論語 (漢文叢書)/下論下

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


季氏第十六[編集]

きし第十六


十六之一

季氏將伐顓臾。冉有季路見於孔子曰:「季氏將有事於顓臾。」孔子曰:「求!無乃爾是過與?夫顓臾,昔者先王以爲東蒙主,且在邦域之中矣,是社稷之臣也。何以伐爲?」冉有曰:「夫子欲之,吾二臣者,皆不欲也。」孔子曰:「求!周任有言曰:『陳力就列,不能者止。』危而不持,顚而不扶,則將焉用彼相矣?且爾言過矣!虎兕出於柙,龜玉毀於櫝中,是誰之過與?」冉有曰:「今夫顓臾,固而近於費;今不取,後世必爲子孫憂。」孔子曰:「求!君子疾夫舍曰欲之,而必爲之辭。丘也,聞有國有家者,不患寡而患不均,不患貧而患不安。蓋均無貧,和無寡,安無傾。夫如是,故遠人不服,則修文德以來之。既來之,則安之。今由與求也,相夫子,遠人不服而不能來也;邦分崩離析而不能守也,而謀動干戈於邦內。吾恐季孫之憂,不在顓臾,而在蕭牆之內也!」

きしまさせんゆたんとす。ぜんいうきろこうしまみえて、いはく、きしまさせんゆことらんとす。こうし曰く、きうすなはなんぢあやまきか。せんゆは、むかしせんわうもつとうもうしゆす、はうゐきうちり、しやしよくしんなり、なんうつもつん。ぜんいういはく、ふうしこれほつす、われにしんものみなほつせざるなり。こうし曰く、きうしうにんへるり、いはちからべて、れつく、あたはざればむと。あやふくしてせず、てんしてたすけずんば、すなはいづくんしやうもちひん。なんぢげんあやまてり。こじをりよりで、きぎよくとくちうやぶれば、たれあやまちか。ぜんいういはく、いませんゆは、かたくしてちかし、いまらざれば、こうせいかならしそんうれへさん。孔子曰く、きうくんしこれほつすとふをいて、かならこれすをにくむ。きうく、くにたもいへたもものは、すくなきをうれへずして、ひとしからざるをうれふ、ひんうれへずして、やすからざるをうれふ。けだひとしければまづしきことく、すればすくなきことく、やすければかたむくことし。かくごとし。ゆゑゑんじんふくせざれば、すなはぶんとくをさめてもつこれきたす。すでこれきたせば、すなはこれやすんず。いまいうきうと、ふうしたすけ、ゑんじんふくせずしてきたあたはざるなり。くにぶんほうりせきして、まもあたはざるなり。而してかんくわはうないうごかすをはかる。われきそんうれへせんゆらずして、而してせうしやううちるをおそる。〉


十六之二

孔子曰:「天下有道,則禮樂征伐自天子出;天下無道,則禮樂征伐自諸侯出。自諸侯出,蓋十世希不失矣;自大夫出,五世希不失矣;陪臣執國命,三世希不失矣。天下有道,則政不在大夫。天下有道,則庶人不議。」

〈孔子曰く、てんかみちれば、すなはれいがくせいばつてんしよりで、てんかみちければ、すなはれいがくせいばつしよこうよりづ。しよこうよりづれば、けだし十世うしなはざるはまれなり。たいふよりづれば、五世うしなはざるはまれなり。ばいしんこくめいれば、三世うしなはざるはまれなり。てんかみちあれば、すなはまつりごとたいふらず、てんかみちれば、すなはしよじんせず。〉


十六之三

孔子曰:「祿之去公室,五世矣。政逮於大夫,四世矣。故夫三桓之子孫,微矣。」

〈孔子曰く、ろくこうしつること五世、まつりごとたいふおよぶことしせいゆゑさんくわんしそんなり。〉


十六之四

孔子曰:「益者三友,損者三友:友直,友諒,友多聞,益矣;友便辟,友善柔,友便佞,損矣。」

〈孔子曰く、えきしやさんいうそんしやさんいうちよくともとし、りやうともとし、たぶんともとするはえきなり、べんべきともとし、ぜんじうともとし、べんねいともとするはそんなり。〉


十六之五

孔子曰:「益者三樂,損者三樂:樂節禮樂,樂道人之善,樂多賢友,益矣;樂驕樂,樂佚遊,樂宴樂,損矣。」

〈孔子曰く、えきしやさんらくそんしやさんらくれいがくせつするをたのしみ、ひとぜんふをたのしみ、けんいうおほきをたのしむはえきなり、けうらくたのしみ、いついうたのしみ、えんらくたのしむはそんなり。〉


