論語 (國譯漢文大成)/上論下

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


雍也第六[編集]

ようやだい


六之一

子曰:「雍也,可使南面。」仲弓問子桑伯子。子曰:「可也,簡。」仲弓曰:「居敬而行簡,以臨其民,不亦可乎?居簡而行簡,無乃大簡乎?」子曰:「雍之言然。」

いはく、ようなんめんせしむべし。ちうきうしさうはくしふ、いはく、なり。かんなればなり。ちうきういはく、けいおきかんおこなひ、もつたみのぞむ、またならずや。かんおきかんおこなふは、すなはたいかんなるからむか。いはようげんしかり。〉


六之二

哀公問:「弟子孰爲好學?」孔子對曰:「有顏回者,好學;不遷怒,不貳過,不幸短命死矣!今也則亡,未聞好學者也。」

あいこうふ、ていしたれがくこのむとす。こうしこたへていはく、がんくわいといふものありがくこのめり、いかりうつさず、あやまちふたたびせざりき、ふかうたんめいにしてし、いますなはし。いまがくこのものかざるなり。〉


六之三

子華使於齊,冉子爲其母請粟。子曰:「與之釜。」請益,曰:「與之庾。」冉子與之粟五秉。子曰:「赤之適齊也,乘肥馬,衣輕裘;吾聞之也:君子周急不繼富。」原思爲之宰,與之粟九百,辭。子曰:「毋!以與爾鄰里鄕黨乎!」

しくわせいつかひす。ぜんしははためぞくふ。いはく、これあたへよ。えきふ。いはく、これあたへよ。ぜんしこれぞくへいあたふ。いはく、せきせいくや、ひばり、けいきうたり。われこれく、くんしきふすくうて、めるにがずと。げんしこれさいたり、これぞく九百をあたふ。す。いはく、なかれ、もつなんぢりんりきやうたうあたへよと。〉


六之四

子謂仲弓曰:「犁牛之子,騂且角;雖欲勿用,山川其舍諸?」

ちうきうつていはく、りぎうあかうしてつのあらば、もちゐることなからんとほつすといへども、さんせんこれかむや。〉


六之五

子曰:「回也,其心三月不違仁,其餘,則日月至焉而已矣。」

いはく、くわいや、こころげつじんたがはず。すなはひつきいたるのみ。〉


六之六

季康子問:「仲由可使從政也與?」子曰:「由也果,於從政乎何有?」曰:「賜也可使從政也與?」曰:「賜也達,於從政乎何有!」曰:「求也可使從政也與?」曰:「求也藝,於從政乎何有?」

きかうしふ、ちういうまつりごとしたがはしむきか。いはく、いうくわなり、まつりごとしたがふにおいて、なにらむ。いはく、まつりごとしたがはしむきか。いはく、たつなり、まつりごとしたがふにおいて、なにらむ。いはく、きうまつりごとしたがはしむきか。いはく、きうげいあり、まつりごとしたがふにおいて、なにらむ。〉


