蛍の光 (小学唱歌集初編)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

第二十蛍(ほたる)

ほたるのひかり。まどのゆき。
書(ふみ)よむつき日。かさねつゝ。
いつしか年も。すぎのとを。
あけてぞけさは。わかれゆく。

とまるもゆくも。かぎりとて。
かたみにおもふちよろづの。
こゝろのはしを。ひとことに。
さきくとばかり。うたふなり。

つくしのきはみ。みちのおく。
うみやまとほく。へだつとも。
そのまごころは。へだてなく。
ひとつにつくせ。くにのため。

千島(ちしま)のおくも。おきなはも。
やしまのうちの。まもりなり。
いたらんくにに。いさをしく。
つとめよわがせ。つつがなく。

{
\set Staff.midiInstrument = #"acoustic grand" \key g \major \relative d' {
\partial 4*1 d
g4. g8 g4 b | a4.( g8) a4 b | g g b( d) | e2 r4 e\break
d4. b8 b4 g | a4.( g8) a4 b | g4. e8 e4( d) | g2 r4 e'\break
d4. b8 b4 g | a4.( g8) a4 e' | d4.( b8) b4 d | e2 r4 e\break
d4. b8 b4 g | a4.( g8) a4 b | g4. e8 e4( d) | g2 r4
 }
\addlyrics {
\set stanza = "1."
ホ タ ル ノ ヒ カ リ マ ト ノ ユ キ
フ ミ ヨ ム ツ キ ヒ カ サ ネ ツ ツ
イ ツ シ カ ト シ モ ス ギ ノ ト ヲ
ア ケ テ ゾ ケ サ ハ ワ カ レ ユ ク
 }
\addlyrics {
\set stanza = "2."
と ま る も ゆ く も か ぎ り と て
か た み に お も ふ ち よ ろ づ の
こ こ ろ の は し を ひ と こ と に
さ き く と ば か り う た ふ な り
 }
\addlyrics {
\set stanza = "3."
ツ ク シ ノ キ ハ ミ ミ チ ノ オ ク
ウ ミ ヤ マ ト ホ ク ヘ ダ ツ ト モ
ソ ノ マ ゴ コ ロ ハ ヘ ダ テ ナ ク
ヒ ト ツ ニ ツ ク セ ク ニ ノ タ メ
 }
\addlyrics {
\set stanza = "4."
ち し ま の お く も お き な は も
や し ま の う ち の ま も り な り
い た ら む く に に い さ を し く
つ と め よ わ が せ つ つ が な く
 }
}

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。