蓮如上人御文章 (意訳聖典)

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教

蓮如上人御文章

  (二の六)[編集]

《原文》

抑、當流の他力信心のをもむきを、よく聴聞して、決定せしむるひと、これあらば、その信心のとほりをもて心底にあさめおきてママ他宗他人に對して沙汰すべからず。また路次大道、われの在所なんどにても、あらはに人をも、はゞからず、これを讃嘆すべからず。

つぎには、守護地頭方に、むきても、われは信心をえたりといひて、疎略の儀なく、いよ公事をまたくすべし。

又諸神諸菩薩をも、おろそかにすべからず、これみな南無阿弥陀仏の六字のうちにこもれるがゆへなり。

ことに、ほかには王法をもて、おもてとし内心には他力の信心をふかくたくはへて、 世間の仁義をもて本とすべし。

これすなはち當流にさだむるところの、おきてのをもむきなりとこゝろうべきものなり。あなかしこ

文明六年二月十七日書之
《意訳》

そも当流たうりうりき信心しんじんしゅをよくちやうもんして、それをけつぢやうしたひとは、その信心しんじんのとほりをこころそこにおさめおいて、けつしてしうにんたいして、とやかうと沙汰さたをしてはなりませぬ。また路次ろじ大道たいだうや、われ在所ざいしよなどでも、人前ひとまへをもはゞからず、あらはに、それを讃嘆さんだんしてはなりませぬ。

つぎしゆとうなどにたいして、ぶん信心しんじんたからというて、りやくたいをふるまふやうなことはなく ます公事くじ〈おほやけごと〉を十ぶんにおつとめなさい。

またもろかみもろぶつさつたうをおろそかにしてはなりませぬ。この諸神しよじんしよさつたうはみな南無阿弥陀なもあみだぶつの六のうちに、こもつてられるからであります。

ことに、ほかにはよく王法わうほふじゆんほうし、内心ないしんには、ふかりき信心しんじんをたくはへて、けんじんもととしなさい。

これが、すなはち当流たうりうさだめられてあるおきてしゅであるとこゝろねばなりませぬ。あなかしこ

文明ぶんめいねんぐわつ十七にちこれをく。

  (五の一)[編集]

《原文》

末代無智の在家止住の男女たらんともからは、こゝろをひとつにして阿弥陀仏を、ふかくたのみまいらせてさらに餘のかたへ、こゝろをふらず、一心一向に仏たすけたまへとまうさん衆生をば、たとひ罪業は深重なりとも、かならず弥陀如来は、すくひましますべし。これすなはち第十八の念仏往生の誓願のこゝろなり。

かくのごとく決定しての、うへには、ねても、さめても、いのちのあらんかぎりは、称名念仏すべきものなり。あなかしこ

《意訳》

すゑまこと智慧ちゑなく、ざい止住とゞまれる男女なんによ人々ひとは、こゝろをを一にして、阿弥陀あみだぶつふかたのみにし、すこしもほかはうへ、こゝろをそらさず、たゞ一しんかうぶつたすけたまへと、おまかせまうすしゆじやうであれば、たとひ罪業つみはいかほどふかからうともおもからうとも、弥陀みだ如来によらいは、かならずおすくひくださるのであります。これがすなはちだい十八の念仏ねんぶつわうじやうせいぐわんこゝろであります。

かやうにこゝろのなかにけつぢやうしたうへからは、てもめてもいのちのあるかぎりは、称名しようみやう念仏ねんぶつ相続さうぞくすべきものであります。あなかしこ

  (五の二)[編集]

《原文》

それ八萬の法蔵をしるといふとも、後世をしらざる人を愚者とすすママ。たとひ一文不知の尼入道なりといふとも後世をしるを智者とすといへり。

しかれば當流のこゝろは、あながちに、もろの聖教をよみ、ものをしりたりといふとも、一念の信心のいはれを、しらざる人は、いたづら事なりとしるべし。

されば、聖人の御ことばにも、一切の男女たらん身は、弥陀の本願を信ぜずしては、ふつとたすかるといふ事あるべからずと、おほせられたり。

このゆへに、いかなる女人なりといふとももろの雑業をすてゝ、一念に、弥陀如来今度の後生たすけたまへと、ふかくたのみ申さん人は、十人も百人も、みなともに、弥陀の報土に往生すべき事さら、うたがひあるべからざるものなり。あなかしこ

《意訳》

「それ、八まん法門ほふもんつうじてゐるものでも、もし後世ごせいて決着きまりがなければ、しやであり、たとひ一もんらぬあま入道にふだうであつても、後世ごせいて決着きまりのついてゐるものは、まことしやであります」とまうされてあります。

されば当流たうりうこゝろでは、しひて、いろしやうけうみ、物識ものしりになつたとて、もし一ねん信心しんじんいはれをらなければ、所詮しよせんなにやくにもたゝぬとこゝろなさい。

すでに開山かいさんしやうにんのおことにも、「一さいをとこたりをんなたるは、いやしくも弥陀みだほんぐわんしんぜぬやうでは、すこしもたすかるといふことはありません」とあふせられてあります。

それゆゑ、たとひどのやうなをんなであらうとも、もろざふぎやうてゝ、一ねんに、弥陀みだ如来によらいこんしやうを、おたすけくださることゝふかたのみにするひとは、たとひ十ひとであらうと、百にんであらうと、みなともに弥陀みだじやうわうじやうさせていたゞくことは、すこしもうたがひのあらうわけはありません。あなかしこ

  (五の四)[編集]

《原文》

抑、男子も女人も、罪のふかゝらん、ともがらは、諸仏の悲願をたのみても、いまの時分は、末代悪世なれば諸仏の御ちからにては中々かなはざる時なり。

これによりて阿弥陀如来と申奉るは、諸仏にすぐれて、十悪五逆の罪人を、我たすけんといふ大願をおことまして、阿弥陀仏となり給へり。

この仏をふかくたのみて、一念御たすけ候へと申さん衆生を、我たすけずば、正覚ならじと、ちかひまします弥陀なれば、我等が極楽に往生せん事は、更にうたがひなし。

このゆへに、一心一向に、阿弥陀如来たすけ給へと、ふかく心にうたがひなく信じて、我身の罪のふかき事をば、うちすて仏にまかせまいらせて、一念の信心さだまらん輩は、十人は十人ながら、百人は百人ながら、みな浄土に往生すべき事、さらにうたがひなし。

このうへには、なをたふとくおもひ、たてまつらん、こゝろのおこらん時は、南無阿弥陀仏と、時をもいはず、ところをもきらはず、念仏申べし。これをすなはち仏恩報謝の念仏と申なり。あなかしこ

《意訳》

そもをとこでもをんなでも、つみふか人々ひとは、たとひ諸仏しよぶつ慈悲じひしんによつておこされたせいぐわんにすがつても、いま末代まつだいであり、あくでありますから、とても諸仏しよぶつのおちからではたすくださることの出来できないときであります。

これによつて、阿弥陀あみだ如来によらいまうすおかたは、諸仏しよぶつよりもすぐれなされて、十あく・五ぎやく罪人ざいにんを、ぶんたすけてやらうとくわうだいせいぐわんをおてなされて、つひ阿弥陀あみだほとけになりたまうたのであります。

このぶつふかたのみにして、一しんにおたすさふらへと、おまかせまうすしゆじやうを、もしたすけられぬやうなら、けつして正覚さとりじやうじゆすまいとおちかひなされてゐらせられるおかたでありますから、われ極楽ごくらくわうじやうさせていたゞくことは、なんうたがひはありません。

それゆゑ、たゞ阿弥陀あみだ如来によらいがおたすけくださることゝふかこゝろうたがひなくしんじて、わがつみふかいことは、とやかうとかつのはからひをせず、まつたほとけにおまかまうして、一ねん信心しんじんけつぢやうする人々ひとは、十にんは十にんながら、百にんは百にんながら、みなことじやうわうじやうすることは、さらうたがひはないのであります。

このうへには、なほかんこゝろおこつたときは、南無阿弥陀なもあみだぶつと、ときをえらばず、ところをきらはず念仏ねんぶつまうしなさい。これを仏恩ぶつおん報謝はうしや念仏ねんぶつまうすのであります。あなかしこ

  (五の五)[編集]

《原文》

信心獲得すといふは第十八の願をこゝろ、うるなり。この願を、こゝろうるといふは、南無阿弥陀仏の、すがたをこゝろうるなり。

このゆへに、南無と帰命する一念の處に、発願廻向のこゝろあるべし。これすなはち弥陀如来の、凡夫に廻向しましますこゝろなり。これを大經には、令諸衆生功徳成就ととけり。されば、無始以来つくりとつくる悪業煩悩をのこるところもなく願力の不思議をもて、消滅するいはれ、あるがゆへに、正定聚不退のくらゐに住すとなりこれによりて煩悩を断ぜずして涅槃をうといへるは、このこゝろなり。

此義は當流一途の所談なるものなり。他流の人に對して、かくのごとく沙汰あるべからざる所なり。能々こゝろうべきものなり。あなかしこ

《意訳》

信心しんじんぎやくとくするといふことは、だい十八のぐわんこゝろることであります。そのだい十八のぐわんこゝろるといふのはつまり南無阿弥陀なもあみだぶつのすがたをこゝろることであります。

それゆゑ南無なも阿弥陀あみだぶつみやうする一ねんのところに、ほつぐわんかうふこゝろがあります。これがすなはち、弥陀みだ如来によらいぼんかうしてくださるこゝろであります。これを『だいりやう寿じゆきやう』には「もろしゆじやうをしてどくじやうじゆせしむ」とかれてあります。そこで無始むしらいつくりにつくつたすう悪業あくごふ煩悩ぼんなうを、のこるところもなく、不思議ふしぎ誓願ちかひのおちからけしほろぼしてくださるいはれがありますから、正定しやうじやうじゆ退たいのくらゐにぢゆうすといふのであります。また「煩悩ぼんなうだんぜずしてはん」とまをされたのも、おなじく、これをしたのであります。

このは、当流たうりうあひだだけではなしあふべきことであつて、りうひとたいしては、けつしてかやうにふゐちやうしてはならぬことであります。よくこゝろねばなりませぬ。あなかしこ

  (五の六)[編集]

《原文》

一念に弥陀をたのみたてまつる行者には無上大利の功徳を、あたへたまふこゝろを、私讃に聖人のいはく。

五濁悪世の有情の、選擇本願信ずれば、不可稱不可説不可思議の功徳は行者の身にみてり。

この和讃の心は、五濁悪世の衆生といふは一切我等、女人悪人の事なり。されば、かゝるあさましき一生造悪の凡夫なれども、弥陀如来を、一心一向に、たのみまいらせて、後生たすけ給へと、まうさんものをば、かならず、すくひましますべきこと、さらに疑べからず。

かやうに、弥陀をたのみまうすものには、不可稱不可説不可思議の、大功徳をあたへましますなり。不可稱不可説不可思議の功徳といふことは、かずかぎりもなき、大功徳のことなり。この大功徳を一念に弥陀をたのみまうす我等衆生に、廻向しましますゆへに、過去未来現在の、三世の業障、一時につみきえて、正定聚のくらゐ、また等正覚のくらゐなんどに、さだまるものなり。

このこゝろを、また和讃にいはく、弥陀の本願信ずべし本願信ずるひとはみな、摂取不捨の利益ゆへ、等正覚にいたるなりといへり。摂取不捨といふも、これも一念に弥陀を、たのみたてまつる衆生を光明のなかにおさめとりて、信ずるこゝろだにも、かはらねば、すてたまはずと、いふこゝろなり。

