論語 (漢文叢書)/下論上

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


先進第十一[編集]

卷之六

先進せんしん第十一


十一之一

子曰:「先進於禮樂,野人也;後進於禮樂,君子也。如用之,則吾從先進。」

〈子曰く、先進せんしん禮樂れいがくけるは野人やじんなり。後進こうしん禮樂れいがくけるは君子くんしなり。これもちひば、すなはわれ先進せんしんしたがはん。〉


十一之二

子曰:「從我於陳蔡者,皆不及門也。」德行:顏淵、閔子騫、冉伯牛、仲弓。言語:宰我、子貢。政事:冉有、季路。文學:子游、子夏。

〈子曰く、われ陳蔡ちんさいしたがものみなもんおよばざるなり。德行とくかうには顏淵がんゑん閔子騫びんしけん冉伯牛ぜんはくぎう仲弓ちうきう言語げんごには宰我さいが子貢しこう政事せいじには冉有ぜんいう季路きろ文學ぶんがくには子游しいう子夏しか。〉


十一之三

子曰:「回也,非助我者也!於吾言,無所不說。」

〈子曰く、くわいわれたすくるものあらざるなり。げんおいよろこばざるところなし。〉


十一之四

子曰:「孝哉閔子騫!人不間於其父母昆弟之言。」

〈子曰く、かうなるかな閔子騫びんしけんひとその父母ふぼ昆弟こんていげんかんせず。〉


十一之五

南容三復白圭,孔子以其兄之子妻之。

南容なんよう白圭はくけい三復さんぷくす、孔子こうし其兄そのあにもつこれめあはす。〉


十一之六

季康子問:「弟子孰爲好學?」孔子對曰:「有顏回者好學,不幸短命死矣!今也則亡。」

季康子きかうしふ、弟子ていしいづれかがくこのむとす。孔子こうしこたへて曰く、顏回がんくわいといふものり、がくこのむ、不幸ふかう短命たんめいにしてせり、いますなはし。〉


十一之七

顏淵死,顏路請子之車以爲之槨。子曰:「才不才,亦各言其子也。鯉也死,有棺而無槨。吾不徒行以爲之槨,以吾從大夫之後,不可徒行也。」

顏淵がんゑんす。顏路がんろくるまもつこれくわくつくらんとへり。子曰く、さい不才ふさいも、またおの其子そのこふ。せしとき、くわんりてくわくかりき。徒行とかうしてもつこれくわくつくらざりしは、大夫たいふしりへしたがひて、徒行とかうからざるをもつてなり。〉


十一之八

顏淵死,子曰:「噫!天喪予!天喪予!」

顏淵がんゑんす。子曰く、あゝてんわれほろぼせり、てんわれほろぼせり。〉


十一之九

顏淵死,子哭之慟。從者曰:「子慟矣!」曰:「有慟乎?非夫人之爲慟而誰爲!」

〈顏淵す。これこくしてどうす。從者じゆうしやいはく、どうせり。いはどうするるか、ひとめにどうするにあらずして、しかしてたれためにせん。〉


十一之十

顏淵死,門人欲厚葬之,子曰:「不可。」門人厚葬之。子曰:「回也,視予猶父也,予不得視猶子也,非我也,夫二三子也。」

顏淵がんゑんす。門人もんじんあつこれほうむらんとほつす。子曰く、不可ふかなり。門人もんじんあつこれほうむる。子曰く、くわいることちゝのごとくせり、ることのごとくするをざるや、われあらざるなり、二三子にさんしなり。〉


十一之十一

季路問事鬼神,子曰:「未能事人,焉能事鬼!」「敢問死?」曰:「未知生,焉知死?」

季路きろ鬼神きしんつかふるをふ、子曰く、いまひとつかふることあたはず、いづくんつかへん。いはく、あへふ。曰く、いませいらず、いづくんらん。〉


十一之十二

閔子侍側,誾誾如也;子路,行行如也;冉有、子貢,侃侃如也。子樂。「若由也,不得其死然!」

閔子びんしかたはらす。誾誾如ぎんぎんじよたり。子路しろ行行如かうじよたり。冉有ぜんいう子貢しこう侃侃如かんじよたり。たのしむ。曰く、いうごときは死然しぜんざらん。〉


十一之十三

魯人爲長府。閔子騫曰:「仍舊貫,如之何?何必改作!」子曰:「夫人不言,言必有中。」

魯人ろじん長府ちやうふつくる。閔子騫びんしけんいはく、舊貫きうくわんらばこれ如何いかんなんかならずしもあらたつくらん。子曰く、ひとはず、へばかならあたる有り。〉


十一之十四

子曰:「由之鼓瑟,奚爲於丘之門?」門人不敬子路。子曰:「由也升堂矣,未入於室也!」

〈子曰く、いうしつするは、奚爲なんすれきうもんおいてせん。門人もんじん子路しろけいせず。子曰く、いうだうのぼれり。いましつらざるなり。〉


十一之十五

子貢問:「師與商也孰賢?」子曰:「師也過,商也不及。」曰:「然則師愈與?」子曰:「過猶不及。」

子貢しこうふ、しやういづれかまされる。子曰く、ぎたり、しやうおよばず。しからばすなはまされるか。子曰く、ぎたるはおよばざるがごとし。〉


十一之十六

季氏富於周公,而求也爲之聚斂而附益之。子曰:「非吾徒也!小子鳴鼓而攻之,可也。」

季氏きし周公しうこうよりむ。きうこれため聚斂しうれんしてこれ附益ふえきす。子曰く、あらざるなり。小子せうしつゞみならしてこれめてなり。〉


十一之十七

柴也愚,參也魯,師也辟,由也喭。

さいしんへきいうがん。〉


十一之十八

子曰:「回也其庶乎,屢空。賜不受命,而貨殖焉;億則屢中。」

〈子曰く、くわいちかきか。屢〻しばしばむなし、めいけずして、貨殖くわしよくす、はかればすなは屢〻しばしばあたる。〉


十一之十九

子張問「善人」之道。子曰:「不踐跡,亦不入於室。」

子張しちやう善人ぜんにんみちふ。子曰く、あとまざれども、またしつらず。〉


十一之二十

子曰:「論篤是與,君子者乎?色莊者乎?」

〈子曰く、ろんあつきにのみくみせば、君子者くんししやか、色莊者しきさうしやか。〉


十一之二一

子路問:「聞斯行諸?」子曰:「有父兄在,如之何其聞斯行之!」冉有問:「聞斯行諸?」子曰:「聞斯行之。」公西華曰:「由也問:『聞斯行諸?』子曰:『有父兄在。』求也問:『聞斯行諸?』子曰:『聞斯行之。』赤也惑,敢問。」子曰:「求也退,故進之;由也兼人,故退之。」

子路しろ問ふ、くまゝにこれおこなはんか。子曰く、父兄ふけいいまり、これ如何いかんぞくまゝにこれおこなはんや。冉有ぜんいうふ、きくまゝにこれおこなはんか。子曰く、くまゝにこれおこなへ。公西華こうせいくわいはく、いうふ、きくまゝにこれおこなはんかと。子曰く、父兄ふけいいまりと。きうきくまゝにこれおこなはんかと。子曰く、聞くまゝに斯れ之を行へと。せきまどふ、あへふ。子曰く、きう退しりぞく。ゆゑこれすゝむ。いうひとぬ、ゆゑこれ退しりぞく。〉


十一之二二

子畏於匡,顏淵後。子曰:「吾以女爲死矣!」曰:「子在,回何敢死!」

きやうす。顏淵がんゑんおくれたり。子曰く、なんぢもつせりとせり。いはく、いませり。くわいなんあへせん。〉


十一之二三

季子然問:「仲由冉求可謂大臣與?」子曰:「吾以子爲異之問,曾由與求之問?所謂大臣者,以道事君,不可則止。今由與求也,可謂具臣矣。」曰:「然則從之者與?」子曰:「弒父與君,亦不從也。」

