論語 (國譯漢文大成)/下論上

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


先進第十一[編集]

せんしんだい十一


十一之一

子曰:「先進於禮樂,野人也;後進於禮樂,君子也。如用之,則吾從先進。」

いはく、れいがくすすむはやじんなり、のちれいがくすすむはくんしなり。これもちゐば、すなはわれせんしんしたがはむ。〉


十一之二

子曰:「從我於陳蔡者,皆不及門也。」德行:顏淵、閔子騫、冉伯牛、仲弓。言語:宰我、子貢。政事:冉有、季路。文學:子游、子夏。

いはく、われちんさいしたがひしものは、みなもんおよばざりき。とくかうにはがんえんびんしけんぜんはくぎうちうきうげんごにはさいがしこうせいじにはぜんいうきろぶんがくにはしいうしか。〉


十一之三

子曰:「回也,非助我者也!於吾言,無所不說。」

いはく、くわいわれたすくるものあらざるなり、げんおいよろこばざるところなし。〉


十一之四

子曰:「孝哉閔子騫!人不間於其父母昆弟之言。」

いはく、かうなるかなびんしけんひとふぼこんていかんすることばなし。〉


十一之五

南容三復白圭,孔子以其兄之子妻之。

なんようはくけいを三ぷくす。こうしあにもつこれめあはす。〉


十一之六

季康子問:「弟子孰爲好學?」孔子對曰:「有顏回者好學,不幸短命死矣!今也則亡。」

きかうしふ、ていしたれがくこのむとす。こうしこたへていはく、がんくわいといふものあり、がくこのめり、ふかうたんめいにしてす。いますなはしと。〉


十一之七

顏淵死,顏路請子之車以爲之槨。子曰:「才不才,亦各言其子也。鯉也死,有棺而無槨。吾不徒行以爲之槨,以吾從大夫之後,不可徒行也。」

がんえんす。がんろくるまひてもつこれくわくつくらむとす。いはく、さいふさいも、またおのおのふなり。せるとき、くわんありてくわくなかりき。われとかうしてもつこれくわくつくらざりしは、たいふしりへしたがふをもつて、とかうすべからざればなりと。〉


十一之八

顏淵死,子曰:「噫!天喪予!天喪予!」

がんえんす。いはく、ああてんわれほろぼせり、てんわれほろぼせりと。〉


十一之九

顏淵死,子哭之慟。從者曰:「子慟矣!」曰:「有慟乎?非夫人之爲慟而誰爲!」

がんえんす。これこくしてどうす。じうしやいはく、どうせり。いはく、どうすることらむか、ひとためどうするにあらずしてたれためにせむと。〉


十一之十

顏淵死,門人欲厚葬之,子曰:「不可。」門人厚葬之。子曰:「回也,視予猶父也,予不得視猶子也,非我也,夫二三子也。」

がんえんす。もんじんあつこれほうむらむとほつす。いはく、ふかなり。もんじんあつこれほうむる。いはく、くわいわれることちちごとくせり、われのごとくることをざりき。われにあらず、の二三なり。〉


十一之十一

季路問事鬼神,子曰:「未能事人,焉能事鬼!」「敢問死?」曰:「未知生,焉知死?」

きろきしんつかへむことをふ。いはく、いまひとつかふることあたはず、いづくんぞつかへむ。あへふ。いはく、いませいらず、いづくんぞらむ。〉


十一之十二

閔子侍側,誾誾如也;子路,行行如也;冉有、子貢,侃侃如也。子樂。「若由也,不得其死然!」

びんしかたはらはべる、ぎんぎんじよたり、しろかうかうじよたり、ぜんいうしこうかんかんじよたり、たのしむ。いうごときはしぜんざらむ。〉


十一之十三

魯人爲長府。閔子騫曰:「仍舊貫,如之何?何必改作!」子曰:「夫人不言,言必有中。」

ろひとちやうふつくる。びんしけんいはく、きうくわんらばこれいかんなんかならずしもあらたつくらむ。いはく、ひとはず、へばかならあたることありと。〉


十一之十四

子曰:「由之鼓瑟,奚爲於丘之門?」門人不敬子路。子曰:「由也升堂矣,未入於室也!」

いはく、いうしつなんすれぞきうもんおいてせむ。もんじんしろけいせず。いはく、いうだうのぼれり。いましつらざるなり。〉


十一之十五

子貢問:「師與商也孰賢?」子曰:「師也過,商也不及。」曰:「然則師愈與?」子曰:「過猶不及。」

しこうふ、しやうとはいづれかまされる。いはく、ぎたり、しやうおよばずと。いはく、しからばすなはまされるか。いはく、ぎたるはおよばざるがごとし。〉


十一之十六

季氏富於周公,而求也爲之聚斂而附益之。子曰:「非吾徒也!小子鳴鼓而攻之,可也。」

きししうこうよりめり、しかうしてきうこれためしうれんしてこれふえきす。いはく、あらざるなり、せうしつづみならしてこれめてなり。〉


十一之十七

柴也愚,參也魯,師也辟,由也喭。

さいなり、しんなり、へきなり、いうがんなり。〉


十一之十八

子曰:「回也其庶乎,屢空。賜不受命,而貨殖焉;億則屢中。」

いはく、くわいちかいかな、しばしばむなし、めいけずしてくわしよくす、おもんばかればすなはしばしばあたる。〉


十一之十九

子張問「善人」之道。子曰:「不踐跡,亦不入於室。」

しちやうぜんにんみちふ。いはく、あとまず、またしつらずと。〉


十一之二十

子曰:「論篤是與,君子者乎?色莊者乎?」

いはく、ろんとくゆるせば、くんししやか、しよくさうしやか。〉


十一之二一

子路問:「聞斯行諸?」子曰:「有父兄在,如之何其聞斯行之!」冉有問:「聞斯行諸?」子曰:「聞斯行之。」公西華曰:「由也問:『聞斯行諸?』子曰:『有父兄在。』求也問:『聞斯行諸?』子曰:『聞斯行之。』赤也惑,敢問。」子曰:「求也退,故進之;由也兼人,故退之。」

しろふ、くままにこここれおこなはむや。いはく、ふけいいますあり、これいかんくままにこここれおこなはむ。ぜんいうふ、くままにこここれおこなはむや。いはく、くままにこここれおこなへと。こうせいくわいはく、いうふ、くままにこここれおこなはんや。いはく、ふけいいまりと。きうふ、くままにこここれおこなはむや。いはく、くままにこここれおこなへと。せきまどふ。あへふと。いはく、きうしりぞく、ゆゑこれすすむ。いうひとぬ、ゆゑこれしりぞく。〉


十一之二二

子畏於匡,顏淵後。子曰:「吾以女爲死矣!」曰:「子在,回何敢死!」

きやうす。がんえんおくれたり。いはく、われなんぢもつせりとす。いはく、います、くわいなんあへせむ。〉


十一之二三

季子然問:「仲由冉求可謂大臣與?」子曰:「吾以子爲異之問,曾由與求之問?所謂大臣者,以道事君,不可則止。今由與求也,可謂具臣矣。」曰:「然則從之者與?」子曰:「弒父與君,亦不從也。」

