蒸気の家/第1巻 第1章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


'The Steam House' by Léon Benett 003.jpg


第1章

賞金首[編集]

"セポイの反乱の元指導者の一人でムンバイの総督府に存在が報告されているマババ・ドゥーンドゥー・パントを生死を問わず引き渡す者には2000ポンドの懸賞金が約束されている"

これは1867年3月6日の夜、アウルンガバードの住民が読むことができた手配書である。

忌み嫌われた名前であり、ある者には永遠に呪われ、ある者には密かに称賛されているこの名は、最近ドゥドゥマ川の端にある廃墟と化したバンガローの壁に掲示されていたこの手配書から消えていた。

名前が消えていたのは、手配書の下隅に大きな文字で印刷されていたところを、その時は誰も荒れ果てた土手で見ることができなかったファキール[1]の手で引きちぎられてしまったからである。この名前と一緒に、インド総督の署名をしたボンベイ総督の名前も消えていた。

この行為の動機は何だったのだろうか?1857年の反乱で、世間の怨嗟の声や、自分に不利な判決の結果から逃れようと思ったのだろうか。この紙片が塵となって 消えてしまうとは... 信じられなかったのだろうか?

それは狂気の沙汰だっただろう。

実際、アウルンガバードの家や宮殿、モスク、ホテルの壁には、他にも手配書が大量に貼られていた。また、伝令が街中を歩き回り、総督の令を音読していた。県の小さな村の住人たちは、このドゥーンドゥー・パントを連行した者には大金が約束されていることを既に知っていた。不必要に消された彼の名は、12時前には総督府全土に広まるだろう。仮にその情報が正しければ、仮にムガール人が本当にヒンドスタンのこの地域に潜伏していたとしたら、彼はすぐに彼を捕らえようとする強い関心を持つ者の手に落ちることは間違いない。

すでに数千部印刷されていた手配書を破り捨てて、このファキールはどんな心境で服従していたのだろうか?

怒りの感情に、間違いなく--おそらく軽蔑の感情にも。いずれにしても、肩をすくめた後、彼は街の中で最も人口が多く、人があまり住んでいない地域に潜伏していった。

西ガーツ山脈とベンガル海のガーツ山脈の間にあるインド半島のこの大部分は、デカンと呼ばれている。これは、ガンジス川以下のインド南部に一般的に与えられた名称である。サンスクリット語で「南」を意味するこのデカンには、ボンベイとマドラスの総督府にあるいくつかの州が含まれている。そのうちの一つがアウルンガバード県で、かつてはデカン全体の首都であった。

17世紀には、有名なモンゴルの皇帝アウレン・ゼブが宮廷をこの街に招いたことで知られ、ヒンドゥスタン人の歴史の初期にはキルヒとして知られていた。当時は10万人の人口を擁していたとされ、今日では、ニザムに代わってハイデラバードを管轄するイギリス人の支配下にあるのは5万人だけである。しかし、それは半島の最も衛生的な都市の一つであり、これまでのところ、インドで恐れられている恐ろしい熱病のアジアのコレラの伝染病でさえ広まらなかった。

アウルンガーバードは、かつての壮麗な遺跡を保存していた。偉大なムガール人の宮殿は、ドゥドゥーマ川の右岸に建てられ、シャー・ジャハーン、オーレン・ゼブの父のお気に入りのスルタナの霊廟、モスクは、優雅に丸みを帯びたドームの周りに4つのミナレットを建てるアグラのエレガントなタジェから複製された。芸術的に建てられ、豊かな装飾が施された他の記念碑は、ヒンドゥスタンの最も輝かしい征服者の力と偉大さを証明している。

その頃からアウルンガバードの人口は大幅に減少していたが、言われているように、男はまだそれを構成する多くの異なる人種の中に容易に隠遁せしめることができた。ファキール、真か偽か、すべてのこの人気と混ざって、それと区別することができない方法であった。彼の仲間はインド中にあふれていた。彼らは "sayeds "と呼ばれる宗教的な乞食の集団を形成し、徒歩や馬に乗って、施しを求め、それが進んで行われていない場合には、それを要求する術を心得ていた。彼らは自発的な殉教者の役割を軽蔑していないし、ヒンドゥー教徒の下層階級の間で大きな信用を享受していた。