このほかに、いろいろの法門どもありといへども、たゞ一念に弥陀をたのむ衆生は、みなことく報土に往生すべきこと、ゆめゆめ、うたがふこゝろあるべからざるものなり。あなかしこ

《意訳》

ねん弥陀みだたのみにするぎやうしやには、このうへもないくわうだいどくやくあたへてくださるこゝろを、親鸞しんらんしやうにんは『さん』に、

ぢよくあくぢやうの、せんぢやくほんぐわんしんずれば、不可ふかしやう不可ふかせつ不可思議ふかしぎの、どくぎやうしやてり。

べられてあります。

この『さん』のこゝろは、「ぢよくあくしゆじやう」といふのは、一さいのわれら女人によにん悪人あくにんのことであります。すれば、かゝるあさましい一しやう罪悪ざいあくつくりどほしのぼんであつても、たゞ弥陀みだ如来によらいを一しんかうたのみにしてしやうたすけたまへとたのみまうすものをば、かならずおすくくださることは、すこしもうたがふべきではありません。

かやうに弥陀みだたのみにするものには、不可ふかしやう不可ふかせつ不可思議ふかしぎくわうだいどくあたへてくださるのであります。不可ふかしやう不可ふかせつ不可思議ふかしぎどくといふのは、かずかぎりもないくわうだいどくのことであります。このくわうだいどくを、一しん弥陀みだ如来によらいたのみにするわれしゆじやうかうしてくださるのでありますから、われくわ現在げんざいらいの三ごふしやうが一つて、正定しやうじやうじゆのくらゐまたはとうしやうがくのくらゐなどにさだまるのであります。

このこゝろを、また『さん』に、

弥陀みだほんぐわんしんずべしほんぐわんしんずるひとはみな、摂取せつしゆしややくゆへ、とうしやうがくにいたるなり。

べられてあります。「摂取せつしゆしや」といふのは、これも一しんに、弥陀みだたのみにするしゆじやうを、光明くわうみやうなかおさつて、しんずるこゝろかはらないから、けつしててたまはぬといふこゝろであります。

このほかに、いろ法門ほふもんなどもありますが、えうするに、たゞ一しん弥陀みだたのみにするしゆじやうは、みなことじやうわうじやうさせてもらふとふことはけつしてうたがこゝろがあつてはならぬのであります。あなかしこ

  (五の八)[編集]

《原文》

それ五劫思惟の本願といふも、兆載永劫の修行といふも、たゞ我等一切衆生を、あながちに、たすけ給はんがための方便に、阿弥陀如来御身労ありて、南無阿弥陀仏といふ本願をたてまして、まよひの衆生の、一念に阿弥陀仏をたのみまいらせて、もろの雑行をすてゝ、一心一向に弥陀をたのまん衆生を、たすけずんば、われ正覚ならじと、ちかひ給ひて、南無阿弥陀仏となりまします。これすなはち我等が、やすく極楽に往生すべきいはれなりとしるべし。

されば、南無阿弥陀仏の六字のこゝろは、一切衆生の報土に往生すべきすがたなり。このゆへに、南無と帰命すれば、やがて阿弥陀仏の、我等をたすけたまへるこゝろなり。このゆへに南無の二字は衆生の弥陀如来に、むかひたてまつりて、後生たすけたまへと、まうすこゝろなるべし。かやうに、弥陀をたのむ人を、もらさず、すくひたまふこゝろこそ阿弥陀仏の四字のこゝろにてありけりと、おもふべきものなり。

これによりて、いかなる十悪五逆、五障三従の女人なりとも、もろの雑行をすてゝひたすら後生たすけたまへと、まうさん人をば、十人もあれ、百人もあれ、みなことごとく、もらさず、たすけたまふべし。

このをもむきを、うたがひなく信ぜん輩は眞實の弥陀の浄土に、往生すべきものなり。あなかしこ

《意訳》

それ五こふあひだゆゐくだされてほんぐわん御建おたてなされたとふのも、兆載てうさい永劫えいこふあひだしうぎやうくだされたとふのも、ひつきやう阿弥陀あみだ如来によらいが、われら一さいしゆじやうかならずおたすけくださるための方便てだてに、みづから身労しんらうあらせられて、南無阿弥陀なもあみだぶつといふほんぐわんすなはだい十八ぐわんをおたてになり、まようてゐるしゆじやうが、一ねん阿弥陀あみだ如来によらいたのみにして、もろざふぎやうてゝ、たゞ一かうしん弥陀みだをたのみにするしゆじやうたすけないなら、われは正覚さとりるまいとおちかひあそばされて南無阿弥陀なもあみだぶつといふほとけとならせられたのであります。これがとりもなほさず、われよう極楽ごくらくわうじやうすることが出来できるいはれであるとこゝろるがよろしい。

すれば南無阿弥陀なもあみだぶつの六のこゝろは、せんずるところ、一さいしゆじやうじやうわうじやうすべきすがたであります。それゆゑ南無なもみやうすれば、すぐに阿弥陀あみだぶつわれをおたすくださるとふこゝろであります。それゆゑ南無なもの二は、しゆじやう弥陀みだ如来によらいにむかひたてまつつて、しやうたすけてくださることゝおまかせまうすこゝろであります。かやうに弥陀みだ如来によらいたのみにするひとを、もらさずおすくひくださるこゝろが、すなはち阿弥陀あみだぶつの四のこゝろであるとこゝろねばなりません。

これによつて、如何いかなる十あく・五ぎやく・五しやう・三しやう女人によにんであつても、もろざふぎやうをふりてゝ、一しんしやうをおたすけくだされと、おまかせするひとをば、たとへば十にんでも百にんでも、みなことく、もらさずたすけてくださるのであります。

このしゆうたがはずに、よくしんずる人々ひとは、かなら真実まこと弥陀みだじやうわうじやうさせていたゞくことが出来できるのであります。あなかしこ

  (五の九)[編集]

《原文》

當流の安心の一義といふは、南無阿弥陀仏の六字のこゝろなり。

たとへば、南無と帰命すれば、やがて阿弥陀仏のたすけたまへるこゝろなるがゆへに南無の二字は、帰命のこゝろなり。帰命といふは、衆生のもろの雑行をすてゝ、阿弥陀仏、後生たすけたまへと、一向にたのみたてまつるこゝろなるべし。このゆへに、衆生をもらさず、弥陀如来の、よくしろしめして、たすけましますこゝろなり。

これによりて、南無とたのむ衆生を、阿弥陀仏の、たすけまします道理なるがゆへに、南無阿弥陀仏の六字のすがたは、すなはち、われら一切後生の、平等にたすかりつるすがたなりと、しらるゝなり。されば他力の信心をうるといふも、これしかしながら南無阿弥陀仏の六字のこゝろなり。

このゆへに、一切の聖教といふも、たゞ南無阿弥陀仏の六字を信ぜしめんがためなりといふこゝろなりと、おもふべきものなり。あなかしこ

《意訳》

当流たうりう安心あんじんの一といふのは、たゞ南無阿弥陀なもあみだぶつの六のおこゝろであります。

ぢかへば、南無なもみやうすれば、すぐに阿弥陀あみだぶつが、おたすけくださるわけでありますから、南無なもの二は、みやうのこゝろであります。みやうふのは、しゆじやうが、もろざふぎやうてゝ、阿弥陀あみだぶつしやうをおたすけくださることゝ、一たのみにするこゝろであります。それゆゑ、かういふしゆじやうをよくしろしめされて、いつももらさずたすけてくださるのが、すなはち阿弥陀あみだぶつふいはれであります。

これによつて、南無なもたのしゆじやうを、阿弥陀あみだぶつたすけてくださるわけでありますから、南無阿弥陀なもあみだぶつの六のすがたは、われさいしゆじやうがみなびやうどうたすけていたゞけるすがただといふことがりやうかいされます。すればりき信心しんじんるとふのも、つゞまるところは、南無阿弥陀なもあみだぶつの六のこゝろであります。

それゆゑ一さいしやうけうも、ひつきやう南無阿弥陀なもあみだぶつの六しんぜさせるためのものであるとこゝろねばなりませぬ。あなかしこ

  (五の一〇)[編集]

《原文》

聖人一流の御勧化のをもむきは、信心をもて本とせられ候。

そのゆへは、もろもろの雑行をなげすてゝ一心に弥陀に帰命すれば、不可思議の願力として、仏のかたより、往生は治定せしめたまふ。

そのくらゐを、一念発起入正定之聚とも釈し、そのうへの称名念仏は、如来わが往生をさだめたまひし御恩報盡の念仏と、こゝろうべきなり。あなかしこ

《意訳》

開山かいさんしやうにんりうくわんしゆは、信心しんじんもととされてあります。

そのわけは、しゆじやうがもろざふぎやうをなげすてゝたゞ一しん弥陀みだ如来によらいにおまかせまうしたなら、不可思議ふかしぎぐわんりきによつて、ぶつはうからわうじやうをば、けつぢやうさせてくだされます。

そのくらゐをば曇鸞どんらんだいは「一ねんしんほつすれば、正定しやうぢやうじゆる」としやくせられてあります。して、そのうへの称名しようみやう念仏ねんぶつは、如来によらいが、われわうじやうさだめてくださつたおん報謝はうしやする念仏ねんぶつであるとこゝろねばなりません。あなかしこ

一〇  (五の一一)[編集]

《原文》

抑、この御正忌のうちに参詣をいたし、こゝろざしをはこび、報恩謝徳を、なさんとおもひて、聖人の御まへに、まいらんひとのなかにおいて、信心の獲得せしめたる、ひともあるべし。また不信心のともがらもあるべし。もてのほかの大事なり。

そのゆへは、信心を決定せずば、今度の報土の往生は不定なり。されば不信のひとも、すみやかに決定のこゝろをとるべし。人間は不定のさかひなり、極楽は常住の國なり。されば不定の人間にあらんよりも、常住の極楽をねがふべきものなり。

されば當流には、信心のかたをもて、さきとせられたる、そのゆへを、よくしらずば、いたづらごとなり。いそぎて安心決定して浄土の往生をねがふべきなり。

それ、人間に流布して、みな人の、こゝろえたるとほりは、なにの分別もなく、くちにたゞ稱名ばかりを、となへたらば、極楽に往生すべきやうにおもへり。それは、おほきに、おぼつかなき次第なり。

他力の信心をとるといふも、別のことにあらず。南無阿弥陀仏の六の字のこゝろを、よくしりたるをもて、信心決定すとはいふなり。

そも信心の體といふは、經にいはく聞其名號、信心歓喜といへり。善導のいはく、南無といふは、帰命、またこれ発願廻向の義なり。阿弥陀仏といふは、すなはちその行といへり。南無といふ二字のこゝろは、もろもろの雑行をすてゝ、うたがひなく、一心一向に、阿弥陀仏を、たのみたてまつるこゝろなり。さて阿弥陀仏といふ四の字のこゝろは、一心に阿弥陀を帰命する衆生を、やうもなくたすけたまへるいはれが、すなはち阿弥陀仏の四の字のこゝろなり。されば、南無阿弥陀仏の體を、かくのごとくこゝろえわけたるを、信心をとるとはいふなり。

これすなはち他力の信心を、よくこゝろえたる念仏の行者とはまうすなり。あなかしこ

《意訳》

そも、このしやうのうちに参詣さんけいして、聞法もんほふこころざしをはこび、報恩はうおん謝徳しやとくをなさうとおもうて、開山かいさんしやうにん眞影しんえいのみまへに、まゐるひとのなかには、すでに信心しんじんぎやくとくしたひともあるであらうし、まだぎやくとくせぬひともあるであらう。これはじつにうちすてゝおけぬ大事おほごとであります。

