祝東京專門学校之開校

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


本校ノ恩人大隈公敬賓及ヒ本校諸君、余ノ不學短識ヲ以テ職ニ本校ノ議員ニ列シ其員ニ加ハルハ甚タ僭越ノ事ナリ 然リト虽本校ノ恩人大隈公ハ余ヲ許シテ其末ニ加ハラシメ校長議員幹事講師諸君モ亦甚タ余ヲ擯斥セサルモノ〻如シ 是ヲ以テ余ハ自カラ吾カ不學短識ヲ忘レ妄リニ其員ニ具ハレリ 唯余ヤ不学短識本校ニ補フ所ナカルヘシ(否〻) 然レトモ既ニ隈公ノ知ヲ蒙リ又諸君ノ許ス所トナル 余ハ唯我カ強勉ト熱心トヲ以テ力ヲ此校ニ竭シソノ及ハン限リハ隈公ノ知ニ酬ヒ諸君ノ望ニ對フヘシ(拍手) 願クハ本校ノ恩人及ヒ諸君ハ余ノ不學短識ヲ捨テ〻其熱心ヲ取リ余ヲシテ知己ノ人ニ酬ユルノ一端ヲ得セシメヨ(喝采)

余カ本校ノ議員ニ列シ熱心ト勉強トヲ以テ事ニ茲ニ従ハント欲セシモノハ唯リ隈公ト諸君トノ知遇ニ感セシノミニアラス 蓋シ又別ニ自カラ奮フ所アリテ然ルナリ 余ハ従来一箇ノ冀望ヲ抱ケリ ソノ冀望トハ他ナシ 余カ生前ニ在ツテ吾カ微力ヲ尽シテ成立セシ一箇ノ大学校ヲ建テ之ヲ後世ニ遺シ私ニ後人ヲ利スルアラント欲スル是レナリ コノ冀望タル余カ年来ノ志望ニシテ毎ニ用意セシ所ナリト虽モ其事ノ大ニシテ且ツ難キヤ未タ之ヲ全フスルノ歩ヲ始ムルヲ得ス 荏苒今日ニ至レリ 然ルニ今マ隈公カ天下後進ヲ利済スルノ仁アルニ遭ヒ我東京專門学校ノ起ルニ及フ 余レ豈ニ微力ヲ此間ニ尽シ平生ノ冀望ヲ全フスルノ歩ヲ始メサルヲ得ンヤ 顧フニ若シ隈公ニシテ余ノ之ニ與カルヲ許サス諸君ニシテ余ヲ擯斥スルアルモ余ハ尚ホ自カラ請フテ此事ニ従ヒ微力ナカラモ余カ力ヲ尽シ余カ平生ノ冀望ヲ全フスルノ途ニ就クナルヘシ 然ルニ況ンヤ今隈公ハ余ノ之ニ与カルヲ許シ諸君ハ甚タ之ヲ擯斥セス余レ豈ニ微力ヲ此間ニ尽サ〻ルヲ得ンヤ(喝采) 夫レ一滴ノ雨水モ聚マレハ大洋ヲ成シ一粒ノ土砂モ合スレハ地球ヲ為ス 余カ力微〻ナリト虽モ熱心シテ之ヲ久シキニ用フレハ又或ハ積テ世ニ利益スル所アラン乎(謹聼喝采)

