蛍の光 (小学唱歌集初編)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

第二十蛍(ほたる)

ほたるのひかり。まどのゆき。
書(ふみ)よむつき日。かさねつゝ。
いつしか年も。すぎのとを。
あけてぞけさは。わかれゆく。

とまるもゆくも。かぎりとて。
かたみにおもふちよろづの。
こゝろのはしを。ひとことに。
さきくとばかり。うたふなり。

つくしのきはみ。みちのおく。
うみやまとほく。へだつとも。
そのまごころは。へだてなく。
ひとつにつくせ。くにのため。

千島(ちしま)のおくも。おきなはも。
やしまのうちの。まもりなり。
いたらんくにに。いさをしく。
つとめよわがせ。つつがなく。

楽譜は一時的に使用不能です。

この著作物は1925年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。