そのわけは、信心しんじんけつぢやうしなくては、此度このたびはうわうじやうすることは、覚束おぼつかないからであります。されば信心しんじんひとははやく、しかと信心しんじんをいたゞかねばなりません。ぐわんらい人間にんげんかいぢやうきやうがいであり、極楽ごくらく常住じやうぢゆうくにであります。してみれば、勿論もちろん何時いつどうなるか、わからぬぢやう人間にんげんかいしふぢやくしてるよりも、常住じやうぢゆうへん極楽ごくらくねがふべきものであります。

されば、当流たうりうにおいて、信心しんじんはうだい一の肝要かんえうとしてゐます。そのいはれをよくらねば、なにやくにもたゝぬことであります。いそいで安心あんじんけつぢやうして、じやうわうじやうをねがはねばなりませぬ。

そうじてけんひろまつてる一ぱん人々ひとかんがへでは、なにかいもなく、くちにたゞ称名しようみやうだけをとなへたなら、それではや極楽ごくらくわうじやうすることが出来できるやうにおもうてゐますが、そんなことでは、なか覚束おぼつかないだいであります。

りき信心しんじんるといふのも、べつのことではありません。南無阿弥陀なもあみだぶつの六のこゝろが、よくのみこめたところをさして、信心しんじんけつぢやうしたといふのであります。

大體だいたい信心しんじんたいといふのは、『だいりやう寿じゆきやう』には、「みやうがういて信心しんじんくわんす」とまうしてあります。善導ぜんだうだいのおしやくには、「南無なもといふのはみやうで、またほつぐわんかうであり、阿弥陀あみだぶつといふのは、すなはちそのぎやうである」とまうしてあります。いはゆる南無なもといふ二のこゝろは、もろざふぎやうてゝ、うたがひなく一しんかう阿弥陀あみだぶつたのみにさせていたゞくこゝろであります。また阿弥陀あみだぶつといふ四のこゝろは一しん弥陀みだみやうするしゆじやうを、なにざうもなくやすと、おたすけくださるとふわけがらをふのであります。されば、南無阿弥陀なもあみだぶつたいを、このやうにとくするところをして、信心しんじんるとまうすのであります。

このやうに、十ぶんとく出来できものして、りき信心しんじんをよくまったうじた念仏ねんぶつぎやうじやふのであります。あなかしこ

一一  (五の一二)[編集]

《原文》

當流の安心のをもむきを、くはしく、しらんと、おもはんひとはあながちに、智慧才覚もいらず。たゞ、わが身は、つみふかき、あさましきものなりと、おもひとりて、かゝる機までも、たすけたまへるほとけは、阿弥陀如来ばかりなりとしりて、なにのやうもなくひとすぢに、この阿弥陀ほとけの御袖に、ひしとすがり、まいらする、おもひをなして、後生をたすけたまへとたのみまうせば、この阿弥陀如来は、ふかくよろこびまして、その御身より、八萬四千のおほきなる光明をはなちて、その光明のなかに、その人をおさめいれて、をきたまふべし。

されば、このこゝろを、經には光明遍照、十方世界、念仏衆生、摂取不捨とは、とかれたりとこゝろうべし。

さては、わが身の、ほとけに、ならんずることは、なにのわづらひもなし。あら殊勝の超世の本願や、ありがたの弥陀如来の光明やこの光明の縁に、あひたてまつらずば、無始よりこのかたの、無明業障の、おそろしきやまひの、なほるといふことは、さらにもてあるべからざるものなり。

しかるに、この光明の縁にもよほされて、宿善の機ありて、他力信心といふことをば、いますでにえたり。これしかしながら、弥陀如来の御かたより、さづけましたる信心とは、やがて、あらはに、しられたり。かるがゆへに、行者のおこすところの信心にあらず、弥陀如来、他力の大信心といふことは、いまこそあきらかにしられたり。

これによりて、かたじけなくも、ひとたび他力の信心を、えたらん人は、みな弥陀如来の御恩をおもひはかりて、仏恩報謝のためにつねに称名念仏を、まうしたてまつるべきものなり。あなかしこ

《意訳》

当流たうりう安心あんじんしゆくはしくりたいとおもひとは、しひ智慧ちゑ才覚さいかくがなければならぬとふわけではありません。たゞわがは、つみふかあさしいものであるとおもうて、こんなものまでも、見捨みすてずにおたすけくださるほとけは、たゞ阿弥陀あみだ如来によらいばかりであるとしんじて、とやかうのおもひなく、一に、この阿弥陀あみだ如来によらいのおそでに、ひしと、すがりまうすおもひになつて、しやうかならずおたすけくださることゝたのみにしたなら、阿弥陀あみだ如来によらい大層たいそう満足まんぞくあらせられて、そのおんから八萬四千のおほきな光明くわうみやうはなつて、その光明くわうみやうなかへそのひとおされおきくださるのであります。

それで『くわんりやう寿じゆきやう』のなかに「光明くわうみやうあまねく十ぱうかいてらし、念仏ねんぶつしゆじやうおさりて、てたまはず」とかれてありますのは、つまりこの意味いみであるとこゝろるがよろしい。

かうふわけでありますから、ぶんほとけにならせてもらふことは、なん心配しんぱいざうもいりませぬ。あゝなんといふしゆしようえすぐれたほんぐわんでありませう。あゝなんといふ有難ありがた弥陀みだ如来によらい光明くわうみやうでありませう。この光明くわうみやうえんにめぐりあふことが出来できなかつたなら、無始むしより以来このかた長々ながあひだみやう業障さはりになやまされてゐたおそろしいやまひなほるといふことは、けつしてないのであります。

しかるに、この光明くわうみやうえんさそいだされ、宿しゆくぜんのひらけたものには、いよりき信心しんじんふことを、いまは、もはやさせていたゞきました。これはみんな弥陀みだ如来によらいはうからさづけてくださつた信心しんじんであるとふこともどうに、はつきりととくすることが出来できます。それでぎやうじやおこしたところの信心しんじんではなくて、弥陀みだ如来によらいからたまはつたりき大信心だいしんじんであることがいまこそ明瞭あきらかられたわけであります。

こんなわけで、かたじけなくも一度ひとたびりき信心しんじんひとはいづれも弥陀みだ如来によらいおんくわうだいなことをかんじて、その報謝はうしやのために、つねに称名しようみやう念仏ねんぶつをまうしあげねばなりませぬ。あなかしこ

一二  (五の一三)[編集]

《原文》

それ南無阿弥陀仏とまうす文字は、そのかず、わづかに六字なれば、さのみ効能のあるべきとも、おぼへざるに、この六字の名號のうちには、無上甚深の功徳利益の廣大なること、さらに、そのきはまり、なきものなり。されば、信心を、とるといふも、この六字のうちにこもれりと、しるべし。さらに、別に信心とて、六字のほかには、あるべからざるものなり。

抑、この南無阿弥陀仏の六字を、善導釈していはく、南無といふは、帰命なり、またこれ発願廻向の義なり。阿弥陀仏といふは、その行なり。この義をもてのゆへに、かならず往生することをうといへり。

しかれば、この釈のこゝろを、なにとこゝろうべきぞといふに、たとへば、我等ごときの悪業煩悩の身なりといふとも、一念に阿弥陀仏に帰命せば、かならず、その機を、しろしめして、たすけたまふべし。それ帰命といふは、すなはち、たすけたまへと、まうすこゝろなり。されば、一念に弥陀をたのむ衆生に無上大利の功徳を、あたへたまふを、発願廻向とはまうすなり。この発願廻向の、大善大功徳を、われら衆生にあたへましますゆへに無始曠劫よりこのかた、つくりをきたる悪業煩悩をば、一時に消滅したまふゆへに、われらが煩悩悪業は、ことくみなきへて、すでに正定聚、不退転なんどいふくらゐに住すとはいふなり。

このゆへに南無阿弥陀仏の六字のすがたは、われらが極楽に往生すべき、すがたをあらはせるなりと、いよしられたるものなり。

されば安心といふも信心といふも、この名號の六字のこゝろを、よくこゝろうるものを、他力の大信心をえたるひとゝはなづけたり。かゝる殊勝の道理あるがゆへに、ふかく信じたてまつるべきものなり。あなかしこ

《意訳》

それ南無阿弥陀なもあみだぶつとまうす文字もじは、そのかずからいへばわづかに六であるから、さほど効能はたらきがあらうともおもはれませぬが、この六みやうがうのうちには、このうへもないふかどくおほきいやくがあるので、そのていにはまことに際限さいげんがないのであります。されば、信心しんじんをとるといふのも、つまりは、この六のうちに、こもつてゐるとらねばなりませぬ。さらに六ぐわいには、べつ信心しんじんといふことはないはずのものであります。

そも、この南無阿弥陀なもあみだぶつの六を、善導ぜんだうだいしやくして、「南無なもといふのはみやうのことで、またほつぐわんかうであり、阿弥陀あみだぶつといふのは、そのぎやうのことであります。かくぐわんぎやうとがそくしてゐるいはれによつて、かならわうじやうすることが出来できる」とべられました。

すれば、この善導ぜんだうだいのおしやくのこゝろを、なにととつてよいかといふのに、りやくしてへば、われのやうな悪業あくごふ煩悩ぼんなうであつても、一しん阿弥陀あみだぶつみやうすれば、阿弥陀あみだぶつは、きつとそのものをみそなはせられて、おたすけくださるのであります。ぐわんらいみやうといふのはすなはちたすけたまへとおまかせまうすこゝろであります。されば、一ねん弥陀みだたのんだしゆじやうに、このうへもないくわうだいどくあたへてくださるのを、ほつぐわんかうまうすのであります。このほつぐわんかうくわうだい善根ぜんこんどくをわれらしゆじやうあたへてくださるから、無始むしくわうこふよりこのかたつくりかさねておいた悪業あくごふ煩悩ぼんなうをば、一ほろぼしていたゞけますから、われらが煩悩ぼんなう悪業あくごふ、はことくみなつて、すで正定しやうじやうじゆ退転たいてんなどゝいふくらゐにじゆうするといふのであります。

それゆゑ南無阿弥陀なもあみだぶつの六のすがたは、われらが極楽ごくらくわうじやうさせていたゞくすがたをあらはしてるのであると、いよることが出来できてまゐりました。

すれば安心あんじんといふのも、信心しんじんといふのも、べつのことではなく、このみやうがうの六のこゝろを十ぶんこゝろたものをりき大信心だいしんじんひとづけるのであります。かういふしゆしやうだうがあるからして、ふかしんじまうさねばならぬわけであります。あなかしこ

一三  (五の一六)[編集]

《原文》

夫、人間の浮生なる相をつら観ずるにおほよそ、はかなきものは、この世の始中終まぼろしの如くなる一期なり。されば、いまだ萬歳の人身を、うけたりといふ事を、きかず。一生すぎやすし。いまにいたりて、たれか百年の形體をたもつべきや。我やさき、人やさき、けふともしらず、あすともしらず。をくれ、さきだつ人はもとのしづく、すゑの露よりも、しげしといへり。

されば、朝には、紅顔ありて、夕には、白骨となれる身なり。すでに、無常の風きたりきぬれば、すなはち、ふたつのまなこ、たちまちにとぢ、ひとのいき、ながくたえぬれば紅顔むなしく變じて、桃李のよそほひを、うしなひぬるときは、六親眷属あつまりて、なげきかなしめども、更に、その甲斐あるべからず。

