論語 (國譯漢文大成)/顏淵第十二

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


顏淵がんえんだい十二


十二之一

顏淵問「仁」。子曰:「克己復禮爲仁。一日克己復禮,天下歸仁焉,爲仁由己,而由人乎哉?」顏淵曰:「請問其目。」子曰:「非禮勿視,非禮勿聽,非禮勿言,非禮勿動。」顏淵曰:「回雖不敏,請事斯語矣!」

顏淵がんえんじんふ。いはく、おのれちてれいむをじんす。一じつおのれちてれいめば、天下てんかじんす。じんすはおのれる、ひとらむや。顏淵がんえんいはく、もくふ。いはく、れいあらざればることなかれ、れいあらざればくことなかれ、れいあらざればふことなかれ、れいあらざればうごくことなかれ。顏淵がんえんいはく、くわい不敏ふびんいへども、こととせむ。〉


十二之二

仲弓問「仁」。子曰:「出門如見大賓,使民如承大祭,己所不欲,勿施於人。在邦無怨,在家無怨。」仲弓曰:「雍雖不敏,請事斯語矣!」

仲弓ちうきうじんふ。いはく、もんでては大賓たいひんるがごとく、たみ使つかふには大祭たいさいつかうまつるがごとく、おのれほつせざるところひとほどこすことなかれ。くにつてもうらみく、いへつてもうらみし。仲弓ちうきういはく、よう不敏ふびんいへども、こととせむ。〉


十二之三

司馬牛問「仁」。子曰:「仁者,其言也訒。」曰:「其言也訒,斯謂之『仁』已夫?」子曰:「爲之難,言之得無訒乎!」

司馬牛しばぎうじんふ。いはく、じんとはことしのぶ。いはく、ことしのぶ、こここれじんふか。いはく、これすことかたし、これふことしのぶこときをむや。〉


十二之四

司馬牛問「君子」。子曰:「君子不憂不懼。」曰:「不憂不懼,斯謂之『君子』矣夫?」子曰:「內省不疚,夫何憂何懼!」

司馬牛しばぎう君子くんしふ。いはく、君子くんしうれへずおそれずと。いはく、うれへずおそれざる、こここれ君子くんしふか。いはく、うちかへりみてやましからずんば、なにをかうれへ、なにをかおそれむ。〉


十二之五

司馬牛憂曰:「人皆有兄弟,我獨亡!」子夏曰:「商聞之矣:『死生有命,富貴在天』君子敬而無失,與人恭而有禮,四海之內,皆兄弟也,君子何患乎無兄弟也!」

司馬牛しばぎううれへていはく、ひとみな兄弟けいていあり、われひとしと。子夏しかいはく、せうこれけり、死生しせいめいあり、富貴ふうきてんりと。君子くんしけいしてうしなふことなく、ひとくみするにきようにしてれいあらば、四かいうちみな兄弟けいていなり。君子くんしなん兄弟けいていきことをうれへむや。〉


十二之六

子張問「明」。子曰:「浸潤之譖,膚受之愬,不行焉,可謂明也已矣。浸潤之譖,膚受之愬,不行焉,可謂遠也已矣。」

子張しちやうめいふ。いはく、浸潤しんじゆんそしり膚受ふじゆうつたへおこなはれざる、めいきのみ。浸潤しんじゆんそしり膚受ふじゆうつたへおこなはれざる、とほしときのみ。 〉


十二之七

子貢問「政」。子曰:「足食,足兵,民信之矣。」子貢曰:「必不得已而去,於斯三者何先?」曰:「去兵。」子貢曰:「必不得已而去,於斯二者何先?」曰:「去食。自古皆有死,民無信不立。」

子貢しこうまつりごとふ。いはく、しよくし、へいし、たみこれしんにす。子貢しこういはく、かならむをずしててば、つのものおいなにをかさきにせむ。いはく、へいてむ。子貢しこういはく、かならむをずしててば、ふたつのものおいなにをかさきにせむ。いはく、しよくてむ。いにしへよりみなあり、たみしんなくんばたず。 〉