きしぜんふ、ちういうぜんきうたいしんきか。いはく、われもつふとせり、すなはいうきうとをふか。いはゆるたいしんとは、みちもつきみつかへ、ふかなればすなはむ。いまいうきうとは、ぐしんし。いはく、しからばすなはこれしたがはむものか。いはく、ちちきみとをしいせむには、またしたがはざるなり。〉


十一之二四

子路使子羔爲費宰。子曰:「賊夫人之子。」子路曰:「有民人焉,有社稷焉,何必讀書,然後爲學?」子曰:「是故惡夫佞者。」

しろしかうをしてさいたらしむ。いはく、ひとそこなはむ。しろいはく、みんじんあり、しやしよくあり、なんかならずしもしよみてしかのちまなぶとさむ。いはく、ゆゑねいしやにくむと。〉


十一之二五

子路、曾皙、冉有、公西華侍坐。子曰:「以吾一日長乎爾,毋吾以也。居則曰:『不吾知也。』如或知爾,則何以哉?」子路率爾而對,曰:「千乘之國,攝乎大國之閒,加之以師旅,因之以饑饉,由也爲之,比及三年,可使有勇,且知方也。」夫子哂之。「求,爾何如?」對曰:「方六七十,如五六十,求也爲之,比及三年,可使足民;如其禮樂,以俟君子。」「赤,爾何如?」對曰:「非曰能之,願學焉!宗廟之事,如會同,端章甫,願爲小相焉。」「點,爾何如?」鼓瑟希,鏗爾,舍瑟而作;對曰:「異乎三子者之撰。」子曰:「何傷乎!亦各言其志也。」曰:「莫春者,春服既成;冠者五六人,童子六七人。浴乎沂,風乎舞雩,詠而歸。」夫子喟然歎曰:「吾與點也!」三子者出,曾皙後。曾皙曰:「夫三子者之言何如?」子曰:「亦各言其志也已矣。」曰:「夫子何哂由也?」曰:「爲國以禮,其言不讓,是故哂之。」「唯求則非邦也與?」「安見方六七十,如五六十,而非邦也者!」「唯赤則非邦也與?」「宗廟會同,非諸侯而何?赤也爲之小,孰能爲之大!」

しろそうせきぜんいうこうせいくわじざす。いはく、われじつなんぢちやうぜるをもつて、われもつてすることなかれ。るときはすなはいはく、われらずと。なんぢることらば、すなはなにもつてせむか。しろそつじとしてこたへていはく、千じようくにたいこくあひだはさまり、これくはふるにしりよもつてし、これるにききんもつてするも、いうこれをさめば、三ねんおよころほひゆうありてはうらしむべしと。ふうしこれわらふ。きうなんぢいかんこたへていはく、はう六七十、しくは五六十、きうこれをさめば、三ねんおよころほひたみらしむべし。れいがくごときは、もつくんしたむ。せきなんぢいかんこたへていはく、これくすとふにあらず、ねがはくはまなばむ。そうべうことしくはくわいどうに、たんしやうほして、ねがはくはせうしやうたらむ。てんなんぢいかんしつすることなり。かうじとしてしついてち、こたへていはく、三ししやせんことなり。いはく、なんいたまむ、またおのおのこころざしへるなり。いはく、ぼしゆんにはしゆんぷくすでり、くわんじや五六にんどうし六七にんよくし、ぶうふうし、えいじてかへらむ。ふうしきぜんとしてたんじていはく、われてんゆるさむ。三ししやづ、そうせきおくれたり。そうせきいはく、の三ししやこといかんいはく、またおのおのこころざしへるのみ。いはく、ふうしなんいうわらふや。いはく、くにをさむるにはれいもつてす、ことゆづらず。ゆゑこれわらふと。ただきうすなはくにあらざるか。いづくんぞはう六七十、しくは五六十にして、くにあらざるものむ。ただせきすなはくにあらざるか。そうべうくわいどうは、しよこうあらずしてなんぞ。せきこれせうたらば、たれれがだいたらむ。〉


顏淵第十二[編集]

がんえんだい十二


十二之一

顏淵問「仁」。子曰:「克己復禮爲仁。一日克己復禮,天下歸仁焉,爲仁由己,而由人乎哉?」顏淵曰:「請問其目。」子曰:「非禮勿視,非禮勿聽,非禮勿言,非禮勿動。」顏淵曰:「回雖不敏,請事斯語矣!」

がんえんじんふ。いはく、おのれちてれいむをじんす。一じつおのれちてれいめば、てんかじんす。じんすはおのれる、ひとらむや。がんえんいはく、もくふ。いはく、れいあらざればることなかれ、れいあらざればくことなかれ、れいあらざればふことなかれ、れいあらざればうごくことなかれ。がんえんいはく、くわいふびんいへども、こととせむ。〉


十二之二

仲弓問「仁」。子曰:「出門如見大賓,使民如承大祭,己所不欲,勿施於人。在邦無怨,在家無怨。」仲弓曰:「雍雖不敏,請事斯語矣!」

ちうきうじんふ。いはく、もんでてはたいひんるがごとく、たみつかふにはたいさいつかうまつるがごとく、おのれほつせざるところひとほどこすことなかれ。くにつてもうらみく、いへつてもうらみし。ちうきういはく、ようふびんいへども、こととせむ。〉


十二之三

司馬牛問「仁」。子曰:「仁者,其言也訒。」曰:「其言也訒,斯謂之『仁』已夫?」子曰:「爲之難,言之得無訒乎!」

しばぎうじんふ。いはく、じんとはことしのぶ。いはく、ことしのぶ、こここれじんふか。いはく、これすことかたし、これふことしのぶこときをむや。〉


十二之四

司馬牛問「君子」。子曰:「君子不憂不懼。」曰:「不憂不懼,斯謂之『君子』矣夫?」子曰:「內省不疚,夫何憂何懼!」

しばぎうくんしふ。いはく、くんしうれへずおそれずと。いはく、うれへずおそれざる、こここれくんしふか。いはく、うちかへりみてやましからずんば、なにをかうれへ、なにをかおそれむ。〉


十二之五

司馬牛憂曰:「人皆有兄弟,我獨亡!」子夏曰:「商聞之矣:『死生有命,富貴在天』君子敬而無失,與人恭而有禮,四海之內,皆兄弟也,君子何患乎無兄弟也!」

しばぎううれへていはく、ひとみなけいていあり、われひとしと。しかいはく、せうこれけり、しせいめいあり、ふうきてんりと。くんしけいしてうしなふことなく、ひとくみするにきようにしてれいあらば、四かいうちみなけいていなり。くんしなんけいていきことをうれへむや。〉


十二之六

子張問「明」。子曰:「浸潤之譖,膚受之愬,不行焉,可謂明也已矣。浸潤之譖,膚受之愬,不行焉,可謂遠也已矣。」

しちやうめいふ。いはく、しんじゆんそしりふじゆうつたへおこなはれざる、めいきのみ。しんじゆんそしりふじゆうつたへおこなはれざる、とほしときのみ。 〉


十二之七

子貢問「政」。子曰:「足食,足兵,民信之矣。」子貢曰:「必不得已而去,於斯三者何先?」曰:「去兵。」子貢曰:「必不得已而去,於斯二者何先?」曰:「去食。自古皆有死,民無信不立。」