十六之六

孔子曰:「侍於君子有三愆:言未及之而言,謂之躁;言及之而不言,謂之隱;未見顏色而言,謂之瞽。」

〈孔子曰く、くんしするに、さんげんあり、げんいまこれおよばずしてふ、これさうふ、げんこれおよんではざる、これいんふ、いまがんしよくずしてふ、これふ。〉


十六之七

孔子曰:「君子有三戒:少之時,血氣未定,戒之在色;及其壯也,血氣方剛,戒之在鬭;及其老也,血氣既衰,戒之在得。」

〈孔子曰く、くんしさんかいり、わかときは、けつきいまさだまらず、これいましむるいろり、そのさうなるにおよんでや、けつきまさがうなり、これいましむるたうり、そのゆるにおよんでや、けつきすでおとろふ、これいましむるうるにあり。〉


十六之八

孔子曰:「君子有三畏:畏天命,畏大人,畏聖人之言。小人不知天命而不畏也,狎大人,侮聖人之言。」

〈孔子曰く、くんしさんゐり、てんめいおそれ、たいじんおそれ、せいじんげんおそる。せうじんてんめいらずして、おそれざるなり。たいじんれ、せいじんげんあなどる。〉


十六之九

孔子曰:「生而知之者,上也;學而知之者,次也;困而學之,又其次也。困而不學,民斯爲下矣!」

〈孔子曰く、うまれながらにしてこれものは、かみなり、まなんでこれものは、つぎなり、くるしんでこれまなぶは、またそのつぎなり、くるしんでまなばざるは、たみこれしもす。〉


十六之十

孔子曰:「君子有九思:視思明,聽思聰,色思溫,貌思恭,言思忠,事思敬,疑思問,忿思難,見得思義。」

〈孔子曰く、くんしきうしり、めいおもひ、ていそうおもひ、いろをんを思ひ、かたちきようを思ひ、げんちうを思ひ、ことけいを思ひ、うたがひもんを思ひ、いかりなんを思ひ、うるを見てはおもふ。〉


十六之十一

孔子曰:「『見善如不及,見不善如探湯。』吾見其人矣,吾聞其語矣。『隱居以求其志,行義以達其道。』吾聞其語矣,未見其人也。」

〈孔子曰く、ぜんてはおよばざるがごとくし、ふぜんてはさぐるがごとくす、われそのひとわれそのけり。いんきよしてもつこゝろざしもとめ、おこなうてもつみちたつす、われけども、いまひとざるなり。〉


十六之十二

(『誠不以富,亦祇以異。』)齊景公有馬千駟,死之日,民無德而稱焉。伯夷叔齊餓於首陽之下,民到于今稱之。其斯之謂與?

せいけいこううませんしり、するのたみとくとしてしようするし、はくいしゆくせいしゆやうもとす。たみいまいたるまでこれしようす、れのいひか。〉


十六之十三

陳亢問於伯魚曰:「子亦有異聞乎?」對曰:「未也。嘗獨立,鯉趨而過庭。曰:『學《詩》乎?』對曰:『未也。』『不學《詩》,無以言。』鯉退而學《詩》。他日,又獨立,鯉趨而過庭。曰:『學禮乎?』對曰:『未也。』『不學禮,無以立!』鯉退而學禮。聞斯二者。」陳亢退而喜曰:「問一得三:聞《詩》,聞禮,又聞君子之遠其子也。」

ちんかうはくぎよふ、曰く、子もまたいぶんるか。こたへていはく、いまだし。かつひとてり。はしりてにはぐ、いはく、まなびたるか。こたへていはく、いまだし。まなばずんば、もつし。しろぞいてまなべり。たじつまたひとてり。はしりてにはぐ、いはく、れいまなびたるか。こたへていはく、いまだし。れいまなばずんば、もつし。しろぞいてれいまなべり。の二しやけり。ちんかうしりぞいてよろこびていはく、いつうてさんたり、き、れいき、またくんしそのことほざくるをけり。〉


十六之十四

邦君之妻,君稱之曰「夫人」,夫人自稱曰「小童」;邦人稱之曰「君夫人」,稱諸異邦曰「寡小君」;異邦人稱之,亦曰「君夫人」。

はうくんつまきみこれしようして、ふじんふ。ふじんみづかしようして、せうどうふ。はうじんこれしようして、くんぷじんふ。これいはうしようして、くわせうくんふ。いはうじんこれしようして、またくんぷじんふ。〉


陽貨第十七[編集]

卷之九

やうくわ第十七


十七之一

陽貨欲見孔子,孔子不見,歸孔子豚。孔子時其亡也,而往拜之,遇諸塗。謂孔子曰:「來,予與爾言。」曰:「懷其寶而迷其邦,可謂仁乎?」曰:「不可。」「好從事而亟失時,可謂知乎?」曰:「不可。」「日月逝矣,歲不我與。」孔子曰:「諾,吾將仕矣。」

