警察手眼

提供: Wikisource
Jump to navigation Jump to search
警 察 手 眼
明治十二年十月廿四日版權屆
警 察 手 眼
警 視 局 藏 版
緖言

吾長官川路君僚屬テ諭󠄃ス每ニ劄記スル所󠄁ノ片󠄂言隻字積テ堆ヲ成ス子其散逸󠄉ヲ惜ミ植󠄂松直久二嘱シ類次󠄁セシム頃日編纂成ルヲ吿ク展テ之ヲ讀ム其文字タル華麗ノ辭ヲ飾󠄁ラズ的確明瞭所󠄁謂一棒一條痕一摑一掌血ノミ乃チ之ヲ名ケテ警察手眼トス盖シ手快眼明ノ意ニ取ルト云爾

明治九年九月下旬  權中警視丁野遠󠄃影識

本文[編集]

著作者は1918年に亡くなっているので、この著作物は、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後70年以下(団体著作物にあっては公表後又は創作後)である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。