季子然きしぜんふ。仲由ちういう冉求ぜんきう大臣だいじんふべきか。子曰く、もつことなるのとひす。すなはいうきうとのひか。所謂いはゆる大臣だいじんとは、みちもつきみつかふ、不可ふかなればすなはむ。いまいうきうとは、具臣ぐしんきなり。いはく、しからばすなはこれしたがもの。子曰く、ちゝきみとをしいせば、またしたがはざるなり。〉


十一之二四

子路使子羔爲費宰。子曰:「賊夫人之子。」子路曰:「有民人焉,有社稷焉,何必讀書,然後爲學?」子曰:「是故惡夫佞者。」

子路しろ子羔しかうをしてさいたらしむ。子曰く、ひとそこなふ。子路しろいはく、民人みんじん有り。社稷しやしよくり、なんかならずしもしよみて、しかのちまなびたりとさん。子曰く、ゆゑ佞者ねいしやにくむ。〉


十一之二五

子路、曾皙、冉有、公西華侍坐。子曰:「以吾一日長乎爾,毋吾以也。居則曰:『不吾知也。』如或知爾,則何以哉?」子路率爾而對,曰:「千乘之國,攝乎大國之閒,加之以師旅,因之以饑饉,由也爲之,比及三年,可使有勇,且知方也。」夫子哂之。「求,爾何如?」對曰:「方六七十,如五六十,求也爲之,比及三年,可使足民;如其禮樂,以俟君子。」「赤,爾何如?」對曰:「非曰能之,願學焉!宗廟之事,如會同,端章甫,願爲小相焉。」「點,爾何如?」鼓瑟希,鏗爾,舍瑟而作;對曰:「異乎三子者之撰。」子曰:「何傷乎!亦各言其志也。」曰:「莫春者,春服既成;冠者五六人,童子六七人。浴乎沂,風乎舞雩,詠而歸。」夫子喟然歎曰:「吾與點也!」三子者出,曾皙後。曾皙曰:「夫三子者之言何如?」子曰:「亦各言其志也已矣。」曰:「夫子何哂由也?」曰:「爲國以禮,其言不讓,是故哂之。」「唯求則非邦也與?」「安見方六七十,如五六十,而非邦也者!」「唯赤則非邦也與?」「宗廟會同,非諸侯而何?赤也爲之小,孰能爲之大!」

子路しろ曾皙そうせき冉有ぜんいう公西華こうせいくわ侍坐じざす。子曰く、一日いちじつなんぢよりちやうぜるをもつて、われもつてするなかれ。ればすなはふ、われらざるなりと、あるひなんぢらば、すなはなにもつてせんや。子路しろ率爾そつじとしてこたふ。いはく、千乘せんじようくに大國たいこくあひだせつし、これくはふるに師旅をもつてし、これるに饑饉ききんもつてす。いうこれをさめば、三年さんねんおよころほひ、ゆうはうらしむべきなり。夫子ふうしこれわらふ。きうなんぢ何如いかんこたへていはく、はう六七十、しくは五六十。きうこれをさめば、三年さんねんおよころほひ、たみらしむし。禮樂れいがくごときは、もつ君子くんしまたん。せきなんぢ何如いかんこたへていはく、これくすとふにあらざれども、ねがはくはまなばん、宗廟そうべうことしくは會同くわいどうには、端章甫たんしやうほして、ねがはくは小相せうしやうたらん。てんなんぢ何如いかんしつすることみて、鏗爾かうじとしてしつきてつ。こたへていはく、三子者さんししやせんことなり。子曰く、なんいたまん、また各〻おのこゝろざしふ。いはく、莫春ぼしゆんには春服しゆんぷくすでり、冠者くわんじや五六人、童子どうし六七人、よくし、舞雩ぶうふうし、えいじてかへらん。夫子ふうし喟然きぜんとしてたんじて曰く、われてんくみせん。三子者さんししやづ。曾皙そうせきおくる。曾皙そうせきいはく、三子者さんししやげん何如いかん。子曰く、また各〻おのこゝろざしふのみ。いはく、夫子ふうしなんいうわらふや。曰く、くにをさむるにはれいもつてす。そのげんゆづらず。ゆゑこれわらふ。たゞきうすなはくにあらざるいづくんぞはう六七十しくは五六十にしてくにあらざるものん。たゞせきすなはくにあらざるか。宗廟そうべう會同くわいどう諸侯しよこうあらずしてなんぞ。せきれがせうたらば、れかれがだいたらん。〉


顏淵第十二[編集]

顏淵がんゑん第十二


十二之一

顏淵問「仁」。子曰:「克己復禮爲仁。一日克己復禮,天下歸仁焉,爲仁由己,而由人乎哉?」顏淵曰:「請問其目。」子曰:「非禮勿視,非禮勿聽,非禮勿言,非禮勿動。」顏淵曰:「回雖不敏,請事斯語矣!」

顏淵がんゑんじんふ。子曰く、おのれちてれいむをじんす。一日いちじつおのれちてれいめば、天下てんかじんす。じんすはおのれる、ひとらんや。顏淵いはく、そのもくふ。子曰く、非禮ひれいなかれ、非禮ひれいなかれ、非禮ひれいなかれ、非禮ひれいうごなかれ。顏淵いはく、くわい不敏ふびんいへども、こととせん。〉


十二之二

仲弓問「仁」。子曰:「出門如見大賓,使民如承大祭,己所不欲,勿施於人。在邦無怨,在家無怨。」仲弓曰:「雍雖不敏,請事斯語矣!」

仲弓ちうきうじんふ。子曰く、もんでては大賓たいひんるがごとくし、たみ使つかふには大祭たいさいくるがごとくす、おのれほつせざるところをば、ひとほどこなかれ、くにりてもうらく、いへりてもうらし。仲弓ちうきういはく、よう不敏ふびんいへども、こととせん。〉


十二之三

司馬牛問「仁」。子曰:「仁者,其言也訒。」曰:「其言也訒,斯謂之『仁』已夫?」子曰:「爲之難,言之得無訒乎!」

司馬牛しばぎうじんふ。子曰く、じんとはふやじんす、いはく、ふやじんす。こゝこれじんふか。子曰く、これすはかたし、これふにじんするきをんや。〉


十二之四

司馬牛問「君子」。子曰:「君子不憂不懼。」曰:「不憂不懼,斯謂之『君子』矣夫?」子曰:「內省不疚,夫何憂何懼!」

司馬牛しばぎう君子くんしふ。子曰く、君子くんしうれへずおそれず。いはく、うれへずおそれざる、こゝこれ君子くんしふか。子曰く、うちかへりみてやましからずんば、なんうれなんおそれん。〉


十二之五

司馬牛憂曰:「人皆有兄弟,我獨亡!」子夏曰:「商聞之矣:『死生有命,富貴在天』君子敬而無失,與人恭而有禮,四海之內,皆兄弟也,君子何患乎無兄弟也!」

司馬牛しばぎううれふ。いはく、ひとみな兄弟けいていり、われひとし。子夏しかいはく、せうこれく、死生しせいめいり、富貴ふうきてんり、君子くんしけいしてうしなふことく、ひときようしてれいらば、四海しかいうちみな兄弟けいていたり。君子くんしなん兄弟けいていきをうれへん。〉


十二之六

子張問「明」。子曰:「浸潤之譖,膚受之愬,不行焉,可謂明也已矣。浸潤之譖,膚受之愬,不行焉,可謂遠也已矣。」

子張しちやうめいふ。子曰く、浸潤しんじゆんしん膚受ふじゆおこなはれざるは、めいきのみ。浸潤しんじゆんしん膚受ふじゆおこなはれざるは、とほきときのみ。 〉


十二之七

子貢問「政」。子曰:「足食,足兵,民信之矣。」子貢曰:「必不得已而去,於斯三者何先?」曰:「去兵。」子貢曰:「必不得已而去,於斯二者何先?」曰:「去食。自古皆有死,民無信不立。」

