猿から人への進化における労働の役割

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


経済学者たちは、労働はすべての富の源泉であると言う。それは、自然とともにあり、その自然が素材を提供し、それが富に変わるからだ。しかし、それは無限の可能性を秘めている。それは、すべての人間生活の基本条件であり、ある意味では、「労働が人間そのものを創造した」と言わなければならないほど基本的なものである。

数十万年前、地質学者が第三紀と呼ぶ地球の歴史の中で、まだ確実な判断ができない時期、おそらく終盤に、熱帯地域のどこか、おそらく今はインド洋に沈んだ広大な大陸に、特に高度な発達段階に達した類人猿の種族が生息していたのだ。ダーウィンは、私たちの祖先となるこれらの類人猿について、おおよその説明をした。全体的に毛深く、ひげや尖った耳を持ち、木の上で帯状に生活していた。

このサルは、足とは別の機能を持つ手で登るという生活様式の影響もあってか、平地では手を使う習慣がなくなり、次第に直立歩行をするようになったのである。これが、猿から人間への決定的なステップとなった。現在生きているすべての類人猿は、直立し、2本の足だけで動くことができるが、それは必要なときだけで、しかも最高に不器用である。彼らの自然な歩き方は、半身を起こした姿勢で、手を使いながら歩く。多くの人は、折りたたんだ指の中指を地面に押しつけ、足を引き寄せながら、松葉杖をついて歩く麻痺患者のように、長い腕の間で体を受け流す。一般に、サルは四つ足歩行から二足歩行に移行するすべての段階を現在でも観察することができる。しかし、いずれも後者は、その場しのぎの手段のレベルを超えていない。毛深い私たちの祖先が、まず垂直歩行を規範とし、次にそれを必要としたとすれば、手はますます別の種類の活動をしなければならなくなったことを意味する。類人猿でも、手と足にはすでに一定の機能分担があるのである。すでに述べたように、手は足とは異なる方法でクライミングに使用される。特に、下等哺乳類の一部がすでに前脚で行っているように、食べ物をつまんで保持するために使用される。多くのサルは、木の上に巣を作ったり、チンパンジーのように悪天候から身を守るために枝と枝の間に屋根を作ったりするのに使っている。手には棒を持ち、敵から身を守ったり、果物や石をぶつけたりする。飼育下では、人間から模倣した数々の簡単な操作に使っている。しかし、ここでこそ、最も人間に近い猿の未発達な手と、何千年もの作業によって高度に完成された人間の手との違いが明らかになる。骨や筋肉の数や配置はどちらも同じだが、最も劣る野蛮人の手は、猿の手には真似のできない何百もの作業を行うことができる。猿の手では、最も粗末な石のナイフを作ったことはない。

だから、猿から人間への移行の時に、何千年もかけて我々の祖先が少しずつ手を適応させるようになった作業は、最初は非常に単純な作業でしかあり得なかったのだ。最下層の野蛮人、それも身体的後退を伴う動物にかなり近い状態への回帰が想定される人たちは、こうした過渡的な生き物よりもはるかに高いレベルにいる。最初の石が人間の手によってナイフの形になる前に、私たちが知っている歴史的な期間は取るに足らないものになったはずである。しかし、決定的なのは、手が解放され、どんどん新しい技術を身につけられるようになったこと、そして、そうして身につけた柔軟性が、遺伝によって代々受け継がれ、増していったことである。

このように、手は仕事の器官であるばかりでなく、仕事の産物でもある。人間の手が、ラファエロの絵画、トルヴァルドセンの彫像、パガニーニの音楽のような奇跡をもたらすことができる高度な完成度に達したのは、この手のおかげであり、常に新しい操作に適応するおかげであり、筋肉や腱、さらに長い間隔では骨そのものに、こうして獲得した特殊発達が遺伝によって伝えられたおかげであり、最後にこの遺伝性の洗練を新しい、さらに複雑な操作に絶え間なく適用したおかげで、この手は完全な状態に到達したのだ。

しかし、その手は一人ではなかった。それは、極めて複雑な有機体の一構成要素に過ぎない。手に役立つことは、それが働く体全体に役立つことであり、二つの点で有益である。まず、ダーウィンが呼んだ「成長の相関の法則」によって。この法則によれば、有機体のさまざまな部分の明確な形態は、一見何の関係もない他の部分のある形態と常に関連している。したがって、細胞核を持たない赤血球を持ち、後頭部が第一椎骨と二重関節(コンディル)でつながっている動物はすべて、例外なく、子供を育てるための乳腺を持っているのである。このように、哺乳類では、反芻動物の多胃には蹄が規則正しくついているのである。ある形状を修正することで、他の部分の形状が変化するのであるが、この関連性を私たちは説明することができないのである。真っ白な猫に青い目は必ず、いやほとんど耳が聞こえない。人間の手が次第に洗練され、同時に垂直歩行のための足が改良されたことは、同様の相関関係の効果によって、身体の他の部分にも反応したに違いない。しかし、このアクションはまだあまりに研究が進んでいないため、ここでは一般的な注意以上のことはできない。