さてしもあるべき事ならねばとて、野外にをくりて、夜半のけぶりと、なしはてぬれば、たゞ白骨のみぞのこれり。あはれといふも、中々おろかなり。

されば、人間のはかなき事は、老少不定のさかひなれば、たれの人も、はやく後生の一大事を、心にかけて、阿弥陀仏を、ふかく、たのみまいらせて、念仏まうすべきものなり。あなかしこ

《意訳》

それけんのことがらの浮々うかとしてさだまりのない有様ありさまを、つくかんがへてみますと、およそ、なに果敢はかないかとうても、このなかちうじゆうまぼろしのやうなひとの一しやうほど果敢はかないものはありません。されば、まだ萬歳まんざい寿命いのちけたとふことをいたことがありません。一しやうがいぎやすく、たれか百ねん形体すがたをたもたれませう。ぶんさきになるか、ひとさきになるか、今日けふともらず、明日あすともらず、おくれてさきだつてんでひと有様ありさまは、ちやうのもとのしづくずゑのつゆの、おいてはゆるそれよりも、しげきものとまうされてあります。

してますと、あしたにはくれなひかほばせ若々わかしさをほこつてゐても、ゆふべにははや白骨はくこつとかはるのうへであります。一てうじやうかぜいてたならばふたつまなこたちまちにひとつのいきはながくえはてゝ、くれなひかほばせはむなしくかはつて、もゝすもものやうなうるはしいよそほひも、もはやあとかたもなくなくなつてしまひますと、親戚しんせききうのものらがあつまつて、如何いかなげかなしんだとて、一かうその甲斐かひはありません。

そのまゝにしておけませぬところから、野辺のべおくりをして、夜半よはけむりとしてしまうたなら、そののちには、たゞ白骨はくこつばかりがのこるだけであります。あはれとふのも、かへつてをろかだいであります。

してれば、けんのことの果敢はかないことはらうせうぢやうきやうがいでありますから、何人なにびとはや々々しやうの一だいこゝろにかけて、阿弥陀あみだぶつふかたのみにいたしまして、念仏ねんぶつまうさねばなりません。あなかしこ

一四  (一の二)[編集]

《原文》

當流親鸞聖人の一義は、あながちに、出家発心のかたちを本とせず、捨家棄欲のすがたを標せず、たゞ一念帰命の他力の信心を、決定せしむるときは、さらに男女老少をえらばざるものなり。

されば、この信をえたるくらゐを、經には即得往生、住不退転ととき、釈には一念発起入正定之聚ともいへりこれすなはち、不来迎の談、平生業成の義なり。

和讃にいはく、弥陀の報土をねがふひと、外儀のすがたはことなりと、本願名號信受して、寤寐にわするゝことなかれといへり。

外儀のすがたといふは、在家出家、男子女人をえらばざるこゝろなり。つぎに、本願名號信受して、寤寐にわするゝことなかれといふは、かたちは、いかやうなりといふとも、又つみは十悪五逆、謗法闡提のともがらなれども、廻心懺悔して、ふかく、かゝるあさましき機を、すくひまします弥陀如来の本願なりと信知して、ふたごゝろなく、如来をたのむこゝろの、ねてもさめても、憶念の心つねにして、わすれざるを、本願たのむ決定心をえたる信心の行人とはいふなり。

さて、このうへにはたとひ行住坐臥に称名すとも、弥陀如来の御恩を報じまうす念仏なりと、おもふべきなり、これを眞實信心をえたる、決定往生の行者とはまうすなり。あなかしこ

あつき日にながるゝあせは、なみだかな、かきをくふでの、あとぞをかしき。
文明三年七月十八日
《意訳》

当流たうりう親鸞しんらんしやうにんしゆは、ことさら、いへでてだいしんおこすとかたちもととするのでもなく、またいへよくてた姿すがたをあらはすとふのでもありません。たゞ一ねんみやうりき信心しんじんさへけつぢやうすれば、すこしもをとこをんなとしよりやわかものゝ等差へだてをつけぬのであります。

この信心しんじん有様ありさまを、『だいりやう寿じゆきやう』には「すなはわうじやう退転たいてんぢやうす」とかれ、また曇鸞どんらんだいしやくには「一ねんしんほつすれば正定しやうぢやうじゆる」とべられてあります。これが、すなはち来迎らいかうはなしで、平生へいぜいごふじやう事柄ことがらであります。

さん』には、「弥陀みだはうねがひと外儀げぎのすがたはことなりと、ほんぐわんみやうがう信受しんじゆして、寤寐ごびわするゝことなかれ」とあふせられてあります。

外儀げぎ姿すがたことなりと」といふのは、ざいしゆつだんぢよ等差へだてをつけぬといふこゝろであります。つぎに「ほんぐわんみやうがう信受しんじゆしてして、寤寐ごびわするゝことなかれ」といふのは、外形かたちはいかやうでも、また罪悪つみは十悪業あくごふをかしたものや、五ぎやくつみつくつたものや、闡提せんだい人々ひとでも、こゝろをひるがへしてざんし、こんなあさましいものすくうてくださるのが、弥陀みだ如来によらいほんぐわんであるとしんして、ねんなく、たゞ一如来によらいたのみにするこゝろが、てもめても、いつもおもひづめてわすれないのを、ほんぐわんたのけつぢやうしん信心しんじんぎやうじやまうすのであります。

さてこのうへは、くにもとゞまるにもすわるにもすにも、いかなるとき称名しようみやうとなへましてもみな弥陀みだ如来によらいおんはうずる念仏ねんぶつであるとおもはねばなりません。これを真実まこと信心しんじんた、けつぢやうしてわうじやうするぎやうじやまうすのであります。あなかしこ

あつに、ながるゝあせなみだかな、きおくふであとぞをかしき。
文明ぶんめいねんぐわつ十八にち

一五  (一の三)[編集]

《原文》

まづ當流の安心のをもむきは、あながちにわがこゝろの、わろきをも、また、妄念妄執のこゝろの、をこるをも、とゞめよといふにもあらず。たゞ、あきなひをもし、奉公をもせよ。猟すなどりをもせよ。かゝるあさましき罪業にのみ、朝夕まどひぬる我等ごときのいたづらものを、たすけんと、ちかひまします弥陀如来の本願にてましますぞと、ふかく信じて、一心にふたごゝろなく、弥陀一仏の悲願にすがりて、たすけましませと、おもふこゝろの一念の信まことなれば、かならず如来の御たすけに、あづかるものなり。

このうへには、なにとこゝろえて、念仏まうすべきぞなれば、往生は、いまの信力によりて、御たすけありつるかたじけなき御恩報謝のために、わがいのちあらんかぎりは、報謝のためとおもひて念仏まうすべきなり。

これを當流の安心決定したる、信心の行者とは、まうすべきなり。あなかしこ

文明三年十二月十八日
《意訳》

当流たうりう安心あんじんしゆは、しひぶんこゝろわるいのや、また妄念まうねん妄執まうじふこゝろのおこるのをも、とゞめよといふのではありません。あきなひをもしなさい、奉公ほうこうをもしなさい、またりやうすなどりをもしなさい。たゞ、かういふあさしい罪業つみにばかり朝夕あさゆふまつはつてゐる、われのやうないたづらものをたすけてやらうとちかひをてゝくだされた弥陀みだ如来によらいほんぐわんでありますとふかしんじて、たゞ一しんにふたごゝろなく、弥陀みだぶつだい慈悲じひほんぐわんにすがつて、おたすけくださることゝおまかせまうす一ねん信心しんじんさへ、まことであるなら、きつと如来によらいのおたすけにあづかることが出来できるのであります。

かうなつたうへは、どうこゝろ念仏ねんぶつまうしたらよいかとまうすのに、わうじやうは、いまの信力しんりきによつてたすけていたゞける有難ありがたさに、そのおん報謝はうしやのためにぶんいのちのあるかぎりは、報謝はうしやためおもうてお念仏ねんぶつまうさねばなりませぬ。

これが当流たうりう安心あんじんけつぢやうした信心しんじんぎやうじやまうすのであります。あなかしこ

文明ぶんめいねん十二ぐわつ十八にち

一六  (一の六)[編集]

《原文》

抑、當年の夏このごろは、なにとやらん、ことのほか睡眠におかされて、ねむたくさふらふは、いかんと案じさふらふは、不審もなく往生の死期も、ちかづくかとおぼえ候。まことにもて、あじきなく名残おしくこそさふらへ。

さりながら、今日までも、往生の期も、いまやきたらんと、油断なく、そのかまへはさふらふ。

それにつけても、この在所におひて、已後までも、信心決定するひとの、退轉なきやうにも、さふらへがしと念願のみ、晝夜不断におもふばかりなり。

この分にては、往生つかまつりさふらふとも、いまは子細なくさふらふべきに、それにつけても、面々の心中も、ことのほか油断どもにてこそはさふらへ。

命のあらんかぎりは、われらは、いまのごとくにて、あるべく候。よろづにつけて、みなの心中こそ不足に存じさふらへ。

明日も、しらぬいのちにてこそ候に、なにごとをまうすも、いのちをはりさふらはゞ、いたづらごとにてあるべく候。いのちのうちに、不審もとくはれられさふらはでは、さだめて、後悔のみにて、さふらはんずるぞ御こゝろえあるべく候。あなかしこ

この障子の、そなたの人々のかたへ、まいらせさふらふ。のちの年に、とりいだして御覧候へ。
文明五年卯月二十五日書之。
《意訳》

そも当年たうねんなつこのごろは、どうしたわけか、大層たいそうねむたいかんじがいたしますが、これは、なぜかとかんがへてみれば、うたがひもなく、わうじやうちかづいたのであらうとおもはれます。まことに、本意ほいなくごりしう御座ございます。

しかし今日けふまで、わうじやういまにもるかもれないとおもひ、そのようだけは、だんなくじゆんはしてります。

それにつけても、ちうだんに、念願ねんがんしてやまぬのはこの在所ざいしよで、こんいつまでも、信心しんじんけつじやうするひとが、なくならぬやうに、あつてほしいといふことであります。

このぶんでは、もはやわうじやういたしましたとて、さはりがないやうにおもはれますが、それにしても、このあたりの人々ひと心中しんちうは、格別かくべつだんしてゐるらしいやうがみえます。

なるほど、わしのいのちのあるあひだは、われは、いまじやうたいつづけてもけもしようが、いのちがなくなつたのちのことをおもへば、じつこゝろぼそだいであります。それにもかゝはらず、そうじて人々ひと心中しんちうが、よろづのことに、あまりにくわんしんであるのは、あきたらなくおもはれます。

明日あすをもらぬつゆいのちではありませんか。一たんいのちをはわれば、なにまうしても、もはや甲斐かひのないだいであります。いのちのあるうちにしんてん早々はやらされぬやうでは、きつとこうくわいをされるにさうはありませんぞ。用心ようじんなさるがよろしい。あなかしこ

このしやうのそちらにをる人々ひとにさしあげます。のちとしにとりだしてらんなさい。
文明ぶんめいねんぐわつ二十五にちにこれをく。

一七  (一の一五)[編集]