十二之八

棘子成曰:「君子質而已矣,何以文爲?」子貢曰:「惜乎,夫子之說,君子也,駟不及舌!文猶質也,質猶文也;虎豹之鞹,猶犬羊之鞹。」

棘子成きよくしせいいはく、君子くんししつのみ、なんぶんもつさむ。子貢しこういはく、をしいかな、夫子ふうし君子くんしくや、したおよばず、ぶんしつのごときなり、しつぶんのごときなり、虎豹こへうくわく犬羊けんやうくわくのごとし。〉


十二之九

哀公問於有若曰:「年饑,用不足,如之何?」有若對曰:「盍徹乎?」曰:「二,吾猶不足,如之何其徹也?」對曰:「百姓足,君孰與不足?百姓不足,君孰與足!」

哀公あいこう有若いうじやくうていはく、としゑてようらず、これ如何いかにせむ。有若いうじやくこたへていはく、なんてつせざるや。いはく、二もわれらず、これ如何いかんぞてつせむ。こたへていはく、百せいらば、きみたれともにからざらむ、百せいらずば、きみたれともにからむ。〉


十二之十

子張問「崇德,辨惑。」子曰:「主忠信,徙義:崇德也。愛之欲其生,惡之欲其死;既欲其生,又欲其死:是惑也。」(誠不以富,亦祇以異。)

子張しちやうとくたかくしまどひべんぜむことをふ。いはく、忠信ちうしんしゆとしうつるはとくたかくするなり。これあいしてはきむことをほつし、これにくみてはせむことをほつす。すでせいほつし、またほつするは、まどひなり。まこともつまず、またまさもつあやしまる。 〉


十二之十一

齊景公問「政」於孔子。孔子對曰:「君君,臣臣,父父,子子。」公曰:「善哉!信如君不君,臣不臣,父不父,子不子,雖有粟,吾得而食諸?」

せい景公けいこうまつりごと孔子こうしふ。孔子こうしこたへていはく、きみきみたり、しんしんたり、ちちちちたり、たり。こういはく、いかな。まこときみきみたらず、しんしんたらず、ちちちちたらず、たらずんば、ぞくありといへども、われこれくらはむや。〉


十二之十二

子曰:「片言可以折獄者,其由也與!」子路無宿諾。

いはく、片言へんげんもつうつたへさだものは、いうか。子路しろだく宿とどむることし。〉


十二之十三

子曰:「聽訟,吾猶人也;必也使無訟乎!」

いはく、うつたへくこと、われひとのごとし。かならずやうつたへからしめむか。〉


十二之十四

子張問「政」。子曰:「居之無倦,行之以忠。」

子張しちやうまつりごとふ。いはく、これるにむことなく、これおこなふにちうもつてす。〉


十二之十五

子曰:「博學以文,約之以禮;亦可以弗畔矣夫!」

いはく、ひろぶんまなび、これやくするにれいもつてす、またそむかざるべし。〉


十二之十六

子曰:「君子成人之美,不成人之惡。小人反是。」

いはく、君子くんしひとし、ひとあくさず、小人せうじんこれはんす。〉


十二之十七

季康子問「政」於孔子。孔子對曰:「『政』者,正也。子帥以正,孰敢不正?」

季康子きかうしまつりごと孔子こうしふ。孔子こうしこたへていはく、せいせいなり、ひきゐるにせいもつてせば、たれあへただしからざらむ。〉


十二之十八

季康子患盜,問於孔子。孔子對曰:「苟子之不欲,雖賞之不竊。」

季康子きかうしたううれへて、孔子こうしふ。孔子こうしこたへていはく、いやしくにして不欲ふよくならば、これしやうすといへどぬすまず。〉


十二之十九

季康子問政於孔子曰:「如殺無道,以就有道,何如?」孔子對曰:「子爲政,焉用殺?子欲善,而民善矣。君子之德,風;小人之德,草;草上之風,必偃。」

季康子きかうしまつりごと孔子こうしうていはく、無道ぶだうころしてもつ有道いうだうさば如何いかん孔子こうしこたへていはく、まつりごとすに、いづくんぞころすことをもちゐむ、ぜんほつしてたみぜんならむ。君子くんしとくかぜ小人せうじんとくくさなり、くさこれかぜくはふればかならす。〉