六之七

季氏使閔子騫爲費宰。閔子騫曰:「善爲我辭焉。如有復我者,則吾必在汶上矣。」

きしびんしけんをしてさいたらしむ。びんしけんいはく、ためせよ。われふたたびすることらば、すなはわれかならぶんほとりらむと。〉


六之八

伯牛有疾,子問之,自牖執其手,曰:「亡之,命矣夫!斯人也,而有斯疾也!斯人也,而有斯疾也!」

はくぎうやまひり。これひ、まどよりる。いはく、これうしなはむ、めいなるかな。ひとにしてやまひあるや、ひとにしてやまひあるやと。〉


六之九

子曰:「賢哉回也!一簞食,一瓢飮,在陋巷,人不堪其憂,回也不改其樂。賢哉回也!」

いはく、けんなるかなくわいや。一たん、一ぺういんろうかうり。ひとうれひへず、くわいたのしみあらためず。けんなるかなくわいや。〉


六之十

冉求曰:「非不說子之道,力不足也。」子曰:「力不足者,中道而廢;今女畫。」

ぜんきういはく、みちよろこばざるにあらず、ちかららざるなり。いはく、ちかららざるものは、ちうだうにしてはいす、いまなんぢかぎれりと。〉


六之十一

子謂子夏曰:「女爲君子儒,無爲小人儒。」

しかつていはく、なんぢくんしじゆれ、せうじんじゆることかれ。〉


六之十二

子游爲武城宰。子曰:「女得人焉耳乎?」曰:「有澹臺滅明者,行不由徑;非公事,未嘗至於偃之室也。」

しいうぶじやうさいたり。いはく、なんぢひとたるか。いはく、たんたいめつめいといふものあり、くにこみちらず。こうじあらざれば、いまかつえんしついたらざるなり。〉


六之十三

子曰:「孟之反不伐,奔而殿,將入門,策其馬,曰:『非敢後也,馬不進也。』」

いはく、まうしはんほこらず。はしつてでんせり。まさもんらむとするとき、うまむちうちていはく、あへおくれたるにあらざるなり、うますすまざればなりと。〉


六之十四

子曰:「不有祝鮀之佞,而有宋朝之美,難乎免於今之世矣。」

いはく、しゆくだねいあらずして、そうてうあらば、かたいかないままぬかれむこと。〉


六之十五

子曰:「誰能出不由戶?何莫由斯道也!」

いはく、たれづるにらざらむ。たれみちることからむ。〉


六之十六

子曰:「質勝文則野,文勝質則史。文質彬彬,然後君子。」

いはく、しつぶんてばすなはなり、ぶんしつてばすなはなり、ぶんしつひんぴんとして、しかのちくんしなり。〉


六之十七

子曰:「人之生也直,罔之生也幸而免。」

いはく、ひときるはなほければなり。まうきるは、さいはひにしてまぬかるるなり。〉


六之十八

子曰:「知之者,不如好之者,好之者,不如樂之者。」

いはく、これものは、これこのものかず。これこのものは、これたのしものかず。〉


六之十九

子曰:「中人以上,可以語上也;中人以下,不可以語上也。」

いはく、ちうじんいじやうには、もつかみかたきなり。ちうじんいかには、もつかみかたからざるなり。〉


六之二十

樊遲問知。子曰:「務民之義,敬鬼神而遠之,可謂知矣。」問仁。曰:「仁者先難而後獲,可謂仁矣。」

ほんちふ。いはく、たみつとめ、きしんけいしてこれとほざくるを、し。じんふ。いはく、じんしやかたきをさきにしてるをのちにす、じんしと。〉


六之二一

子曰:「知者樂水,仁者樂山。知者動,仁者靜。知者樂,仁者壽。」

いはく、ちしやみづねがひ、じんしややまねがふ、ちしやうごき、じんしやしづかなり。ちしやたのしみ、じんしやいのちながし。〉


六之二二

子曰:「齊一變,至於魯;魯一變,至於道。」

いはく、せいぺんせばいたらむ、ぺんせばみちいたらむ。〉


六之二三

子曰:「觚不觚,觚哉!觚哉!」

いはく、ならず、ならむや、ならむや。〉


六之二四

宰我問曰:「仁者雖吿之曰:『井有仁焉。』其從之也?」子曰:「何爲其然也?君子可逝也,不可陷也。可欺也,不可罔也。」

さいがうていはく、じんしやこれげてせいじんりとはむも、これしたがはむか。いはく、なんすれぞしからむ。くんしかしむきなり、おとしいからざるなり。あざむきなり、からざるなり。〉


六之二五

子曰:「君子博學於文,約之以禮,亦可以弗畔矣夫!」

いはく、くんしひろぶんまなんで、これやくするにれいもつてせば、またもつむかざるきかな。〉


六之二六

子見南子,子路不說。夫子矢之曰:「予所否者,天厭之!天厭之!」

なんしむとす。しろよろこばず。ふうしこれちかうていはく、われなるところものは、てんこれあつせん、てんこれあつせん。〉


六之二七

子曰:「中庸之爲德也,其至矣乎!民鮮久矣!」

いはく、ちうようとくたるや、いたれるかな、たみすくなきことひさし。〉


六之二八

子貢曰:「如有博施於民,而能濟衆,何如?可謂仁乎?」子曰:「何事於仁,必也聖乎?堯舜其猶病諸!夫仁者,己欲立而立人,己欲達而達人。能近取譬,可謂仁之方也已。」

しこういはく、ひろたみほどこして、しうすくふことあらばいかんじんきか。いはく、なんじんこととせむかならずやせいか。げうしゆんこれめり。じんしやは、おのれたむとほつしてひとて、おのれたつせむとほつしてひとたつす。ちかたとへるは、じんみちふべきのみ。〉


述而第七[編集]

