豫納金手續 (明治23年行政裁判所告示第2号)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


行政裁判所吿示第二號

行政訴訟豫納金手續左ノ通相定ム

明治二十三年十一月十九日 行政裁判所長官  男爵槇村正直

豫納金手續

第一條  行政訴訟ヲ爲ス者ハ臨時特別費ヲ除クノ外訴訟提出ノ際ニ於テ書類送達等ノ費用ニ充ツル爲メ金貳圓ヲ豫納スヘシ

第二條  豫納ヲ爲サシトスル者ハ當廳の保管金送付書ヲ以テ之ニ金員ヲ添ヘ大藏省預金局ニ納付スヘシ

第三條  第一條ノ豫納金ニ於テ仍ホ不足ナルトキハ追納セシムルコトアルヘシ

追納手續モ亦前條ニ依ルヘシ

第四條  豫納金ノ殘額アルトキハ訴訟事件終局ノ後之ヲ還付ス

この著作物は1925年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。