《原文》

問ていはく。當流をみな世間の流布して、一向宗となづけ候は、いかやうなる仔細にて候やらん。不審に候。

答ていはく。あながちに、我流を、一向宗となのることは、別して祖師も、さだめられず。おほよそ、阿弥陀仏を一向にたのむによりて、みな人の、まうしなすゆへなり。しかりといへども、經文に一向専念無量寿仏と、ときたまふゆへに、一向に無量寿仏を念ぜよと、いへるこゝろなるときは、一向宗とまうしたるも仔細なし。

さりながら開山は、この宗をば、浄土眞宗とこそさだめたまへり。されば一向宗といふ名言は、さらに本宗より、まうさぬなりとしるべし。

されば、自餘の浄土宗は、もろの雑行をゆるす。わが聖人は雑行をえらびたまふ。このゆへに眞實報土の往生をとぐるなり。このいはれあるがゆへに別して眞の字をいれたまふなり。

又のたまはく。當宗を、すでに浄土眞宗となづけられ候ことは、分明にきこえぬ。しかるに、この宗體にて、在家のつみふかき、悪逆の機なりといふとも弥陀の願力にすがりてたやすく極楽に往生すべきやう、くはしくうけたまはり、はんべらんとおもふなり。

答ていはく。當流のをもむきは、信心決定しぬれば、かならず、眞實報土の往生を、とぐべきなり。

されば、その信心といふは、いかやうなることぞといへば、なにのわづらひもなく、弥陀如来を、一心にたのみたてまつりて、その餘の仏菩薩等にも、こゝろをかけずして、一向に、ふたごゝろなく弥陀を信ずるばかりなり。これをもて信心決定とは申ものなり。

信心といへる二字をば、まことのこゝろとよめるなり。まことのこゝろといふは、行者のわろき自力のこゝろにては、たすからず、如来の他力のよきこゝろにて、たすかるがゆへに、まことのこゝ〔ろ〕とまうすなり。

又名號をもて、なにのこゝろえもなくしてたゞとなへては、たすからざるなり。されば經には聞其名號信心歓喜ととけり。その名號をきくといへるは、南無阿弥陀仏の六字の名號を、無名無實にきくにあらず。善知識にあひて、そのをしへをうけて、この南無阿弥陀仏の名號を、南無とたのめば、かならず阿弥陀仏の、たすけたまふといふ道理なり。これを經に信心歓喜ととかれたり。これによりて南無阿弥陀仏の體は、われらを、たすけたまへるすがたぞと、こゝろうべきなり。

かやうに、こゝろえてのちは、行信坐臥ママに口にとなふる称名をばたゞ弥陀如来の、たすけまします御恩報じをたてまつる念仏ぞと、こゝろうべし。これをもて信心決定して、極楽に往生する他力の念仏の行者とは、まうすべきものなり。あなかしこ

文明第五九月下旬第二日、至干巳尅、加州山中湯治之内書集之訖。
《意訳》

御問ごとまうします。当流たうりうけん一たいに一向宗いちかうしうんでゐますのは、どういふいはれでありませうしんおもはれます。

こたまうします。殊更ことさらわがりう一向宗いちかうしうとなのることはべつ祖師そしさだめてはをられないのでありますが、ぶん阿弥陀あみだぶつ一向いちかうたのみとするところから、ぜん人々ひとがそうふのでありませう。けれども、『だいりやう寿じゆきやう』のもんには「一かうもぱりやう寿じゆぶつねんず」とかせられてありますから、これが一向いちかうりやう寿じゆぶつねんぜよといふこゝろであるとしてみれば、一向宗かうしうまうしてもさしつかへがないわけであります。

しかし開山かいさんは、このしうじやう真宗しんしうといふさだめてゐられます。してみれば、一向宗かうしうといふは、わがしうからは、さらにまうさないことであるとこゝろください。

それで、ほかのじやうしうでは、もろざふぎやうゆるすけれども、わが開山かいさんしやうにんは、ざふぎやう全然ぜんぜんてられました。それで真実しんじつはうわうじやうげられるのであります。だから、わがしうには、とくしんれてじやう真宗しんしうまうされたわけであります。

また御問おとまうします。当宗たうしうじやう真宗しんしうづけられたことはいまことでよくわかりました。それに、この宗風しうふうでは、ざい罪深つみふかい十あくぎやくものでも、弥陀みだぐわんりきにすがつたなら、たやすく極楽ごくらくわうじやうすることが出来できるとまうします。そのいはれを、さらにくはしくうけたまはりたいとおもふのであります。

こたまうします。当流たうりうしゆは、信心しんじんさへけつぢやうしたなら、かなら真実しんじつはうわうじやうげられるのであります。

それでその信心しんじんといふのは、どんなことであるかとまうせばなに面倒めんだふもありません。弥陀みだ如来によらいを一しんたのみにして、そのほか諸仏しよぶつさつとうにはすこしもこゝろをかけず、もつぱらふたごゝろなく、、弥陀みだしんずるだけのことであります。これを信心しんじんけつぢやうといふのであります。

信心しんじんといふ二字にじをば、「まことのこゝろ」とみます。「まことのこゝろ」といふのは、ぎやうじやいだいてゐるりきわるこゝろではたすかりません、如来によらいりきのよいこゝろによつてたすけていたゞくのでありますから、「まことのこゝろ」とまうすのであります。

またみやうがうなにこゝろもなしにたゞとなへたゞけでは、けつしてたすかるものではありません。それで『だいりやう寿じゆきやう』には、「そのみやうがういて信心しんじんくわんす」といてあります。「そのみやうがうく」といふのは、南無阿弥陀なもあみだぶつろくみやうがうみやうじつくのではなく、ぜんしきうて、そのをしへけて、この南無阿弥陀なもあみだぶつみやうがう南無なもしんじたならば、かなら阿弥陀あみだぶつがおたすけくださるといふだうくのであります。これを『だいりやう寿じゆきやう』にはまた「信心しんじんくわんす」とかれてあります。それで南無阿弥陀なもあみだぶつたいは、われをおたすけくださるすがたであるとこゝろねばなりません。

かやうにこゝろのちは、くにもとゞまるにもすわるにもすにも、如何いかなるときとなへる称名しようみやうでも、たゞ弥陀みだ如来によらいのおたすけくださるおんはうたてまつ念仏ねんぶつであるとりやうすればよいのであります。かうなつてこそ、信心しんじんけつぢやうして、極楽ごくらくわうじやうするりき念仏ねんぶつぎやうじやであるといへるのであります。あなかしこ

文明ぶんめいねんぐわつ二十二にちこくぜんじふになつてしう山中やまなかたうをしてゐて、これをあつをはりました。

一八  (二の一)[編集]

《原文》

抑、今度一七ヶ日、報恩講のあひだにおいて、多屋内方も、そのほかの人も、大略、信心を決定し給へるよし、きこへたり。めでたく本望これにすぐべからず。さりながら、そのまゝ、うちすて候へば信心もうせ候べし。細々に信心の、みぞをさらへて、弥陀の法水をながせと、いへることありげに候。

それについて、女人の身は、十方三世の諸仏にも、すてられたる身にて候を、阿弥陀如来なればこそ、かたじけなくも、たすけまし候へ。そのゆへは女人の身は、いかに眞實心になりたりといふとも、うたがひの心はふかくして、又物なんどの、いまはしく、おもふ心は、さらにうせがたくおぼへ候。

ことに在家の身は、世路につけ、又子孫なんどの事によそへても、たゞ今生にのみふけりて、これほどに、はやめにみえて、あだなる人間界の老少不定のさかひとしりながら、たゞいま三途八難に、しづまん事をば、つゆちりほどにも心にかけずして、いやづらに、あかしくらすは、これ、つねの人のならひなり。あさましといふも、をろかなり。

これによりて、一心一向に、弥陀一仏の悲願に帰して、ふかくたのみまつりて、もろの雑行を修する心をすて、又、諸神諸仏に追従まうす心をもみなうちすてゝ、さて弥陀如来と申は、かゝる我らごときの、あさましき女人のために、をこし給へる本願なれば、まことに仏智の不思議と信じて、我身はわろきいたづらものなりと、おもひつめて、ふかく如来に帰入する心をもつべし。

さて、この信ずる心も、念ずる心も、弥陀如来の御方便より、をこさしむるものなりとおもふべし。かやうにこゝろうるを、すなはち他力の信心をえたる人とはいふなり。

又、このくらゐを、あるひは正定聚に住すとも、滅度にいたるとも、等正覚にいたるとも、弥陀にひとしとも申なり。又、これを一念発起の往生さだまりたる人とも申すなり。

かくのごとく、心えてのうへの称名念仏は弥陀如来の、我らが往生を、やすくさだめ給へる、その御うれしさの御恩を、報じたてまつる念仏なりと、こゝろうべきものなり、あなかしこ

これについて、まづ當流のおきてを、よくまもらせ給ふべし。
そのいはれは、あひかまへて、いまのごとく、信心のとほりを心え給はゞ、身中に、ふかくおさめをきて、他宗他人に対して、そのふるまひをみせずして又信心のやうをも、かたるべからず。
かくのごとく信心のかたも、そのふるまひも、よき人をば聖人も、よく心えたる信心の行者なりとおほせられたり。たゞふかくこゝろをば仏法に、とゞむべきものなり。あなかしこ
文明第五、十二月八日これをかきて、當山の多屋内方へまいらせ候。このほかなを不審の事候はゞ、かさねてとはせたまふべく候。
所送寒暑
五十八歳 御判
のちの代の、しるしのために、かきをきし、のりのことの葉かたみともなれ。
《意訳》

そもこん一七にち報恩講はうおんかうあひだに、多屋たやちう内方ないはうも、そのほかのひとも、あらかた信心しんじんけつぢやうされたそうにいております。まことに結構けつこうなことであつてこれにした本望ほんまうはありません。しかし、そのまゝにうちてゝおいては、折角せつかく信心しんじんせるから、たび信心しんじんみぞさらへて、弥陀みだ法水ほふすゐながせとまうすこともあるやうにいてゐます。

それにつけてもをんなといふものは、十ぱう諸仏しよぶつにもてられたであるのに、阿弥陀あみだ如来によらいなればこそ、かたじけなくも、おたすけくだされるのであります。そのわけは、をんなは、どんなにまことしやかなこゝろになつたとうても、うたがひのこゝろふかくて、また、ひとしほへんものこゝろがたいものゝやうにおもはれます。

べつしてざいは、わたりのためや、またそんなどのことにつけても、たゞこんじやうのことばかりにこゝろらうして、このくらゐ、はつきりとえて、まことなき人間界にんげんかい老少らうせうぢやう果敢はかないところであるとつてゐながら、いまにも三なん悪趣あくしゆしづみそうなことには、すこしもこゝろにかけずして、いたづらにあかくらしてつきおくつてゐるのが、一ぱん人々ひとのならはせであります。あさしいとふのもおろかなだいであります。

それでありますから、一しんかう弥陀みだぶつだい慈悲じひほんぐわんにおすがりまうして、ふかたよりにして、もろざふぎやうはげまうといふこゝろをてゝ、またもろかみもろぶつつゐしやうするこゝろをも、すつかりとてゝしまつて、さて弥陀みだ如来によらいとまうすかたは、こんなわれのやうなあさましいをんなのためにおてくださつたほんぐわんでありますから、まことにぶつのお不思議ふしぎりきたすけていただけることゝしんじて、わがわるい、いたづらものであるとおもひつめて、ふか如来によらいにおまかせするこゝろにおなりなさい。

そして、このしんずるこゝろも、ねんずるこゝろも、弥陀みだ如来によらい方便てまはしによりおこしてくださつたものであるとおもひなさい。こんなにこゝろたものを、りき信心しんじんひとといふのであります。

