金銅小野毛人墓誌

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

原文[編集]

表面[編集]

飛鳥浄御原宮治天下天皇御朝任太政官兼刑部大卿位大錦上

裏面[編集]

小野毛人朝臣之墓営造歳次丁丑年十二月上旬即葬

書き下し文[編集]

飛鳥浄御原宮に天の下治す天皇の御朝で、太政官、兼刑部大卿、大錦上の位を任ぜられる。

小野毛人朝臣の墓。歳次丁丑年十二月上旬に営造し即ち葬る。

現代語訳[編集]

飛鳥浄御原宮で天下を治める天皇[1]の朝廷で、太政官刑部大卿を兼職し、大錦上の位を任じられる。

小野朝臣毛人の墓。丁丑の年[2]の十二月上旬に造営しすぐに葬られる。

脚注[編集]

  1. 天武天皇のこと。
  2. ユリウス暦677年頃を指す。
この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この作品は1926年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。