論語 (漢文叢書)/公冶長第五

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


卷之三

公冶長こうやちやう第五


五之一

子謂公冶長,「可妻也;雖在縲絏之中,非其罪也。」以其子妻之。

公冶長こうやちやうふ。めあはすきなり、縲絏るゐせつうちりといへども、其つみあらざるなりと。其もつて之れにめあはす。〉


五之二

子謂南容,「邦有道,不廢;邦無道,免於刑戮。」以其兄之子妻之。

南容なんようふ。くにみちあればてられず、くにみちきも刑戮けいりくまぬがると。其あにもつて之れにめあはす。〉


五之三

子謂子賤:「君子哉若人!魯無君子者,斯焉取斯?」

子賤しせんふ、君子くんしなるかな、かくのごとひと君子くんしなる者くば、斯れいづくんぞれをらんと。〉


五之四

子貢問曰:「賜也何如?」子曰:「女器也」。曰:「何器也?」曰:「瑚璉也。」

子貢しこううていはく、如何いかん。子曰く、なんぢなり。曰く、なんぞ。曰く、瑚璉これんなり。〉


五之五

或曰:「雍也,仁而不佞。」子曰:「焉用佞?禦人以口給,屢憎於人。不知其仁;焉用佞?」

あるひと曰く、ようじんなれどもねいならずと。子曰く、いづくんぞねいもちひん、ひとあたるに口給こうきふもつてすれば、しばしばひとにくまる。其じんらず、いづくんぞねいもちひん。〉


五之六

子使漆雕開仕。對曰:「吾斯之未能信。」子說。

漆雕開しつてうかいをしてつかへしむ。こたへて曰く、れを之れいましんずるあたはずと。よろこぶ。〉


五之七

子曰:「道不行,乘桴浮於海,從我者,其由與?」子路聞之喜。子曰:「由也,好勇過我,無所取材。」

〈子曰く、みちおこなわれず、いかだりてうみうかばん、われしたがものいうなるか。子路しろれをきてよろこぶ。子曰く、いうゆうこのむことわれぎたり、ざいところなしと。〉


五之八

孟武伯問:「子路仁乎?」子曰:「不知也。」又問,子曰:「由也,千乘之國,可使治其賦也;不知其仁也。」「求也何如?」子曰:「求也,千室之邑,百乘之家,可使爲之宰也;不知其仁也。」「赤也何如?」子曰:「赤也,束帶立於朝,可使與賓客言也;不知其仁也。」

孟武伯まうぶはくふ、子路しろじんなるか。子曰く、知らざるなり。またふ。子曰く、いう千乘せんじようくに其賦そのふをさめしむべきなり、其じんらざるなりと。きう如何いかん。子曰く、きう千室せんしついふ百乘ひやくじよういへ、之れがさいたらしむべきなり。其じんらざるなり。せき如何いかん。子曰く、せき束帶そくたいしててうち、賓客ひんかくと言はしむべきなり、其じんらざるなり。〉


五之九

子謂子貢曰:「女與回也孰愈?」對曰:「賜也何敢望回!回也聞一以知十,賜也聞一以知二。」子曰:「弗如也。吾與女,弗如也。」

子貢しこうつて曰く、なんぢくわいいづれかまされる。こたへて曰く、や、なんあへくわいのぞまん。くわいや、一をきて以て十を知り、や一をきてもつて二を知る。子曰く、しかざるなり、なんぢしかざるなり。〉


五之十

宰予晝寢。子曰:「朽木不可雕也,糞土之牆,不可杇也;於予與何誅!」子曰:「始吾於人也,聽其言而信其行;今吾於人也,聽其言而觀其行;於予與改是。」

宰予さいよひるしんす。子曰く、朽木きうぼくからざるなり、糞土ふんどかきからざるなり、おいなんめん。子曰く、はじひとけるや、其言そのげんきて、其おこなひしんぜり、いまひとおいてや、其げんきて、其おこなひる、おいてか是れをあらたむ。〉