やうくわこうしんとほつす、こうしまみえず。こうしぶたおくる。こうしそのきをときとして、而してきてこれはいす。これみちふ。こうしひていはく、きたれ、われなんぢはん。いはく、そのたからいだきて而してそのくにまどはす、じんきか。いはく、ふかことしたがふをこのみて而してしばしばときしつす、きか。いはく、ふかじつげつきぬ、としわれともならず。孔子曰く、だくわれまさつかへんとす。〉


十七之二

子曰:「性相近也,習相遠也。」

〈子曰く、せいあひちかきなり、ならひあひとほきなり。〉


十七之三

子曰:「唯上知與下愚,不移也。」

〈子曰く、たゞじやうちかぐとはうつらず。〉


十七之四

子之武城,聞弦歌之聲,夫子莞爾而笑,曰:「割雞焉用牛刀。」子游對曰:「昔者,偃也聞諸夫子曰:『君子學道則愛人,小人學道則易使也。』」子曰:「二三子!偃之言是也,前言戲之耳!」

ぶじやうき、げんかこゑく、ふうしくわんじとしてわらふ、曰く、にはとりくに、いづくんぎうとうを用ひん。しいうこたいはく、むかしえんや、これふうしけり、曰く、くんしみちまなべば、すなはひとあいし、せうじんみちまなべば、すなはつかやすきなりと。子曰く、にさんしよ、えんげんなり、ぜんげんこれたはむれたるのみ。〉


十七之五

公山弗擾以費畔,召,子欲往。子路不說,曰:「末之也已,何必公山氏之之也。」子曰:「夫召我者,而豈徒哉?如有用我者,吾其爲東周乎!」

こうざんふつぜうもつそむく。ぶ、かんとほつす。しろよろこばず、いはく、きのみ、なんかならずしもこうざんしかん。子曰く、われものは、ただならんや、われもちふるものあらば、われとうしうさんか。〉


十七之六

子張問「仁」於孔子。孔子曰:「能行五者於天下,爲仁矣。」「請問之?」曰:「恭、寬、信、敏、惠。恭則不侮,寬則得衆,信則人任焉,敏則有功,惠則足以使人。」

しちやうじんこうしふ。孔子曰く、ごしやてんかおこなふをじんす。これふ。曰く、きようくわんしんびんけいきようなればすなはあなどられず、くわんなればすなはしうしんなればすなはひとにんず、びんなればすなはこうり、けいなればすなはもつひとつかふにる。〉


十七之七

佛肸召,子欲往。子路曰:「昔者由也聞諸夫子曰:『親於其身爲不善者,君子不入也。』佛肸以中牟畔,子之往也,如之何?」子曰:「然,有是言也。不曰堅乎?磨而不磷。不曰白乎?涅而不緇。吾豈匏瓜也哉?焉能繫而不食!」

ひつきつぶ、かんとほつす。しろいはく、むかしいうこれふうしく、曰く、みづかそのみおいふぜんものは、くんしらざるなりと。ひつきつちうぼうもつそむけり。くや、これいかん。子曰く、しかり、げんるなり、かたしとはずや、すれどもりんせず、しろしとはずや、でつすれどもせず。われほうくわならんや、いづくんかゝりてくらはれざらん。〉


十七之八

子曰:「由也,女聞『六言六蔽』矣乎?」對曰:「未也。」「居!吾語女:好仁不好學,其蔽也愚;好知不好學,其蔽也蕩;好信不好學,其蔽也賊;好直不好學,其蔽也絞;好勇不好學,其蔽也亂;好剛不好學,其蔽也狂。」

〈子曰く、いうなんぢりくげんりくへいくか。こたいはく、いまだし。れ、われなんぢかたらん。じんこのんでがくこのまずんば、そのへいこのんでがくこのまずんば、そのへいたうしんこのんでがくこのまずんば、そのへいぞくちよくこのんでがくこのまずんば、そのへいかうゆうこのんでがくこのまずんば、そのへいらんがうこのんでがくこのまずんば、そのへいきやう。〉