余カ本校ニ尽サント欲スルノ心情實ニ此ノ如シ 而シテ余カ本校ニ望ム所又随テ大ナリ 余ハ本校ニ向テ望ム 十数年ノ後チ漸クコノ專門ノ学校ヲ改良前進シ邦語ヲ以テ我カ子弟ヲ教授スル大學ノ位置ニ進メ我邦學問ノ独立ヲ助クルアランコトヲ(謹聼〻〻大喝采) 顧ミテ看レハ一国ノ独立ハ国民ノ独立ニ基ヒシ国民ノ独立ハ其精神ノ独立ニ根サス(謹聼〻〻拍手) 而シテ国民精神ノ独立ハ実ニ學問ノ独立ニ由ルモノナレハ其国ヲ独立セシメント欲セハ必ラス先ツ其民ヲ独立セシメサルヲ得ス(大喝采) 其民ヲ独立セシメント欲セハ必ラス先ツ其精神ヲ独立セシメサルヲ得ス 而シテ其精神ヲ独立セシメント欲セハ必ラス先ツ其学問ヲ独立セシメサルヲ得ス(大喝采) 是レ数ノ天然ニ出ルモノニシテ㔟ノ必至ナルモノナリ(謹聼〻〻) 今ノ時ニ当テ紅海以東独立国ノ躰面ヲ全フシ自国ノ旗章ヲ掲クルモノハ寥々トシテ暁天ノ星ノ如シ(謹聼) 印度ハ既ニ亡ヒテ英国ニ屈シ爪哇ハ其制ヲ荷蘭ニ受ケ暹羅ハ其命ヲ英国ニ聞キ近時安南モ亦タ疲レテ佛蘭西ニ帰スル等漠々タル亜細亜大陸ノ廣キ能ク独立ノ躰面ヲ全フシ自国ノ旗章ヲ翻スモノ唯我ト支那トアルノミ(謹聼〻〻) 我ト支那ト其立ツ所既ニ此ノ如シ 其㔟決シテ処シ易キニアラス 況ンヤ我邦ノ如キハ現時條約ノ改正スヘキアリ 日清韓ノ関係ヲ正スヘキアリ 強国土壌ヲ接シテ我カ隙ヲ窺フアリ 冨土海城ヲ浮ヘテ我カ利ヲ攘マント欲スルモノアリ 其国㔟ノ切迫スル決シテ安静ノ時ニ非ラサルナリ(謹聼喝采) 惟フニコノ間ニ処シテ独立ノ躰面ヲ全フスル事甚タ容易ナラス 苟クモ我国民ノ元氣ヲ養ヒ其独立ノ精神ヲ発達シ之ヲ以テ之カ衝ニ當ルニ非ラサレハ帝国ノ独立誠ニ期シ難シ(謹聼々々) 夫レ国民ノ元氣ヲ養ヒ其精神ヲ獨立セシムルノ術頗ル少ナカラス 然レトモ其永遠ノ基ヲ開キ久耐ノ礎ヲ建ツルモノニ至テハ唯タ学問ヲ独立セシムルニ在ルノミ(大喝采) 我邦学問ノ独立セサル久シ 王仁儒学ヲ傳ヘテヨリ以来今日ニ至ル迄テノ凡ソ二千余年ノ間未タ曽テ所謂ル独立ノ学問ナルモノアリテ我カ子弟ヲ教授セシヲ見ス(謹聼) 或ハ直ニ漢土ノ文字ヲ学ヒ或ハ直チニ英米ノ學制ニ模シ或ハ直ニ佛蘭西ノ學風ニ似セ今ヤ又独逸ノ学ヲ引テ之ヲ子弟ニ授ケント欲スルノ傾キアリ(苦笑拍手謹聼) 其外国ニ依頼シテ而モ変事自カラ操ル所ナキ此ノ如シ 顧フニ是レ学問ヲ独立セシムルノ妙術ナル乎 余ハ断シテ其然ラサルヲ知ルナリ(謹聼喝采)