問題のファキールは背の高い人物で、5フィート9インチ以上の背の高い人物だった。彼が齢40を超えていたとすれば、せいぜい1年か2年くらいだろうか。彼の顔はハンサムなマハラッテタイプを彷彿とさせ、特にいつも警戒している黒目の輝きから、彼の人種の細かい特徴は、彼の頬にできた小さな痘痕の無数の穴の下にはほとんど見つけることができなかった。この男は、年をとってもまだ力が残っていて、しなやかで強靭な印象を受けた。奇妙なことに、彼は左手の指を一本失っていた。髪を赤く染めた彼は半裸で、足には靴を履かず、頭にはターバンを巻いていて、ベルトのところにきつい縞模様の羊毛のシャツでかろうじて覆われていた。彼の胸には、ヒンドゥー教徒神話の保守的で破壊的な2つの原則、ヴィシュヌの第4の化身のライオンの頭、3つの目、獰猛なシヴァの象徴的な三本銛の紋章が鮮やかな色で現れた。

しかし、アウルンガバードの通り、特に下層地区の国際色豊かなな人口が密集している通りでは、現実のものであり、理解できる感情が、アウルンガバードの通りを騒がせていた。そこでは、彼らの家となっている小屋の外に群がっていた。男性、女性、子供、老人、ヨーロッパ人や原住民、王室や原住民の連隊の兵士、あらゆる種類の物乞い、周辺地域の農民などが近づき、話し、身振り手振りをして、政府が約束した莫大な懸賞金を獲得できる可能性があると思いながら、手配書にコメントした。大当たりが20000ポンドの価値があるとされる宝くじの車輪の前では、精神の過剰な興奮はこれ以上のものではなかっただろう。今回は、良い切符を取れない人はいなかったと付け加えてもいいかもしれなかった。それは1つは、ムガール人に会うのに十分に幸運でなければならなかったことは事実であり、彼を取るのに十分な大胆さを持っていた。

ファキール--明らかに、懸賞金がもらえるという希望に興奮していない唯一の人物--は、集団の間を走り回り、時には足を止めて話を聞きながら、それで利益を得られるかもしれない男として、話を聞いていた。しかし、もし彼が言われていることを邪魔しなければ、もし彼の口が黙ったままであれば、彼の目と耳は退屈ではなかった。

「ムガール人を発見するために二千冊の本を!」ムガール人は拳を空に向けて掲げて叫んだ。

- 「見つけるためではなく、それを取るために、それは全く異なるものだ!」とこの者は答えた。

- 「確かに、断固として自分自身を守らずに捕まるのは男ではない!」と答えた。

- 「しかし最近、彼はネパールのジャングルで熱病で死んだと言われていなかったか?」

- 「そんな事はない 狡猾なドゥーンドゥー・パントは、より安全に生きるために、死んだことにしたかったのだ!」

- 「国境の宿営地の真ん中に埋葬されたという噂さえあった!」

- 「偽りの葬儀だ、変化を与えるために! 」

疑いの余地のない方法でこの事実を主張するヒンドゥー教徒の言葉を聞いても、彼はまぶたをなびかせることはなかった。しかし、彼が混ざっていた集団の中で最も興奮していたヒンドゥー教徒が、次のように詳細を述べたのを聞いたとき、彼の額に無意識にしわが寄った。

1859年、ムガール人は弟のバラオ・ラオとゴンダの元ラジャ、デビ=ブックス=シンと共に、ネパールの山の麓にある宿営地に避難していた。そこでは、イギリス軍に迫られて、3人ともインド・中国国境を越えることを決意した。しかし、国境を越える前に、ムガール人と彼の二人の仲間は、彼らの死の証拠をより確かなものにするために、自分たちの葬儀をしたが、埋葬されたのは左手の指一本だけだった。