五之十一

子曰:「吾未見剛者。」或對曰:「申棖。」子曰:「棖也慾!焉得剛?」

〈子曰く、いま剛者がうしやを見ず、あるひとこたへて曰く、申棖しんたうと。子曰く、たうよくあり、いづくんぞがうん。〉


五之十二

子貢曰:「我不欲人之加諸我也,吾亦欲無加諸人。」子曰:「賜也,非爾所及也!」

子貢しこう曰く、我れ人のこれれにくはふるをほつせざるや、またこれひとくはふるからんをほつす。曰く、や、なんぢおよところにあらざるなり。〉


五之十三

子貢曰:「夫子之文章,可得而聞也;夫子之言性與天道,不可得而聞也。」

子貢しこういはく、夫子ふうし文章ぶんしやうは、きなり、夫子ふうしせい天道てんだうとを言ふは、くべからず。〉


五之十四

子路有聞,未之能行,唯恐有聞。

子路しろくことありて、いまだ之れをおこなあたはずんば、たゞくことあるをおそる。〉


五之十五

子貢問曰:「孔文子,何以謂之文也?」子曰:「敏而好學,不恥下問,是以謂之文也。」

子貢しこうふ、曰く、孔文子こうぶんしなにもつて之れをぶんふ、子曰く、びんにしてがくこの下問かもんぢず、れをもつて之れをぶんふなり。〉


五之十六

子謂子產:「有君子之道四焉:其行己也恭,其事上也敬,其養民也惠,其使民也義。」

子產しさんふ、君子くんしみち四有り、其のおのれおこなふやきよう、其のかみつかふるやけい、其のたみやしなふやけいたみ使つかふやと。〉


五之十七

子曰:「晏平仲善與人交,久而敬之。」

〈子曰く、晏平仲あんぺいちうひとまじはる、ひさしくして之れをけいす。〉


五之十八

子曰:「臧文仲居蔡,山節藻梲。何如其知也?」

〈子曰く、臧文仲ぞうぶんちうさいく、せつやまにしせつにす、如何いかんならん。〉


五之十九

子張問曰:「令尹子文,三仕爲令尹,無喜色;三已之,無慍色。舊令尹之政,必以吿新令尹。何如?」子曰:「忠矣。」曰:「仁矣乎?」曰:「未知,焉得仁?」「崔子弒齊君,陳文子有馬十乘,棄而違之,至於他邦,則曰:『猶吾大夫崔子也!』違之,之一邦,則又曰:『猶吾大夫崔子也!』違之。何如?」子曰:「淸矣。」曰:「仁矣乎?」曰:「未知,焉得仁?」

子張しちやうふ。曰く、令尹れいいん子文しぶんたびつかへて令尹れいいんり、喜色きしよくなし、三たび之れをめられてうらめいろなし、舊令尹きうれいいんまつりごとは、かならず以て新令尹しんれいいんぐ、如何いかん曰く、ちうなり。曰く、じんなるか。曰く、いまらず。いづくんぞじんん。崔子さいし齊君せいくんしいす。陳文子ちんぶんしうまじようあり、てて之れをる。他邦たはういたればすなはいはく、われ大夫たいふ崔子さいしのごときなりと。之れをる。一はうきてはすなはまた曰く、大夫たいふ崔子さいしごときなりと。之をる。如何いかん曰く、きよし。曰く、じんなるか。曰く、いまだ知らず。いづくんぞじんなるをん。〉


五之二十

季文子三思而後行。子聞之曰:「再,斯可矣!」

季文子きぶんし三思さんししてしかる後におこなふ。之れをきて曰く、ふたたびせばこゝなり。〉


五之二一

子曰:「甯武子,邦有道則知;邦無道則愚。其知可及也,其愚不可及也。」

〈子曰く、甯武子ねいぶしくにみちればすなはち知、くにみちければすなは、其およぶ可きなり、其およからざるなり。〉


五之二二

子在陳,曰:「歸與!歸與!吾黨之小子狂簡,斐然成章,不知所以裁之。」

ちんり、曰く、かへらんかかへらんか、吾黨わがたう小子せうし狂簡きやうかん斐然ひぜんとしてしやうす、之れをさいする所以ゆゑんらず。〉


五之二三

子曰:「伯夷、叔齊,不念舊惡,怨是用希。」

〈子曰く、伯夷はくい叔齊しゆくせいは、舊惡きうあくおもはず、うらみここつてまれなり。〉


五之二四

子曰:「孰謂微生高直?或乞醯焉,乞諸其鄰而與之。」

〈子曰く、れか微生高びせいかうなほしとふ。あるひとふ、これを其のとなりひて之れを與ふ。〉


五之二五

子曰:「巧言、令色、足恭,左丘明恥之,丘亦恥之。匿怨而友其人,左丘明恥之,丘亦恥之。」

〈子曰く、巧言こうげん令色れいしよく足恭すうきようする、左丘明さきうめい之れをづ、きうまたれをづ、うらみかくして其ひとともとするは左丘明さきうめい之れをづ、きうまた之れをづ。〉


五之二六

顏淵、季路侍。子曰:「盍各言爾志?」子路曰:「願車馬、衣、輕裘,與朋友共,敝之而無憾。」顏淵曰:「願無伐善,無施勞。」子路曰:「願聞子之志。」子曰:「老者安之,朋友信之,少者懷之。」

顏淵がんゑん季路きろす。子曰く、なんおのおのなんぢこゝろざしはざる。子路しろいはく、ねがはくは車馬しやば輕裘けいきう朋友ほういうともに之れをやぶりて、うらけん。顏淵がんゑん曰く、ねがはくはぜんほこる無く、らうほどこけん。子路しろ曰く、ねがはくはこゝろざしかん。子曰く、老者らうしや之れをやすんじ、朋友ほういう之れをしんじ、少者せうしやは之れをなつかしめん。〉


五之二七

子曰:「已矣乎!吾未見能見其過,而內自訟者也。」

〈子曰く、やんぬるかな、われいまく其あやまちうちみづかむるものを見ざるなり。〉


五之二八

子曰:「十室之邑,必有忠信如丘者焉,不如丘之好學也。」

〈子曰く、十室じつしついふかなら忠信ちうしんきうごとき者あらん、きうがくこのむにかざるなり。〉