論語 (漢文叢書)/里仁第四

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


里仁りじん第四


四之一

子曰:「里仁爲美。擇不處仁,焉得知?」

〈子曰く、じんるをす、えらんでじんらざれば、いづくんぞたるをん。〉


四之二

子曰:「不仁者,不可以久處約,不可以長處樂。仁者安仁;知者利仁。」

〈子曰く、不仁者ふじんしやもつひさしくやくからず、もつながらくからず、仁者じんしやは仁にやすんじ、知者ちしやは仁をす。〉


四之三

子曰:「惟仁者能好人,能惡人。」

〈子曰く、たゞ仁者じんしやひとこのみ、ひとにくむ。〉


四之四

子曰:「苟志於仁矣,無惡也。」

〈子曰く、いやしくじんこゝろざさばあくなきなり。〉


四之五

子曰:「富與貴,是人之所欲也,不以其道得之,不處也。貧與賤,是人之所惡也;不以其道得之,不去也。君子去仁,惡乎成名?君子無終食之閒違仁,造次必於是,顚沛必於是。」

曰く、とみたふときとは、ひとほつするところなり、みちもつれをざれば、らざるなり。まづしきいやしきとは、ひとにくところなり、みちもつれをざれば、らざるなり。君子くんしじんを去りていづくにかさん、君子はしよくふるのあひだじんたがふことなし、造次ざうじにもかならこゝおいてし、顚沛てんぱいにもかならこゝおいてす。〉


四之六

子曰:「我未見好仁者,惡不仁者。好仁者,無以尙之;惡不仁者,其爲仁矣。不使不仁者加乎其身。有能一日用其力於仁矣乎?我未見力不足者!蓋有之矣,我未之見也。」

〈子曰く、われいまじんこのもの不仁ふじんにくものず、じんこのものもつれにくはふるなし、不仁ふじんにくものも、れ仁たり、不仁者をして其身そのみくはへしめざればなり、一日いちじつ其力そのちからじんもちふるらんか、われ未だちかららざるものず、けだらん、われいまれをざるなり。〉


四之七

子曰:「人之過也,各於其黨。觀過,斯知仁矣。」

〈子曰く、ひとあやまちや、おの其黨そのたうおいてす、あやまちればこゝじんる。〉


四之八

子曰:「朝聞道,夕死可矣!」

〈子曰く、あしたみちかば、ゆふべすともなり。〉


四之九

子曰:「士志於道,而恥惡衣惡食者,未足與議也!」

〈子曰く、みちこゝろざして、惡衣あくい惡食あくしよくづるものは、いまともはかるにらざるなり。〉


四之十

子曰:「君子之於天下也,無適也,無莫也,義之與比。」

〈子曰く、君子くんし天下てんかけるや、てきなきなり、ばくなきなり、れとともしたがふ。〉


四之十一

子曰:「君子懷德,小人懷土;君子懷刑,小人懷惠。」

〈子曰く、君子くんしとくおもへば、小人せうじんおもひ、君子はけいおもへば、小人せうじんけいおもふ。〉


四之十二

子曰:「放於利而行,多怨。」

〈子曰く、りておこなへば、うらおほし。〉


四之十三

子曰:「能以禮讓爲國乎,何有?不能以禮讓爲國,如禮何?」

〈子曰く、禮讓れいじやうもつくにをさめんか、なにらん、禮讓れいじやうもつくにをさむることあたはざれば、れい如何いかにせん。〉


四之十四

子曰:「不患無位,患所以立。不患莫己知,求爲可知也。」

〈子曰く、くらゐなきをうれへず、所以ゆゑんうれふ、おのれきをうれへず、らるきをすをもとむるなり。〉


四之十五

子曰:「參乎!吾道一以貫之。」曾子曰:「唯。」子出,門人問曰:「何謂也?」曾子曰:「夫子之道,忠恕而已矣!」

〈子曰く、しんか、みちいつもつれをつらぬく。曾子そうし曰く、づ。門人もんじんふ、いはなんひぞや。曾子そうしいはく、夫子ふうしの道は、忠恕ちうじよのみ。〉


四之十六

子曰:「君子喻於義,小人喻於利。」

〈子曰く、君子くんしさとり、小人せうじんさとる。〉


四之十七

子曰:「見賢思齊焉,見不賢而內自省也。」

〈子曰く、けんてはひとしからんことをおもひ、不賢ふけんてはうちみづかかへりみるなり。〉


四之十八

子曰:「事父母幾諫;見志不從,又敬而不違,勞而不怨。」

〈子曰く、父母ふぼつかふるには幾諫きかんす、こゝろざししたがはざるをては、またけいしてたがはず、らうしてうらみず。〉


四之十九

子曰:「父母在,不遠遊;遊必有方。」

〈子曰く、父母ふぼいませば、とほあそばず、あそべばかならはうり。〉


四之二十

子曰:「三年無改於父之道,可謂孝矣。」

〈子曰く、三年さんねんちゝみちあらたむるなき、かうふ可し。〉


四之二一

子曰:「父母之年,不可不知也。一則以喜,一則以懼。」

〈子曰く、父母ふぼとしは、らざるからざるなり、いつすなはもつよろこび、いつすなはもつおそる。〉


四之二二

子曰:「古者言之不出,恥躬之不逮也。」

〈子曰く、古者こしやげんいださざるは、およばざるをづればなり。〉


四之二三

子曰:「以約失之者,鮮矣。」

〈子曰く、やくもつれをうしなものすくなし。〉


四之二四

子曰:「君子欲訥於言而敏於行。」

〈子曰く、君子くんしげんとつにしておこなひびんならんことをほつす。〉


四之二五

子曰:「德不孤,必有鄰。」

〈子曰く、とくならず、かならとなりり。〉


四之二六

子游曰:「事君數,斯辱矣。朋友數,斯疏矣。」

子游しいういはく、きみつかへてしばしばすれば、こゝはづかしめらる、朋友ほういうしばしばすれば、こゝうとんぜらる。〉