しこうまつりごとふ。いはく、しよくし、へいし、たみこれしんにす。しこういはく、かならむをずしててば、つのものおいなにをかさきにせむ。いはく、へいてむ。しこういはく、かならむをずしててば、ふたつのものおいなにをかさきにせむ。いはく、しよくてむ。いにしへよりみなあり、たみしんなくんばたず。 〉


十二之八

棘子成曰:「君子質而已矣,何以文爲?」子貢曰:「惜乎,夫子之說,君子也,駟不及舌!文猶質也,質猶文也;虎豹之鞹,猶犬羊之鞹。」

きよくしせいいはく、くんししつのみ、なんぶんもつさむ。しこういはく、をしいかな、ふうしくんしくや、したおよばず、ぶんしつのごときなり、しつぶんのごときなり、こへうくわくけんやうくわくのごとし。〉


十二之九

哀公問於有若曰:「年饑,用不足,如之何?」有若對曰:「盍徹乎?」曰:「二,吾猶不足,如之何其徹也?」對曰:「百姓足,君孰與不足?百姓不足,君孰與足!」

あいこういうじやくうていはく、としゑてようらず、これいかにせむ。いうじやくこたへていはく、なんてつせざるや。いはく、二もわれらず、これいかんぞてつせむ。こたへていはく、百せいらば、きみたれともにからざらむ、百せいらずば、きみたれともにからむ。〉


十二之十

子張問「崇德,辨惑。」子曰:「主忠信,徙義:崇德也。愛之欲其生,惡之欲其死;既欲其生,又欲其死:是惑也。」(誠不以富,亦祇以異。)

しちやうとくたかくしまどひべんぜむことをふ。いはく、ちうしんしゆとしうつるはとくたかくするなり。これあいしてはきむことをほつし、これにくみてはせむことをほつす。すでせいほつし、またほつするは、まどひなり。まこともつまず、またまさもつあやしまる。 〉


十二之十一

齊景公問「政」於孔子。孔子對曰:「君君,臣臣,父父,子子。」公曰:「善哉!信如君不君,臣不臣,父不父,子不子,雖有粟,吾得而食諸?」

せいけいこうまつりごとこうしふ。こうしこたへていはく、きみきみたり、しんしんたり、ちちちちたり、たり。こういはく、いかな。まこときみきみたらず、しんしんたらず、ちちちちたらず、たらずんば、ぞくありといへども、われこれくらはむや。〉


十二之十二

子曰:「片言可以折獄者,其由也與!」子路無宿諾。

いはく、へんげんもつうつたへさだものは、いうか。しろだくとどむることし。〉


十二之十三

子曰:「聽訟,吾猶人也;必也使無訟乎!」

いはく、うつたへくこと、われひとのごとし。かならずやうつたへからしめむか。〉


十二之十四

子張問「政」。子曰:「居之無倦,行之以忠。」

しちやうまつりごとふ。いはく、これるにむことなく、これおこなふにちうもつてす。〉


十二之十五

子曰:「博學以文,約之以禮;亦可以弗畔矣夫!」

いはく、ひろぶんまなび、これやくするにれいもつてす、またそむかざるべし。〉


十二之十六

子曰:「君子成人之美,不成人之惡。小人反是。」

いはく、くんしひとし、ひとあくさず、せうじんこれはんす。〉


十二之十七

季康子問「政」於孔子。孔子對曰:「『政』者,正也。子帥以正,孰敢不正?」

きかうしまつりごとこうしふ。こうしこたへていはく、せいせいなり、ひきゐるにせいもつてせば、たれあへただしからざらむ。〉


十二之十八

季康子患盜,問於孔子。孔子對曰:「苟子之不欲,雖賞之不竊。」

きかうしたううれへて、こうしふ。こうしこたへていはく、いやしくにしてふよくならば、これしやうすといへどぬすまず。〉


十二之十九

季康子問政於孔子曰:「如殺無道,以就有道,何如?」孔子對曰:「子爲政,焉用殺?子欲善,而民善矣。君子之德,風;小人之德,草;草上之風,必偃。」

きかうしまつりごとこうしうていはく、ぶだうころしてもついうだうさばいかんこうしこたへていはく、まつりごとすに、いづくんぞころすことをもちゐむ、ぜんほつしてたみぜんならむ。くんしとくかぜせうじんとくくさなり、くさこれかぜくはふればかならす。〉


十二之二一

子張問:「士何如斯可謂之『達』矣?」子曰:「何哉,爾所謂『達』者?」子張對曰:「在邦必聞,在家必聞。」子曰:「是『聞』也,非『達』也。夫『達』也者,質直而好義,察言而觀色,慮以下人,在邦必達,在家必達。夫『聞』也者:色取仁而行違,居之不疑。在邦必聞,在家必聞。」

しちやうふ、いかなるこここれたつき。いはく、なんぞやなんぢいはゆるたつとは。しちやうこたへていはく、くにつてもかならきこえ、いへつてもかならきこゆ。いはく、ぶんなり、たつあらざるなり。たつとは、しつちよくにしてこのみ、ことさつしていろおもんばかりてもつひとくだる。くにつてもかならたつし、いへつてもかならたつす。ぶんとは、いろじんりておこなひたがひ、これうたがはず。くにつてもかならきこえ、いへつてもかならきこゆ。〉


十二之二二

樊遲從遊於舞雩之下曰:「敢問崇德,修慝,辨惑?」子曰:「善哉問!先事後得,非『崇德』與?攻其惡,無攻人之惡,非『修慝』與?一朝之忿,忘其身以及其親,非『惑』與?」

はんちしたがつてぶうもとあそぶ。いはく、あへとくたかくし、とくをさめ、まどひべんぜむことをふ。いはく、いかなとひや。ことさきにしるをのちにするは、とくたかくするにあらずや。あくめてひとあくむることきは、とくをさむるにあらずや。一てういかりわすれて、もつそのおやおよぼすは、まどひあらずや。〉


十二之二三

樊遲問「仁」。子曰:「愛人。」問「知」。子曰:「知人。」樊遲未達,子曰:「擧直錯諸枉,能使枉者直。」樊遲退,見子夏曰:「鄕也吾見於夫子而問『知』,子曰:『擧直錯諸枉,能使枉者直』,何謂也?」子夏曰:「富哉言乎!舜有天下,選於衆,擧皋陶,不仁者遠矣。湯有天下,選於衆,擧伊尹,不仁者遠矣。」

はんちじんふ。いはく、ひとあいす。ふ。いはく、ひとる。はんちいまたつせず。いはく、なおきをげてこれまがれるにけば、まがれるものをしてなおからしむと。はんちしりぞき、しかいはく、さきわれふうしまみえてふ、いはく、なおきをげてこれまがれるにけば、まがれるものをしてなおからしむと。なんいひぞや。しかいはく、めるかなことや。しゆんてんかたもち、しうえらんでかうえうげて、ふじんしやとほざかれり。たうてんかたもち、しうえらんでいいんげて、ふじんしやとほざかれり。〉