子貢しこうまつりごとふ。子曰く、しよくへいし、たみこれしんにす。子貢しこういはく、かならやむずしてらば、三者さんしやおいなにをかさきんぜん。いはく、へいらん。子貢しこういはく、かならやむずしてらば、二者にしやおいなにをかさきんぜん。いはく、しよくらん。いにしへよりみなり、たみしんくんばたず。 〉


十二之八

棘子成曰:「君子質而已矣,何以文爲?」子貢曰:「惜乎,夫子之說,君子也,駟不及舌!文猶質也,質猶文也;虎豹之鞹,猶犬羊之鞹。」

棘子成きよくしせいいはく、君子くんししつのみ、なんぶんもつん。子貢しこういはく、しいかな夫子ふうし君子くんしくや、したおよばず、ぶんしつごときなり、しつぶんごときなり。虎豹こへうくわく犬羊けんやうくわくのごとし。〉


十二之九

哀公問於有若曰:「年饑,用不足,如之何?」有若對曰:「盍徹乎?」曰:「二,吾猶不足,如之何其徹也?」對曰:「百姓足,君孰與不足?百姓不足,君孰與足!」

哀公あいこう有若いうじやくひて、いはく、としゑてようらず、これ如何いかにせん。有若いうじやくこたへていはく、なんてつせざる。いはく、われらず、これ如何いかんぞてつせんや。こたへていはく、百姓ひやくせいらば、きみれとともらざらん。百姓らずんば、きみれとともらん。〉


十二之十

子張問「崇德,辨惑。」子曰:「主忠信,徙義:崇德也。愛之欲其生,惡之欲其死;既欲其生,又欲其死:是惑也。」(誠不以富,亦祇以異。)

子張しちやうとくたかうしまどひべんずるをふ。子曰く、忠信ちうしんしゆとし、うつるは、とくたかうするなり。これあいしては、そのせいほつし、これにくみては、そのほつす。すでそのせいほつし、またそのほつするは、まどひなり。まこともつまず、またまさもつことなり。 〉


十二之十一

齊景公問「政」於孔子。孔子對曰:「君君,臣臣,父父,子子。」公曰:「善哉!信如君不君,臣不臣,父不父,子不子,雖有粟,吾得而食諸?」

せい景公けいこうまつりごと孔子こうしふ。孔子こうしこたへて曰く、きみきみたり、しんしんたり、ちゝちゝたり、たり。こういはく、きかな、まこときみきみたらず、しんしんたらず、ちゝちゝたらず、たらずんば、ぞくりといへども、われこれくらはんや。〉


十二之十二

子曰:「片言可以折獄者,其由也與!」子路無宿諾。

〈子曰く、片言へんげんもつうつたへさだものは、いうなるか。子路しろだく宿とゞむるなし。〉


十二之十三

子曰:「聽訟,吾猶人也;必也使無訟乎!」

〈子曰く、うつたへくはわれひとのごときなり。かならずやうつたへなからしめんか。〉


十二之十四

子張問「政」。子曰:「居之無倦,行之以忠。」

子張しちやうせいふ。子曰く、これりてむなく、これおこなふにちうもつてす。〉


十二之十五

子曰:「博學以文,約之以禮;亦可以弗畔矣夫!」

〈子曰く、ひろぶんまなび、これやくするにれいもつてせば、またもつそむかざるきか。〉


十二之十六

子曰:「君子成人之美,不成人之惡。小人反是。」

〈子曰く、君子くんしひとして、ひとあくさず。小人せうじんこれはんす。〉


十二之十七

季康子問「政」於孔子。孔子對曰:「『政』者,正也。子帥以正,孰敢不正?」

季康子きかうしまつりごと孔子こうしふ。孔子こうしこたへて曰く、せいせいなり。ひきゐるにせいを以てせば、れかあへたゞしからざらん。〉


十二之十八

季康子患盜,問於孔子。孔子對曰:「苟子之不欲,雖賞之不竊。」

季康子きかうしたううれへて孔子こうしふ。孔子こうしこたへて曰く、いやしく不欲ふよくならば、これしやうすといへどぬすまじ。〉


十二之十九

季康子問政於孔子曰:「如殺無道,以就有道,何如?」孔子對曰:「子爲政,焉用殺?子欲善,而民善矣。君子之德,風;小人之德,草;草上之風,必偃。」

季康子きかうしまつりごと孔子こうしうて、いはく、無道むだうころして、もつ有道いうだうさば、如何いかん孔子こうしこたへて曰く、まつりごとす、いづくんぞころすもちひん。ぜんほつすれば、たみぜんなり。君子くんしとくかぜなり、小人せうじんとくくさなり。くさこれかぜくはふれば、かならす。〉


十二之二一

子張問:「士何如斯可謂之『達』矣?」子曰:「何哉,爾所謂『達』者?」子張對曰:「在邦必聞,在家必聞。」子曰:「是『聞』也,非『達』也。夫『達』也者,質直而好義,察言而觀色,慮以下人,在邦必達,在家必達。夫『聞』也者:色取仁而行違,居之不疑。在邦必聞,在家必聞。」

子張しちやうふ、如何いかなるこゝこれたつき。子曰く、なんぞやなんぢ所謂いはゆるたつとは。子張しちやうこたへていはく、くにりてかならきこえ、いへりてもかならきこゆ。子曰く、ぶんなり、たつあらざるなり。たつなるものは、しつちよくにしてこのみ、げんさつしていろおもんばかつてもつひとくだる。くにりてもかならたつし、いへりてもかならたつす。ぶんなるものは、いろじんり、おこなひはたがふ、これうたがはず。くにりてもかならきこえ、いへりてもかならきこゆ。〉


十二之二二

樊遲從遊於舞雩之下曰:「敢問崇德,修慝,辨惑?」子曰:「善哉問!先事後得,非『崇德』與?攻其惡,無攻人之惡,非『修慝』與?一朝之忿,忘其身以及其親,非『惑』與?」

樊遲はんちしたがひて舞雩ぶうもとあそぶ。いはく、あへとくたかうしとくをさまどひべんずるをふ。子曰く、きかなとひや。ことさきにしてるをのちにするは、とくたかうるにあらずや。そのあくめて、ひとあくむるきは、とくをさむるにあらずや。一朝いつてう忿いかりに、そのわすれて、もつそのしんおよぼすは、まどひあらずや。〉


十二之二三

樊遲問「仁」。子曰:「愛人。」問「知」。子曰:「知人。」樊遲未達,子曰:「舉直錯諸枉,能使枉者直。」樊遲退,見子夏曰:「鄕也吾見於夫子而問『知』,子曰:『舉直錯諸枉,能使枉者直』,何謂也?」子夏曰:「富哉言乎!舜有天下,選於衆,舉皋陶,不仁者遠矣。湯有天下,選於衆,舉伊尹,不仁者遠矣。」

樊遲はんちじんふ。子曰く、ひとあいす。ふ。子曰く、ひとる。樊遲はんちいまたつせず。子曰く、なおきをげてこれまがれるにけば、まがれるものをしてなおからしむ。樊遲はんち退しりぞ子夏しかて、いはく、きにわれ夫子ふうしまみえてふ、子曰く、なおきをげてこれまがれるにけば、まがれるものをしてなおからしむと。なんひぞや。子夏しかいはく、めるかなげんや、しゆん天下てんかたもつや、しうえらびて皋陶かうえうげ、不仁者ふじんしやとほざかる。たう天下てんかたもつや、しうえらびて、伊尹いいんげ、不仁者ふじんしやとほざかる。〉