じゆつじだい


七之一

子曰:「述而不作,信而好古,竊比於我老彭。」

いはく、べてつくらず、しんじていにしへこのむ、ひそからうはうす。〉


七之二

子曰:「默而識之,學而不厭,誨人不倦,何有於我哉?」

いはく、もくしてしかうしてこれり、まなんでしかうしていとはず、ひとをしへてまざること、なんわれらむや。〉


七之三

子曰:「德之不修,學之不講,聞義不能徙,不善不能改,是吾憂也。」

いはく、とくをさまらざる、がくかうぜざる、いてうつることあたはざる、ふぜんをばあらたむることあたはざる、うれひなり。〉


七之四

子之燕居,申申如也,夭夭如也。

えんきよにはしんしんじよたり、えうえうじよたり。〉


七之五

子曰:「甚矣吾衰也!久矣,吾不復夢見周公!」

いはく、はなはだしいかなおとろへたること、ひさしいかなゆめしうこうざりしこと。〉


七之六

子曰:「志於道,據於德,依於仁,游於藝。」

いはく、みちこころざし、とくり、じんり、げいあそぶ。〉


七之七

子曰:「自行束脩以上,吾未嘗無誨焉!」

いはく、そくしうおこなふよりいじやうは、われいまかつをしふることくんばあらず。〉


七之八

子曰:「不憤不啟;不悱不發;擧一隅不以三隅反,則不復也。」

いはく、ふんせざればけいせず、せざればはつせず、一ぐうぐるに三ぐうもつはんせざれば、すなはふたたびせざるなり。〉


七之九

子食於有喪者之側,未嘗飽也。子於是日哭,則不歌。

あるものかたはらしよくすれば、いまかつかざるなり。おいこくするときは、うたはず。〉


七之十

子謂顏淵曰:「用之則行,舍之則藏。惟我與爾有是夫!」子路曰:「子行三軍,則誰與?」子曰:「暴虎馮河,死而無悔者,吾不與也。必也臨事而懼,好謀而成者也。」

がんえんつていはく、これもちゐるときはすなはおこなひ、これくときはすなはかくす、ただわれなんぢこれあるかな。しろいはく、ぐんらば、すなはたれともにせむ。いはく、ばうこひようかしてくいなきものは、われくみせざるなり、かならずやことのぞんでおそれ、はかりごとこのんでさむものなりと。〉


七之十一

子曰:「富而可求也,雖執鞭之士,吾亦爲之;如不可求,從吾所好。」

いはく、とみもとくんば、しつべんいへども、われまたこれさむ、もとからずんば、このところしたがはむ。〉


七之十二

子之所愼:齊,戰,疾。

つつしところさいせんしつなり。〉


七之十三

子在齊聞韶,三月不知肉味,曰:「不圖爲樂之至於斯也!」

せいりて、せうくこと三げつにくあぢはひらず。いはく、はからざりき、がくまなぶことここいたらむとは。〉


七之十四

冉有曰:「夫子爲衞君乎?」子貢曰:「諾,吾將問之」。入曰:「伯夷叔齊,何人也?」曰:「古之賢人也。」曰:「怨乎?」曰:「求仁而得仁,又何怨?」出,曰:「夫子不爲也。」

ぜんいういはく、ふうしゑいくんたすけむか。しこういはく、だくわれまさこれはむとすと。つていはく、はくいしゆくせいなんびとぞや。いはく、いにしへけんじんなり。いはく、うらみたりや。いはく、じんもとめてじんたり、またなんうらみむと。でていはく、ふうしたすけざるなり。〉


七之十五

子曰:「飯疏食,飮水,曲肱而枕之,樂亦在其中矣。不義而富且貴,於我如浮雲。」

いはく、そしくらひ、みづみ、ひぢげてこれまくらとす、たのしみまたうちり。ふぎにしてたつときは、われおいふうんごとし。〉


七之十六

子曰:「加我數年,五十以學易,可以無大過矣。」

いはく、われすうねんくはへて、五十もつえきまなばば、もつたいくわかるべし。〉


七之十七

子所雅言:「詩、書、執禮,皆雅言也。」

がげんするところは、しよしつれいみながげんなり。〉


七之十八

葉公問孔子於子路,子路不對。子曰:「女奚不曰:『其爲人也,發憤忘食,樂以忘憂,不知老之將至云爾。』」

せふこうこうししろふ。しろこたへず。いはく、なんぢなんはざる、ひとりや、いきどほりはつしてしよくわすれ、たのしんでもつうれひわすれ、らうまさいたらむとするをらずとしかりと。〉


七之十九

子曰:「我非生而知之者,好古,敏以求之者也。」

いはく、われうまれながらにしてこれものあらず、いにしへこのんでくしてもつこれもとむるものなり。〉


七之二十

子不語:怪、力、亂、神。

くわいりよくらんしんかたらず。〉


七之二一

子曰:「三人行,必有我師焉。擇其善者而從之;其不善者而改之。」

いはく、三にんくときはかならあり。ものえらんでこれしたがひ、ふぜんなるものこれあらたむ。〉


七之二二

子曰:「天生德於予,桓魋其如予何!」

いはく、てんとくわれせり、くわんたいわれいかんせん。〉


七之二三

子曰:「二三子,以我爲隱乎?吾無隱乎爾!吾無行而不與二三子者,是丘也。」

いはく、二三われもつかくせりとすか。われかくすことし。われおこなふとして二三しめさざるものなし。きうなり。〉


七之二四

子以四敎:文、行、忠、信。

四をもつをしふ、ぶんかうちうしん。〉


七之二五

子曰:「聖人,吾不得而見之矣!得見君子者,斯可矣。」子曰:「善人,吾不得而見之矣!得見有恆者,斯可矣。亡而爲有,虛而爲盈,約而爲泰,難乎有恆矣!」

いはく、せいじんわれこれず、くんししやるをなり。いはく、ぜんにんわれこれず、つねあるものることをなり。けれどもりとし、むなしけれどもてりとし、やくなれどもたいなりとす、かたいかなつねあらむこと。〉