抑モ学問ヲ独立セシムルノ要術甚タ多フシ 然レトモ今日ノ事タル勉メテ学者ヲシテ講学ノ便宜ヲ得セシメ勉メテ其講学ノ障礙ヲ蠲クヨリ切ナルハナシ(謹聼拍手) 隈公嘗テ梓ニ語テ曰ヘルアリ 曰ク「我邦学問ノ独立セサル久シ 而シテ其未タ独立セサルモノハ職トシテ学者ニ与フルニ名誉ト利益トヲ以テセサルニ因ル 是ヲ以テ今ノ時ニ当テ我政府ハ森林ヲ擇テ之ヲ皇家ノ有ニ帰シ皇家ハ其収益ヲ散シテ之ヲ天下ノ学者ニ与ヘ之ヲシテ終世学問ノ蘊奥ヲ講求スルノ便ヲ得セシメ以テ学問ヲ独立セシメサルヘカラス」ト 公ノ言フ所実ニ善シ 天下ノ学者宜シク公ヲ徳トスヘシ(大喝采) 而シテ余ヲ以テ之ヲ見レハ夫ノ外国ノ文書言語ニ依テ我子弟ヲ教授シ之レニ依ルニアラサレハ高尚ノ学科ヲ教授スルコト能ハサルカ如キ又是レ学者講学ノ障礙ヲ為スモノニシテ学問ノ独立ヲ謀ル所以ノ道ニアラサルヲ知ルナリ(拍手) 夫レ人類ノ力ハ限リアリ 万象ノ学ハ窮マリナシ 限リアル力ヲ以テ窮マリナキノ学ヲ講ス 終始之ニ従事スルモ猶ホ且ツ足ラサルヲ覚エ然ルヲ今外国ノ言語文書ニ依テ之ヲ教授セハ之レカ子弟タルモノ㔟ヒ学問ノ実体ヲ講スルノ力ヲ分テ之ヲ外語ノ修習ニ用ヰ以テ大ニ有用ノ時ヲ耗ヒ為メニ講學ノ㔟力ヲ途中ニ疲ラシ所謂ル諸学ノ蘊奥ヲ極ムルノ便利ヲ阻碍スルニ至ラン 是豈ニ学問ノ独立ヲ謀ル所以ノ道ナラン哉(謹聼喝采) 顧フニ皇家ヲ輔ケ天下ノ學者ヲ優待スルハ内閣諸君ノ責ナリ 唯タ其ノ障礙ヲ蠲キ學者ヲシテ學問ノ実体ヲ講スルノ力ヲ寛ナラシムルモノニ至テハ在野ノ人ト虽モ亦タ其責ヲ分タサルヲ得ス(謹聼喝采) 而シテ本校ノ邦語ヲ以テ專門ノ學科ヲ教授シ漸ク子弟講學ノ便ヲ得セシメント欲スルカ如キ蓋シ其責ヲ尽スノ一ナラン(拍手) 惟フニ本校ニシテ其操ル所ヲ誤マラス忍耐勉強シテ之レカ改良前進ニ従事シ十数年ノ後之ヲ進メテ大学ノ位置ニ致スヲセハ余ハ其学問ヲ独立セシムルノ道ニ於テ裨補少ナカラサルヲ信スルナリ(大喝采) 是レ余カ本校ニ向テ冀望スル所以ノ首要ニシテ微々ナカラモ余ノ力ヲ出シ之ヲ茲ニ用ヰント欲スル所ナリ 校長議員監事講師及ヒ学生諸君ハ必ラス余ノ冀望ヲ嘉ミシ共ニ其力ヲ出シ以テ本校ノ隆盛ヲ謀リ恩人隈公カ萬余ノ義金ヲ捐テ〻此校ヲ建テ年〻数千ノ公資ヲ擲テ此校ヲ維持セラル〻ノ盛意ニ背クナキヲ信スルナリ(拍手大喝采)