十二之二四

子貢問「友」。子曰:「忠吿而善道之,不可則止,毋自辱焉。」

しこうともふ。いはく、ちうこくしてこれみちびき、きかざればすなはむ、みづかはづかしめらるることし。〉


十二之二五

曾子曰:「君子以文會友,以友輔仁。」

そうしいはく、くんしぶんもつともくわいし、とももつじんたすく。〉


子路第十三[編集]

しろだい十三


十三之一

子路問「政」。子曰:「先之,勞之。」請益,曰:「無倦。」

しろまつりごとふ。いはく、これさきんじ、これらうす。えきふ。いはく、むことし。〉


十三之二

仲弓爲季氏宰,問「政」。子曰:「先有司。赦小過。擧賢才。」曰:「焉知賢才而擧之?」曰:「擧爾所知。爾所不知,人其舍諸?」

ちうきうきしさいり、まつりごとふ。いはく、いうしさきにし、せうくわゆるし、けんさいげよ。いはく、いづくんぞけんさいりてこれげむ。いはく、なんぢところげよ。なんぢらざるところは、ひとこれかむや。〉


十三之三

子路曰:「衞君待子而爲政,子將奚先?」子曰:「必也正名乎!」子路曰:「有是哉?子之迂也!奚其正?」子曰:「野哉,由也!君子於其所不知,蓋闕如也。名不正,則言不順;言不順,則事不成;事不成,則禮樂不興;禮樂不興,則刑罰不中;刑罰不中,則民無所措手足。故君子名之必可言也,言之必可行也。君子於其言,無所苟而已矣。」

しろいはく、ゑいくんとどめてまつりごとさば、まさなにをかさきにせむとする。いはく、かならずやたださむか。しろいはく、れあるかな、なるや。なんただしうせむ。いはく、なるかないうや。くんしらざるところおいて、けだけつじよたり。ただしからざれば、すなはことじゆんならず、ことじゆんならざれば、すなはことらず、ことらざれば、すなはれいがくおこらず、れいがくおこらざれば、すなはけいばつあたらず、けいばつあたらざれば、すなはたみしゆそくところなし。ゆゑくんしは、これづくることかならきなり、これふことかならおこなきなり、くんしそのことおいて、いやしくもするところなきのみ。〉


十三之四

樊遲請學稼,子曰:「吾不如老農。」請學爲圃,曰:「吾不如老圃。」樊遲出,子曰:「小人哉,樊須也!上好禮,則民莫敢不敬;上好義,則民莫敢不服;上好信,則民莫敢不用情,夫如是,則四方之民,襁負其子而至矣,焉用稼?」

はんちまなばむとふ。いはく、われらうのうかず。つくるをまなばむとふ。いはく、われらうほかず。はんちづ。いはく、せうじんなるかなはんしゆや。かみれいこのめば、すなはたみあへけいせざることなし。かみこのめば、すなはたみあへふくせざることなし。かみしんこのめば、すなはたみあへじやうもちひざることなし。かくごとくならば、すなはち四はうたみきやうふしていたらむ。いづくんぞもちゐむ。〉


十三之五

子曰:「誦詩三百,授之以政,不達。使於四方,不能專對;雖多,亦奚以爲?」

いはく、三百をしようして、これさづくるにまつりごともつてしてたつせず、四はうつかひして、せんたいすることあたはずば、おほしといへどまたなにもつむ。〉


十三之六

子曰:「其身正,不令而行;其身不正,雖令不從。」

いはく、ただしければ、れいせずしておこなはる、ただしからざれば、れいすといへどしたがはず。〉


十三之七

子曰:「魯衞之政,兄弟也。」

いはく、ろゑいまつりごとけいていなり。〉


十三之八

子謂衞公子荊,「善居室:始有,曰:『苟合矣;』少有,曰:『苟完矣。』富有,曰:『苟美矣。』」

ゑいこうしけいふ、しつれり、はじめてるに、いはく、まことあつまれり、すこしくるにいはく、まことまつたし、ゆたかるにいはく、まことしと。〉


十三之九

子適衞,冉有僕。子曰:「庶矣哉!」冉有曰:「既庶矣,又何加焉?」曰:「富之。」曰:「既富矣,又何加焉?」曰:「敎之。」

ゑいく、ぜんいうぼくたり。いはく、おほいかな。ぜんいういはく、すでおほし、またなにをかくはへむ。いはく、これまさむ。いはく、すでめり、またなにをかくはへむ。いはく、これをしへむ。〉


十三之十

子曰:「苟有用我者,期月而已可也,三年有成。」

いはく、いやしくわれもちゐるものあらば、きげつにしてすでならむ、三ねんにしてることあらむ。〉


十三之十一

子曰:「『善人爲邦百年,亦可以勝殘去殺矣。』誠哉是言也。」

いはく、ぜんにんくにをさむること百ねんまたもつざんさつるべしと、まことなるかなことや。〉


十三之十二

子曰:「如有王者,必世而後仁。」

いはく、わうじやあらば、かならにしてしかうしてのちじんならむ。〉


十三之十三

子曰:「苟正其身矣,於從政乎何有?不能正其身,如正人何?」

いはく、いやしくただしうせば、まつりごとしたがふにおいなにらむ。ただしうすることあたはずんば、ひとただすをいかん。〉


十三之十四

冉子退朝,子曰:「何晏也?」對曰:「有政。」子曰:「其事也!如有政,雖不吾以,吾其與聞之!」

ぜんしてうよりしりぞく。いはく、なんおそきや。こたへていはく、まつりごとり。いはく、ことならむ。まつりごとあらば、われもちゐずといへども、われこれあづかかむ。〉


十三之十五

定公問:「一言而可以興邦,有諸?」孔子對曰:「言不可以若是其幾也!人之言曰:『爲君難,爲臣不易』。如知爲君之難也,不幾乎一言而興邦乎?」曰:「一言而喪邦,有諸?」孔子對曰:「言不可以若是其幾也!人之言曰:『予無樂乎爲君,唯其言而莫予違也。』如其善而莫之違也,不亦善乎?如不善而莫之違也,不幾乎一言而喪邦乎?」

ていこうふ。一げんにしてもつくにおこすべしと、これありや。こうしこたへていはく、こともつかくごとからざるなり。ひとこといはく、きみたることかたしんたることやすからずと。きみたるのかたきをらば、一げんにしてくにおこすをせざらむや。いはく、一げんにしてくにほろぼすと、これありや。こうしこたへていはく、こともつかくごとからざるなり。ひとこといはく、われきみたるをたのしむことし、ただうてわれたがふこときなりと。ぜんにしてこれたがふことくば、またからずや。ふぜんにしてこれたがふことくば、一げんにしてくにほろぼすことをせざらむや。〉


十三之十六

葉公問「政」。子曰:「近者說,遠者來。」

せふこうまつりごとふ。いはく、ちかものよころばし、とほものきたす。〉


十三之十七

子夏爲莒父宰,問「政」。子曰:「無欲速,無見小利。欲速,則不達;見小利,則大事不成。」

しかきよほさいり、まつりごとふ。いはく、すみやかならむことをほつすることかれ、せうりることなかれ。すみやかならむことをほつすればすなはたつせず、せうりればすなはだいじらず。〉