七之二六

子釣而不綱,弋而不射宿。

つりすれどもかうせず、よくすれどもしゆくず。〉


七之二七

子曰:「蓋有不知而作之者,我無是也。多聞,擇其善者而從之,多見而識之,知之次也。」

いはく、けだらずしてこれものらむ。われこれなし。おほいてものえらんでこれしたがひ、おほこれしるすは、るのつぎなり。〉


七之二八

互鄕難與言。童子見,門人惑。子曰:「與其進也,不與其退也。唯何甚?人潔己以進,與其潔也,不保其往也!」

ごきやうともがたし。どうじまみゆ。もんじんまどふ。いはく、すすむにくみせん、しりぞくにくみせず、ただなんはなはだしき。ひとおのれいさぎよくしてもつすすまば、いさぎよきをくみせん、わうたもたず。〉


七之二九

子曰:「仁遠乎哉?我欲仁,斯仁至矣。」

いはく、じんとほからむや。われじんほつすればここじんいたる。〉


七之三十

陳司敗問:「昭公知禮乎?」孔子對曰:「知禮。」孔子退,揖巫馬期而進之,曰:「吾聞君子不黨,君子亦黨乎?君取於吳爲同姓,謂之吳孟子。君而知禮,孰不知禮?」巫馬期以吿。子曰:「丘也幸,苟有過,人必知之。」

ちんしはいふ、せうこうれいるか。こうしいはく、れいれりと。こうししりぞく。ふばきいつしてこれすすめていはく、われく、くんしたうせずと。くんしまたたうするか。きみめとり、どうせいたり、これごまうしふ。きみにしてれいらば、たれれいらざらむ。ふばきもつぐ。いはく、きうさいはひなり、いやしくあやまちあれば、ひとかならこれらすと。〉


七之三一

子與人歌而善,必使反之,而後和之。

ひとうたうてしとすれば、かならこれはんせしめて、しかうしてのちこれせり。〉


七之三二

子曰:「文,莫吾猶人也;躬行君子,則吾未之有得!」

いはく、ぶんばくわれひとのごとし。くんしおこなふことは、すなはわれいまこれることらず。〉


七之三三

子曰:「若聖與仁,則吾豈敢?抑爲之不厭,誨人不倦,則可謂云爾已矣!」公西華曰:「正唯弟子不能學也!」

いはく、せいじんとのごときは、すなはわれあにあへてせむや。そもそもこれまなびていとはず、ひとをしへてまざるは、すなはふべきのみ。こうせいくわいはく、まさていしまなぶことあたはざるなり。〉


七之三四

子疾病,子路請禱。子曰:「有諸?」子路對曰:「有之。誄曰:『禱爾于上下神祇。』子曰:「丘之禱久矣!」

やまひへいなり。しろいのらむとふ。いはく、これありや。しろこたへていはく、り、るゐいはく、なんぢしやうかしんぎいのると。いはく、きういのることひさし。〉


七之三五

子曰:「奢則不孫,儉則固;與其不孫也,甯固。」

いはく、おごるときはすなはふそんなり、けんなるときはすなはなり。ふそんならんよりは、むしなれと。〉


七之三六

子曰:「君子坦蕩蕩,小人長戚戚。」

いはく、くんしたひらかにしてたうたうたり、せうじんとこしへにせきせきたり。〉


七之三七

子溫而厲,威而不猛,恭而安。

をんにしてれいに、ありてたけからず、きようにしてやすし。〉


泰伯第八[編集]

たいはくだい


八之一

子曰:「泰伯,其可謂至德也已矣!三以天下讓,民無得而稱焉。」

いはく、たいはくしとくふべきのみ。たびてんかもつゆづる、たみしかうしてしようするし。〉


八之二

子曰:「恭而無禮則勞,愼而無禮則葸,勇而無禮則亂,直而無禮則絞。君子篤於親,則民興於仁。故舊不遺,則民不偷。」

いはく、きようにしてれいければすなはらうす、つつしみてれいければすなはす、ゆうにしてれいければすなはみだる、ちよくにしてれいければすなはかうす。くんししんあつければ、すなはたみじんおこる、こきうわすれざれば、すなはたみうすからず。〉


八之三

曾子有疾,召門弟子曰:「啟予足!啟予手!詩云:『戰戰兢兢,如臨深淵,如履薄冰。』而今而後,吾知免夫!小子!」

そうしやまひあり、もんていししていはく、あしひらけ、ひらけ。いはく、せんせんきようきようとして、しんゑんのぞむがごとく、はくひようむがごとしと。いまにしてのちわれまぬかるるをるかな。せうし。〉


八之四

曾子有疾,孟敬子問之。曾子言曰:「鳥之將死,其鳴也哀,人之將死,其言也善。君子所貴乎道者三:動容貌,斯遠暴慢矣;正顏色,斯近信矣;出辭氣,斯遠鄙倍矣;籩豆之事,則有司存。」

そうしやまひあり、まうけいしこれふ。そうしつていはく、とりまさせむとするや、くやかなし、ひとまさせむとするや、ふやし。くんしみちたつとところもの三あり、ようばううごかしてここばうまんとほざかり、がんしよくただしうしてここしんちかく、じきいだしてここひばいとほざかる。へんとうことすなはいうしそんせり。〉