十七之九

子曰:「小子!何莫學夫《詩》?《詩》可以興,可以觀,可以群,可以怨;邇之事父,遠之事君;多識於鳥獸草木之名。」

〈子曰く、せうしなんまなき。もつおこし、もつるべし、もつぐんし、もつうらし、これちかくしてはちゝつかへ、これとほくしてはきみつかふ、おほてうじうさうもくる。〉


十七之十

子謂伯魚曰:「女爲周南召南矣乎?人而不爲周南召南,其猶正牆面而立也與!」

はくぎよひて曰く、なんぢしうなんせうなんをさめたるか、ひとにしてしうなんせうなんをさめずんば、たゞしくかきめんしてつがごとくなるか。〉


十七之十一

子曰:「禮云禮云,玉帛云乎哉?樂云樂云!鐘鼓云乎哉?」

〈子曰く、れいれいふ、ぎよくはくはんや。がくがくと云ふ、しようこはんや。〉


十七之十二

子曰:「色厲而內荏,譬諸小人,其猶穿窬之盜也與?」

〈子曰く、いろれいにしてうちじんなるは、これせうじんたとふれば、せんゆたうのごときか。〉


十七之十三

子曰:「鄕原,德之賊也!」

〈子曰く、きようげんとくぞくなり。〉


十七之十四

子曰:「道聽而塗說,德之棄也!」

〈子曰く、みちいてみちくは、とくつるなり。〉


十七之十五

子曰:「鄙夫!可與事君也與哉?其未得之也,患得之;既得之,患失之。苟患失之,無所不至矣!」

〈子曰く、ひふともきみつかきならんや。其の未だ之をざるや、これんことをうれへ、すでこれれば、これうしなはんことをうれふ。いやしくこれうしなはんことをうれへば、いたらざるところし。〉


十七之十六

子曰:「古者民有三疾,今也或是之亡也。古之狂也肆,今之狂也蕩;古之矜也廉,今之矜也忿戾;古之愚也直,今之愚也詐而已矣。」

〈子曰く、いにしへはたみさんしつり、いまれあるきなり。いにしへきやういまきやうたういにしへきようれんいまきようふんれいいにしへちよくいまのみ。〉


十七之十七

子曰:「巧言令色,鮮矣仁。」

〈子曰く、かうげんれいしよくすくなじん。〉


十七之十八

子曰:「惡紫之奪朱也,惡鄭聲之亂雅樂也,惡利口之覆邦家者。」

〈子曰く、むらさきあけうばふをにくむ。ていせいががくみだるをにくむ。りこうはうかくつがへすをにくむ。〉


十七之十九

子曰:「予欲無言!」子貢曰:「子如不言,則小子何述焉?」子曰:「天何言哉?四時行焉,百物生焉,天何言哉?」

〈子曰く、なからんとほつす。しこういはく、はずんば、すなはせうしなにをかべん。子曰く、てんなにをかふや、しじおこなはれ、ひやくぶつる、てんなにをかふや。〉


十七之二十

孺悲欲見孔子,孔子辭以疾。將命者出戶,取瑟而歌,使之聞之。

じゆひこうしんとほつす。するにやまひもつてす。めいおこなものづ。しつりてうたひ、これをして之をかしむ。〉


十七之二一

宰我問:「三年之喪,期已久矣!君子三年不爲禮,禮必壞;三年不爲樂,樂必崩。舊穀既沒,新穀既升,鑽燧改火,期可已矣。」子曰:「食夫稻,衣夫錦,於女安乎?」曰:「安!」「女安,則爲之!夫君子之居喪,食旨不甘,聞樂不樂,居處不安,故不爲也。今女安,則爲之!」宰我出。子曰:「予之不仁也!子生三年,然後免於父母之懷。夫三年之喪,天下之通喪也。予也,有三年之愛於其父母乎?」

さいがふ、さんねんは、すでひさし。くんしさんねんれいさずんば、れいかならやぶれん。さんねんがくさずんば、がくかならくづれん。きうこくすでぼつし、しんこくすでみのる、すゐあらたむ、にしてし。子曰く、たうくらひ、にしきる、なんぢおいやすきか。いはやすし。曰く、なんぢやすくばすなはこれせ。くんしる、うまきくらへどもあまからず、がくけどもたのしまず、きよしよやすからず、ゆゑさざるなり。いまなんぢやすくばすなはこれせ。さいがづ。子曰く、ふじんなるや。うまれてさんねんしかのちふぼふところまぬかる。れ三年のは、てんかつうさうなり。そのふぼに三年のあいあるか。〉


十七之二二

子曰:「飽食終日,無所用心,難矣哉!不有博弈者乎?爲之,猶賢乎已!」

〈子曰く、ほうしよくしゆうじつこゝろもちふるところくば、かたいかな。ばくえきといふものらざるか、これすはむにまされり。〉


十七之二三

子路曰:「君子尙勇乎?」子曰:「君子義以爲上。君子有勇而無義爲亂,小人有勇而無義爲盜。」

しろいはく、くんしゆうたふとぶか。子曰く、くんしもつかみと爲す。くんしゆうりてければ、らんす、せうじんゆうありて義ければ、たうす。〉


十七之二四

子貢曰:「君子亦有惡乎?」子曰:「有惡,惡稱人之惡者,惡居下流而訕上者,惡勇而無禮者,惡果敢而窒者。」曰:「賜也亦有惡乎?」「惡徼以爲知者,惡不孫以爲勇者,惡訐以爲直者。」

しこう曰く、くんしまたにくむことるか。子曰く、にくむことり。ひとあくしようするものにくむ。かりうりてかみそしものにくむ。ゆうにしてれいなきものにくむ。くわかんにしてふさがるものにくむ。いはく、またにくむことるかな。もとめて以てものにくむ。ふそんにしてもつゆうものにくむ。あばいてもつちよくものにくむ。〉