十三之十八

葉公語孔子曰:「吾黨有直躬者,其父攘羊,而子證之。」孔子曰:「吾黨之直者異於是,父爲子隱,子爲父隱,直在其中矣。」

せふこうこうしげていはく、たうちよくきうといふものあり、ちちひつじぬすみ、しかうしてこれしようす。こうしいはく、たうちよくしやこれことなり、ちちためかくし、ちちためかくす、なほきことうちり。〉


十三之十九

樊遲問「仁」。子曰:「居處恭,執事敬,與人忠。雖之夷狄,不可棄也。」

はんちじんふ。いはく、きよしよきようことることけいひとちうなるは、いてきくといへどからざるなり。〉


十三之二十

子貢問曰:「何如斯可謂之『士』矣?」子曰:「行己有恥,使於四方,不辱君命;可謂『士』矣。」曰:「敢問其次。」曰:「宗族稱孝焉,鄕黨稱弟焉。」曰:「敢問其次。」曰:「言必信,行必果,硜硜然,小人哉,抑亦可以爲次矣。」曰:「今之從政者何如?」子曰:「噫!斗筲之人,何足算也!」

しこううていはく、いかなるかこれき。いはく、おのれおこなふにはぢあり、四ほうつかひしてくんめいはづかしめざるを、し。いはく、あへつぎふ。いはく、そうぞくかうしようし、きやうたうていしようす。いはく、あへつぎふ。いはく、ことかならしんおこなひかならくわかうかうぜんとしてせうじんなるかな、そもそもまたもつつぎきか。いはく、いままつりごとしたがものいかんいはく、ああとさうひとなんかぞふるにらむや。〉


十三之二一

子曰:「不得中行而與之,必也狂狷乎:狂者進取,狷者有所不爲也。」

いはく、ちうかうこれくみせずんば、かならきやうけんか。きやうしやすすんでる、けんしやさざるところあるなり。〉


十三之二二

子曰:「南人有言曰:『人而無恆,不可以作巫醫』。「善夫!『不恆其德,或承之羞』」子曰:「不占而已矣。」

いはく、なんじんへることあり、いはく、ひとにしてつねなきは、もつふいすべからずと、いかな。とくつねにせず、あるひこれはぢすすむと。いはく、うらなはざるのみ。〉


十三之二三

子曰:「君子和而不同,小人同而不和。」

いはく、くんししてどうせず、せうじんどうしてせず。〉


十三之二四

子貢問曰:「鄕人皆好之,何如?」子曰:「未可也。」「鄕人皆惡之,何如?」子曰:「未可也。不如鄕人之善者好之,其不善者惡之。」

しこううていはく、きやうじんみなこれよみせばいかんいはく、いまならず。きやうじんみなこれにくまばいかんいはく、いまならず。きやうじんものこれよみし、からざるものこれにくむにかず。〉


十三之二五

子曰:「君子易事而難說也;說之不以道,不說也;及其使人也,器之。小人難事而易說也。說之雖不以道,說也;及其使人也,求備焉。」

いはく、くんしつかやすくしてよろこばしめがたし、これよろこばしむるにみちもつてせざればよろこばざればなり。ひとつかふにおよんではこれにす。せうじんつかがたくしてよろこばしめやすし、これよろこばしむるにみちもつてせずといへどよろこべばなり、ひとつかふにおよんではそなはらむことをもとむ。〉


十三之二六

子曰:「君子泰而不驕;小人驕而不泰。」

いはく、くんしたいにしてけうならず、せうじんけうにしてたいならず。〉


十三之二七

子曰:「剛毅木訥,近仁。」

いはく、がうきぼくとつじんちかし。〉


十三之二八

子路問曰:「何如斯可謂之『士』矣?」子曰:「切切偲偲、怡怡如也,可謂『士』矣。朋友切切偲偲,兄弟怡怡。」

しろうていはく、いかなるかこれき。いはく、せつせつししいいじよたるを、し。ほういうにはせつせつししけいていにはいい。〉


十三之二九

子曰:「善人敎民七年,亦可以卽戎矣。」

いはく、ぜんにんたみをしふること七ねんまたもつじうかしむし。〉


十三之三十

子曰:「以不敎民戰,是謂棄之。」

いはく、をしへざるたみもつたたかふ、これつるとふ。〉


憲問第十四[編集]

けんもんだい十四


十四之一

憲問「恥」。子曰:「邦有道,穀;邦無道,穀,恥也。」

けんはぢふ。いはく、くにみちあればこくす。くにみちなきにこくするははぢなり。〉


十四之二

「克、伐、怨、欲,不行焉,可以爲仁矣?」子曰:「可以爲難矣,仁則吾不知也。」

こくばつゑんよくおこなはれざる、もつじんきや。いはく、もつかたしとし。じんすなはわれらざるなり。〉


十四之三

子曰:「士而懷居,不足以爲士矣!」

いはく、にしてきよおもふは、もつたるにらず。〉


十四之四

子曰:「邦有道,危言危行;邦無道,危行言孫。」

いはく、くにみちあれば、ことただしくし、おこなひただしくす、くにみちなければ、おこなひただしくしことしたがふ。〉


十四之五

子曰:「有德者必有言,有言者不必有德。仁者必有勇,勇者不必有仁。」

いはく、とくあるものかならげんあり、げんあるものは、かならずしもとくあらず。じんしやかならゆうあり、ゆうしやかならずしもじんあらず。〉


十四之六

南宮适問於孔子曰:「羿善射,奡盪舟,俱不得其死然。禹稷躬稼而有天下。」夫子不答。南宮适出,子曰:「君子哉若人!尙德哉若人!」

なんきうかつこうしうていはく、げいがうふねうごかす、ともず。うしよくみづかたがやしててんかたもつと。ふうしこたへず、なんきうかつづ。いはく、くんしなるかなかくのごとひととくたつとぶかなかくのごとひと。〉


十四之七

子曰:「君子而不仁者有矣夫!未有小人而仁者也!」

いはく、くんしにしてじんならざるものらむ。いませうじんにしてじんなるものあらず。〉


十四之八

子曰:「愛之,能勿勞乎?忠焉,能勿誨乎?」

いはく、これあいしてはらうすることなからむか、ちうならばをしふることなからむか。〉


十四之九

子曰:「爲命,裨諶草創之,世叔討論之,行人子羽修飾之,東里子產潤色之。」

いはく、めいつくるに、ひじんこれさうさうし、せいしゆくこれたうろんし、かうじんしうこれしうしよくし、とうりしさんこれじゆんしよくせり。〉


十四之十

或問子產,子曰:「惠人也。」問子西。曰:「彼哉彼哉!」問管仲。曰:「人也,奪伯氏騈邑三百,飯疏食,沒齒,無怨言。」

あるひとしさんふ。いはく、けいじんなり。しせいふ。いはく、かれなるかなやかれなるかなや。くわんちうふ。いはく、ひとなり。はくしべんいう三百をうばふ。そしくらひ、よはひぼつするまでゑんげんかりき。〉