八之五

曾子曰:「以能問於不能,以多問於寡,有若無,實若虛,犯而不校。昔者吾友,嘗從事於斯矣。」

そうしいはく、のうもつふのうひ、おほきをもつすくなきにひ、れどもきがごとく、つれどもむなしきがごとく、をかせどもかうせず。せきしやともかつここしたがへり。〉


八之六

曾子曰:「可以託六尺之孤,可以寄百里之命,臨大節而不可奪也。君子人與?君子人也!」

そうしいはく、もつて六せきたくく、もつて百めいく、たいせつのぞんでうばからざるなり。くんしじんか、くんしじんなり。〉


八之七

曾子曰:「士不可以不弘毅,任重而道遠。仁以爲己任,不亦重乎;死而後已,不亦遠乎。」

そうしいはく、もつこうきならざるからず、にんおもくしてみちとほし。じんもつおのれにんす、またおもからずや、してしかうしてのちむ、またとほからずや。〉


八之八

子曰:「興於詩,立於禮,成於樂。」

いはく、おこり、れいち、がくる。〉


八之九

子曰:「民可使由之,不可使知之。」

いはく、たみこれらしむし、これらしむからず。〉


八之十

子曰:「好勇疾貧,亂也。人而不仁,疾之已甚,亂也。」

いはく、ゆうこのみてまづしきをにくめばみだる、ひとにしてふじんなる、これにくむことはなはだしければみだる。〉


八之十一

子曰:「如有周公之才之美,使驕且吝,其餘不足觀也已!」

いはく、しうこうさいりとも、おごやぶさかならしめば、るにらざるのみ。〉


八之十二

子曰:「三年學,不至於穀,不易得也。」

いはく、三ねんまなびてこくこころざさざるは、やすからざるなり。〉


八之十三

子曰:「篤信好學,守死善道。危邦不入,亂邦不居。天下有道則見,無道則隱。邦有道,貧且賤焉,恥也;邦無道,富且貴焉,恥也。」

いはく、あつしんじてがくこのみ、まもりてみちくす。きはうにはらず、らんはうにはらず、てんかみちあればすなはあらはし、てんかみちなければすなはかくす。くにみちあるとき、まづしくいやしきははぢなり、くにみちなきとき、たつときははぢなり。〉


八之十四

子曰:「不在其位,不謀其政。」

いはく、くらゐらざれば、まつりごとはからず。〉


八之十五

子曰:「師摯之始,關雎之亂,洋洋乎,盈耳哉!」

いはく、ししはじめくわんしよらんやうやうことしてみみてるかな。〉


八之十六

子曰:「狂而不直,侗而不愿,悾悾而不信,吾不知之矣!」

いはく、きやうにしてちよくならず、とうにしてげんならず、こうこうとしてしんならざるは、われこれらず。〉


八之十七

子曰:「學如不及,猶恐失之。」

いはく、がくおよばざるがごとく、これうしなはむことをおそる。〉


八之十八

子曰:「巍巍乎,舜、禹之有天下也,而不與焉。」

いはく、ぎぎこたり、しゆんうてんかたもちてしかうしてあづからざるは。〉


八之十九

子曰:「大哉,堯之爲君也!巍巍乎,唯天爲大,唯堯則之!蕩蕩乎,民無能名焉!巍巍乎,其有成功也!煥乎,其有文章!」

いはく、だいなるかなげうきみとなる。ぎぎこたり。ただてんだいなりとす、ただげうこれのつとる。たうたうたり。たみづくるし。ぎぎことしてせいこうあるなり、くわんとしてぶんしやうあり。〉


八之二十

舜有臣五人,而天下治。武王曰:「予有亂臣十人。」孔子曰:「『才難』,不其然乎?唐虞之際,於斯爲盛,有婦人焉,九人而已。三分天下有其二,以服事殷、周之德,其可謂至德也已矣!」

しゆんしんにんありててんかをさまる。ぶわういはく、われらんしんにんありと。こうしいはく、さいかたしと、しからずや。たうぐさいこれさかんなりとす、ふじんあり、九にんのみ、てんかを三ぶんしての二をたもち、もついんふくじす。しうとくしとくきのみ。〉


八之二一

子曰:「禹,吾無間然矣!菲飮食,而致孝乎鬼神;惡衣服,而致美乎黻冕;卑宮室,而盡力乎溝洫。禹,吾無間然矣!」

いはく、われかんぜんすることし。いんしよくうすくして、かうきしんいたし、いふくしくして、ふつべんいたし、きうしついやしくして、ちからこうきよくつくす。われかんぜんすることし。〉


子罕第九[編集]

しかんだい


九之一

子罕言利,與命與仁。

まれふ、めいともにし、じんともにす。〉


九之二

達巷黨人曰:「大哉孔子!博學而無所成名。」子聞之,謂門弟子曰:「吾何執?執御乎?執射乎?吾執御矣!」

たつかうたうひといはく、だいなるかなこうしひろまなびてところしと。これいて、もんていしつていはく、われなにをからむ。ぎよらむか、しやらむか、われぎよらむと。〉


九之三

子曰:「麻冕,禮也;今也純,儉,吾從衆。拜下,禮也;今拜乎上,泰也。雖違衆,吾從下。」

いはく、まべんれいなり、いまじゆんをするはけんなり、われしうしたがはむ。しもはいするはれいなり、いまかみはいするはたいなり、しうたがふといへども、われしもしたがはむ。〉