余カ本校ノ将来ニ冀望スルコト此ノ如ク夫レ大ナリ 然レトモ天下ノ事物ハ緩急順序アリ 苟クモ其緩ト急トヲ擇ハス其順序ヲ失スルアラハ一身ノ細事猶ホ且ツ挙テス 況ンヤ天下大事ノ一タル子弟教育ノ事ニ於テヲヤ(謹聼々々) 校長 君ハ開校ノ詞ヲ述ヘテ曰ヘラク「天下更始新主義ノ学起ル 都鄙ノ子弟争テ之ヲ講シ早ク之ヲ実際ニ應用セント欲ス 速成ノ教授今日ニ切ナルカ如シ」ト 本邦今日ノ事情実ニ此ノ如シ」ト 本邦今日ノ事情実ニ此ノ如シ 而シテ特ニ政治法律ノ二學ノ如キハ最モ今日ニ速成ヲ要スルカ如シ 論スル者或ハ都鄙政談ノ囂〻タルヲ憂ヒ天下子弟ノ法律政治ノ學ニ流レテ理学ヲ修メサルヲ咎ムト虽モ是レ未タ今日ノ実情ヲ究メサルノ罪ナリ 抑モ天下ノ子弟タルモノ理学ヲ修ムルヲ捨テ〻政治法律ノ修業ニノミ之レ走ルハ国家ノ美事ト謂フヘカラス 然レトモ今日ノ子弟ニシテ政治法律ノ二学ニ赴キ滔〻トシテ所在皆ナ是レナルハ決シテ偶然ニ出ルニアラサルナリ(喝采拍手) 凡ソ事物ノ供給ハ皆其需用アルニ根サス 苟モ其需用ニシテ存スル勿カラシメン乎供給決シテ之ニ應スルコトアラサルナリ 惟フニ今ノ子弟タルノモノ相率テ政治法律ノ學ニ赴キ滔〻トシテ所在皆ナ是レナルモノハ政学法学ノ今本邦ニ需用アリテ之ニ應セント欲スルモノニアラサルナキヲ得ンヤ(大喝采) 今余ヲ以テ之ヲ観ルニ本邦政治ノ改良スヘキモノ法律ノ前進スヘキモノ一ニシテ足ラス殆シト皆ナ之ヲ更始スヘキカ如シ(大喝采) 是レ所謂ル政学法学ニ需用アルモノニシテ子弟ノ相率ヰテ此二学ニ赴クハ蓋シ此需用ニ應セント欲スルモノナルノミ(謹聼〻〻拍手喝采) 然ルヲ論者其本ヲ極メス一概ニ其末ヲ取テ咎ヲ今日ノ子弟ニ帰ス 余未タ其可ナル所以ヲ知ラサルナリ(大喝采) 惟フニ此㔟ヲ一轉シ天下ノ子弟ヲシテ其学歩ヲ理学ノ域ニ取ラシメント欲セハ早ク天下ノ政治ヲ改良シ其法律ヲ前進セシメサルヘカラス(大喝采) 苟モ之ヲ改良前進セスシテ子弟ノ法政ノ学ニ赴クナカランコトヲ冀フハ抑モ是レ誤マレリ(謹聼〻〻大喝采) 今ヤ本校ノ政治法律ヲ先ニシ而シテ理学ニ及ホスモノハ其意敢テ理学ヲ軽シテ之ヲ後ニセシモノニアラサルヘシ 唯タ今ノ時ニ当テ政治ヲ改良シ法律ヲ前進スルニアラサレハ天下ノ子弟ヲ導テ其歩ヲ理学ノ域ニ進マシムルニ便ナラス 故ニ先ツ夫ノ二学ヲ盛ニシ其得業学生ノ力ニ依テコノ政治ヲ改良シコノ法律ヲ前進シ(謹聼〻〻)以テ大ニ形体ノ学ヲ進ムルノ地歩ヲ為サント欲スルモノナラン(喝采) 是レ実に事理ノ緩急順序ヲ得ルモノニシテ余ノ深ク賛成スル所ナリ 但々理学ヤ尊トシ 大ニ之ヲ勧ムルニアラサレハ国土ノ実利遂ニ収ムヘカラス(謹聼〻〻) 蓋シ是レ本校ノ世好ニ拘ハラス夫ノ理学ノ一科ヲ設ケ数年ノ後チ大ニ之ヲ勧ムルノ地歩ヲ為サント欲スルモノ乎 余其用意ノ疎ナラサルヲ賀スルナリ(喝采) 而シテ本校ノ学生諸君ニシテ学ニ理学ニ従ハント欲スルモノハ宜シク益〻其志想ヲ堅クシ今日ノ風潮以外ニ立チ畢日ノ好菓ヲ収ムヘシ 是レ余カ諸君ニ至嘱スル所ナリ(大喝采)