十二之二一

子張問:「士何如斯可謂之『達』矣?」子曰:「何哉,爾所謂『達』者?」子張對曰:「在邦必聞,在家必聞。」子曰:「是『聞』也,非『達』也。夫『達』也者,質直而好義,察言而觀色,慮以下人,在邦必達,在家必達。夫『聞』也者:色取仁而行違,居之不疑。在邦必聞,在家必聞。」

子張しちやうふ、如何いかなるこここれたつき。いはく、なんぞやなんぢ所謂いはゆるたつとは。子張しちやうこたへていはく、くにつてもかならきこえ、いへつてもかならきこゆ。いはく、ぶんなり、たつあらざるなり。たつとは、質直しつちよくにしてこのみ、ことさつしていろおもんばかりてもつひとくだる。くにつてもかならたつし、いへりつもかならたつす。ぶんとは、いろじんりておこなひたがひ、これうたがはず。くにつてもかならきこえ、いへつてもかならきこゆ。〉


十二之二二

樊遲從遊於舞雩之下曰:「敢問崇德,修慝,辨惑?」子曰:「善哉問!先事後得,非『崇德』與?攻其惡,無攻人之惡,非『修慝』與?一朝之忿,忘其身以及其親,非『惑』與?」

樊遲はんちしたがつて舞雩ぶうもとあそぶ。いはく、あへとくたかくし、とくをさめ、まどひべんぜむことをふ。いはく、いかなとひや。ことさきにしるをのちにするは、とくたかくするにあらずや。あくめてひとあくむることきは、とくをさむるにあらずや。一てう忿いかりわすれて、もつそのおやおよぼすは、まどひあらずや。〉


十二之二三

樊遲問「仁」。子曰:「愛人。」問「知」。子曰:「知人。」樊遲未達,子曰:「舉直錯諸枉,能使枉者直。」樊遲退,見子夏曰:「鄕也吾見於夫子而問『知』,子曰:『舉直錯諸枉,能使枉者直』,何謂也?」子夏曰:「富哉言乎!舜有天下,選於衆,舉皋陶,不仁者遠矣。湯有天下,選於衆,舉伊尹,不仁者遠矣。」

樊遲はんちじんふ。いはく、ひとあいす。ふ。いはく、ひとる。樊遲はんちいまたつせず。いはく、なおきをげてこれまがれるにけば、まがれるものをしてなおからしむと。樊遲はんち退しりぞき、子夏しかいはく、さきわれ夫子ふうしまみえてふ、いはく、なおきをげてこれまがれるにけば、まがれるものをしてなおからしむと。なんいひぞや。子夏しかいはく、めるかなことや。しゆん天下てんかたもち、しうえらんで皋陶かうえうげて、不仁者ふじんしやとほざかれり。たう天下てんかたもち、しうえらんで伊尹いいんげて、不仁者ふじんしやとほざかれり。〉


十二之二四

子貢問「友」。子曰:「忠吿而善道之,不可則止,毋自辱焉。」

子貢しこうともふ。いはく、忠吿ちうこくしてこれみちびき、不可きかざればすなはむ、みづかはづかしめらるることし。〉


十二之二五

曾子曰:「君子以文會友,以友輔仁。」

曾子そうしいはく、君子くんしぶんもつともくわいし、とももつじんたすく。〉