- 「そして、何故あなたはそれを知っているのですか」と自信満々に話すこのヒンドゥー教徒に聞き手の一人が尋ねた。

- 「私は葬儀に参列していた。ドゥーンドゥー・パントの兵士たちが私を捕虜にしていたのだが、私が脱出できたのは半年後だった。」とヒンドゥー教徒は答えた。

ヒンドゥー教徒がそのように肯定的に話している間、ファキールは彼の視界から離れなかった。稲妻の閃光が彼の目に火をつけた。彼は慎重に彼の胸を覆っていた毛織のフラップの下に彼の切断された手を隠していた。彼は何も言わずに聞いていたが、鋭い歯を剥き出しにして唇が震えていた。

「それで、あなたはムガール人を知っているのですか。」とドゥーンドゥー・パントの元捕虜は尋ねられた。

- 「はい。」とヒンドゥー教徒は答えた。

- 偶然にも彼と顔を合わせれば、躊躇することなく彼を見分けるのですか?

- 「私が自分自身を認識するのと同じように!」

- 「それから、あなたは2,000ポンドの報酬を獲得するためのいくつかの機会があります!」対談者の一人は、嫉妬の気持ちがないわけではなかったが、非常に淀みなく答えた。

- 「おそらく。もしムガール人がボンベイの総督府内に潜伏しているという不謹慎なことをしたというのが本当ならば、私には信じられないことです。」とヒンドゥー教徒は答えた。

- 「彼はそこで何をしようとしていたのでしょうか?」

- 「一行の一人が言うには、新たな反乱を起こそうとしたのは間違いない。」

- 「政府は、その存在が州で報告されていると主張しているので」と、権威が間違っていることはあり得ないと考える人々の階級に属している対話者の一人は続けた。

- 「ブラフマは、私の道の途中でドゥーンドゥー・パントを通過させ、私の幸運は作られています!」とヒンドゥー教徒は答えた。彼は数歩後退したが、彼はムガール人の元捕虜を見失うことはなかった。

その時は暗かったが、アウルンガバードの街の活気は衰えていなかった。その言葉は、マバブのことでさらに広まっていった。ここでは、彼は街中で見られたと言われ、そこでは、彼はすでに遠くにいたと言われていた。また、州の北部からの派遣者が、ちょうど総督にドゥーンドゥー・パントの逮捕の知らせを持ってきたとも言われていた。夕方9時になって、情報通は、彼はすでに30年以上そこに住んでいた数人の凶悪犯たちと一緒に街の牢屋に監禁されており、次の日の夜明けに、シプリの広場で反乱を起こした彼の有名な仲間であるタンティア・トピと同じように、何の手続きもなしに絞首刑に処されるだろうと言っていた。しかし、10時に、別の矛盾したニュースが入った。それは、捕虜がほとんどすぐに脱獄できたという噂で、2000ポンドの懸賞金に惹かれていたすべての人々に希望を与えたのである。

実際には、これらの様々な噂はすべて嘘だった。よく知っている者は、よく知らない者や悪い情報を持っている者よりも、それ以上のことを知らないのである。ムガール人の首には常に価値があった。それは常に手に入れることができた。

しかし、ヒンドゥー教徒はドゥーンドゥー・パントを個人的に知っていたため、他の誰よりも懸賞金を獲得する可能性が高かった。特にムンバイの総督府では、この大反乱軍の熾烈な指導者に会う機会のある者はほとんどいなかった。さらに北へ、そして中央部のシンディア、ブンデルクンド、ウード、アグラ、デリー、カーンポア、ラクナウなど、彼の命令による残虐行為の中心地では、全国民が彼に反旗を翻し、彼をイギリスの司法に引き渡すことになっていた。彼の犠牲者の両親、夫、兄弟、子供、女性たちは、ムガール人が何百人もの人々を虐殺したことを未だに嘆いていた。10年経った今でも、復讐と憎しみの感情を正当化するには十分ではなかった。それゆえ、ドゥーンドゥー・パントが、自分の名がすべての人を処刑する運命にあるこれらの地方に冒険するほど軽率なことはあり得なかった。したがって、もし彼が言われていたように、彼がインド・中国国境を越えたとしたら、何らかの未知の動機や暴動計画などで、その秘密が英印警察の手に渡らないままの追跡不可能な亡命先を離れるように彼を促したとしたら、デカン地方のみが、原野が自由で、彼にある種の安全を提供することができたのである。

