蘭亭集序

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
蘭亭序

永和九年、歳在癸丑、暮春之初、會于會稽山陰之蘭亭、脩稧事也。羣賢畢至、少長咸集。此地有崇山峻領、茂林脩竹;又有清流激湍、暎帶左右。引以為流觴曲水、列坐其次。

雖無絲竹管弦之盛、一觴一詠、亦足以暢敘幽情。是日也、天朗氣清、惠風和暢;仰觀宇宙之大、俯察品類之盛;所以遊目騁懷、足以極視聽之娛、信可樂也。

夫人之相與、俯仰一世、或取諸懷抱、悟言一室之內、或因寄所託、放浪形骸之外。雖趣舍萬殊、靜躁不同、當其欣於所遇、暫得於己、怏然自足、不知老之將至。及其所之既倦、情随事遷、感慨係之矣。向之所欣、俛仰之間以為陳迹、猶不能不以之興懷;况脩短随化、終期於盡。古人云、「死生亦大矣。」豈不痛哉!

每攬昔人興感之由、若合一契、未嘗不臨文嗟悼、不能喩之於懷。固知一死生為虛誕、齊彭殤為妄作。後之視今、亦由今之視昔、悲夫!故列敘時人、録其所述、雖世殊事異、所以興懷、其致一也。後之攬者、亦將有感於斯文。


この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。