又正科ノ外制ニ英語ノ一科ヲ設ケ子弟ヲシテ深ク新主義ノ蘊奥ニ入リ詳ニ其細故ヲ講スルノ便ヲ得セシメント欲スルハ余ノ諸君ト共ニ賛スル所ナリ 惟フニ新主義ノ学ヲ講スル唯リ其運般ノ事ヲ知ルニ止ルヘカラス  必ラスヤ其蘊奥を極メ又タ事ニ觸レ㔟ニ應シテ之レカ細故ヲ講究スヘキノ事多フシ 然ルニ若シ子弟ヲシテ自カラ原書ヲ讀ムノ力ヲ備メシメス直ニ海外ノ事ヲ究ムルノ便ヲ欠クアラシメハ時ニ臨ミ事ニ觸レ許多ノ遺憾ヲ抱クアラシメン 況ンヤ且ツ本邦ノ学問ヲシテ其独立ヲ全フセシメント欲セハ㔟ヒ深ク歐米ノ新義ヲ講シ大ニ其基ヲ堅クセサルヘカラス(謹聼〻〻) 本校蓋シ茲ニ見ルアリ 故ニ英学ノ一科ヲ設ケ我学生ヲシテ大ニ原書ヲ自読スルノ力ヲ養ハシメント欲ス 余輩豈ニ之ヲ賛成セサルヲ得ンヤ 而シテ其原書ヲ授クルヤコレヲ独逸ニ取ラス之ヲ佛蘭西ニ取ラス却テ之ヲ英語ニ取ルモノハ抑モ是レ偶然ノ事ニアラサルヘシ(拍手) 顧フニ独逸ノ学其邃ヲ極メサルニアラス 佛蘭西ノ教其汎ヲ尽サ〻ルニアラス 然レトモ人民自治ノ精神ヲ涵養シ其活溌ノ気象ヲ発揚スルモノニ至テハ㔟ヒ英國人種ノ気風ヲ推サ〻ルヲ得ス(大喝采) 是レ本校カ独語ニ取ラス佛語ニ取ラス故ラニ之ヲ英語ニ取リ以テ之ヲ子弟ニ授クルモノ乎(謹聼) 其用意又密ナリト謂ツヘシ 論者間ニ或ハ少年子弟ノ自治ノ精神ヲ涵養シ其活溌ノ氣象ヲ発揚スルヲ喜ヒス強テ夫ノ輩ヲ驅テ之ヲ或ル狭隘ナル範圍内ニ入レ其精神ヲ抑ヘ其気象ヲ制セント欲スルモノアリ 然レトモ是レ国ヲ誤マルノ蠹蟲ナリ(拍手喝采) 諸君ハ夫ノ宋儒ノ学問カ支那ト我邦ノ元気ヲ遅鈍ニシ為メニ一国ノ衰弊ヲ致セシヲ知ルナラン 彼レ宋儒ハ人民精神ノ発達ヲ忌テ之ヲ希ハス寧ロ之ヲ或ル範圍内ニ入レ其自主ヲ失ナハシメ唯タ少年ノ子弟ヲシテ徒ラニ依頼心ヲ増長セシメ其極ヤ卑屈自カラ愧チス終ニ一国ノ衰弊ヲ致シタルニアラスヤ(大喝采) 然ルヲ論者之ヲ察セス漸ク活溌ニ赴クノ気象ヲ抑ヘテ之ニ赴カシメス将ニ自治ニ入ラント欲スルノ精神ヲ制シテ之ニ入ルナカラシメントス 是レ豈ニ宋儒ノ陋轍ニ倣フモノニアラサランヤ(謹聼)