十二之二四

子貢問「友」。子曰:「忠吿而善道之,不可則止,毋自辱焉。」

子貢しこういうふ。子曰く、忠吿ちうこくしてこれ善道ぜんだうし、不可ふかなればめよ。みづかはづかしめらるゝなかれ。〉


十二之二五

曾子曰:「君子以文會友,以友輔仁。」

曾子そうしいはく、君子くんしぶんもつともくわいす、とももつじんたすく。〉


子路第十三[編集]

卷之七

子路しろ第十三


十三之一

子路問「政」。子曰:「先之,勞之。」請益,曰:「無倦。」

子路しろまつりごとふ。子曰く、これさきんじこれらうす、えきふ。曰く、なかれ。〉


十三之二

仲弓爲季氏宰,問「政」。子曰:「先有司。赦小過。舉賢才。」曰:「焉知賢才而舉之?」曰:「舉爾所知。爾所不知,人其舍諸?」

仲弓ちうきう季氏きしさいまつりごとふ。子曰く、有司いうしさきにす、小過せうくわゆるして、賢才けんさいげよ。いはく、いづくん賢才けんさいつてれをげん。いはく、なんぢところげよ。なんぢらざるところは、ひとこれてんや。〉


十三之三

子路曰:「衞君待子而爲政,子將奚先?」子曰:「必也正名乎!」子路曰:「有是哉?子之迂也!奚其正?」子曰:「野哉,由也!君子於其所不知,蓋闕如也。名不正,則言不順;言不順,則事不成;事不成,則禮樂不興;禮樂不興,則刑罰不中;刑罰不中,則民無所措手足。故君子名之必可言也,言之必可行也。君子於其言,無所苟而已矣。」

子路しろいはく、衞君ゑいくんつてまつりごとす。まさなにをかさきにせんとす。子曰く、かならずやたださんか。子路しろいはく、るかななる、なんたださん。曰く、なるかないうや。君子くんしらざるところおいて、けだ闕如けつじよするなり。たゞしからざれば、すなはげんじゆんならず。言順ならざれば、すなはことらず。事成らざれば、すなはち禮樂おこらず。禮樂興らざれば、すなは刑罰けいばつあたらず。刑罰中らざれば、すなはたみ手足しゆそくところし。ゆゑ君子くんしこれづくればかならくす。これへばかならおこなくす。君子くんしそのげんおいて、いやしくもするところきのみ。〉


十三之四

樊遲請學稼,子曰:「吾不如老農。」請學爲圃,曰:「吾不如老圃。」樊遲出,子曰:「小人哉,樊須也!上好禮,則民莫敢不敬;上好義,則民莫敢不服;上好信,則民莫敢不用情,夫如是,則四方之民,襁負其子而至矣,焉用稼?」

樊遲はんちまなばんとふ。子曰く、われ老農らうのうかず。くるをまなばんとふ。曰く、老圃らうほかず。樊遲はんちづ。曰く、小人せうじんなるかな樊須はんすや。かみれいこのめば、すなはたみあへけいせざるし。かみこのめば、すなはたみあへふくせざるなし。かみしんこのめば、すなはたみあへじやうもちひざるなし。かくごとくば、すなは四方しはうたみ其子そのこ襁負きやうふしてしかしていたらん。いづくんもちひん。〉


十三之五

子曰:「誦詩三百,授之以政,不達。使於四方,不能專對;雖多,亦奚以爲?」

〈子曰く、三百をしようすれども、これさづくるにまつりごともつてしてたつせず、四方しはう使つかひして、專對せんたいするあたはずんば、おほしといへどまたなにもつん。〉


十三之六

子曰:「其身正,不令而行;其身不正,雖令不從。」

〈子曰く、そのたゞしければ、れいせずしておこなはれ、たゞしからずんば、れいすといへどしたがはず。〉


十三之七

子曰:「魯衞之政,兄弟也。」

〈子曰く、魯衞ろゑいまつりごと兄弟けいていなり。〉


十三之八

子謂衞公子荊,「善居室:始有,曰:『苟合矣;』少有,曰:『苟完矣。』富有,曰:『苟美矣。』」

ゑい公子こうしけいふ、しつると。はじるに、いはく、まことへり。すこしくるにいはく、まことまつたし。さかんるにいはく、まことなりと。〉


十三之九

子適衞,冉有僕。子曰:「庶矣哉!」冉有曰:「既庶矣,又何加焉?」曰:「富之。」曰:「既富矣,又何加焉?」曰:「敎之。」

ゑいく、冉有ぜんいうぼくたり。子曰く、しよなるかな。冉有曰く、すでしよなり、またなにをかくはへん。曰く、これとまさん。曰く、すでめり。またなにをかくはへん。曰く、これをしへん。〉


十三之十

子曰:「苟有用我者,期月而已可也,三年有成。」

〈子曰く、いやしくわれもちふるものらば、期月きげつにしてすでなり。三年さんねんらん。〉


十三之十一

子曰:「『善人爲邦百年,亦可以勝殘去殺矣。』誠哉是言也。」

〈子曰く、善人ぜんにんくにをさむること百年ひやくねんならば、またもつざんさつしと。まことなるかなげんや。〉


十三之十二

子曰:「如有王者,必世而後仁。」

〈子曰く、王者わうじやりとも、かならせいにしてのちじんならん。〉


十三之十三

子曰:「苟正其身矣,於從政乎何有?不能正其身,如正人何?」

〈子曰く、いやしくただしくせば、まつりごとしたがふにおいなにらん、ただしくするあたはずんば、ひとたゞすことを如何いかにせん。〉


十三之十四

冉子退朝,子曰:「何晏也?」對曰:「有政。」子曰:「其事也!如有政,雖不吾以,吾其與聞之!」

冉子ぜんしてう退しりぞく。子曰く、なんおそきや。こたへていはく、まつりごとり。子曰く、ことならん。まつりごとらば、われもちひずといへども、われこれあづかかん。〉


十三之十五

定公問:「一言而可以興邦,有諸?」孔子對曰:「言不可以若是其幾也!人之言曰:『爲君難,爲臣不易』。如知爲君之難也,不幾乎一言而興邦乎?」曰:「一言而喪邦,有諸?」孔子對曰:「言不可以若是其幾也!人之言曰:『予無樂乎爲君,唯其言而莫予違也。』如其善而莫之違也,不亦善乎?如不善而莫之違也,不幾乎一言而喪邦乎?」

定公ていこうふ。一言いちげんにしてもつくにおこきことるか。孔子こうしこたへて曰く、げんもつかくごとすべからざるなり。ひとげんいはく、きみるはかたし、しんるはやすからずと。きみるのかたきをらば、一言いちげんにしてしかしてくにおこすにせざらんや。いはく、一言いちげんにしてしかしてもつくにうしなふこと、るか。孔子こうしこたへて曰く、げんもつかくごとく其れすべからざるなり。ひとげんいはく、われきみるをたのしし、たゞうてわれたがきなりと。ぜんにして、しかしてこれたがきや、またからずや。不善ふぜんにしてしかしてこれたがきや、一言いちげんにしてしかしてくにうしなふにせざらんや。〉


十三之十六

葉公問「政」。子曰:「近者說,遠者來。」

葉公せふこうまつりごとふ。子曰く、ちかものよころべば、とほものきたる。〉


十三之十七

子夏爲莒父宰,問「政」。子曰:「無欲速,無見小利。欲速,則不達;見小利,則大事不成。」

子夏しか莒父きよほさいり、まつりごとふ。子曰く、すみやかならんことをほつするかれ。小利せうりかれ。すみやかならんことをほつせば、すなはたつせず。小利せうりば、すなは大事だいじらず。〉


十三之十八

葉公語孔子曰:「吾黨有直躬者,其父攘羊,而子證之。」孔子曰:「吾黨之直者異於是,父爲子隱,子爲父隱,直在其中矣。」

葉公せふこう孔子こうしかたりていはく、たう直躬ちよくきうといふものり。そのちゝひつじぬすみて、しかしてこれしようす。孔子こうし曰く、たうなほものは、れにことなり。ちゝめにかくし、ちゝめにかくす。なおきことそのうちり。〉


