讀易象

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
白文 書き下し文 訳文
書房兀坐萬機休 書房ニ兀坐スル萬ノ機ガ休ム 書房に兀座している俗世の機縁が全て切ってしまいました
日暖風和草色幽 日ガ暖カッテ、風ガ和イデ、草ノ色モみどりニナリ (そうしたら)天気は良くなり、風は凪なり、草の色は前よりももっときれいになったそうです
誰道兩千年遠事 誰ガ兩千年ニ遠イ事ヲ道レルカ これから二千年の事は誰が知るのか
而今只在眼前頭 而シ今ハ只ノ眼ノ前ノ頭 しかし今、それを全部私の目の前にいる

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。