十七之二五

子曰:「唯女子與小人爲難養也!近之則不逊,遠之則怨。」

〈子曰く、たゞじよしせうじんとはやしながたしとす、これちかづくればすなはふそんなり、これとほざくればすなはうらむ。〉


十七之二六

子曰:「年四十而見惡焉,其終也已!」

〈子曰く、とし四十にしてにくまる、をはらんのみ。〉


微子第十八[編集]

びし第十八


十八之一

微子去之,箕子爲之奴,比干諫而死。孔子曰:「殷有三仁焉。」

びしこれる、きしこれり、ひかんいさめてす。孔子曰く、いんさんじんり。〉


十八之二

柳下惠爲士師,三黜。人曰:「子未可以去乎?」曰:「直道而事人,焉往而不三黜?枉道而事人,何必去父母之邦?」

りうかけいししり、たびしりぞけらる。ひといはく、もつからざるか。いはく、みちなほくしてひとつかへば、いづくにくとしてさんちゆつせられざらん、みちげてひとつかへば、なんかならずしもふぼくにらん。〉


十八之三

齊景公待孔子,曰:「若季氏則吾不能,以季、孟之閒待之。」曰:「吾老矣,不能用也。」孔子行。

せいけいこうこうしつて、いはく、きしごとくするは、すなはわれあたはず、きまうあひだもつこれたん。いはく、われいたり、もちふるあたはざるなり。こうしる。〉


十八之四

齊人歸女樂,季桓子受之,三日不朝。孔子行。

せいひとじよがくおくる。きくわんしこれけて、三日てうせず。こうしる。〉


十八之五

楚狂接輿,歌而過孔子,曰:「鳳兮!鳳兮!何德之衰?往者不可諫,來者猶可追。已而!已而!今之從政者殆而!」孔子下,欲與之言。趨而辟之,不得與之言。

きやうせつようたうてこうしぐ。いはく、ほうほうや、なんとくおとろへたるや、おうしやいさむべからず、らいしやふべし、まんまん、いままつりごとしたがものあやふしと。こうしくだりて、これはんとほつす。はしつてこれけ、これふをず。〉


十八之六

長沮、桀溺耦而耕。孔子過之,使子路問津焉。長沮曰:「夫執輿者爲誰?」子路曰:「爲孔丘。」曰:「是魯孔丘與?」曰:「是也。」曰:「是知津矣!」問於桀溺,桀溺曰:「子爲誰?」曰:「爲仲由。」曰:「是魯孔丘之徒與?」對曰:「然。」曰:「滔滔者,天下皆是也,而誰以易之?且而與其從辟人之士也,豈若從辟世之士哉?」耰而不輟。子路行以吿,夫子憮然曰:「鳥獸不可與同群!吾非斯人之徒與而誰與?天下有道,丘不與易也。」

ちやうそけつできぐうしてかうす、こうしこれぐ。しろをしてしんはしむ。ちやうそいはく、ものたれす。しろいはく、こうきうす。いはく、こうきうか。こたへていはく、れなり。いはく、れならばしんらん。けつできふ。けつできいはく、たれす。いはちういうす。いはく、こうきうか。こたへていはしかり。いはく、たうたうたるものてんかみなこれなり、しかうしてたれもつこれへん、なんぢひとさくるのしたがはんより、くるのしたがふにかんやと。いうしてめず。しろいてもつぐ。ふうしぶぜんたり。曰く、てうじうともぐんおなじくすからず、われひとともにするにあらずして、たれともにせんや。てんかみちらば、きうともへざるなり。〉


十八之七

子路從而後,遇丈人,以杖荷蓧。子路問曰:「子見夫子乎?」丈人曰:「四體不勤,五穀不分,孰爲夫子?」植其杖而芸。子路拱而立。止子路宿,殺雞爲黍而食之,見其二子焉。明日,子路行以吿。子曰:「隱者也。」使子路反見之。至則行矣。子路曰:「不仕無義。長幼之節,不可廢也;君臣之義,如之何其廢之?欲潔其身,而亂大倫。君子之仕也,行其義也。道之不行,已知之矣。」

しろしたがひておくる。じやうじんつゑもつでうになふにふ。しろふていはく、ふうしたるか。じやうじんいはく、したいつとめず、ごこくわかたず、れをかふうしすと。そのつゑててくさぎる。しろきようしてつ。しろとゞめてしゆくせしめ、にはとりころしよつくりてこれくらはしめ、そのまみえしむ。みやうにちしろきてもつぐ。子曰く、いんじやなりと。しろをしてかへつてこれしむ。いたればすなはれり。しろいはく、つかへざればし、ちやうえうせつはいからざるなり、くんしんは、これいかにしてこれはいせん、そのみいさぎよくせんとほつして、たいりんみだる、くんしつかふるや、おこなふなり、みちおこなはれざるは、すでこれれり。〉