十三之十九

樊遲問「仁」。子曰:「居處恭,執事敬,與人忠。雖之夷狄,不可棄也。」

樊遲はんちじんふ。子曰く、居處きよしよきように、ことりてけいに、ひとちうなるは、夷狄いてきくといへども、からざるなり。〉


十三之二十

子貢問曰:「何如斯可謂之『士』矣?」子曰:「行己有恥,使於四方,不辱君命;可謂『士』矣。」曰:「敢問其次。」曰:「宗族稱孝焉,鄕黨稱弟焉。」曰:「敢問其次。」曰:「言必信,行必果,硜硜然,小人哉,抑亦可以爲次矣。」曰:「今之從政者何如?」子曰:「噫!斗筲之人,何足算也!」

子貢しこうふ。いはく、如何いかなるこれき。子曰く、おのれおこなふにはぢあり、四方しほう使つかひして、君命くんめいはづかしめざる、し。いはく、あへそのつぎふ。曰く、宗族そうぞくかうしようし、鄕黨きやうたうていしようす。いはく、あへそのつぎふ。曰く、へばかならしんおこなへばかならくわ硜硜然こうぜんとして小人せうじんなるかな、抑〻そもまたもつつぎきか。いはく、いままつりごとしたがもの如何いかに。子曰く、あゝ斗筲とさうひとなんかぞふるにらんや。〉


十三之二一

子曰:「不得中行而與之,必也狂狷乎:狂者進取,狷者有所不爲也。」

〈子曰く、中行ちうかうこれくみせずんば、かならずや狂狷きやうけんか。狂者きやうしやすゝんでり、狷者けんしやさざるところるなり。〉


十三之二二

子曰:「南人有言曰:『人而無恆,不可以作巫醫』。「善夫!『不恆其德,或承之羞』」子曰:「不占而已矣。」

〈子曰く、南人なんじんへるり。いはく、ひとにしてつねくんばもつ巫醫ふいからずと。いかな。そのとくつねにせずんば、あるひこれはぢすゝむと。子曰く、うらなはざるのみ。〉


十三之二三

子曰:「君子和而不同,小人同而不和。」

〈子曰く、君子くんししてどうぜず。小人せうじんどうしてせず。〉


十三之二四

子貢問曰:「鄕人皆好之,何如?」子曰:「未可也。」「鄕人皆惡之,何如?」子曰:「未可也。不如鄕人之善者好之,其不善者惡之。」

子貢しこうふ。いはく、鄕人きやうじんみなこれよみせば、如何いかん。子曰く、いまならざるなり。鄕人きやうじんみなこれにくまば、如何いかん。子曰く、いまならざるなり。鄕人きやうじん善者ぜんしやこれよみし、その不善者ふぜんしやこれにくむにかず。〉


十三之二五

子曰:「君子易事而難說也;說之不以道,不說也;及其使人也,器之。小人難事而易說也。說之雖不以道,說也;及其使人也,求備焉。」

〈子曰く、君子くんしつかやすくしてよろこばせがたし。これよろこばするにみちもつてせざれば、よろこばざるなり。ひと使つかふにおよびてや、これにす。小人せうじんつかがたくしてよろこばせやすし。これよろこばするにみちもつてせずといへどよろこぶなり。ひと使つかふにおよびてや、そなはらんことをもとむ。〉


十三之二六

子曰:「君子泰而不驕;小人驕而不泰。」

〈子曰く、君子くんしたいにしてけうならず、小人せうじんけうにしてたいならず。〉


十三之二七

子曰:「剛毅木訥,近仁。」

〈子曰く、剛毅木訥がうきぼくとつじんちかし。〉


十三之二八

子路問曰:「何如斯可謂之『士』矣?」子曰:「切切偲偲、怡怡如也,可謂『士』矣。朋友切切偲偲,兄弟怡怡。」

子路しろふ。いはく、如何いかなるこれきか。子曰く、切切偲偲怡怡如せつししいいじよたり、し。朋友ほういうには切切偲偲せつししたり、兄弟きやうだいには怡怡いいたり。〉


十三之二九

子曰:「善人敎民七年,亦可以卽戎矣。」

〈子曰く、善人ぜんにんたみをしふる七年ならば、またもつじゆうかしむし。〉


十三之三十

子曰:「以不敎民戰,是謂棄之。」

〈子曰く、をしへざるたみもつたゝかふは、これつと謂ふ。〉


憲問第十四[編集]

憲問けんもん第十四


十四之一

憲問「恥」。子曰:「邦有道,穀;邦無道,穀,恥也。」

けんはぢふ。子曰く、くにみちあればこくす。くにみちくしてこくするははぢなり。〉


十四之二

「克、伐、怨、欲,不行焉,可以爲仁矣?」子曰:「可以爲難矣,仁則吾不知也。」

こくばつゑんよくおこなはれずんば、もつじんきか。子曰く、もつかたしとすべし。じんすなはわれらざるなり。〉


十四之三

子曰:「士而懷居,不足以爲士矣!」

〈子曰く、にしてきよおもへば、もつすにらず。〉


十四之四

子曰:「邦有道,危言危行;邦無道,危行言孫。」

〈子曰く、くにみちあれば、げんあやふうしおこなひあやふうす。くにみちなければ、おこなひあやふうしげんしたがふ。〉


十四之五

子曰:「有德者必有言,有言者不必有德。仁者必有勇,勇者不必有仁。」

〈子曰く、とくあるものは、かならげんあり。げんあるものは、かならずしもとくらず。仁者じんしやかならゆうり。勇者ゆうしやかならずしもじんらず。〉


十四之六

南宮适問於孔子曰:「羿善射,奡盪舟,俱不得其死然。禹稷躬稼而有天下。」夫子不答。南宮适出,子曰:「君子哉若人!尙德哉若人!」

南宮适なんきうかつ孔子こうしふ。いはく、羿げいしやくし、がうふねくつがへす、ともその死然しぜんず、禹稷うしよくみづかして、天下てんかたもつと。夫子ふうしこたへず。南宮适なんきうかつづ。子曰く、君子くんしなるかなかくのごとひととくたふとぶかなかくのごとひと。〉


十四之七

子曰:「君子而不仁者有矣夫!未有小人而仁者也!」

〈子曰く、君子くんしにして不仁ふじんなるものらんか。いま小人せうじんにしてじんなるものあらざるなり。〉


十四之八

子曰:「愛之,能勿勞乎?忠焉,能勿誨乎?」

〈子曰く、れをあいす、らうせしむるからんや。ちうす、をしふるからんや。〉


十四之九

子曰:「爲命,裨諶草創之,世叔討論之,行人子羽修飾之,東里子產潤色之。」

〈子曰く、めいつくる、裨諶ひじんこれ草創さうさうし、世叔せいしゆくこれ討論たうろんし、行人かうじん子羽しうこれ修飾しうしよくし、東里たうり子產しさんこれ潤色じゆんしよくす。〉


十四之十

或問子產,子曰:「惠人也。」問子西。曰:「彼哉彼哉!」問管仲。曰:「人也,奪伯氏騈邑三百,飯疏食,沒齒,無怨言。」

あるひと子產しさんふ、子曰く、惠人けいじんなり。子西しせいふ、曰く、れをやれをや。管仲くわんちうふ、曰く、ひとや、伯氏はくし騈邑べんいう三百をうばひ、疏食そしくらひ、よはひぼつするまで、怨言ゑんげん無し。〉


