聖なる聖なる聖なるかな

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

『聖公会讃美歌』(1891年)[編集]

96 第九十六 Nicea. 8 of 75.

きよきかなきよきかなきよきかな主た
ぜんのうの神
  1. いときよきかな めぐみある
    みつのみくらゐ ひとつなる
    かみのみなをば あさまだき
    おきいでゝこそ ほめまつれ
  1. いときよきかな とこしへに
    ましますかみの まへにふし
    ひじりもかむり なげすて〻
    みつかひともに みなをほむ
  1. いときよきかな そのみいづ
    つみあるめには みえねども
    みいつくしみの みち〳〵し
    かみのいさをぞ たくひなき
  1. いときよきかな つくられし
    あめつちうみの ものはみな
    みつのみくらゐ ひとつなる
    かみのみなをぞ ほめまつる

『改訂 古今聖歌集』(1922年)[編集]

第百四十一 (讃三十五)

聖なるかな聖なるかな聖なるかな主たる全能の神
默四○八
  1. なる なる  なる かな
    に いまして  つ なる
    かみの 御名をば  早朝
    おきいでゝ こそ  ほめ まつれ
  1. なる なる  なる かな
    かみの みまへに  聖徒
    かむりを すてゝ  ふし をがみ
    みつかひたちも  聖名を ほむ
  1. なる なる  なる かな
    つみある には  みえねども
    みいつくしみの  
    かみの さかえぞ  たぐひ なき
  1. なる なる  なる かな
    みての わざ なる  もの みなは
    に いまして   なる
    かみの 大御名  ほめ まつらん  

『讃美歌』(1954年)[編集]

  1. 聖なる聖なる聖なるかな
    三つにいまして一つなる
    神のみ名をば朝まだき
    起き出でてこそほめまつれ
  1. 聖なる聖なる聖なるかな
    神のみ前に聖徒らも
    冠を捨てて伏しおがみ
    み使いたちもみ名をほむ
  1. 聖なる聖なる聖なるかな
    罪ある目には見えねども
    み慈しみの満ちたれる
    神の栄えぞたぐいなき
  1. 聖なる聖なる聖なるかな
    み手のわざなるものみなは
    三つにいまして一つなる
    神の大み名ほめまつらん

この著作物は1925年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。