十四之十一

子曰:「貧而無怨,難;富而無驕,易。」

いはく、まづしうしてうらむことからしむるはかたし、みておごることからしむるはやすし。〉


十四之十二

子曰:「孟公綽,爲趙、魏老則優,不可以爲滕、薛大夫。」

いはく、まうこうしやくは、てうぎらうたらばすなはいうなれども、もつとうせつたいふたるべからず。〉


十四之十三

子路問成人。子曰:「若臧武仲之知,公綽之不欲,卞莊子之勇,冉求之藝,文之以禮樂,亦可以爲成人矣!」曰:「今之成人者,何必然?見利思義,見危授命,久要不忘平生之言,亦可以爲成人矣!」

しろせいじんふ。いはく、ざうぶちうこうしやくふよくべんさうしゆうぜんきうげいごとくにして、これかざるにれいがくもつてせば、またもつせいじんし。いはく、いませいじんは、なんかならずしもしからむ。おもひ、あやふきをめいさづけ、きうえうへいぜいことわすれざれば、またもつせいじんし。〉


十四之十四

子問公叔文子於公明賈,曰:「信乎?夫子不言不笑不取乎?」公明賈對曰:「以吿者過也!夫子時然後言,人不厭其言;樂然後笑,人不厭其笑;義然後取,人不厭其取。」子曰:「其然!豈其然乎?」

こうしゆくぶんしこうめいかうていはく、まことなるか、ふうしはず、わらはず、らずとは。こうめいかこたへていはく、もつぐるものあやまてり。ふうしときにしてしかのちふ、ひとふことをいとはず、たのしくしてしかのちわらふ、ひとわらふことをいとはず、にしてしかのちる、ひとることをいとはずと。いはく、しからむ、あにしからむや。〉


十四之十五

子曰:「臧武仲以防,求爲後於魯,雖曰不要君,吾不信也。」

いはく、ざうぶちうばうもつのちてむことをもとむ。きみえうせずとふといへども、われしんぜざるなり。〉


十四之十六

子曰:「晉文公譎而不正,齊桓公正而不譎。」

いはく、しんぶんこういつはつてただしからず、せいくわんこうただしうしていつはらず。〉


十四之十七

子路曰:「桓公殺公子糾,召忽死之,管仲不死。」曰:「未仁乎?」子曰:「桓公九合諸侯,不以兵車,管仲之力也。如其仁!如其仁!」

しろいはく、くわんこうこうしきうころす、せうこつこれし、くわんちうせず。いはく、いまじんならざるか。いはく、くわんこうしよこうきうがふするに、へいしやもつてせざるは、くわんちうちからなり。じんかむや、じんかむや。〉


十四之十八

子貢曰:「管仲非仁者與?桓公殺公子糾,不能死,又相之。」子曰:「管仲相桓公,霸諸侯,一匡天下,民到于今受其賜;微管仲,吾其被髮左衽矣!豈若匹夫匹婦之爲諒也,自經於溝瀆,而莫之知也!」

しこういはく、くわんちうじんしやあらざるか、くわんこうこうしきうころすとき、することあたはず、またこれたすけたり。いはく、くわんちうくわんこうたすけてしよこうたらしめ、てんかを一きやうし、たみいまいたるまでたまものく。くわんちうなかつせば、われかみかうむじんひだりにせむ。ひつぷひつぷまことすや、みづかこうとくくびれてこれるものきがごとくならむや。〉


十四之十九

公叔文子之臣大夫僎,與文子同升諸公。子聞之曰:「可以爲文矣!」

こうしゆくぶんししんたいふせんぶんしおなじくこうのぼる。これいていはく、もつぶんすべし。〉


十四之二十

子言衞靈公之無道也。康子曰:「夫如是,奚而不喪?」孔子曰:「仲叔圉治賓客,祝鮀治宗廟,王孫賈治軍旅。夫如是,奚其喪?」

ゑいれいこうぶだうふ。かうしいはく、かくごとくば、いかにしてかうしなはざる。こうしいはく、ちうしゆくぎよひんかくをさめ、しゆくだそうべうをさめ、わうそんかぐんりよをさむ。かくごとくば、なんうしなはむ。〉


十四之二一

子曰:「其言之不怍,則爲之也難!」

いはく、ことぢざるは、すなはこれすやかたし。〉


十四之二二

陳成子弒簡公。孔子沐浴而朝,吿於哀公曰:「陳恆弒其君,請討之。」公曰:「吿夫三子。」孔子曰:「以吾從大夫之後,不敢不吿也!君曰:『吿夫三子』者!」之三子吿,不可。孔子曰:「以吾從大夫之後,不敢不吿也!」

ちんせいしかんこうしいす。こうしもくよくしててうし、あいこうげていはく、ちんこうきみしいす、これたむ。こういはく、の三げよと。こうしいはく、たいふしりへしたがへるをもつて、あへげずんばあらざるなり。きみいはく、の三げよとは。三いてぐ、かず。こうしいはく、たいふしりへしたがへるをもつて、あへげずんばあらざるなり。〉


十四之二三

子路問事君,子曰:「勿欺也,而犯之。」

しろきみつかふることをふ。いはく、あざむくことなかれ、しかうしてこれおかせ。〉


十四之二四

子曰:「君子上達,小人下達。」

いはく、くんしじやうたつす、せうじんかたつす。〉


十四之二五

子曰:「古之學者爲己,今之學者爲人。」

いはく、いにしへがくしやおのれためにす、いまがくしやひとためにす。〉


十四之二六

蘧伯玉使人於孔子,孔子與之坐而問焉。曰:「夫子何爲?」對曰:「夫子欲寡其過而未能也。」使者出。子曰:「使乎!使乎!」

きよはくぎよくひとこうしつかひす。こうしこれあたへてうていはく、ふうしなにをかす。こたへていはく、ふうしあやまちすくなうせむとほつしていまあたはざるなり。ししやづ。いはく、つかひなるかな、つかひなるかな。〉