九之四

子絕四:「毋意,毋必,毋固,毋我。」

四をつ。く、ひつく、く、し。〉


九之五

子畏於匡。曰:「文王既沒,文不在茲乎?天之將喪斯文也,後死者,不得與於斯文也。天之未喪斯文也,匡人其如予何?」

きやうす。いはく、ぶんわうすでぼつして、ぶんここらずや。てんまさぶんほろぼさむとするや、のちするものぶんあづかることをざらむ。てんいまぶんほろぼささるや、きやうひとわれいかん。〉


九之六

大宰問於子貢曰:「夫子聖者與?何其多能也?」子貢曰:「固天縱之將聖,又多能也。」子聞之曰:「大宰知我乎!吾少也賤,故多能鄙事。君子多乎哉?不多也!」

たいさいしこううていはく、ふうしせいしやか、なんたのうなるや。しこういはく、もとよりてんこれしやうせいゆるす、またたのうなりと。これいていはく、たいさいわれらむや。われわかきやいやしかりき、ゆゑひじたのうなりき。くんしならむや、ならざるなり。〉


九之七

牢曰:「子云:『吾不試,故藝。』」

らういはく、いはく、われもちゐられず、ゆゑげいありと。〉


九之八

子曰:「吾有知乎哉?無知也。有鄙夫問於我,空空如也,我扣其兩端而竭焉。」

いはく、われることあらむや、ることきなり。ひふありわれふ、くうくうじよたり、われりやうたんたたいてしかうしてつくす。〉


九之九

子曰:「鳳鳥不至,河不出圖,吾已矣夫!」

いはく、ほうてういたらず、いださず、われんぬるかな。〉


九之十

子見齊衰者,冕衣裳者,與瞽者,見之,雖少必作,過之必趨。

しさいものべんいしやうものと、こしやとをれば、これるにわかしといへどかならつ。これぐればかならはしる。〉


九之十一

顏淵喟然歎曰:「仰之彌高,鑽之彌堅,瞻之在前,忽焉在後!夫子循循然善誘人:博我以文,約我以禮。欲罷不能,既竭吾才,如有所立卓爾,雖欲從之,末由也已!」

がんえんきぜんとしてたんじていはく、これあふげばいよいよたかく、これればいよいよかたし、これればまへり、こつえんとしてしりへり。ふうしじゆんじゆんぜんとしてひとみちびく。われひろむるにぶんもつてし、われやくするにれいもつてす。めむとほつしてあたはず、すでさいつくす。ところありてたくじたるがごとし、これしたがはんとほつすといへどよしきのみ。〉


九之十二

子疾病,子路使門人爲臣。病間,曰:「久矣哉,由之行詐也!無臣而爲有臣,吾誰欺?欺天乎?且予與其死於臣之手也,無寧死於二三子之手乎!且予縱不得大葬,予死於道路乎?」

やまひへいなり。しろもんじんをしてしんたらしむ。へいかんにしていはく、ひさしいかないういつはりおこなふことや、しんくしてしんりとす。われたれをかあざむかむ、てんあざむかむや。われしんせむよりは、むしろ二三せむかな、われたとたいさうずとも、われだうろせむかな。〉