しかし、総督が総督府に出頭したことを聞いて、すぐに首が値踏みされたことがわかる。

しかし、アウルンガバードの上流階級の人々、裁判官、将校、公務員は、総督が収集した情報に疑問を持っていたことを指摘しておくべきである。すでに何度も騒がれていたことだが,とらえどころのないドゥーンドゥー・パントが目撃され,連れ去られたとまで言われていたのである。あまりにも多くの嘘のニュースが流れたため、ムガール人が持っていた偏在能力と、最も巧妙な衛兵の暴徒を出し抜く能力について、ある種の伝説が作られたが、大衆の間では疑う余地はなかった。

最も不信感を抱いていたのは、もちろんムガール人の元捕虜だった。この哀れなヒンドゥー教徒の悪魔は、懸賞金の誘惑に惑わされ、さらに個人的な復讐の必要性に駆られていたが、彼は作戦に出ることだけを考えていた。彼の計画は簡単だった。次の日、彼は総督に奉仕の申し出をすることを提案した。そして、ドゥーンドゥー・パントについて何が知られているのか、すなわち、手配書で報告された情報が何を根拠にしているのかを正確に知った後、彼はムガール人が報告されたまさにその場所に行くことを計画した。

夕方の11時頃、非常に多くの様々な発言を聞いた後、それは彼の心の中でぼんやりとしながらも、彼の計画の中で彼を強化した後、ヒンドゥー教徒は最終的に少し休息を取るために行くことを考えた。彼はドゥドゥマ川の土手の一つに係留された小舟以外に他の住居を持っていなかった、と彼は夢を見ながら、彼の目を半分閉じて、こちら側に来た。

彼はそれを疑うことなく、ファキールは彼から離れていなかった、彼は彼の注意を引き付けないように注意して、彼に自分自身を取り付け、影の中でのみ彼を追いかけていた。

アウルンガバードのこの人口の多い地区の終わりに向かって、通りはこの時点でそれほど混雑していなかった。その主要な動脈はいくつかの空き地につながり、その端はダウドマの土手の1つを形成した。街の端にある一種の砂漠のようだった。数人の後発者は、急いでではなく、まだそれを横切っていて、忙しい地域に戻っていた。最後の足音がすぐに聞こえた。しかし、ヒンドゥー教徒は彼が川岸に沿って一人でいることに気づいていなかった。

彼は背の高い男だった。 (3項)

ファキールはいつも彼に従い、木から保護されているか、あちこちに蒔かれた廃墟の家の暗い壁にぶつかって、土地の暗い部分を選んだ。

お前は私を知っているのか?と彼は言った。 (10項)

予防措置は不要でなかった。月が昇ったばかりで、漠然としたきらめきが大気中に放出された。それで、ヒンドゥー教徒は彼が尾行されているのを見ることができ、そして近くでさえ絞られた。ファキールの足音を聞くことに関しては、それは不可能だっただろう。これは裸足で、歩くのではなく滑った。 ドゥドゥマ川のほとりに彼の存在を検出した雑音はなかった。

そのように5分が経過した。ヒンドゥー教徒は、いわば機械的に、彼が夜を過ごしていた惨めな小舟に戻っていた。彼が従った方向は他の方法では説明できなかった。彼はかつてこの人の気配のない場所に男として毎晩行っていた。彼は、翌日総督の近くで行うつもりだったこの段階の考えに完全に夢中になった。元捕虜に厳格だったナバブへの復讐の希望と、懸賞金を勝ち取りたいという激しい欲望が相まって、彼は見境が無くなっていた。