またこのくらゐを、「正定しやうじやうじゆぢやうする」とも、「めついたるべきくらゐ」とも、「とうしやうがくいたる」とも、「ろくひとしい」ともまうすのであります。またこれを「一ねんほつわうじやうさだまつたひと」ともまうすのであります。

このやうにこゝろたうへの称名しやうみやう念仏ねんぶつは、弥陀みだ如来によらいが、われわうじやうを、たやすくおさだめくださつた、そのおんはうじたてまつるうれしさの念仏ねんぶつであるとこゝろねばなりませぬ。あなかしこ

またこれについて、まづ当流たうりうおきてをよくまもください。
そのわけはいまのやうに、信心しんじんのわけがらを、こゝろられたなら、きつと、それを心中しんちうふかくおさめおいて、しうにんたいして、その挙動ふるまひせず、また信心しんじん有様ありさまをもかたつてはなりませぬ。
かつ一さいもろかみなども、ぶんしんぜぬまでのことで、けつしてまつにしてはなりませぬ。このやうに信心しんじんかたも、ふるまひのかたそろうてとゝなうたひとを、開山かいさんしやうにんも、「よくこゝろ信心しんじんぎやうじやである」とおほせられました。たゞくれも、ふかこゝろ仏法ぶつぽふとゞめられたいものであります。あなかしこ
文明ぶんめいねん十二ぐわつ、これをいて、吉崎よしざき多屋たやちう内方ないはうたちへさしげます。なほ、このほかに、まだしんのことがあるなら、かさねておたづねしてくださいませ。
おくつた寒暑かんしよ
五十八さい   はん
のちの、しるしのために、きおきし、のりこと記念かたみともなれ。

一九  (二の一一)[編集]

《原文》

夫、當流親鸞聖人の勧化のおもむき、近年諸國にをひて、種々不同なり。これをほきにあさましき次第なり。

そのゆへは、まづ當流には、他力の信心をもて、凡夫の往生を、さきとせられたるところに、その信心のかたをば、をしのけて沙汰せずして、そのすゝむることばにいはく、十劫正覚のはじめより我等が往生を、弥陀如来のさだめましたまへることを、わすれぬが、すなはち信心のすがたなりといへり。

これさらに、弥陀に帰命して、他力の信心をえたる分はなし。されば、いかに十劫正覚のはじめより、われらが往生を、さだめたまへることを、しりたりといふとも、われらが往生すべき他力の信心のいはれを、よくしらずば、極楽には往生すべからざるなり。

又、あるひとのことばにいはく、たとひ弥陀に帰命すといふとも善知識なくば、いたづらごとなり。このゆへに、われらにおいては善知識ばかりを、たのむべし云々。これもうつくしく、當流の信心をえざる人なりと、きこえたり。

そも善知識の能といふは、一心一向に弥陀に帰命したてまつるべしと、ひとをすゝむべきばかりなり。これによりて五重の義をたてたり。一には宿善、二には善知識、三には光明、四には信心、五には名號、この五重の義成就せずば、往生はかなふべからずとみえたり。されば善知識といふは、阿弥陀仏に帰命せよと、いへるつかひなり。宿善開發して善知識にあはずば、往生はかなふべからざるなり。

しかれども、帰するところの弥陀をすてゝ、たゞ善知識ばかりを本とすべきこと、おほきなるあやまりなりと、こゝろうべきものなり。あなかしこ

文明六年五月二十日
《意訳》

それ、当流たうりう親鸞しんらんしやうにんくわんしゆいて、近年きんねん諸國しよこくでは、種々いろどういてゐます。これは、たいへんあさしいことであります。

そのわけは、まづ当流たうりうでは、りき信心しんじんによつて、ぼんわうじやうさせていたゞくとふことをだい一とされてゐるのに、その信心しんじんはうは、おしのけてきもせずして、そして、そのすゝめるはなしには、阿弥陀あみだ如来によらいが、十劫じふごふしやうがくはじめから、われわうじやうさだめおいてくださつたことをわすれぬのが、すなはち信心しんじんのすがたであるといつてります。

これでは、一かう弥陀みだみやうして、りき信心しんじん分界ぶんかいはありません。それゆゑ、如何いかに十こふしやうがくはじめから、われわうじやうさだめおいてくださつたことをつたとしても、われわうじやうすべきりき信心しんじんのわけがらを、よくらなくては、極楽ごくらくわうじやうすることは出来できないのであります。

また或人あるひとふのには、「たとひ弥陀みだ如来によらいみやうしたところで、ぜんしきが、みちびくださらなくては、いたづらごとになつて仕舞しまひます。よつて、われらはぜんしきばかりをたのみにおもへば、よいのであります」などまうしますが、これも十ぶん当流たうりう信心しんじんないひとであるとおもはれます。

大体だいたいぜんしきのはたらきとふのは、たゞ一しんかう弥陀みだみやうしなさいと、ひとすゝめるだけのことであります。これによつて五ぢゆうをたてます。ひとつには宿しゆくぜんふたつにはぜんしきつには光明くわうみやう、四には信心しんじん、五にはみやうがうであります。この五ぢゆうじやうじゆしなくては、わうじやう出来できないやうにえます。すればぜんしきふのは、阿弥陀あみだぶつみやうせよとすゝめてくださる使つかひであります。宿しゆく善根ぜんこん開発かいはつして、ぜんしきふとふことがなかつたならば、わうじやう出来できないのであります。

けれどもたよりにすべき弥陀みだてゝしまつて、たゞぜんしきだけをもととすることは大変たいへんあやまりであるとこゝろねばなりませぬ。あなかしこ

文明ぶんめいねんぐわつ二十

二〇  (三の九)[編集]

《原文》

抑、今日は鸞聖人の御明日として、かならず報恩謝徳のこゝろざしを、はこばざる人これすくなし。しかれども、かの諸人のうへにおひて、あひこゝろうべきをもむきは、もし本願他力の、眞實信心を獲得せざらん未安心のともがらは、今日にかぎりて、あながちに出仕をいたし、この講中の座敷を、ふさぐをもて、眞宗の肝要とばかり、おもはん人は、いかでか、わが聖人の御意には、あひかなひがたし。しかりといへども、わが在所にありて、報謝のいとなみをも、はこばざらんひとは、不請にも出仕をいたしても、しかるべき歟。

されば、毎月二十八日ごとに、かならず出仕をいたさんと、おもはんともがらにおひては、あひかまへて、日ごろの信心のとほり決定せざらん未安心のひとも、すみやかに、本願眞實の、他力信心をとりて、わが身の今度の報土往生を決定せしめんこそ、まことに聖人報恩謝徳の懇志にあひかなふべけれ。また自身の極楽往生の一途も治定しをはりぬべき道理なり。これすなはち、まことに自信教人信、難中轉更難、大悲傳普化、眞成報佛恩といふ釈文のこゝろにも符合せるものなり。

夫、聖人御入滅は、すでに一百餘歳を経といへども、かたじけなくも、目前におひて、眞影を拝したてまつる。又徳音は、はるかに無常のかぜに、へだつといへども、まのあたり實語を相承血脉して、あきらかに耳のそこにのこして、一流の他力眞實の信心、いまに、たえせざるものなり。

これによりて、いまこの時節にいたりて、本願眞實の信心を獲得せしむる人なくば、まことに宿善のよほしにあづからぬ身とおもふべし。もし宿善開発の機にても、われらなくば、むなしく今度の往生は、不定なるべきこと、なげきても、なをかなしむべきは、たゞこの一事なり。

しかるに、いま本願の一道に、あひがたくして、まれに無上の本願にあふことをえたり、まことに、よろこびのなかの、よろこびなにごとか、これにしかん。たふとむべし信ずべし。

これによりて、年月日ごろ、わがこゝろのわろき迷心を、ひるがへして、たちまちに、本願一實の他力信心にもとづかんひとは、眞實に聖人の御意にあひかなふべし。これしかしながら、今日聖人の報恩謝徳の、御こゝろざしにも、あひそなはりつべきものなり。あなかしこ

文明七年五月二十八日書之
《意訳》

そも今日こんにち親鸞しんらんしやうにん命日めいにちであるといふので、報恩はうおん謝徳しやとくの、こゝろざしをはこぶひとはなはおほいのであります。けれども、それらの人々ひとが、こゝろておかねばならぬことは、もしほんぐわんりき真実まこと信心しんじんぎやくとくしてゐない安心あんじん人々ひとが、今日けふかぎつてしひしゆつをして、この講中かうちうしきふさぐのをて、真宗しんしう肝要かんえうなことゝばかりおもうてゐるやうなことでは、どうして、わがしやうにんおぼしめしにかなひませう。しかし、この在所ざいしよにあつて報謝はうしやいとなみをもせぬやうなひとは、こゝろにそまずながらでも人並ひとなみしゆつをしても、まあよろしいでせう。

もし毎月まいげつの二十八にちごと是非ぜひともしゆつをしようとおも人々ひとおいては、かならごろをしへられた信心しんじんのとほりをうしなはぬやうにし、また信心しんじんけつぢやうせぬ安心あんじんひとにあつては、すみやかにほんぐわん真実しんじつりき信心しんじんて、ぶんこんはうわうじやうけつぢやうさせるのが、本当ほんたうしやうにんへの報恩はうおん謝徳しやとくこんに、あひかなひませうし、またしん極楽ごくらくわうじやうみちも、しかとけつぢやうするわけがらであります。これが、善導ぜんだうだいの「みづかしんひとをしてしんぜしむ。なんなかうたさらかたし。だいつたへてあまねす。しんはう佛恩ぶつおんじやうす。」とあるしやくもんのこゝろにも、もともよくがふしてるものであります。

それしやうにん入滅にふめつから、今日けふまでは、すでに一百さい年月としつきてゐますが、有難ありがたいことには、まへ真影しんえいをがみあげ、またそのこゑははるかにじやうかぜにへだてられてますけれども、したしく真実しんじつことけつみやくさうじやうしてくだされて、あきらかにみゝそここゝろうちのこしてくだされましたから、一りうりき真実しんじつ信心しんじんいますこしもえてらぬのであります。

よつて、いま、このやうなせつほんぐわん真実しんじつ信心しんじんぎやくとくすることが出来できぬやうなら、それは宿しゆくぜんのもよほしにあづからないであるとおもはねばなりません。もしわれ宿しゆくぜん開発かいはつ出来できぬやうなものなら、こんわうじやうぢやうはねばなりませぬ。じつなげいたうへにも、なほなげかなしむべきは、たゞこのことばかりであります。

しかるに、弥陀みだほんぐわんの一だうにはがたいにもかゝはらず、いまは、このうへなきほんぐわんふことが出来できましたのはよろこびのなかよろこびで、何事なにごとかこれにまさるものがありませう。にもたつとむべくしんずべきことであります。

これによつて、ひさしいあひだまよひつゞけてた、りきのはからひのわるこゝろをひるがへして、たゞちにほんぐわん一実いちじつりき信心しんじんにもとづくひとは、それこそ本当ほんたうしやうにんおぼしめしにかなひませう。そしてこれがしやうにん報恩はうおん謝徳しやとくのおこゝろざしにも、かなふわけのものであります。あなかしこ

文明ぶんめいねんぐわつ二十八にちにこれをく。

二一  (四の二)[編集]

《原文》

夫、人間の寿命をかぞふれば、いまのときの定命は、五十六歳なり。しかるに當時におひて、年五十六まで、いきのびたらん人は、まことにもて、いかめしきことなるべし。これによりて、予すでに頽齢六十三歳にせまれり。勘篇すれば、年ははや七年まで、いきのびぬ。

