也時堯把玩之餘使鐵匠數人熟視其形象月鍛季錬新欲製之其形制頗雖似之不知其底之所以塞之其翌年蛮種賈胡復來於我嶋熊野一浦々名熊野者亦小廬山小天竺之比也賈胡之中幸有一人鐵匠時堯以爲天之所授即使金兵衛尉清定者學其底之所塞漸經時月知其卷而藏之於是𫞓餘而新製數十之鐵炮然後製造其䑓之形制與其飾之如鍵鑰者時堯之意不在其䑓與其飾在乎可用之於行軍之時也於是乎家臣之在遐迩者視而效之百發百中者亦不知其幾多矣其後和泉界有橘屋又三郞者商客之徒也寓止我嶋者一二年而學鐵炮者殆熟矣歸旋之後人皆不名而呼曰鐵炮又矣然後畿内之近邦皆傳而習之非翅畿内関西之得而學之而巳関東亦然我嘗聞之於故老曰天文壬寅癸卯之交新貢之三大舩將南遊大明國於是畿内以西富家子弟進爲商客者殆乎千人擑師篙師之操舟如神者數百人艤舩於我小嶋旣而待天之時觧䌫齊𣓤望洋向若不幸而狂風掀海怒濤捲䨮坤軸亦欲折吁時耶命耶一貢舩檣傾擑摧化鳥有去二貢舩漸而達於大明國𡨴波府三貢舩不得乗而回我小嶋翌年再觧其䌫遂南遊之志飽載海貨蛮珍將歸我朝大洋之中黒風忽起不知西東舩遂飄蕩達於東海道伊豆州々人掠取其貨商客亦失其所舩中有我僕臣松下五郎三郎者手携鐵炮旣發而莫不中其鵠矣州人見而竒之𥨖伺傚慕有多學之者矣自茲以降関東八州暨率土之濵莫不傳而習之今夫此物行乎我朝也盖六十有餘年矣鶴髮之翁猶有明記之者矣是知嚮之蠻種二鐵炮我時堯求之學之一發而聳動於扶桑六十州且復使鐵匠知製之之道而徧於五畿七道然則鐵炮之𫞐輿於我種子嶋也明矣昔者採一種子之生々無窮之義名我嶋者今以爲符其䜟矣古曰先德有善不能昭々於世者後世之過也因而書之

 慶長十一年丙午重陽節

[編集]

鐵 炮 記 南浦文集 (原文漢文)