十四之十一

子曰:「貧而無怨,難;富而無驕,易。」

〈子曰く、ひんにしてうらむるなきはかたく、みておごるなきはやすし。〉


十四之十二

子曰:「孟公綽,爲趙、魏老則優,不可以爲滕、薛大夫。」

〈子曰く、孟公綽まうこうしやくは、趙魏てうぎらうればすなはいうなり、もつ滕薛とうせつ大夫たいふからざるなり。〉


十四之十三

子路問成人。子曰:「若臧武仲之知,公綽之不欲,卞莊子之勇,冉求之藝,文之以禮樂,亦可以爲成人矣!」曰:「今之成人者,何必然?見利思義,見危授命,久要不忘平生之言,亦可以爲成人矣!」

子路しろ成人せいじんふ、子曰く、臧武仲ざうぶちう公綽こうしやく不欲ふよく卞莊子べんさうしゆう冉求ぜんきうげいごとくして、これかざるに禮樂れいがくもつてせば、またもつ成人せいじんし。曰く、いま成人せいじんは、なんかならずしもしからん。おもひ、あやふきめいさづけ、久要きうえう平生へいぜいげんわすれずんば、またもつ成人せいじんすべし。〉


十四之十四

子問公叔文子於公明賈,曰:「信乎?夫子不言不笑不取乎?」公明賈對曰:「以吿者過也!夫子時然後言,人不厭其言;樂然後笑,人不厭其笑;義然後取,人不厭其取。」子曰:「其然!豈其然乎?」

公叔文子こうしゆくぶんし公明賈こうめいかふ、曰く、まことなるか、夫子ふうしはずわらはずらざるか。公明賈こうめいかこたへていはく、もつぐるものあやまてるなり、夫子ふうしときにしてしかのちふ、ひとの言ふをいとはず。たのしみてしかのちわらふ、ひとわらひいとはず。にしてしかのちる、ひとるをいとはず。子曰く、しかり、しからんや。〉


十四之十五

子曰:「臧武仲以防,求爲後於魯,雖曰不要君,吾不信也。」

〈子曰く、臧武仲ざうぶちうばうもつて、のちすをもとむ、きみえうせずとふといへども、われしんぜざるなりと。〉


十四之十六

子曰:「晉文公譎而不正,齊桓公正而不譎。」

〈子曰く、しん文公ぶんこういつはりてただしからず、せい桓公くわんこうただしうしていつはらず。〉


十四之十七

子路曰:「桓公殺公子糾,召忽死之,管仲不死。」曰:「未仁乎?」子曰:「桓公九合諸侯,不以兵車,管仲之力也。如其仁!如其仁!」

子路しろいはく、桓公くわんこう公子糾こうしきうころす、召忽せうこつこれす、管仲くわんちうせず、いはく、いまじんならざるか。子曰く、桓公くわんこう諸侯しよこう九合きうがふするに、兵車へいしやもつてせず、管仲くわんちうちからなり、そのじんしかんや、そのじんしかんや。〉


十四之十八

子貢曰:「管仲非仁者與?桓公殺公子糾,不能死,又相之。」子曰:「管仲相桓公,霸諸侯,一匡天下,民到于今受其賜;微管仲,吾其被髮左衽矣!豈若匹夫匹婦之爲諒也,自經於溝瀆,而莫之知也!」

子貢しこういはく、管仲くわんちう仁者じんしやあらざるか、桓公くわんこう公子糾こうしきうころす、するあたはず、またこれたすく。子曰く、管仲くわんちう桓公くわんこうたすけて、諸侯しよこうたらしめ、天下てんか一匡いつきようす。たみいまいたるまでたまものく。管仲くわんちうなかりせば、われかみかうむじんひだりにせん。匹夫ひつぷ匹婦ひつぷまことす、みづか溝瀆こうとくくびれて、これきがごとくならんや。〉


十四之十九

公叔文子之臣大夫僎,與文子同升諸公。子聞之曰:「可以爲文矣!」

公叔文子こうしゆくぶんししん大夫僎たいふせん文子ぶんしおなじくこうのぼる。これき、曰く、もつぶんし。〉


十四之二十

子言衞靈公之無道也。康子曰:「夫如是,奚而不喪?」孔子曰:「仲叔圉治賓客,祝鮀治宗廟,王孫賈治軍旅。夫如是,奚其喪?」

ゑい靈公れいこう無道むだうふ、康子かうしいはく、かくごとくんば、いづくんほろびざる。孔子こうし曰く、仲叔圉ちうしゆくぎよ賓客ひんかくをさめ、祝鮀しゆくだ宗廟そうべうをさめ、王孫賈わうそんか軍旅ぐんりよをさむ、かくごとし、いづくんほろびん。〉


十四之二一

子曰:「其言之不怍,則爲之也難!」

〈子曰く、これうてはぢず、すなはこれかたし。〉


十四之二二

陳成子弒簡公。孔子沐浴而朝,吿於哀公曰:「陳恆弒其君,請討之。」公曰:「吿夫三子。」孔子曰:「以吾從大夫之後,不敢不吿也!君曰:『吿夫三子』者!」之三子吿,不可。孔子曰:「以吾從大夫之後,不敢不吿也!」

陳成子ちんせいし簡公かんこうしいす。孔子こうし沐浴もくよくしててうし、哀公あいこうげて、曰く、陳恆ちんこうそのきみしいす、これたん。こういはく、三子さんしげよ、孔子こうし曰く、われ大夫たいふしりへしたがふをもつて、あへげずんばあらず。きみいはく、三子者さんししやげよと。三子さんしきてぐ。かず。孔子こうしのたまはく、われ大夫たいふしりへしたがふをもつて、あへげずんばあらざるなり。〉


十四之二三

子路問事君,子曰:「勿欺也,而犯之。」

子路しろきみつかふるをふ。子曰く、欺く勿れ、而して之をおかせ。〉


十四之二四

子曰:「君子上達,小人下達。」

〈子曰く、君子くんし上達じようたつし、小人せうじん下達かたつす。〉


十四之二五

子曰:「古之學者爲己,今之學者爲人。」

〈子曰く、いにしへ學者がくしやおのれためにし、いま學者がくしやひとためにす。〉


十四之二六

蘧伯玉使人於孔子,孔子與之坐而問焉。曰:「夫子何爲?」對曰:「夫子欲寡其過而未能也。」使者出。子曰:「使乎!使乎!」

蘧伯玉きよはくぎよくひと孔子こうし使つかひす。孔子こうしこれしてふ、曰く、夫子ふうしなにをかす。こたへていはく、夫子ふうしそのあやまちすくなくせんとほつして、いまあたはざるなりと。使者ししやづ。子曰く、使つかひなるかな、使つかひなるかな。〉