これにつけても、前業の所感なれば、いかなる、病患をうけてか死の縁にのぞまんと、おぼつかなし。これさらに、はからざる次第なり。

ことにもて當時の體たらくを、みをよぶに定相なき時分なれば、人間のかなしさは、おもふやうにもなし。あはれ、死なばやと、おもはゞ、やがて死なれなん世にてもあらば、などか今まで、この世にすみはんべらん。たゞいそぎても、むまれたきは極楽浄土、ねがふても、ねがひえんものは無漏の佛體なり。

しかれば、一念帰命の他力安心を、佛智より獲得せしめん身のうへにおひては、畢命已後まで、佛恩報盡のために、稱名をつとめんに、いたりては、あながちに、なにの不足ありてか、先生より、さだまれるところの死期を、いそがんも、かへりて、をろかに、まどひぬるかとも、おもひはんべるなり。このゆへに、愚老が身上にあてゝ、かくのごとくおもへり。たれのひとびとも、この心中に住すべし。

ことにても、この世界のならひは、老少不定にして、電光朝露のあだなる身なれば、今も無常のかぜ、きたらんことをば、しらぬ體にて、すぎゆきて、後生をば、かつてねがはず、たゞ今生をば、いつまでも、いきのびんずるやうにこそ、おもひはんべれ、あさましといふも、なををろかなり。

いそぎ今日より、弥陀如来の他力本願をたのみ、一向に無量寿佛に帰命して、眞實報土の往生をねがひ、稱名念佛せしむべきものなり。あなかしこ

時文明九年九月十七日、俄思出之間辰尅已前、早々書之訖。
信證院  六十三歳
かきをくも、ふでにまかする、ふみなれば、ことばのすゑぞ、をかしかりける。
《意訳》

それ人間にんげん寿じゆみやうかぞへてみるに、現今げんこん定命ぢやうみやうは、五十六さいであります。しかるにげんに、五十六さいまできのびてをるひとは、まことにめづらしいことでありませう。ぶんももはやよはいかたむきて六十三さいになつてゐます。かんがへてみれば、としは、もはや七ねんきのびてゐるわけであります。

いては、ぜん業因たねのもよほしによつては、どんなびやうけてぬることやらと、こゝろもとないだいでありますが、これは、すこしもまへることが出来できぬところであります。

べつしてたう有様ありさまますればうつりかはりのはげしいぶんでありますから、人間にんげんかなしさには、なかぶんおもふやうになるものではありません。あゝもしもいつそなうとおもへば、すぐになれるなかであつたなら、なんでいままでこのんでりませうぞ。たゞいそいでうまれたいところ極楽ごくらくじやうねがうたうへにもねがうてたいものは、煩悩なやみのない仏体ぶつたいであります。

されば、一ねんみやうりき安心あんじんを、ぶつによつてさせてもらふうへにとつては、いのちをはるまで、仏恩ぶつおん報謝はうしやのために称名しやうみやうをつとめることにいたしますれば、なにそくがあつてか、ぜんからさだまつてゐるところの死期しごしひいそぐのは、かへつておろかなことで、それこそまよひにおちいつてゐるのであらうとおもはれます。よつてらううへきあてゝ、かやうにおもふのでありますが、たれでも、かういふ心中しんちうになつてをればよいとおもふのであります。

ことに、このかい有様ありさまは、いはゆる老少らうせうぢやうで、いなづまひかりあさつゆのやうな、はかないうへでありますから、いまにもじやうかぜいてるのをばらぬやうにすごしてしやうをば、すこしもねがはず、たゞこのに、いつまでもきのびてゞもられるやうにおもつてゐます。あさしいとまうすのもなほおろかなことであります。

いそいで今日こんにちから弥陀みだ如来によらいりきほんぐわんたのみ、ひたすらりやう寿じゆぶつみやうして、真実まことはうわうじやうをねがひ称名しやうみやう念仏ねんぶつせねばなりません。あなかしこ

とき文明ぶんめいねんぐわつ十七にちきふおもしたので、あさはやくこれをいてしまひました。
しんしようゐん  六十三さい
きおくも、ふでにまかするふみなれば、ことばのすゑぞをかしかりける。

二二  (四の四)[編集]

《原文》

夫、秋もさり春もさりて、年月ををくること、昨日もすぎ、今日もすぐ、いつのまにかは、年老のつもるらんともおぼへず、しらざりき。しかるに、そのうちには、さりともあるひは、花鳥風月のあそびにも、まじはりつらん。また歓楽苦痛の悲喜にも、あひはんべりつらんなれども、いまに、それとも、おもひいだすことゝてはひとつもなし。たゞ、いたづらにあかし、いたづらにくらして、老のしらがと、なりはてぬる身のありさまこそかなしけれ。されども今日までは、無常のはげしき風にも、さそはれずして、我身のありかほの體を、つら案ずるに、たゞゆめのごとし、まぼろしのごとし。いまにおひては生死出離の一道ならでは、ねがふべきかたとては、ひとつもなく、またふたつもなし。

これによりて、こゝに未来悪世の、われらごときの衆生を、たやすく、たすけたまふ阿弥陀如来の本願の、ましますときけば、まことに、たのもしく、ありがたくも、おもひはんべるなり。この本願を、たゞ一念無疑に至心帰命したてまつれば、わづらひもなく、そのとき臨終せば、往生治定すべし。もし、そのいのちのびなば、一期のあひだは、仏恩報謝のために、念仏して畢命を期とすべし。これすなはち平生業成のこゝろなるべしと、たしかに聴聞せしむるあひだ、その決定の信心のとほり、いまに耳のそこに退転せしむることなし。ありがたしといふも、なををろかなるものなり。

されば、弥陀如来他力本願のたふとさ、ありがたさのあまり、かくのごとく、くちにうかぶにまかせて、このこゝろを詠歌にいはく、

ひとたびも、ほとけをたのむ、こゝろこそ、まことののりにかなふみちなれ。
つみふかく、如来をたのむ、身になれば、のりのちからに、西へこそゆけ。
法をきく、みちにこゝろの、さだまれば、南無阿弥陀仏と、となへこそすれ。

我身ながらも、本願の一法の殊勝なるあまり、かくまうしはんべりぬ。

この三首の歌のこゝろは、はじめは、一念帰命の信心決定のすがたを、よみはんべりぬ。のちの歌は、入正定聚の益、必至滅度の、こゝろを、よみはんべりぬ。次のこゝろは、慶喜金剛の信心のうへには、知恩報徳のこゝろを、よみはんべりしなり。

されば、他力の信心発得せしむるうへなれば、せめては、かやうに、くちずさみても、仏恩報盡のつとめにもや、なりぬべきともおもひ、又きくひとも、宿縁あらば、などやおなじこゝろに、ならざらんと、おもひはんべりしなり。

しかるに予すでに七旬のよはひにおよび、ことに愚闇無才の身として、片腹いたくも、かくのごとく、しらぬゑせ法門をまうすこと、かつは斟酌をもかへりみず、たゞ本願の、ひとすぢの、たふとさばかりのあまり、卑劣のこのことの葉を、筆にまかせて、かきしるしをはりぬ。のちにみん人そしりをなさゞれ。これまことに讃仏乗の縁、転法輪の因ともなりはんべりぬべし。あひかまへて、偏執をなすこと、ゆめなかれ。あなかしこ

時文明年中丁酉暮冬仲旬之比於爐邊暫時書記之者也云々。
右この書は當所はりの木原邊より九間在家へ佛照寺所用事ありて出行のとき、路次にて、この書をひらひて當坊へもちきたれり。
文明九年十二月二日
《意訳》

それあきはるつて、年月としつきおくることは、まことにはやく、昨日きのふ今日けふぎ、いつのまにやら年齢としるのを一かうづかずらずにくらしてました。それでも、たまには、はなとりかぜつきあそびにまじはつたこともあつたらうし、またくわんらくつう悲喜かなしみよろこび出逢であうたこともあつたらう。けれどもいまでは、それらしいおもひは一つもありません。たゞ、いたづらにあかし、いたづらにくらして、こんないの白髪しらがとなつてしまつた有様ありさまこそは、かへすも、なげかはしいだいであります。しかし、今日けふまでは、じやうのはげしいかぜにもさそはれないで、いつまでもながらへてゐられるやうにおもうてすごしてたが、よくかんがへてみると、まことゆめまぼろしのやうなこゝいたします。もはやいまとなつては、生死まよひしゆつするといふことぐわいには、べつにねがふことゝいうては一つもありません。もちろん二つもありません。

そこで、いまらいあくの、われのやうなしゆじやうをたやすくたすけてくださるために、おくだされた阿弥陀あみだ如来によらいほんぐわんのあるとふことをいたなら、それこそしんにたのもしく有難ありがたおもはれるのであります。このほんぐわんを一ねんうたがひもなく、たゞしんみやういたしましたなれば、もしそのときりんじゆうしましても、なにのわづらひもなく、なにざうもなく、わうじやうさせていたゞけます。もしまたきのびたなら、一しやうがい仏恩ぶつおん報謝はうしやのために念仏ねんぶつとなへ、いのちをはるまでをかぎりとしなさい。これがすなはち平生へいぜいごふじやうのこゝろであると、たしかにちやうもんいたしましたから、そのけつぢやう信心しんじんのとほりに、いまもなほみゝそこのこつてゐまして、いまだ一退転たいてんしたことはありません。まことに有難ありがたいとふのもおろかなことであります。

そこで弥陀みだ如来によらいりきほんぐわんたつと有難ありがたさをおもふのあまり、くちうかぶにまかせて、このこゝろうたみました。

ひとたびも、ほとけをたのむ、こゝろこそ、まことののりに、かなふみちなれ。
つみふかく、如来によらいをたのむ、になれば、のりちからに、西にしへこそけ。
のりく、みちにこゝろの、さだまれば、南無阿彌陀なもあみだぶつととなへこそすれ。

おろかぶんながら、ほんぐわんの一ほふの、あまりにしゆしようなのにかんじて、かうんだわけであります。

この三しゆうたのこゝろは、はじめの一しゆは、一ねんみやう信心しんじんけつぢやうのすがたをんだのであります。つぎうたは、この正定しやうぢやうじゆやくのこゝろをんだのであります。まただい三のうたは、慶喜よろこび金剛こんがう信心しんじんのうへからはおんとくはうずるのおもひがなければならぬとふこゝろをんだのであります。

さればりき信心しんじん発得ほつとくしたのちのことでありますから、せめては、かやうに口吟くちずさんでゞも、あるひは仏恩ぶつおん報謝はうしやのつとめにならうかともおもひ、またこれをひとはうでも、宿しゆくえんがあるなら、どうしておなこゝろにならぬこともなからうかとおもうたわけであります。

それにしましても、ぶんは、もはやよはいも七十にちかづき、ことあんさいで、かたはらいたくも、かやうなわからないことをまうすのは、もとより遠慮えんりよせねばならぬはづでありますが、たゞほんぐわんのひとすぢのたふとさのあまりに、いやしいこのうたふでにまかせてきしるしてしまつたのであります。どうかのちひとそしらぬやうにしていたゞきたいものであります。これはまことに仏法ぶつほふ讃嘆さんだんするたね法輪ほふりんてんずるえんともなることゝおもひます。かへすも、かたよりたる見解けんかいしふして、けつしてかいすることはなりませぬ。あなかしこ