十四之二七

子曰:「不在其位,不謀其政。」

いはく、くらゐらざれば、まつりごとはからず。〉


十四之二八

曾子曰:「君子思不出其位。」

そうしいはく、くんしおもふことくらゐでず。〉


十四之二九

子曰:「君子恥其言而過其行。」

いはく、くんしことおこなひぐるをづ。〉


十四之三十

子曰:「君子道者三,我無能焉:仁者不憂,知者不惑,勇者不懼。」子貢曰:「夫子自道也!」

いはく、くんしみちは三、われくすることし。じんしやうれへず、ちしやまどはず、ゆうしやおそれず。しこういはく、ふうしみづかふなり。〉


十四之三一

子貢方人。子曰:「賜也,賢乎哉?夫我則不暇!」

しこうひとたくらぶ。いはく、けんなるかな。われすなはいとまあらず。〉


十四之三二

子曰:「不患人之不己知,患其不能也。」

いはく、ひとおのれらざるをうれへず、ふのうなるをうれふ。〉


十四之三三

子曰:「不逆詐,不億不信,抑亦先覺者,是賢乎!」

いはく、あらかじいつはりとせず、おもんばかりてしんあらずとせず、そもそもまたせんかくしやは、けんなるか。〉


十四之三四

微生畝謂孔子曰:「丘,何爲是栖栖者與?無乃爲佞也乎?」孔子曰:「非敢爲佞也,疾固也。」

びせいほこうしつていはく、きうなんせいせいたるものをすかむしろねいすか。こうしいはく、あへねいすにあらざるなり、めばなり。〉


十四之三五

子曰:「驥不稱其力,稱其德也。」

いはく、はそのちからしようせず、とくしようす。〉


十四之三六

或曰:「以德報怨,何如?」子曰:「何以報德?以直報怨,以德報德。」

るひといはく、とくもつうらみむくいばいかんいはく、なにもつとくむくいむ。ちよくもつうらみむくい、とくもつとくむくゆ。〉


十四之三七

子曰:「莫我知也夫!」子貢曰:「何爲其莫知子也?」子曰:「不怨天,不尤人,下學而上達,知我者,其天乎!」

いはく、われることきかな、しこういはく、なんすれぞることきや。いはく、てんうらまず、ひととがめず。かがくしてじようたつす。われものてんか。〉


十四之三八

公伯寮愬子路於季孫,子服景伯以吿,曰:「夫子固有惑志於公伯寮,吾力猶能肆諸市朝。」子曰:「道之將行也與,命也;道之將廢也與,命也。公伯寮其如命何?」

こうはくれうしろきそんうつたふ。しふくけいはくもつげていはく、ふうしもとよりこうはくれうわくしあり、ちからこれしてうさらさむと。いはく、みちまさおこなはれむとするや、めいなり。みちまさすたれむとするや、めいなり。こうはくれうめいいかん。〉


十四之三九

子曰:「賢者辟世,其次辟地,其次辟色,其次辟言。」

いはく、けんじやく、つぎく、つぎいろく、つぎことく。〉


十四之四十

子曰:「作者七人矣。」

いはく、さくしやにん。〉


十四之四一

子路宿於石門。晨門曰:「奚自?」子路曰:「自孔氏。」曰:「是知其不可而爲之者與?」

しろせきもんやどる。しんもんいはく、いづれよりすと。しろいはく、こうしよりす。いはく、ふかりてこれものならむや。〉


十四之四二

子擊磬於衞。有荷蕢者而過孔氏之門者,曰:「有心哉!擊磬乎!」既而曰:「鄙哉,硜硜乎!莫己知也,斯已而已矣!『深則厲,淺則揭。』」子曰:「果哉!末之難矣!」

けいゑいつ。になうてこうしもんぐるものあり、いはく、こころあるかなけいつや。すでにしていはく、なるかなかうかうたり。おのれるなくばおのれのみ。ふかければすなはれいし、あさければすなはけいすと。いはく、くわなるかな、これかたしとすることなしと。〉


十四之四三

子張曰:「書云:『高宗諒陰,三年不言。』何謂也?」子曰:「何必高宗,古之人皆然。君薨,百官總己以聽於冢宰,三年。」

しちやういはく、しよいはく、かうそうりやうあんねんものいはずと、なんいひぞや。いはく、なんかならずしもかうそうのみならむ、いにしへひとみなしかり。きみこうずれば、百くわんおのれべてもつちようさいくこと三ねん。〉


十四之四四

子曰:「上好禮,則民易使也。」

いはく、かみれいこのめば、すなはたみつかやすし。〉


十四之四五

子路問君子。子曰:「修己以敬。」曰:「如斯而已乎?」曰:「修己以安人。」曰:「如斯而已乎?」曰:「修己以安百姓。修己以安百姓,堯舜其猶病諸!」

しろくんしふ。いはく、おのれをさめてもつけいいはく、かくごときのみか。いはく、おのれをさめてもつひとやすんず、いはく、かくごときのみか。いはく、おのれをさめてもつて百せいやすんず。おのれをさめてもつて百せいやすんずるは、げうしゆんめり。〉


十四之四六

原壤夷俟。子曰:「幼而不孫弟,長而無述焉,老而不死,是爲賊。」以杖叩其脛。

げんじやうしてつ。いはく、えうにしてそんていならず、ちやうじてぶることく、いてせざる、これぞくすと。つゑもつはぎたたく。〉


十四之四七

闕黨童子將命。或問之曰:「益者與?」子曰:「吾見其居於位也,見其與先生竝行也,非求益者也,欲速成者也。」

けつたうどうじめいおこなふ。るひとこれうていはく、えきしやか。いはく、われくらゐるをるなり、せんせいならくをるなり。えきもとむるものあらざるなり、すみやからむとほつするものなり。〉


衞靈公第十五[編集]

ゑいれいこうだい十五


十五之一

衞靈公問陳於孔子。孔子對曰:「俎豆之事,則嘗聞之矣;軍旅之事,未之學也。」明日遂行。在陳絕糧。從者病,莫能興。子路慍見曰:「君子亦有窮乎?」子曰:「君子固窮,小人窮斯濫矣。」

ゑいれいこうちんこうしふ。こうしこたへていはく、そとうことすなはかつこれけり、ぐんりよこといまこれまなばずと。みやうにちつひる。ちんりてりやうてり、じゆうしやみてし。しろうらまみえていはく、くんしまたきうすることあるか。いはく、くんしこきうす、せうじんきうすればここらんす。〉


十五之二

子曰:「賜也,女以予爲多學而識之者與?」對曰:「然,非與?」曰:「非也,予一以貫之。」

いはく、や、なんぢわれもつおほまなびてこれしるものすか。こたへていはく、しかり。なるか。いはく、なり。われもつこれつらぬく。〉


十五之三

子曰:「由,知德者鮮矣!」

いはく、いうとくものすくなし。〉


十五之四

子曰:「無爲而治者,其舜也與!夫何爲哉?恭己正南面而已矣。」

いはく、むゐにしてをさまれるものは、しゆんなるか。なにをかさむや、おのれうやうやしうしてただしくなんめんせるのみ。〉


十五之五

子張問行。子曰:「言忠信,行篤敬,雖蠻貊之邦行矣。言不忠信,行不篤敬,雖州里行乎哉?立,則見其參於前也;在輿,則見其倚於衡也。夫然後行。」子張書諸紳。

しちやうおこなはれむことをふ。いはく、ことちうしんおこなひとくけいならば、ばんぱくくにいへどおこなはれむ。ことちうしんならず、おこなひとくけいならざれば、しうりいへどおこなはれむや。てばすなはまへまつはるをりてはすなはかうるをる、しかのちおこなはる。しちやうこれしんしよす。〉


十五之六

子曰:「直哉史魚!邦有道,如矢;邦無道,如矢。君子哉蘧伯玉!邦有道,則仕;邦無道,則可卷而懷之。」

いはく、ちよくなるかなしぎよくにみちあるもごとく、くにみちなきもごとし。くんしなるかなきよはくぎよくくにみちあればすなはつかへ、くにみちなければすなはいてこれふところにすし。〉