十四之二七

子曰:「不在其位,不謀其政。」

〈子曰く、そのくらゐらざれば、そのまつりごとはからず。〉


十四之二八

曾子曰:「君子思不出其位。」

曾子そうしいはく、君子くんしおもふことそのくらゐでず。〉


十四之二九

子曰:「君子恥其言而過其行。」

〈子曰く、君子くんしそのげんそのおこなひぐるをづるなり。〉


十四之三十

子曰:「君子道者三,我無能焉:仁者不憂,知者不惑,勇者不懼。」子貢曰:「夫子自道也!」

〈子曰く、君子くんしみちなるものさんわれくするし、仁者じんしやうれへず、知者ちしやまどはず、勇者ゆうしやおそれず。子貢しこういはく、夫子ふうしみづかふなり。〉


十四之三一

子貢方人。子曰:「賜也,賢乎哉?夫我則不暇!」

子貢しこうひとたくらぶ。子曰く、けんなるかな、われすなはいとまあらず。〉


十四之三二

子曰:「不患人之不己知,患其不能也。」

〈子曰く、ひとおのれらざるをうれへず、其のあたはざるをうれふ。〉


十四之三三

子曰:「不逆詐,不億不信,抑亦先覺者,是賢乎!」

〈子曰く、いつはりむかへず、不信ふしんおもんばからず、抑〻そもまた先覺せんかくするものけんか。〉


十四之三四

微生畝謂孔子曰:「丘,何爲是栖栖者與?無乃爲佞也乎?」孔子曰:「非敢爲佞也,疾固也。」

微生畝びせいほ孔子こうしひていはく、きうなん栖栖せいたるものす、すなはねいからんか。孔子こうし曰く、あへねいすにあらざるなり、にくめばなり。〉


十四之三五

子曰:「驥不稱其力,稱其德也。」

〈子曰く、はそのちからしようせず、そのとくしようするなり。〉


十四之三六

或曰:「以德報怨,何如?」子曰:「何以報德?以直報怨,以德報德。」

あるひといはく、とくもつうらみむくいば、如何いかんと。子曰く、なにもつとくむくいん。ちよくもつうらみむくい、とくもつとくむくいん。〉


十四之三七

子曰:「莫我知也夫!」子貢曰:「何爲其莫知子也?」子曰:「不怨天,不尤人,下學而上達,知我者,其天乎!」

〈子曰く、われきか、子貢しこういはく、なんしとす。子曰く、てんうらみず、ひととがめず、下學かがくして上達じようたつす、われものてんか。〉


十四之三八

公伯寮愬子路於季孫,子服景伯以吿,曰:「夫子固有惑志於公伯寮,吾力猶能肆諸市朝。」子曰:「道之將行也與,命也;道之將廢也與,命也。公伯寮其如命何?」

公伯寮こうはくれう子路しろ季孫きそんうつたふ。子服景伯しふくけいはくもつぐ。曰く、夫子ふうしもとより公伯寮こうはくれう惑志わくしり、ちからこれ市朝してうさらさん。子曰く、みちまさおこなはれんとするやめいなり、みちの將にすたれんとするやめいなり、公伯寮こうはくれうめい何如いかにせん。〉


十四之三九

子曰:「賢者辟世,其次辟地,其次辟色,其次辟言。」

〈子曰く、賢者けんじやく、そのつぎく、そのつぎいろく、そのつぎげんく。〉


十四之四十

子曰:「作者七人矣。」

〈子曰く、もの七人しちにん。〉


十四之四一

子路宿於石門。晨門曰:「奚自?」子路曰:「自孔氏。」曰:「是知其不可而爲之者與?」

子路しろ石門せきもん宿しゆくす。晨門しんもん曰く、いづれよりすと。子路しろいはく、孔氏こうしよりす。いはく、その不可ふかりてこれす者か。〉


十四之四二

子擊磬於衞。有荷蕢者而過孔氏之門者,曰:「有心哉!擊磬乎!」既而曰:「鄙哉,硜硜乎!莫己知也,斯已而已矣!『深則厲,淺則揭。』」子曰:「果哉!末之難矣!」

けいゑいつ。になひて孔氏こうしもんぐるものり、いはく、こゝろるかなけいつや。すでにして曰く、なるかな硜硜乎こうたり、おのれきなり、まんのみ、ふかければすなはれいし、あさければ則ちけいす。子曰く、くわなるかな、かたし。〉


十四之四三

子張曰:「書云:『高宗諒陰,三年不言。』何謂也?」子曰:「何必高宗,古之人皆然。君薨,百官總己以聽於冢宰,三年。」

子張しちやういはく、しよに云ふ、高宗かうそう諒陰りやうゐん三年さんねんものいはずと、なんいひぞ。子曰く、なんかならずしも高宗かうそうのみならん、いにしへひとみなしかり、きみこうずれば百官ひやくくわんおのれべて、もつ冢宰ちようさいくこと三年さんねんなり。〉


十四之四四

子曰:「上好禮,則民易使也。」

〈子曰く、かみれいこのめば、たみ使つかやすし。〉


十四之四五

子路問君子。子曰:「修己以敬。」曰:「如斯而已乎?」曰:「修己以安人。」曰:「如斯而已乎?」曰:「修己以安百姓。修己以安百姓,堯舜其猶病諸!」

子路しろ君子くんしふ。子曰く、おのれをさめてもつけいす。曰く、かくごときのみか。曰く、おのれをさめてもつひとやすんず。いはく、かくごときのみか。曰く、おのれをさめてもつ百姓ひやくせいやすんず。己を脩めて以て百姓を安んずるは、堯舜げうしゆんこれめり。〉


十四之四六

原壤夷俟。子曰:「幼而不孫弟,長而無述焉,老而不死,是爲賊。」以杖叩其脛。

原壤げんじやうしてつ。子曰く、えうにして孫弟そんていならず、ちやうじてぶるく、おいせず、これぞくすと。つゑもつそのけいてり。〉


十四之四七

闕黨童子將命。或問之曰:「益者與?」子曰:「吾見其居於位也,見其與先生竝行也,非求益者也,欲速成者也。」

闕黨けつたう童子どうじめいおこなふ。あるひとこれうて、いはく、えきするものか。子曰く、われくらゐるをる、先生せんせいならくをる、えきもとむるものあらざるなり、すみやからんとほつするものなり。〉


衞靈公第十五[編集]

卷之八

衞靈公ゑいれいこう第十五


十五之一

衞靈公問陳於孔子。孔子對曰:「俎豆之事,則嘗聞之矣;軍旅之事,未之學也。」明日遂行。在陳絕糧。從者病,莫能興。子路慍見曰:「君子亦有窮乎?」子曰:「君子固窮,小人窮斯濫矣。」

ゑい靈公れいこうちん孔子こうしふ。孔子こうしこたへて曰く、俎豆そとうことすなはかつこれけり、軍旅ぐんりよこといまこれまなばざるなりと。明日みやうにちつひる。ちんりてりやうつ。從者じゆうしやみ、し。子路しろうらいはく、君子くんしまたきうするるか。子曰く、君子くんしもとよりきうす、小人せうじんきうすればこゝらんす。〉


十五之二

子曰:「賜也,女以予爲多學而識之者與?」對曰:「然,非與?」曰:「非也,予一以貫之。」

曰く、や、なんぢもつおほまなんでこれものすか。こたへていはく、しかり、なるか。曰く、なり、いつもつこれつらぬく。〉


十五之三

子曰:「由,知德者鮮矣!」

曰く、いうとくものすくなし。〉


十五之四

子曰:「無爲而治者,其舜也與!夫何爲哉?恭己正南面而已矣。」

曰く、無爲むゐにしてをさまるものしゆんか、なにさんや、おのれうやしくしただしく南面なんめんするのみ。〉


十五之五

子張問行。子曰:「言忠信,行篤敬,雖蠻貊之邦行矣。言不忠信,行不篤敬,雖州里行乎哉?立,則見其參於前也;在輿,則見其倚於衡也。夫然後行。」子張書諸紳。

子張しちやうおこなはるゝをふ。曰く、げん忠信ちうしんおこなひ篤敬とくけいならば、蠻貊ばんぱくくにいへどおこなはれん。げん忠信ちうしんならず、おこなひ篤敬とくけいならずんば、州里と雖も行はれんや。立てばすなは其前そのまへさんたるを輿りては、すなは其衡そのかうる、しかのちおこなはれん。子張しちやうこれしんしよす。〉


十五之六

子曰:「直哉史魚!邦有道,如矢;邦無道,如矢。君子哉蘧伯玉!邦有道,則仕;邦無道,則可卷而懷之。」

曰く、ちよくなるかな史魚しぎよくにみちればごとく、くにみちきもごとし。君子くんしなるかな蘧伯玉きよはくぎよくくにみちれば、すなはつかえ、くにみちなければ、すなはいて之をふところにすし。〉