代種子島久時公

隅州ノ南ニ一島アリ州ヲ去ルコト十八里名ケテ種子卜云フ我祖世々焉ニ居ル古來相傳フ島名ヲ種子卜云フハ此島小ナリト雖トモ其ノ居民庶ニシテ且ツ富ム譬ヘハ播種ハ一粒ナルモ其ノ實ハ無窮ナルカ如シ此ノ故ニ名クト云フ是ヨリ先キ天文癸卯秋八月二十五日丁酉ニ當ル我カ西村ノ小浦ニ一大船アリ何ノ國ヨリ來ルヲ知ラス船客百餘人其ノ形ハ不類ニシテ其ノ語ハ不通ナリ見ル者以テ奇怪ト爲ス其ノ中大明儒生一人アリ名ヲ五峯卜云フモ其ノ姓ト字トハ詳カナラス時ニ西村ノ主宰ニ織部丞ナルモノアリ頗ル文字ヲ解ス偶マ五峯ニ遇ヒ杖ヲ以テ沙上ニ書テ曰ク船中ノ客何レノ國ノ人タルヲ知ラス何ソ其ノ形ノ異ナルヤ五峯卽チ書シテ曰ク此レハ是レ西南蠻種ノ賈胡ナリ粗ホ君臣ノ義ヲ知ルト雖トモ未タ禮貌ノ其ノ中ニ在ルヲ知ラス是ノ故ニ其ノ飮ムヤ杯飮シテ杯セス其ノ食フヤ手食シテ箸セス徒ニ嗜欲ノ其ノ情ヲ愜スルヲ知リテ文字ノ其ノ理ヲ通スルヲ知ラス謂ユル賈胡一處ニ到レハ輙チ止ル此レ其ノ種ナリ其ノ有ル所ヲ以テ其ノ無キ所ニ易フルノミ怪ムヘキ者ニ非ルナリ是ニ於テ織部丞又書シテ云ク此ヲ去ルコト十三里一津アリ津ノ名ヲ赤尾木卜云フ我カ由賴スル所ノ宗子世々居ル所ノ地ナリ津口數千戶ニシテ戶富家昌ニシテ南商北買往還織ルカ如シ此ニ船ヲ繫カンヨリハ要津水深ク且ツ波ナキノ愈キニ若カサルナリ之ヲ我祖父惠時ト老父時堯トニ吿ク時堯卽チ扁艇數十ヲシテ之ヲ挈カシメ二十七日ヲ以テ船ヲ赤尾木ノ津ニ入ル斯ノ時ニ當リ忠首座ト云フ者アリ日州ノ龍源ノ徙ナリ法華一乘ノ妙ヲ聞カント欲シテ寓シテ津口ニ止マリ終ニ禪ヲ改メテ法華ノ徒卜爲リ號シテ住乘院ト云フ殆ント經書ニ通シ筆ヲ揮フコト敏捷ナリ偶マ五峯ニ遇ヒ文字ヲ以テ言語ヲ通ス五峯亦知己ノ異邦ニ在ル思ヒアリ謂ハユル同聲相應シ同氣相求ムルモノナリ賈胡ノ長二人アリ一ヲ牟良叔舍卜云ヒ一ヲ喜利志多佗孟太ト云フ手ニ一物ヲ携フ長サ二三尺其ノ體タルヤ中通ニシテ外ハ直ニ重キヲ以テ質ト爲ス其ノ中ハ常通ナリト雖トモ其ノ底要ハ密塞シ其ノ傍ニ一穴アリ火ヲ通スルノ路ナリ形象物ノ比倫スヘキ無シ其ノ用タルヤ妙藥ヲ其ノ中ニ入レ添フルニ小團鉛ヲ以テシ先ツ一小白ヲ岸畔ニ置キ親ラ一物ヲ手ニシ其ノ身ヲ修メ其ノ目ヲ眇ニシ而シテ其ノ一穴ヨリ火ヲ放テハ則チ立ロニ中ラサルナシ其ノ發スルヤ掣電ノ光リノ如ク其ノ鳴ルヤ驚雷ノ轟クカ如シ聞ク者其ノ耳ヲ掩ハサルハ莫シ一小白ヲ置クハ射者ノ候中ニ捿鵠スルノ比ヒナリ此ノ物一タヒ發シテ銀山モ摧クへク鐡壁モ穿ツヘシ姦宄ノ人ノ國ニ仇ヲ爲スモノ之ニ觸ルレハ則チ立ロニ其ノ魄ヲ喪ハン况ンヤ糜鹿之苗稼ニ禍スルモノニ於テヲヤ其ノ世ニ用ヒラルルモノ勝テ數フヘカラサルナリ時堯之ヲ見テ思ヒラク稀世ノ珍ナリ卜始メ其ノ何ノ名タルヲ知ラス亦其ノ何ノ用タルヲ詳ニセス旣ニシテ人名ケテ鐡炮ト爲セルハ知ラス明人ノ名クル所ナルカ抑モ知ラス我一島者ノ名クル所ナルカ一日時堯重譯シテ二人ノ蠻種ニ謂テ曰ク我レ之ヲ能クスト曰フニ非ルモ願クハ之ヲ學ハン蠻種モ亦重譯シテ答テ曰ク君若シ之ヲ學ハント欲セハ我モ亦其ノ蘊奧ヲ罄シテ以テ吿ケン時堯曰ク蘊奧聞クヲ得へキカ蠻種曰ク心ヲ正フスルト目ヲ眇ニスルトニ在ルノミ時堯曰ク正心ハ先聖ノ人ニ敎フル所以二シテ我ノ之ヲ學フ所以ナリ大凡天下ノ理ハ事ニ斯ニ從ハサレハ動靜トモニ自ラ無差ナル能ハス公ノ謂フ所ノ正心ハ豈復異ルアランヤ片目ヲ塞キテハ遠ヲ見ルニ不便ナリ然ルニ何故ニ眇目スルヤ蠻種答テ曰ク夫レ物ハ約ヲ守ルヲ要ス約ヲ守ルモノハ博見ヲ以テ未至ト爲ス其ノ約ヲ守リテ遠キニ致サントスルハ眇目ノ主看ナリ君夫レ之ヲ察セヨ時堯喜テ曰ク老子ノ謂ハユル小ヲ見ルヲ明 