彼は、自分の軽率な言葉が招いた危険に気づいていなかった。

彼は、自分にどんどん近づいてくる火球を見ていなかった。

しかし、突然、一人の男が手に稲妻を持って、虎のように彼に飛びかかってきた。それは、マラヤンダガーの刃の上で遊ぶ月光だった。

ヒンドゥー教徒は胸を打たれ、地面に大きく倒れた。

しかし、確かな腕で打たれたにもかかわらず、不幸な男は死んでいなかった。彼の唇からは、血の流れとともに半端な言葉が漏れていた。

犯人は地面に身をかがめ、被害者を掴んで持ち上げ、満月の光の中に自分の顔を浮かべて言った。

「お前は私を知っているのか?」と彼は尋ねた。

- 「彼なのか!?」と、インド人がつぶやいた。

そして、その恐ろしい名前が彼の最後の言葉になろうとしていたとき、彼は急激な窒息で息を引き取った。

一瞬のうちにヒンドゥー教徒の遺体はドゥドゥマ川の流れに消え、二度と戻ってくることはなかった。

水の波が収まるのを待った。そして、再び荒れ地を渡り、虚しさを感じ始めた地区を抜けて、足早に一つの城門に向かった。

しかし、門にたどり着いた途端、門は閉じられていた。入り口を守る小屋には、王室の兵士が数人常駐していました。意図していたように、ファキリはアウルンガバードを離れることができなくなった。

「今晩中に脱出しなければ、二度と出られない」。と呟いていた。

そこで彼は引き返し、城壁内の通路を辿り、さらに200歩ほど坂道を登って城壁の上部にたどり着いた。

頂上は、外見上、溝の高さから約50フィートのところにあり、急斜面と反対斜面の間に掘られていました。それは切り立った壁で、足場となる鎖の出っ張りや荒れた部分はない。その表面を人間が滑ることは絶対に不可能だと思った。ロープがあれば降りることができるかもしれないものの、彼の腰に巻かれているベルトは数フィートしかなく、斜面のふもとに到達することはできなかった。

彼はしばらく立ち止まって周囲を見回し、どうすべきかを考えた。

城壁の頂上には、アウルンガバードを植物のように囲んでいる大木の葉で形成された暗い緑のドームがいくつかあった。これらのドームからは、長くてしなやかな抵抗力のある枝が伸びていて、その枝を使って危険を冒さずに堀の底に到達することができたのかもしれなかった。

このアイデアを思いついたファキールは、迷うことなく実行した。ドームの下に入ると、すぐに壁の外に出て、長い枝の3分の1にぶら下がっていた。枝が壁の上の方の裾をかすめるくらいに曲がると、ファキールはまるで結び目のあるロープを手に持っているかのように、ゆっくりと体を滑らせた。この方法で、彼は崖の途中まで降りることができたが、地面との距離はまだ30フィートもあり、確実に脱出するためには地面に到達しなければならなかった。

そうして彼は、腕の長さでぶら下がり、吊るされて、足場となる足の切り欠きを探していた...。

突然、暗闇の中にいくつもの稲妻が走った。爆音が轟いた。この逃亡者は、見張りの兵士にも目撃されていた。彼らは彼に発砲したが、彼には当たらなかった。しかし、彼を支えていた頭上2センチの枝に銃弾が当たり、切断されてしまった。

20秒後、枝が折れて、ファキールは堀に落ちた......もう一人はそこで死んでいたかもしれないが、彼は無事だった。

再び起き上がり、カウンターカルプの堤防を登り、彼には届かない二度目の銃弾の雨の中で、夜の中に消えていくことは、逃亡者にとってはただの遊戯に過ぎなかった。

さらに2マイルほど進むと、アウルンガバード郊外に駐留する英国軍の宿舎を誰にも見られずに通り過ぎた。

200歩先で彼は立ち止まり、振り返り、切り裂かれた手を街に向けて上げ、彼の口からこんな言葉が漏れた。

「それでもドゥーンドゥー・パントの力に落ちてしまう者は哀れである。イギリス人よ、あなたはナーナー・サーヒブとの戦いはまだ終わっていない!?」

ナーナー・サーヒブ! 1857年の反乱で血なまぐさい名声を得たこの最も恐ろしい戦争名を、ムガール人はインドの征服者への最高の挑戦として再び投げつけたのである。

訳注[編集]

  1. 托鉢僧