十五之七

子曰:「可與言,而不與之言,失人;不可與言,而與之言,失言。知者不失人,亦不失言。」

曰く、ともに言ふくして、而して之とともはざれば、ひとうしなふ、ともからずして、而して之とともへば、げんうしなふ。知者ちしやひとうしなはず、またげんうしなはず。〉


十五之八

子曰:「志士仁人,無求生以害仁,有殺身以成仁。」

曰く、志士しし仁人じんじんは、せいもとめてもつじんがいすることし、ころしてもつじんり。〉


十五之九

子貢問爲仁。子曰:「工欲善其事,必先利其器。居是邦也,事其大夫之賢者,友其士之仁者。」

子貢しこうじんすをふ。子曰く、こう其事そのことよくせんとほつせば、かなら其器そのきにす。くにるや、その大夫たいふ賢者けんしやつかへ、其士そのし仁者じんしやともとす。〉


十五之十

顏淵問爲邦。子曰:「行夏之時,乘殷之輅,服周之冕,樂則韶舞。放鄭聲,遠佞人。鄭聲淫,佞人殆。」

顏淵がんゑんくにをさむるをふ。曰く、ときおこなひ、いんり、しうべんふくし、がくすなは韶舞せうぶし、鄭聲ていせいはなち、佞人ねいじんとほざけよ。鄭聲ていせいいんに、佞人ねいじんあやふし。〉


十五之十一

子曰:「人無遠慮,必有近憂。」

〈子曰く、ひととほおもんばかりければ、かならちかうれひあり。〉


十五之十二

子曰:「已矣乎!吾未見好德如好色者也!」

〈子曰く、やんぬるかな、われいまとくこのむこといろこのむがごとくするものざるなり。〉


十五之十三

子曰:「臧文仲,其竊位者與!知柳下惠之賢,而不與立也。」

〈子曰く、臧文仲ざうぶんちうくらゐぬすむものか、柳下惠りうかけいけんりて、而もともたざるなり。〉


十五之十四

子曰:「躬自厚,而薄責於人,則遠怨矣!」

〈子曰く、みづかあつくして、うすひとむれば、すなはうらみとおざかる。〉


十五之十五

子曰:「不曰『如之何,如之何』者,吾末如之何也已矣!」

〈子曰く、これ如何いかにせん、これ如何いかにせんとはざるものは、われこれ如何いかんともするきのみ。〉


十五之十六

子曰:「群居終日,言不及義,好行小慧,難矣哉!」

〈子曰く、羣居ぐんきよ終日しゆうじつげんおよばず、このんで小慧せうけいおこなふ、かたいかな。〉


十五之十七

子曰:「君子義以爲質,禮以行之,孫以出之,信以成之。君子哉!」

〈子曰く、君子くんしもつしつし、れいもつこれおこなひ、そんもつこれいだし、しんもつこれす、君子くんしなるかな。〉


十五之十八

子曰:「君子病無能焉,不病人之不己知也。」

〈子曰く、君子くんしのうなきをむ、ひとおのれらざるをまざるなり。〉


十五之十九

子曰:「君子疾沒世而名不稱焉。」

〈子曰く、君子くんしぼつしてしようせられざるをにくむ。〉


十五之二十

子曰:「君子求諸己,小人求諸人。」

〈子曰く、君子くんしこれおのれもとめ、小人せうじんこれひともとむ。〉


十五之二一

子曰:「君子矜而不爭,群而不黨。」

〈子曰く、君子くんしつゝしみてあらそはず、ぐんしてたうせず。〉


十五之二二

子曰:「君子不以言舉人,不以人廢言。」

〈子曰く、君子くんしげんもつひとげず、ひともつげんはいせず。〉


十五之二三

子貢問曰:「有一言而可以終身行之者乎?」子曰:「其恕乎!己所不欲,勿施於人。」

子貢しこうふ、いはく、一言いちげんにしてもつ終身しゆうしんこれおこなものりや。子曰く、じよか、おのれほつせざるところひとほどこすことなかれ。〉


十五之二四

子曰:「吾之於人也,誰毀誰譽?如有所譽者,其有所試矣。斯民也,三代之所以直道而行也。」

〈子曰く、われひとける、たれをかそしたれをかめん、むるところの者あらば、こころみるところらん。たみや、三代さんだい直道ちよくだうにしておこな所以ゆゑんなり。〉


十五之二五

子曰:「吾猶及史之闕文也,有馬者,借人乘之。今亡矣夫!」

〈子曰く、われ闕文けつぶんおよぶ、うまものは、ひとしてこれらしむ、いまきかな。〉


十五之二六

子曰:「巧言亂德,小不忍,則亂大謀。」

〈子曰く、巧言かうげんとくみだる。せうしのびざれば、すなは大謀たいばうみだる。〉


十五之二七

子曰:「衆惡之,必察焉;衆好之,必察焉。」

〈子曰く、しうこれにくむも、かならさつし、しうこれこのむも、かならさつす。〉


十五之二八

子曰:「人能弘道,非道弘人。」

〈子曰く、ひとみちひろむ、みちひとひろむるにあらざるなり。〉


十五之二九

子曰:「過而不改,是謂過矣。」

〈子曰く、あやまつてあらためざるは、これあやまちふ。〉


十五之三十

子曰:「吾嘗終日不食,終夜不寑,以思;無益,不如學也。」

〈子曰く、われかつ終日しゆうじつくらはず、終夜しゆうやねずして、もつおもへり、えきなし、まなぶにかざるなり。〉


十五之三一

子曰:「君子謀道不謀食。耕也,餒在其中矣;學也,祿在其中矣。君子憂道不憂貧。」

〈子曰く、君子くんしみちはかりてしよくはからず、たがやすや、うゑ其中そのうちり、まなぶや、祿ろく其中そのうちり、君子くんしみちうれへ、ひんうれへず。〉


十五之三二

子曰:「知及之,仁不能守之,雖得之,必失之。知及之,仁能守之。不莊以蒞之,則民不敬。知及之,仁能守之,莊以蒞之。動之不以禮,未善也。」

〈子曰く、これおよべども、じんこれまもあたはざれば、これるといへども、かならこれうしなふ。これおよび、じんこれまもるも、さうもつこれのぞまざれば、すなはたみけいせず。これに及び、じんこれまもり、さう以て之にのぞめども、これうごかすにれいもつてせざれば、いまからざるなり。〉


十五之三三

子曰:「君子不可小知,而可大受也。小人不可大受,而可小知也。」

〈子曰く、君子くんし小知せうちからず、而して大受たいじゆせしむきなり。小人せうじん大受たいじゆせしむからず、而して小知せうちきなり。〉


十五之三四

子曰:「民之於仁也,甚於水火。水火,吾見蹈而死者矣,未見蹈仁而死者也。」

〈子曰く、たみじんけるや、水火すゐくわよりはなはだし。水火すゐくわわれんでするものる、いまじんんでするものざるなり。〉


十五之三五

子曰:「當仁,不讓於師。」

〈子曰く、じんあたつてはゆずらず。〉


十五之三六

子曰:「君子貞而不諒。」

〈子曰く、君子くんしていにしてまことならず。〉


十五之三七

子曰:「事君,敬其事而後其食。」

〈子曰く、きみつかへて其事そのことけいし、而して其食そのしよくのちにす。〉


十五之三八

子曰:「有敎無類。」

〈子曰く、をしへりてるゐなし。〉


十五之三九

子曰:「道不同,不相爲謀。」

〈子曰く、みちおなじからざれば、あひめにはからず。〉


十五之四十

子曰:「辭,達而已矣!」

〈子曰く、たつするのみ。〉


十五之四一

師冕見。及階,子曰:「階也。」及席,子曰:「席也。」皆坐,子吿之曰:「某在斯,某在斯。」師冕出,子張問曰:「與師言之道與?」子曰:「然,固相師之道也。」

べんまみゆ、かいおよぶ。子曰く、かいなり。せきおよぶ。子曰く、せきなり。みなす。これげて曰く、ぼうこゝり、某は斯に在り。べんづ。子張しちやううていはく、ふのみちか。子曰く、しかり、もとよりたすくるのみちなり。〉