空腹――

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


右手ニ菓子袋ガナイ ト云ツテ

左手ニ握ラレテアル菓子袋ヲ探シニ今來タ道ヲ五里モ逆戻リシタ


  x


コノ手ハ化石シタ


コノ手ハ今ハモウ何物モ所有シタクモナイ所有セルモノノ所有セルコトヲ感ジルコトヲモシナイ


  x


今落チツツアルモノガ雪ダトスレバ 今落チタ俺ノ涙ハ雪デアルベキダ

俺ノ内面ト外面ト

コノコトノ系統デアルアラユル中間ラハ恐ロシク寒イ

左 右

コノ兩側ノ手ラガオ互ノ義理ヲ忘レテ 再ビト握手スルコトハナク

困難ナ勞働バカリガ橫タワツテイルコノ片付ケテ行カネバナラナイ道ニ於テ獨立ヲ固執スルノデハアルガ

寒クアラウ

寒クアラウ


  x


誰ハ俺ヲ指シテ孤獨デアルト云フカ

コノ群雄割拠ヲ見ヨ

コノ戦争ヲ見ヨ


  x


俺ハ彼等ノ軋轢ノ發熱ノ眞中デ昏睡スル

退屈ナ歳月ガ流レテ俺ハ目ヲ開イテ見レバ

屍體モ蒸發シタ後ノ靜カナ月夜ヲ俺ハ想像スル


無邪気ナ村落ノ飼犬ラヨ 吠エルナヨ

俺ノ體温ハ適當デアルシ

俺ノ希望ハ甘美クアル