とき文明ぶんめいねん十二ぐわつちうじゆんころいろりほとり暫時しばしあひだに、これをしるしたものであります。
*   *   *   *
みぎのこのしよは、当所たうしよはりのはらへんから九けんざい佛照ぶつせうようがあつてつたときに、そのみちひろうて当坊たうぼう河内國かはちのくにくちばうつてました。
文明ぶんめいねん十二ぐわつ

二三  (四の九)[編集]

《原文》

當時このごろ、ことのほかに疫癘とて、ひと死去す。これさらに疫癘によりて、はじめて死するにあらず、生れはじめしよりして、さだまれる定業なり、さのみふかくおどろくまじきことなり。しかれども、いまの時分にあたりて死去するときは、さもありぬべきやうに、みなひとおもへり。これまことに道理ぞかし。

このゆへに阿弥陀如来のおほせられけるやうは、末代の凡夫、罪業のわれらたらんもの、つみは、いかほどふかくとも、われを一心にたのまん衆生をばかならず、すくふべしとおほせられたり。

かゝる時は、いよいよ阿弥陀仏を、ふかくたのみまいらせて、極楽に往生すべしと、おもひとりて、一向一心に弥陀を、たふときことゝ、うたがふこゝろつゆちりほども、もつまじきなり。

かくのごとく、こゝろえのうへには、ねてもさめても南無阿弥陀仏とまうすは、かやうに、やすくたすけまします、御ありがたさ御うれしさをまうす御禮のこゝろなり。これすなはち仏恩報謝の念仏とはまうすなり。あなかしこ

延徳四年六月 日ママ
《意訳》

近頃ちかごろは、格別かくべつ疫癘えきれいにかゝつてひとにますが、これはすこしも疫癘えきれいのために、はじめてぬのではなくて、うまれたときからしてさだまつてゐるぢやうごふであります。してみれば、それほどふかおどろくにはおよばぬことであります。けれども今時いまどきになつてねば、さも疫癘えきれいのためにんだやうにみなひとおもひます。これは、いかさまもつともなだいであります。

そこで阿弥陀あみだ如来によらいは、「末代まつだいぼんつみはいかほどふかからうとも、ぶんを一しんたのみにするしゆじやうは、かならすくつてやる」とあふせられてゐます。

かやうなせつには、ます阿弥陀あみだ如来によらいふかたのみにして、極楽ごくらくわうじやうさせていたゞくとおもうて、一かうしん弥陀みだたふとしんじて、うたがひのこゝろはつゆちりほどもつてはならぬのであります。

かうこゝろたうへは、ねてもさめても南無阿弥陀なもあみだぶつまうすのは、かやうにたやすくおたすけくださる御有難おんありがた御嬉おんうれしさのおれいをのべるこゝろであります。これをば仏恩ぶつおん報謝はうしや念仏ねんぶつまうすのであります。あなかしこ

延徳えんとくねんぐわつ 

二四  (四の一二)[編集]

《原文》

抑、毎月両度の寄合の由来は、なにのためぞといふに、さらに他のことにあらず、自身の往生極楽の信心獲得のためなるがゆへなり。

しかれば、往古よりいまにいたるまでも、毎月の寄合といふことは、いづくにも、これありといへども、さらに信心の沙汰とては、かつてもてこれなし。ことに近年は、いづくにも寄合のときは、たゞ酒飯茶なんどばかりにて、みな退散せり、これは仏法の本意には、しかるべからざる次第なり。いかにも不信の面々は、一段の不審をもたてゝ、信心の有無を沙汰すべきところに、なにの所詮もなく退散せしむる條しかるべからずおぼへはんべり。よく思案をめぐらすべきことなり。所詮、自今已後におひては、不信の面々は、あひたがひに信心の讃嘆あるべきこと肝要なり。

それ當流の安心のをもむきといふは、あながちに、わが身の罪障のふかきによらず、たゞもろの雑行のこゝろをやめて、一心に阿弥陀如来に帰命して、今度の一大事の後生たすけたまへと、ふかくたのまん衆生をば、ことくたすけたまふべきこと、さらにうたがひ、あるべからず。かくのごとく、こゝろえたる人は、まことに百即百生なるべきなり。

このうへには、毎月の寄合をいたしても、報恩謝徳のためと、こゝろえなば、これこそ眞實の信心を具足せしめたる行者とも、なづくべきものなり。あなかしこ

明應七年二月二十五日書之
毎月両度講衆中へ   八十四歳
《意訳》

そもまいぐわつ寄合よりあひのいはれは、なにのためであるかといふのに、さらべつのことではありません、たゞしんわうじやう極楽ごくらく信心しんじんるがためであります。

それゆゑむかしからいまいたるまで、まいぐわつ寄合よりあひといふことはどこにもありますけれども、さら信心しんじん沙汰さたいてのはなしは、ぜんより一かうにありません。こと近年きんねんはどこでも、寄合よりあひときは、たゞさけはんちゃなどのいんしよくだけでみんながかへりますが、これはけつして仏法ぶつぽふほんには相応さうおうせないのであります。いかにも信心しんじんけつぢやうしておらぬ人々ひとは、それしんまうして、信心しんじん有無うむはなしあふべきはずでありますのに、なに所詮しよせんもなしにかへつてしまふことは、まことにしかるべからざることだとおもはれます。とくとかんがへてみねばなりません。それでこんにおきましては、まだ信心しんじんけつぢやうしてをらぬ人々ひとは、おたがひ信心しんじんはなしをしあふといふことが肝心かんじんであります。

大体だいたい当流たうりう安心あんじんしゆふのは、しひてぶんつみさはりふかあさいによるのではなく、たゞもろざふぎやうまうとするこゝろをやめて、一しん阿弥陀あみだ如来によらいみやうして、こんの一だいしやうをおたすけくださることゝふかたのみにするしゆじやうをば、ことたすけてくださることは、けつしてうたがひがありません。かうこゝろてゐるひとは、まことに百にんは百にんとも、みな極楽ごくらくわうじやうすることが出来できるのであります。

このうへは、まいぐわつ寄合よりあひをしても、報恩はうおん謝徳しやとくのためとこゝろるなら、それこそ真実まこと信心しんじんそなへてゐるぎやうじやというてしかるべきであります。あなかしこ

明応めいおうねんぐわつ二十五にちにこれをく。
まいぐわつりやう講衆中かうしゆちうへ   八十四さい

二五  (四の一五)[編集]

《原文》

抑、當國攝州、東成郡、生玉の庄内、大阪といふ在所は、往古より、いかなる約束のありけるにや、さんぬる明應第五の秋下旬のころより、かりそめながら、この在所をみそめしより、すでに、かたのごとく一宇の坊舎を建立せしめ、當年ははやすでに、三年の星霜をへたりき、これすなはち、往昔の宿縁あさからざる因縁なりとおぼえはんべりぬ。

それについて、この在所に居住せしむる根元は、あながちに一生涯を、こゝろやすくすごし、栄華栄耀をこのみ、また花鳥風月にもこゝろをよせず、あはれ無上菩提のためには、信心決定の行者も繁昌せしめ、念仏をも、まうさんともがらも、出来せしむるやうにも、あれかしと、おもふ一念の、こゝろざしを、はこぶばかりなり。

またいさゝかも、世間の人なんども、偏執のやからもあり、むつかしき題目なんども、出来あらんときは、すみやかに、この在所におひて、執心のこゝろをやめて、退出すべきものなり。

これによりて、いよ貴賎道俗をえらばず、金剛堅固の信心を決定せしめんこと、まことに弥陀如来の本願にあひかなひ、別しては聖人の御本意に、たりぬべきもの歟。

それについては、愚老、すでに當年は、八十四歳まで存命せしむる條不思議なり。まことに、當流法義にも、あひかなふ歟のあひだ本望のいたり、これにすぐべからざるもの歟。

しかれば、愚老、當年の夏ごろより違例せしめて、いまにおいて本復のすがたこれなし、つゐには當年寒中にはかならず往生の本懐をとぐべき條一定とおもひはんべり。あはれあはれ存命のうちに、みな信心決定あれかしと朝夕おもひはんべり。まことに宿善まかせとは、いひながら、述懐のこゝろ、しばらくも、やむことなし。または、この在所に、三年の居住をふる、その甲斐ともおもふべし。

あひかまへて、この一七箇日報恩講のうちにおひて、信心決定ありて、我人一同に往生極楽の本意を、とげたまふべきものなり。あなかしこ

明應七年十一月二十一日より、はじめて、これをよみて、人々に信をとらすべきものなり。
《意訳》

そも当国たうこく摂州せつしうひがしなりこほり生玉いくだましやうない大阪おほさかといふところは、むかしからどういふ約束やくそくがあつたのか、明応めいおうねんぐわつじゆんのころ、ふとしたことから、このところ見初みそあしをとゞめて、もはや、こんな一坊舎ばうじや建立こんりふさせ、当年たうねんで、はやくもすでに三ねんつきおくつてました。これはまたむかしからの宿しゆくえんふかいわけであるとおもはれます。

ついては、このところんでゐるわけは、しひて一しやうがいらくくらしたり、栄耀えいえう栄華えいぐわこのんだり、またはなとりかぜつきこゝろせたりするのではありません。あゝどうかして、このうへもなきだいのために、信心しんじんけつぢやうするぎやうじやおほし、念仏ねんぶつをまうす人々ひとてこさしたいものであるとおもふ一ねんこゝろざしをあらはしたまでのことであります。

またもしけんひとなどのなかすこしでもかた意地いぢなことをすものがあつたり、むつかしい難題なんだいなどをひかけたりしたならば、早速さつそくこのところれんのこさず退去たいきよしてよいのであります。

これによつて、ますたつときもいやしきもだうはずぞくはず、そのへだてなく、金剛こんがうけん信心しんじんけつぢやうさせることが、まこと弥陀みだ如来によらいほんぐわんにもかなひ、べつして親鸞しんらんしやうにんおぼしめし相応さうおうするわけであるとおもはれます。

いては愚老わたくしは、もはや当年たうねんは八十四さいとなりましたが、こんなに存命ぞんめいしてたのも不思議ふしぎなことであります。まことに当流たうりうほふにも、かなふとおもはれて、本望ほんぼうそのうへもないわけであります。

しかるに、愚老わたくし当年たうねんなつごろからびやうになりまして、いまに一かう本復ほんぷくやうえませぬ。つひには当年たうねん寒中かんぢうには、かならわうじやうほんくわいげることにきまつてあるとおもはれます。あゝ、どうか存命ぞんめいうちに、みなのものが信心しんじんけつぢやうしてくださるればよいがと、朝夕あさゆふおもひつゞけてゐます。まことに宿しゆくぜんまかせとはいふものゝ、のこりおほくおもふこゝろが、しばらくもがありません。もし存命ぞんめいうちに、みなのものゝ信心しんじんけつぢやうしてくだされたなら、このところに三ねんかんんでた、その甲斐かひがあつたとおもはれます。

くれも、この一七ヶにち報恩講はうおんかうあひだ信心しんじんけつぢやうせられて、われもひとも一どうに、極楽ごくらくわうじやうほんげられたいものであります。あなかしこ[1]

明応めいおうねん十一ぐわつ二十一にちからはじめて、七あひだこれをんで、人々ひと信心しんじんさせてください。

出典[編集]

  • 意訳聖典 国立国会図書館 デジタルコレクション

脚注[編集]

  1. 投稿者注釈:「くれぐれも…」以下の行は、テンプレートの容量オーバーのため文字拡大(resize)できませんでした。

この著作物は、環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以上経過しているため、日本においてパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、1928年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。