十八之八

逸民:伯夷、叔齊、虞仲、夷逸、朱張、柳下惠、少連。子曰:「不降其志,不辱其身,伯夷叔齊與!」謂柳下惠、少連:「降志辱身矣。言中倫,行中慮,其斯而已矣。」謂虞仲、夷逸:「隱居放言,身中淸,廢中權。」我則異於是,無可無不可。」

いつみんには、はくいしゆくせいぐちういいつしゆちやうりうかけいせうれん。子曰く、そのこゝろざしくださず、そのみはづかしめざるは、はくいしゆくせいか。りうかけいせうれんふ、こゝろざしくだはづかしむ、げんりんあたり、おこなひおもんばかりあたる、れのみ。ぐちういいつふ、いんきよげんほしいまゝにす、せいあたり、廢してけんたる。われすなはこれことなり、く、ふかし。〉


十八之九

大師摯適齊,亞飯干適楚,三飯繚適蔡,四飯缺適秦。鼓方叔入於河,播鼗武入於漢,少師陽、擊磬襄入於海。

たいしせいき、あはんかんき、さんぱんれうさいき、しはんけつしんき、ほうしゆくり、はとうかんり、せうしやうげきけいじやううみる。〉


十八之十

周公謂魯公曰:「君子不施其親,不使大臣怨乎不以。故舊無大故,則不棄也,無求備於一人。」

しうこうろこうひていはく、くんしそのしんへず、だいじんをしてもちひざるをうらましめず、こきうたいこければ、すなはてざるなり、そなはるをいちにんもとむるなかれ。〉


十八之十一

周有八士:伯達、伯适、仲突、仲忽、叔夜、叔夏、季隨、季騧。

しうはつしり、はくたつはくくわつちうとつちうこつしゆくやしゆくかきずゐきくわ。〉


子張第十九[編集]

卷之十

しちやう第十九


十九之一

子張曰:「士見危致命,見得思義,祭思敬,喪思哀,其可已矣。」

しちやう曰く、あやふきをてはめいいたし、るをてはおもひ、まつりにはけいおもひ、にはあいおもふ、なるのみ。〉


十九之二

子張曰:「執德不弘,信道不篤,焉能爲有?焉能爲亡?」

しちやう曰く、とくることひろからず、みちしんずることあつからずんば、いづくんかりとし、いづくんかしとさん。〉


十九之三

子夏之門人,問「交」於子張。子張曰:「子夏云何?」對曰:「子夏曰:『可者與之,其不可者拒之。』」子張曰:「異乎吾所聞;『君子尊賢而容衆,嘉善而矜不能。』我之大賢與,於人何所不容?我之不賢與,人將拒我,如之何其拒人也?」

しかもんじんまじはりしちやうふ。しちやう曰く、しかなにへる。こたへて曰く、子夏曰く、なるものこれくみして、そのふかなるものこれふせぐと。しちやう曰く、ところことなり、くんしけんたふとしうれ、ぜんよみしてふのうあはれむ、われたいけんなるか、ひとおいなんれられざるところあらん、われふけんなるか、まさわれふせがんとす、之をいかんひとふせがん。〉


十九之四

子夏曰:「雖小道,必有可觀者焉,致遠恐泥,是以君子不爲也。」

しか曰く、せうだういへども、かならものらん、とほきをいたすにはおそらくはなづまん、これもつくんしをさめざるなり。〉


十九之五

子夏曰:「日知其所亡,月無忘其所能,可謂好學也已矣。」

しか曰く、ところり、つきそのくするところわするゝくんば、がくこのむときのみ。〉


十九之六

子夏曰:「博學而篤志,切問而近思,仁在其中矣。」

しか曰く、ひろまなんであつこゝろざし、せつうてちかおもへば、じん其のうちり。〉


十九之七

子夏曰:「百工居肆以成其事,君子學以致其道。」

しか曰く、百こうりて以てそのことし、くんしまなびて以てそのみちいたす。〉


十九之八

子夏曰:「小人之過也必文。」

しか曰く、せうじんあやまちや、かならかざる。〉


十九之九

子夏曰:「君子有三變:望之儼然,卽之也溫,聽其言也厲。」

しか曰く、くんしさんぺんあり、これのぞめばげんぜんたり、これくやをんそのげんくやれい。〉


十九之十

子夏曰:「君子信而後勞其民,未信則以爲厲己也。信而後諫,未信則以爲謗己也。」

しか曰く、くんししんぜられて、しかのちそのたみらうす、未だしんぜられざれば、則ちもつおのれやますとせばなり。しんぜられてしかのちいさむ、未だしんぜられざればすなはもつおのれそしるとせばなり。〉


