紙本墨書豊臣秀吉自筆辞世和歌

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

原文[編集]

𛁭ゆと𛄜𛁦つゆときへ𛁇わ𛀚み𛀚𛂁

𛂂𛂌𛄌の事もゆめ𛂜又ゆめ松

漢字仮名書き[編集]

露と落ち 露と消えにし 我が身かな なにわ[1]の事も 夢の又夢 松[2]

現代語訳[編集]

我が人生は、露のように生まれ落ち、露のように消えていくものであった。なにわ[1]のことも、今となっては夢の中で見る夢のようなものとなった。

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 「なにわ」即ち「すべて」の意味と捉えるもの、「難波/浪速/浪花」即ち「大阪」と捉えるものがある。
  2. 豊臣秀吉の雅号(一字号)。
この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この著作物は1925年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。