卜曰フトハ夫レ斯レノ故カ是ノ歲重九ノ佳節ハ辛亥ニ當ル此ノ良辰ヲ以テ試ミニ妙藥ト小團鉛トヲ入レ一小白ヲ百步ノ外二置キ之ニ火ヲ放テハ則チ其レ殆ント庶幾セリ時人始ハ驚キ中コロ恐レテ之ヲ畏レ終ニ翕然トシテ亦曰ク願クハ學ハント時堯其ノ價ノ高クシテ及ヒ難キヲ言ハス蠻種ノ二鐵炮ヲ求メ以テ家珍ト爲ス其ノ妙藥ノ擣篩和合ノ法ハ小臣篠川小四郞ヲシテ之ヲ學ハシム時堯朝ニ磨シ夕ニ碎シ勤テ已マス嚮ニ殆ント庶キモノ是ニ於テ百發百中シテ一失無キニ至ル此ノ時二於テ紀州根來寺ノ杉坊某公ナルモノアリ千里ヲ遠ホシトセスシテ我鐵炮ヲ求メント欲ス時堯人ノ之ヲ求ムルノ深キヲ感シ其ノ心ニ之ヲ解シテ曰ク昔者徐君季札ノ劎ヲ好ム徐君曰敢テ言ハサルモ李札心ニ已ニ之ヲ知リ終二寶劎ヲ解ク吾島褊小ナリト雖トモ何ソ敢テ一物ヲ愛マンヤ且ツ復我ハ求メスシテ自ラ得テ喜テ寢ネス十襲之ヲ祕セリ而ルヲ况ンヤ求メテ得スンハ豈心ニ快カランヤ我ノ好ム所亦人ノ好ム所ナリ我豈敢テ獨リ己レノ韞匵ヲ私シシテ之ヲ藏センヤ卽チ津田監物ヲ遣シ特ニ其ノ一ヲ杉坊ニ贈リ且ツ之ヲシテ妙藥ノ法ト放火ノ道トヲ知ラシム時堯把玩ノ餘リ鐡匠數人ヲシテ其ノ形象ヲ熟視セシメ月ニ鍛へ季ニ鍊リ新ニ之ヲ製セント欲ス其ノ形制頗ル之ニ似タリト雖トモ其ノ底ノ之ヲ塞ク所以ヲ知ラス其ノ翌年蠻種賈胡復我島熊野浦ニ來ル浦ノ名熊野ナルハ亦小廬山小天竺ノ比ヒナリ賈胡ノ中ニ幸ニ一人ノ鐡匠アリ時堯以爲ラク天ノ授クル所ナリ卽チ金丘衞尉淸定ヲシテ其ノ底ノ塞ク所ヲ學ハシム漸ク時月ヲ經テ其ノ卷テ之ヲ藏スルヲ知ル於是歲餘ニシテ數十ノ鐵炮ヲ新製ス然ル後其ノ臺ノ形制ト其ノ飾ノ鍵鑰ノ如キモノトヲ製造ス時堯ノ意ハ其ノ臺卜其ノ飾トニアラスシテ之ヲ行軍ノ時ニ用フヘキカニ在リキ是ニ於テカ家臣ノ遐邇ニ在ルモノ視テ之ニ效フ百發百中スル者亦其ノ幾多ナルヲ知ラス其ノ後和泉界ニ橘屋又三郞ナルモノアリ商客ノ徙ナリ我島ニ萬止スルコト一二年ニシテ鐵炮ヲ學ヒ殆ント熟ス歸旋ノ後人 歸旋ノ皆名ヲ呼ハスシナ鐡炮又ト云フ然ル後畿內ノ近邦皆傳テ之ヲ習フ畿內關西ノ得テ之ヲ學フノミナラス關東モ亦然リ然レトモ我甞テ之ヲ故老ニ聞ク曰ク天文壬寅癸卯ノ交新貢ノ三大船將ニ大明國ニ遊ハントス是ニ於テ幾內以西ノ富豪ノ子弟進ンテ商客トナルモノ殆ント千人檝師篙師ノ舟ヲ操ルコト神ノ如キモノ數百人船ヲ我小島ニ艤ス旣ニシテ天ノ時ヲ待テ纜ヲ解キ撓ヲ齊ウシテ望洋向若ス不幸ニシテ狂風海ヲ掀シ怒濤雪ヲ捲キ坤軸亦折レントス吁時ナルカナ命ナルカナ一貢船ハ檣傾キ檝摧ケ鳥ト化シテ去ルアリ二貢船ハ漸クニシテ大明國寧坡府ニ達シ三貢船ハ乘ルヲ得スシテ我小島ニ囘ル翌年再ヒ其ノ纜ヲ解キ南遊ノ志ヲ遂ケ飽ク迄海貨蠻珍ヲ載セテ我朝ニ歸ラントス大洋ノ中黑風忽チ起リ西東ヲ知ラス船遂ニ飄蕩シテ東海道伊豆州ニ達ス州人其ノ貨ヲ掠メ取リ商客亦其ノ所ヲ失フ船中ニ我僕臣松下五郞三郞ナルモノアリ手ニ鐡炮ヲ携ヘ旣ニ發スレハ其ノ鵠ニ中ラサルモノナシ州人見テ之ヲ奇トシ窺伺傚慕シテ多ク之ヲ學フモノアリ玆ヨリ以降關東八州率土ノ濱傳テ之ヲ習ハサルモノナシ今夫レ此ノ物 我朝ニ行ハルルヤ蓋六十有餘年ナリ鶴髮ノ翁モ猶之ヲ明記スルモノアリ是レ知ルヘシ嚮キノ蠻種二鐵炮我時堯之ヲ求メ之ヲ學ヒ一タヒ發シテ扶桑六十州ヲ聳動シタルヲ且ツ復鐵匠ヲシテ之ヲ製ルノ道ヲ知ラシメ五畿七道ニ徧キヲ然ラハ則チ鐡炮ノ我種子島ニ權輿スルハ明ナリ昔者一種子ノ世々無窮ノ義ヲ採リテ我島ニ名クルモノ今以テ其ノ識ヲ符スト爲ス古ニ曰ク光德善アリテ世ニ昭々タル能ハサルハ後世ノ過ナリト因テ之ヲ書ス

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 

この著作物は、1932年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。