九之十三

子貢曰:「有美玉於斯,韞櫝而藏諸?求善賈而沽諸?」子曰:「沽之哉!沽之哉!我待賈者也!」

しこういはく、ここびぎよくあらむに、とくをさめてこれかくさむか、ぜんこもとめてこれらむか。いはく、これらむや、これらむや、われものなり。〉


九之十四

子欲居九夷。或曰:「陋,如之何?」子曰:「君子居之,何陋之有?」

きういらむとほつす。るひといはく、いやし。これいかんいはく、くんしこれる。なんいやしきことからむ。〉


九之十五

子曰:「吾自衞反魯,然後樂正,雅頌各得其所。」

いはく、われゑいよりかへりて、しかのちがくただし、がしようおのおのところたり。〉


九之十六

子曰:「出則事公卿,入則事父兄,喪事不敢不勉,不爲酒困,何有於我哉?」

いはく、でてはすなはこうけいつかうまつり、りてはすなはふけいつかうまつり、さうじあへつとめずんばあらず、さけこんさざること、んぞわれらむや。〉


九之十七

子在川上曰:「逝者如斯夫!不舍晝夜。」

かはほとりりていはく、ものかくごときか。ちうやかず。〉


九之十八

子曰:「吾未見好德如好色者也。」

いはく、われいまとくこのむこといろこのむがごとものず。〉


九之十九

子曰:「譬如爲山,未成一簣,止,吾止也!譬如平地,雖覆一簣,進,吾往也!」

いはく、たとへばやまつくるがごとし。いまらざること一なるに、むはむなり。たとへばたひらかにするがごとし、一こぼすといへども、すすむはくなり。〉


九之二十

子曰:「語之而不惰者,其回也與!」

いはく、これげておこたらざるものは、くわいなるか。〉


九之二一

子謂顏淵,曰:「惜乎!吾見其進也,未見其止也!」

がんえんつていはく、をしいかな。われすすむをたり。いまむをざりき。〉


九之二二

子曰:「苗而不秀者,有矣夫!秀而不實者,有矣夫!」

いはく、なへにしてひいでざるものるかな。ひいでてみのらざるものあるかな。〉


九之二三

子曰:「後生可畏,焉知來者之不如今也?四十五十而無聞焉,斯亦不足畏也已!」

いはく、こうせいおそるべし、いづくんぞらいしやいまかざるをらむや。四十五十にしてきこゆることくんば、またおそるるにらざるのみ。〉


九之二四

子曰:「法語之言,能無從乎!改之爲貴。巽與之言,能無說乎?繹之爲貴。說而不繹,從而不改,吾末如之何也已矣!」

いはく、はふごげんしたがふことからむや、あらたむるをたつとしとす、そんよげんよろこぶことからむや、たづぬるをたつとしとす。よろこびてたづねず、したがつてあらためざるは、われこれいかんともするきのみ。〉


九之二五

子曰:「主忠信,毋友不如己者,過則勿憚改。」

いはく、ちうしんしゆとし、おのれかざるものともとするなかれ、あやまつてはすなはあらたむるにはゞかなかれ。〉


九之二六

子曰:「三軍可奪帥也,匹夫不可奪志也。」

いはく、三ぐんすゐうばふべし、ひつぷこころざしうばふべからざるなり。〉


九之二七

子曰:「衣敝縕袍,與衣狐貉者立,而不恥者,其由也與!『不忮不求,何用不臧?』子路終身誦之。子曰:「是道也,何足以臧?」

いはく、やぶれたるをんぱうて、こかくたるものちてぢざるものは、いうか。そこなはずむさぼらず、なにつてかからざらむ。しろしゆうしんこれしようす。いはく、みちなんもつしとするにらむ。〉


九之二八

子曰:「歲寒,然後知松柏之後彫也。」

いはく、としさむうして、しかのちしようはくしぼむにおくるることをる。〉


九之二九

子曰:「智者不惑,仁者不憂,勇者不懼。」

いはく、ちしやまどはず、じんしやうれへず、ゆうしやおそれず。〉


九之三十

子曰:「可與共學,未可與適道;可與適道,未可與立;可與立,未可與權。」

いはく、ともともまなし、いまともみちからず。ともみちし、いまともからず。ともし、いまともはかからず。〉


九之三一

「唐棣之華,偏其反而;豈不爾思?室是遠而」。子曰:「未之思也,夫何遠之有?」

たうていはなは、へんとしてひるがへれり。あになんぢおもはざらむや、しつとほければなりと。いはく、いまこれおもはざるなり、なんとほきことからむ。〉


鄕黨第十[編集]

きやうたうだい


十之一

孔子於鄕黨,恂恂如也,似不能言者。其在宗廟朝廷,便便言,唯謹爾。

こうしきやうたうおいてはじゆんじゆんじよたり、あたはざるものたり。そうべうてうていりては、べんべんとしてふ、ただつつしめるのみ。〉


十之二

朝與下大夫言,侃侃如也;與上大夫言,誾誾如也。君在,踧踖如也,與與如也。

てうにしてかたいふへば、かんかんじよたり、じやうたいふへば、ぎんぎんじよたり。きみいますときは、しゆくせきじよたり、よよじよたり。〉


十之三

君召使擯,色勃如也,足躩如也。揖所與立,左右手,衣前後,襜如也。趨進,翼如也。賓退,必復命,曰:「賓不顧矣。」

きみしてひんせしむれば、いろぼつじよたり、あしきやくじよたり。ともところいつするにはさいうにす、ころもぜんごせんじよたり。はしすすむときはよくじよたり。ひんしりぞくときはかならふくめいしていはく、ひんかへりみずと。〉


十之四

入公門,鞠躬如也,如不容。立不中門,行不履閾。過位,色勃如也,足躩如也,其言似不足者。攝齊升堂,鞠躬如也,屛氣似不息者。出,降一等,逞顏色,怡怡如也。沒階趨進,翼如也。復其位,踧踖如也。

こうもんるときはきくきうじよたり、れられざるがごとし。つにもんちうせず、くにしきゐまず。くらゐぐればいろぼつじよたり、あしきやくじよたり、ふことらざるものたり。かかげてだうのぼれば、きくきうじよたり、をさめていきせざるものたり。いでて一とうくだれば、がんしよくはなつていいじよたり。かいぼつしてはしればよくじよたり、くらゐかへればしゆくせきじよたり。〉


十之五

執圭,鞠躬如也,如不勝。上如揖,下如授,勃如戰色,足蹜蹜如有循。享禮,有容色。私覿,愉愉如也。

けいるときはきくきうじよたり、へざるがごとし。ぐるにはいつするがごとく、ぐるにはさづくるがごとく、ぼつじよとしてせんしよくあり。あししゆくしゆくとしてしたがふあるがごとし。きやうれいにはようしよくあり、してきにはゆゆじよたり。〉