十九之十一

子夏曰:「大德不踰閑,小德出入可也。」

しか曰く、たいとくのりえずんば、せうとくしゆつにふすともなり。〉


十九之十二

子游曰:「子夏之門人小子,當洒掃應對進退則可矣,抑末也;本之則無,如之何?」子夏聞之曰:「噫!言游過矣!君子之道,孰先傳焉?孰後倦焉?譬諸草木,區以別矣。君子之道,焉可誣也?有始有卒者,其惟聖人乎!」

しいう曰く、しかもんじんせうしは、さいさうおうたいしんたいあたりてはすなはなり、そもすゑなり。これもとづければすなはし。これいかんしかこれいて曰く、あゝげんいうあやまてり、くんしみちは、いづれをかさきつたへ、いづれをかのちまん、これさうもくにして以てべつあるにたとふ、くんしみちいづくんぞけん、はじをはりものは、たゞせいじんか。〉


十九之十三

子夏曰:「仕而優則學,學而優則仕。」

しか曰く、つかへてしかうしていうなればすなはまなぶ、まなんでしかうしていうなればすなはつかふ。〉


十九之十四

子游曰:「喪致乎哀而止。」

しいう曰く、あいいたしてむ。〉


十九之十五

子游曰:「吾友張也,爲難能也,然而未仁。」

しいう曰く、ともちやうや、くしがたしとす、しかれどもいまじんならず。〉


十九之十六

曾子曰:「堂堂乎張也,難與並爲仁矣。」

そうし曰く、だうだうたるかなちやうや、ともならびてじんがたし。〉


十九之十七

曾子曰:「吾聞諸夫子:『人未有自致者也,必也親喪乎!』」

そうし曰く、われこれふうしく、ひといまみづかいたものらざるなり、かならずやおやか。〉


十九之十八

曾子曰:「吾聞諸夫子:『孟莊子之孝也,其他可能也,其不改父之臣,與父之政,是難能也。』」

そうし曰く、われこれふうしく、まうさうしかうや、そのたくすし、そのちゝしんちゝまつりごとあらためざる、くしがたきなりと。〉


十九之十九

孟氏使陽膚爲士師,問於曾子。曾子曰:「上失其道,民散久矣!如得其情,則哀矜而勿喜。」

まうしやうふをしてししらしめそうしふ。そうし曰く、かみそのみちうしなひ、たみさんずることひさし。そのじやうば、すなはあいきようしてよろこぶ勿れ。〉


十九之二十

子貢曰:「紂之不善,不如是之甚也。是以君子惡居下流,天下之惡皆歸焉。」

しこう曰く、ちうふぜんは、かくごとはなはだしからざるなり、これもつくんしかりうるをにくむ、てんかあくみなこれす。〉


十九之二一

子貢曰:「君子之過也,如日月之食焉。過也,人皆見之;更也,人皆仰之。」

しこう曰く、君子のあやまちや、日月のしよくごとし、過つや、人皆之を見る、あらたむるや、人皆之をあふぐ。〉


十九之二二

衛公孫朝問於子貢曰:「仲尼焉學?」子貢曰:「文、武之道,未墜於地,在人。賢者識其大者,不賢者識其小者,莫不有文、武之道焉。夫子焉不學?而亦何常師之有?」

ゑいこうそんてうしこううて曰く、ちうぢいづくんかまなびたる。しこう曰く、ぶんぶの道、いまちずして、ひとり、けんしやそのだいなるものしるし、ふけんしやそのせうなるものしるす、ぶんぶみちらざるし、ふうしいづくにかまなばざらん、而してまたなんぢやうしらん。〉


十九之二三

叔孫武叔語大夫於朝,曰:「子貢賢於仲尼。」子服景伯以吿子貢。子貢曰:「譬之宮牆,賜之牆也及肩,闚見室家之好;夫子之牆數仞,不得其門而入,不見宗廟之美、百官之富。得其門者或寡矣。夫子之云,不亦宜乎!」

しゆくそんぶしゆくたいふてうかたりていはく、しこうちうぢよりまさる。しふくけいはくもつしこうぐ。しこう曰く、これきうしやうたとふれば、しやうかたに及べり、しつかきをうかがるべし、ふうししやうすうじんそのもんらざれば、そうべうひやくくわんとみず、そのもんものあるひすくなし、ふうしの云ふこと、またむべならずや。〉


十九之二四

叔孫武叔毀仲尼。子貢曰:「無以爲也,仲尼不可毀也。他人之賢者,丘陵也,猶可踰也;仲尼,日月也,無得而踰焉。人雖欲自絕,其何傷於日月乎?多見其不知量也!」

しゆくそんぶしゆくちうぢそしる。しこういはく、すをもつてするかれ、ちうぢそしからざるなり、たにんけんしやきうりようなり、ほ踰ゆし、ちうぢにちげつなり、ゆるし、ひとみづかたんとほつすといへども、なんぞ日月をぶらんや。たまたまりやうらざるをあらはすなり。〉