十五之七

子曰:「可與言,而不與之言,失人;不可與言,而與之言,失言。知者不失人,亦不失言。」

いはく、ともくしてこれはざればひとうしなふ、ともからずしてこれへばことうしなふ。ちしやひとうしなはず、またことうしなはず。〉


十五之八

子曰:「志士仁人,無求生以害仁,有殺身以成仁。」

いはく、ししじんじんは、せいもとめてもつじんがいすることし、ころしてもつじんすことり。〉


十五之九

子貢問爲仁。子曰:「工欲善其事,必先利其器。居是邦也,事其大夫之賢者,友其士之仁者。」

しこうじんすことをふ。いはく、こうことくせむとほつせば、かならくす。くにてはたいふけんしやつかへ、じんしやともとす。〉


十五之十

顏淵問爲邦。子曰:「行夏之時,乘殷之輅,服周之冕,樂則韶舞。放鄭聲,遠佞人。鄭聲淫,佞人殆。」

がんえんくにをさむることをふ。いはく、ときおこなひ、いんり、しうべんふくし、がくすなはせうぶをし、ていせいはなち、ねいじんとほざけよ。ていせいいんなり、ねいじんあやふし。〉


十五之十一

子曰:「人無遠慮,必有近憂。」

いはく、ひとゑんりよなければ、かならきんいうあり。〉


十五之十二

子曰:「已矣乎!吾未見好德如好色者也!」

いはく、んぬるかな、われいまとくこのむこといろこのむがごとものざるなり。〉


十五之十三

子曰:「臧文仲,其竊位者與!知柳下惠之賢,而不與立也。」

いはく、ざうぶんちうくらゐぬすめるものか。りうかけいけんりて、ともたざるなり。〉


十五之十四

子曰:「躬自厚,而薄責於人,則遠怨矣!」

いはく、みづかあつうして、うすひとむるときは、すなはうらみとおざかる。〉


十五之十五

子曰:「不曰『如之何,如之何』者,吾末如之何也已矣!」

いはく、これいかにせむ、これいかにせむとはざるものは、われこれいかにともするなきのみ。〉


十五之十六

子曰:「群居終日,言不及義,好行小慧,難矣哉!」

いはく、ぐんきよしうじつことおよばず、このんでせうけいおこなふ、かたいかな。〉


十五之十七

子曰:「君子義以爲質,禮以行之,孫以出之,信以成之。君子哉!」

いはく、くんしもつしつし、れいもつこれおこなひ、そんもつこれいだし、しんもつこれす。くんしなるかな。〉


十五之十八

子曰:「君子病無能焉,不病人之不己知也。」

いはく、くんしくすることきをうれふ、ひとおのれらざるをうれへず。〉


十五之十九

子曰:「君子疾沒世而名不稱焉。」

いはく、くんしぼつしてしようせられざるをにくむ。〉


十五之二十

子曰:「君子求諸己,小人求諸人。」

いはく、くんしこれおのれもとむ、せうじんこれひともとむ。〉


十五之二一

子曰:「君子矜而不爭,群而不黨。」

いはく、くんしきようにしてあらそはず、ぐんしてたうせず。〉


十五之二二

子曰:「君子不以言擧人,不以人廢言。」

いはく、くんしこともつひとげず、ひともつことはいせず。〉


十五之二三

子貢問曰:「有一言而可以終身行之者乎?」子曰:「其恕乎!己所不欲,勿施於人。」

しこううていはく、一げんにしてもつしゆうしんこれおこなものありや。いはく、じよか。おのれほつせざるところひとほどこなかれ。〉


十五之二四

子曰:「吾之於人也,誰毀誰譽?如有所譽者,其有所試矣。斯民也,三代之所以直道而行也。」

いはく、われひとけるや、たれをかそしたれをかめむ。むるところあるものは、こころみるところあり。たみや三だいちよくだうにしておこなゆゑんなり。〉


十五之二五

子曰:「吾猶及史之闕文也,有馬者,借人乘之。今亡矣夫!」

いはく、われけつぶんおよべり。うまあるものひとりてこれらしむ。いまきかな。〉


十五之二六

子曰:「巧言亂德,小不忍,則亂大謀。」

いはく、かうげんとくみだる。すこしくしのびざればすなはたいばうみだる。〉


十五之二七

子曰:「衆惡之,必察焉;衆好之,必察焉。」

いはく、しうこれにくむもかならさつし、しうこれよみするもかならさつす。〉


十五之二八

子曰:「人能弘道,非道弘人。」

いはく、ひとみちひろむ。みちひとひろむるにあらず。〉


十五之二九

子曰:「過而不改,是謂過矣。」

いはく、あやまちてあらためざる、これあやまちふ。〉


十五之三十

子曰:「吾嘗終日不食,終夜不寑,以思;無益,不如學也。」

いはく、われかつしうじつくらはず、しうやねずして、もつおもふ。えきなかりき。まなぶにかざるなり。〉


十五之三一

子曰:「君子謀道不謀食。耕也,餒在其中矣;學也,祿在其中矣。君子憂道不憂貧。」

いはく、くんしみちはかりて、しよくはからず。たがやすやうゑうちり、まなぶやろくうちり。くんしみちうれへて、まづしきをうれへず。〉


十五之三二

子曰:「知及之,仁不能守之,雖得之,必失之。知及之,仁能守之。不莊以蒞之,則民不敬。知及之,仁能守之,莊以蒞之。動之不以禮,未善也。」

いはく、これおよべども、じんこれまもることあたはざれば、これいへどかならこれうしなふ。これおよび、じんこれまもれども、さうもつこれのぞまざれば、すなはたみけいせず。これおよび、じんこれまもり、さうもつこれのぞめども、これうごかすにれいもつてせざれば、いまからざるなり。〉


十五之三三

子曰:「君子不可小知,而可大受也。小人不可大受,而可小知也。」

いはく、くんしすこしくるべからずして、おほいくべし、せうじんおほいくべからずして、すこしくるべし。〉


十五之三四

子曰:「民之於仁也,甚於水火。水火,吾見蹈而死者矣,未見蹈仁而死者也。」

いはく、たみじんけるや、すゐくわよりはなはだし。すゐくわわれんでするものる、いまじんんでするものざるなり。〉


十五之三五

子曰:「當仁,不讓於師。」

いはく、じんあたりてはゆずらず。〉


十五之三六

子曰:「君子貞而不諒。」

いはく、くんしていにしてりやうならず。〉


十五之三七

子曰:「事君,敬其事而後其食。」

いはく、きみつかふるには、ことけいしてしよくのちにす。〉


十五之三八

子曰:「有敎無類。」

いはく、をしへあり、るゐなし。〉


十五之三九

子曰:「道不同,不相爲謀。」

いはく、みちおなじからざれば、あひためはからず。〉


十五之四十

子曰:「辭,達而已矣!」

いはく、ことばたつするのみ。〉


十五之四一

師冕見。及階,子曰:「階也。」及席,子曰:「席也。」皆坐,子吿之曰:「某在斯,某在斯。」師冕出,子張問曰:「與師言之道與?」子曰:「然,固相師之道也。」

べんまみゆ。かいおよべば、いはく、かいなりと。せきおよべば、いはく、せきなりと。みなせば、これげていはく、それがしここり、それがしここりと。べんづ。しちやううていはく、ふのみちか。いはく、しかり、もとよりたすくるのみちなり。〉