十之六

君子不以紺緅飾,紅紫不以爲褻服;當暑,袗絺綌,必表而出之。緇衣羔裘,素衣麑裘,黃衣狐裘。褻裘長,短右袂。(必有寢衣,長一身有半。)狐貉之厚以居。去喪,無所不佩。非帷裳,必殺之。羔裘玄冠,不以弔。吉月,必朝服而朝。

くんしかんすうもつかざりとせず、こうしもつつねふくさず。しよあたりてひとへちげきは、かならへうしてしかうしてづ。しいにはかうきうそいにはげいきうくわういにはこきうせつきうながくし、いうべいみじかくす。かならしんいあり、たけしんいうはんこかくあつもつる。のぞいてはびざるところなし。ゐしやうあらざればかならこれぐ。かうきうげんくわんしてはもつてうせず。きつげつにはかならてうふくしててうす。〉


十之七

齊,必有明衣,布。齊必變食,居必遷坐。

さいにはかならめいいあり、ぬのにてす。かならしんいあり、たけしんいうはんさいにはかならしよくへんず、きよかならうつす。〉


十之八

食不厭精,膾不厭細。食饐而餲,魚餒而肉敗,不食。色惡不食,臭惡不食。失飪不食,不時不食。割不正不食,不得其醬不食。肉雖多,不使勝食氣。唯酒無量,不及亂。沽酒市脯不食。不撤薑食,不多食。祭于公,不宿肉。祭肉不出三日,出三日,不食之矣。食不語,寢不言。雖疏食菜羹瓜祭,必齊如也。

せいいとはず、くわいさいいとはず。してしかうしてあいし、うをたいしてしかうしてにくやぶれたるはくらはず、いろしきはくらはず、にほひしきはくらはず、じんうしなへるはくらはず、ときならざるはくらはず。きりめただしからざればくらはず、しやうざればくらはず。にくおほしといへども、たしめず、たださけりやうし、らんおよばず。こしゆしほくらはず。きやうてつせずしてくらふ、おほくらはず。おほやけまつればにくしゆくせず、さいにくみつかいださず、みつかづるときはこれくらわず。くらふにかたらず、ぬるにはず。そしさいかういへどかならまつる、かならさいじよたり。〉


十之九

席不正不坐。

せきただしからざればせず。〉


十之十

鄕人飮酒,杖者出,斯出矣。鄕人儺,朝服而立於阼階。

きやうじんいんしゆに、ぢやうしやづればここづ、きやうじんするとき、てうふくしてそかいつ。〉


十之十一

問人於他邦,再拜而送之。康子饋藥,拜而受之,曰:「丘未達,不敢嘗。」

ひとたはうへば、さいはいしてこれおくる。かうしくすりおくる。はいしてこれけていはく、きういまたつせず、あへめずと。〉


十之十二

廄焚,子退朝,曰:「傷人乎?」不問馬。

うまやけたり。てうよりしりぞきていはく、ひとそこなへりやいなやと。うまふ。〉


十之十三

君賜食,必正席先嘗之。君賜腥,必熟而薦之。君賜生,必畜之。侍食於君,君祭,先飯。疾,君視之,東首,加朝服拖紳。君命召,不俟駕行矣。

きみしよくたまふときは、かならせきただしうしてこれむ。きみせいたまふときは、かならじゆくしてこれすすむ。きみせいたまへば、かならこれふ。きみじしよくするとき、きみまつればはんす。やまひあるに、きみこれれば、とうしゆしててうふくくはへ、しんく。きみめいじてせば、たずしてく。〉


十之十四

入太廟,每事問。

たいべうつてことごとふ。〉


十之十五

朋友死,無所歸,曰:「於我殯。」朋友之饋,雖車馬,非祭肉,不拜。

ほういうして、するところなきときは、いはく、われおいひんせよと。ほういうおくりものは、しやばいへども、さいにくあらざればはいせず。〉


十之十六

寢不尸,居不容。見齊衰者,雖狎必變。見冕者與瞽者,雖褻必以貌。凶服者式之。式負版者。有盛饌,必變色而作。迅雷,風烈,必變。

ぬるにしかばねのごとくせず、るにかたちせず。しさいものれば、れたりといへどかならへんず、べんしやこしやとをれば、せつなりといへどかならかたちもつてす。きようふくものにはこれしよくす、ふばんものしよくす。せいせんあれば、かならいろへんじてしかうしてつ。じんらいふうれつにはかならへんず。〉


十之十七

升車,必正立,執綏。車中不內顧,不疾言,不親指。

くるまのぼるときは、かならただしくちてすゐる。しやちうにはないこせず、しつげんせず、みづかゆびささず。〉


十之十八

色斯擧矣,翔而後集。曰:「山梁雌雉,時哉時哉!」子路共之,三嗅而作。

しきみてあがり、かけりてのちあつまる。いはく、さんりやうしちときなるかな、ときなるかな。しろこれきようす。たびいでつ。〉