十九之二五

陳子禽謂子貢曰:「子爲恭也,仲尼豈賢於子乎?」子貢曰:「君子一言以爲知,一言以爲不知,言不可不愼也!夫子之不可及也,猶天之不可階而升也。夫子之得邦家者,所謂『立之斯立,道之斯行,綏之斯來,動之斯和。其生也榮,其死也哀』。如之何其可及也?」

ちんしきんしこうつていはく、きようすや、ちうぢよりけんならんや。しこう曰く、くんしいちげんを以てし、いちげんを以てふちす、げんつゝしまざるからざるなり。ふうしおよからざるや、猶ほてんかいしてのぼからざるがごときなり。ふうしにしてはうかば、いはゆるこれつればこゝち、これみちびけばこゝき、これやすんずればこゝきたり、これうごかせばこゝするなり、そのせいえいそのしあいこれいかんおよけんや。〉


堯曰第二十[編集]

げうえつ第二十


二十之一

堯曰:「咨!爾舜!天之曆數在爾躬,允執其中!四海困窮,天祿永終。」舜亦以命禹。曰:「予小子履,敢用玄牡,敢昭吿于皇皇後帝:有罪不敢赦。帝臣不蔽,簡在帝心!朕躬有罪,無以萬方;萬方有罪,罪在朕躬。」「周有大賚,善人是富。」「雖有周親,不如仁人;百姓有過,在予一人。」謹權量,審法度,修廢官,四方之政行焉。興滅國,繼絕世,舉逸民,天下之民歸心焉。所重:民、食、喪、祭。寬則得衆,信則民任焉,敏則有功,公則說。

げう曰く、あゝなんぢしゆんてんれきすうなんぢり、まことそのちうれ、しかいこんきうせばてんろくながへん、しゆんまたもつめいず、曰く、せうしりへてげんぼもつて、へてあきらかくわうくわうたるこうていぐ、つみるはへてゆるさず、ていしんおほはず、えらぶことていこゝろり、ちんつみれば、ばんはうもつてするなかれ、ばんはうつみれば、つみちんらんと。しうたいらいり、ぜんにんむ。しうしんりといへども、じんにんかず。ひやくせいつみ有らば、われいちにんりと。けんりやうつゝしみ、はふどつまびらかにし、はいくわんをさめば、しはうまつりごとおこなはる。めつこくおこし、ぜつせいぎ、いつみんげば、てんかたみこゝろす。おもんずるところみんしよくさうさいくわんなればすなはしうしんなればすなはたみにんず。びんなれば則ちこうり、こうなればすなはたみよろこぶ。 〉


二十之二

子張問於孔子曰:「何如斯可以從政矣?」子曰:「尊五美,屛四惡,斯可以從政矣。」子張曰:「何謂五美?」子曰:「君子惠而不費,勞而不怨,欲而不貪,泰而不驕,威而不猛。」子張曰:「何謂惠而不費?」子曰:「因民之所利而利之,斯不亦惠而不費乎!擇可勞而勞之,又誰怨?欲仁而得仁,又焉貪?君子無衆寡,無小大,無敢慢,斯不亦泰而不驕乎?君子正其衣冠,尊其瞻視,儼然人望而畏之,斯不亦威而不猛乎!」子張曰:「何謂四惡?」子曰:「不敎而殺謂之虐;不戒視成謂之暴;慢令致期謂之賊;猶之與人也,出納之吝,謂之有司。」

しちやうこうしうて曰く、いかにせばこゝもつまつりごとしたがきか。子曰く、ごびたふとび、しあくのぞけば、こゝもつまつりごとしたがし。しちやう曰く、なにをかごびふ。子曰く、くんしけいにしてつひやさず、らうしてうらみず、ほつしてむさぼらず、たいにしておごらず、にしてまうならず。しちやう曰く、なにをかけいにしてつひやさずとふ。子曰く、たみするところりてこれす、こゝまたけいにしてつひやさざるにあらずや。らうすべきをえらんでこれらうす、またたれをかうらみん。じんほつしてじんまたいづくんぞむさぼらん。くんししうくわく、せうだいく、あへまんするし、こゝまたたいにしておごらざるにあらずや。くんしそのいくわんたゞし、そのせんしたかくし、げんぜんとしてひとのぞんで之をおそる、こゝまたにしてまうならざるにあらずや。しちやう曰く、なにをかしあくふ、子曰く、をしへずしてころす、これぎやくふ。いましめずしてせいる、こればうふ。れいまんにしていたす、これぞくふ。ひとしく之れひとあたふるなり、すゐたふらんなる、これいうしふ。〉


二十之三

子曰:「不知命,無以爲君子也;不知禮,無以立也;不知言,無以知人也。」

〈子曰く、めいらざれば、もつくんしたる無きなり、れいらざれば、もつつ無きなり、げんらざれば、もつひとる無きなり。〉