今ヤ国家事多フシ 宜シク少年ノ子弟ヲシテ益〻自治ノ精神ヲ涵養シ愈〻活溌ノ気象ヲ発揚セシムヘシ 豈ニ敢テ之ヲ抑制シ以テ漸ク将ニ復セント欲スルノ元気ヲ再衰セシムルヲ得ンヤ(大喝采) 而シテ之ヲ涵養シ之ヲ発揚スルノ要ニ至テハ㔟ヒ英国人種ノ跡ニ述ヘ従ヒ以テ人生自主ノ中庸ヲ得セシメサルヘカラス(喝采) 況ンヤ理学ノ如キモ近時ニ及ンテ米洲別ニ一軌軸ヲ出シ将ニ宇内ニ冠タラントスルノ望ミアリ 蘇言ノ器傳話ノ機等近時ノ新発明ニ係ルモノ殆ント皆ナ米人ノ手ニナラサルハナシ 英国人種ノ学問ニ冨ム又決シテ政治ノ上ニ止マラサルナリ(謹聼) 本校蓋シ此ニ見ルアリ 故ニ独逸ヲ捨テ〻取ラス佛蘭西ヲ措テ顧ミス却テ英書ヲ取テ之ヲ我学生ニ授ケ以テ大ニ新主義ノ蘊奥ヲ極ムルノ利ヲ与ヘ以テ詳ニ其細故ヲ講スルノ便ヲ得セシメ徃〻学問ノ独立ヲ謀ラント欲スルモノナラン 其意誠ニ偶然ニアラサルヲ知ルナリ(拍手喝采)

最後ニ余ハ一ノ冀望ヲ表シ之ヲ本校ノ諸君ニ求メ天下ノ人衆ヲシテ本校ノ公明正大ナルヲ知ラシメント欲スルモノアリ 是レ他ナシ 本校ヲシテ本校ノ本校タラシメント欲スル是ナリ 今マ之ヲ再言スレハ東京専門学校ヲシテ政党以外ニ在テ独立セシメント欲スル是レナリ(大喝采) 余ハ本校ノ議員ニシテ立憲改進党員ナリ 今マ党員タルノ位地ヨリシテ之ヲ言ヘハ本校ノ学生諸君ヲシテ咸ク改進ノ主義ニ遵ハシメ皆ナ其旗下ニ属セシメント欲スルハ固ヨリ其所ナリ(大喝采) 然レトモ余カ議員タルノ位置ヨリシテ之ヲ言ヘハ暗〻裏ニ学生諸君ヲ誘導シテ之ヲ我党ニ入ル〻カ如キ卑怯ノ挙動アルヲ耻ツ(大喝采) 惟フニ本校ノ目的タル学生諸君ヲシテ速ニ真正ノ学問ヲ得セシメ早ク之ヲ実際ニ應用セシメント欲スルニ在ルノミ(謹聼拍手) 故ニ諸君ニシテ真正ノ学識ヲ積ムアラン乎本校ノ意足レリ 本校又別ニ求ムル所アラサルヘシ(謹聼拍手) 而シテ畢日学生諸君カ卒業ノ後政党ニ加入セント欲セハ一ニ皆ナ諸君カ本校ニ得タル真正ノ学識ニ依テ自カラ之ヲ決スヘシ(謹聼大喝采) 本校ハ決シテ諸君カ改進党ニ入ルト自由党ニ入ルト乃至帝政党ニ入ルトヲ問テ其親疎ヲ別タサルナリ(大喝采) 惟フニ是レ余一人ノ冀望ナルニ止マラス恩人隈公校長議員監事及ヒ講師諸君モ亦タ均シク斯冀望ヲ抱キ共ニ本校ノ独立ヲ冀ヒ共ニ他ノ干渉ヲ受ケサルヲ望ムナラン 然ルヲ世ノ通ヒサルモノ間〻之ヲ疑フアリ 蓋シ又陋シト謂ツヘシ(謹聼〻〻) 而シテ余カ此冀望タルヤ独リ之ヲ我東京專門学校ニ求ムルノミナラス又廣ク之ヲ官私ノ学校ニ求メ之ヲシテ各〻政党ノ以外ニ独立セシメ以テ學校ノ学校タル本質ヲ全フセシメンコトヲ望ムナリ(拍手大喝采) 

今ヤ此開校ノ期ニ遇ヒ親シク其式ニ与カル故ニ聊カ余カ心情ト冀望トヲ述ヘ以テ此開校ヲ祝スルノ詞ト為ス 惟フニ恩人隈公及其他ノ諸君ハ余カ説ヲ容ル〻ヤ否(拍手大喝采)

出典[編集]

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。