警察手眼/警察要旨

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

警察手眼

 川路大警視 述 佐和  正 校閱 
植松 直久 編纂 
警察要旨

 行政警察ハ豫防ヲ以テ本質トス則人民ヲシテ過チナカラシメ罪ニ陷ラザラシメ損害ヲ受ケザラシメ以テ公同ノ福利ヲ增益スルヲ要スル也

 陸海軍ハ外部ヲ護スル甲兵也警察ハ內部ヲ補フ藥餌也敵國外患ハ兇暴威迫ノ徒也此等兇徒ノ爲ニ威迫セラレンニ强壯健全ナル筋力ヲ以テ挺刃ヲ自在ニ使用シ一身ヲ守護セザルベカラズ若夫平常ノ保養ナク身體嬴弱ナルガ如キハ如何ナル精良ナル挺刃アルモ之ヲ使用スルノ氣力ナクシテ終ニ其斃ルヽヲ竢ノミ然レバ人身ノ健全モ國家ノ健全モ其理一ニシテ此健全ヲ保ツハ皆平常ノ治療ニアリ故ニ警察事務ノ皇張ハ我日本帝國ノ健全ヲ大ニ攝養スル所以也

 一國ハ一家也政府ハ父母也人民ハ子也警察ハ其保傅也我國ノ如キ開化未ダ洽子カラザルノ民ハ最モ幼者ト看做サヾルヲ得ズ此幼者ヲ生育スルハ保傅ノ看護ニ依ラザル可ラズ故ニ警察ハ今日我國ノ急務ト爲サヾルヲ得ザルノ理アル也

 警察官タル者ハ能ク行政司法兩警察ノ權限ヲ領會ス可シ其一例ヲ擧ン爰ニ人アリ爭鬪ヲ生ゼリ之ヲ停止和解スルハ行政ノ權也既ニ毆傷ヲ爲ス者ヲ捕押スル等ハ司法ノ權也其事相牽連シ一人ニシテ兩箇ノ權ヲ行フト雖モ判然區域アル者トス

 東京地方長官ハ他府縣長官ノ行政權ヲ一統轄ニ歸スル者ト頗ル其體裁ヲ異ニセリ何トナレバ警視廳東京府兩立シテ行政事務ヲ分任シ而テ警視廳ハ警察ノ政ヲ行フ者ナレバ他

 國法汎論ニ曰命令或ハ禁止ノ權ヲ施行スル事ノ緊要ナルニ方テハ權力ナル警察專ラ主トナリテ事務ハ之ニ從屬ス權力ナル警保决シテ事務ニ隨行スルニアラズト格言ト謂フベシ