手の発達が他の器官に及ぼす直接的で証明可能な反応の方が、はるかに重要である。すでに述べたように、我々の類人猿の祖先は社交的な存在であった。動物の中で最も社交的な人間を、そうでない直系の祖先から派生させることは明らかに不可能である。手の発達、労働に始まる自然の支配は、進歩のたびに人間の視野を広げてきた。彼は、自然界にあるものに、これまで知られていなかった新しい性質を次々と発見していった。一方、労働の発達は、相互扶助、共同協力の事例を増やし、その有用性を各自が自覚することによって、社会の構成員間の結びつきを強めることに必然的に寄与してきた。要するに、隊列を組んだ男たちが互いに言いたいことを言い合って来たのだ。ニーズは独自の器官を作り出し、猿の未発達な喉頭はゆっくりと、しかし確実に、発達し続ける変調に適応するように変形していき?口の器官は次第に、次々と明瞭な音を発音することを学んでいったのである。

動物との比較は、仕事から生まれ、仕事に付随するこの言語の起源に関する説明が唯一正確なものであることを示している。高度に発達した動物でさえ、コミュニケーションに必要なものはごくわずかで、明確な言語に頼らなくてもできる。自然界では、人間の言葉を話せないこと、理解できないことを不完全だと感じる動物はいない。人間に飼い慣らされた場合はそうはいきない。犬や馬は、人間との関わりの中で、表現された言葉に対する優れた耳を獲得し、その表現の範囲内であれば、どんな言葉でも簡単に理解できるようになるのだ。また、以前は異質なものであった、人に対する愛着、感謝などを感じる能力も獲得している。これらの動物と多く関わったことのある人なら、今では、喋れないことを欠点と感じる事例が十分にあり、しかし、声帯の方向性があまりにも特殊であるために、もはや改善することは不可能である、という確信を持つに違いないだろう。しかし、この器官が存在すれば、この無能力も一定の範囲内で消滅する。鳥の口腔器官は、確かに人間のものとは可能な限り異なっている。しかし、鳥は言葉を覚える唯一の動物であり、最もよく話すのは、最も恐ろしい声を持つ鳥であるオウムである。自分の言うことを理解していないとは言わせない。彼は間違いなく、話すこと、あるいは男性と一緒にいることの純粋な喜びのために、自分の全ボキャブラリーを何時間も繰り返し、おしゃべりする。しかし、その性能の範囲内で、自分の言っていることが理解できるようになることもある。オウムに侮辱を教え、その意味をある程度理解させる(熱帯から帰ってきた船乗りのお気に入りの遊びのひとつである)。お菓子をねだるのも同じである。

この二つの刺激によって、猿の脳は次第に人間の脳へと変化していったのである。しかし、脳の発達と同時に、その道具である感覚器も発達した。言葉の発達が進むと、それに伴って聴覚器官が必ず向上するように、脳の発達は一般に五感の発達を伴うものである。鷲の視力は人間の視力よりはるかに遠くまで届く。しかし、人間の目は鷲の目よりはるかに多くのものに気づくのである。犬の鼻は人間よりずっと細かいが、人間にとってさまざまなものの確かなしるしである匂いの百分の一も区別できない。そして、猿にはほとんど存在しない触覚は、人間の手そのものが、仕事を通じてのみ発達してきたのである。

脳とそれに従属する感覚の発達、意識の明瞭化、抽象化と推論の能力の発達は、仕事と言語に反応し、両者にさらなる完成のための新しい衝動を常に与えてきた。この改良は、人間が猿から分離したときに終わったのではなく、それ以来ずっと続いているのだ。さまざまな民族の間で、さまざまな時期に、さまざまな程度と方向で進歩し、あちこちで局所的かつ一時的な後退によって中断されながらも、一方では強力な推進力を受け、他方では、人間の出現に加えて生じた新しい要素からより明確な指示を受け、社会を完成しながら、勢いよく歩み続けているのである。

木に登る猿の一団から人間社会が生まれるまでには、何十万年、地球の歴史では人間の一秒に相当する時間が経過しているはずである。しかし、最終的には浮かび上がったのである。そして、猿の群れと人間社会との特徴的な違いとして、他に何がここにあるのだろうか。仕事である。猿の群れは、地理的な位置や近隣の群れの抵抗によって与えられた領域の食物を使い果たすことに満足し、あちこちに放浪したり、近隣の群れと闘争を起こしたりして、食物の豊富な新しい領域を獲得したが、その食物領域からは、そのゴミで無意識に燻すことを除けば、自然から与えられた以上のものを引き出せなかったのである。サルの餌となる領土をすべて占領してしまえば、それ以上人口が増えることはないのだ。動物の数はせいぜい一定に保つことができる程度である。しかし、すべての動物が高度に食物を浪費し、また病原菌で新芽を破壊している。狩人と違って、狼は翌年に小鹿を獲ってくれるヤギを惜しまない。ギリシャでは、成長する前の若い草を食べるヤギが、その国のすべての山を枯らしてしまった。このような動物の「収奪の経済」は、動物が普段の食事とは違うものに慣れざるを得ないことで、血液が異なる化学組成を獲得し、体質全体が徐々に変化し、一度固定された種が枯れていくことで、徐々に種が変化していくという重要な役割を担っているのである。この浪費が、私たちの祖先を人間に変えるのに大きく貢献したことは間違いないだろう。知能と適応性において他の種族をはるかにしのぐある猿の種族では、この習慣によって、食物となる植物の数が絶えず増加し、これらの植物の食べられる部分がどんどん消費されていったに違いない。

しかし、これらはすべて、まだ仕事として成立していないのである。仕事は道具を作るところから始まる。しかし、最も古い道具は何でしょうか?先史時代の人間の遺跡や、歴史上最も古い民族と現代の最も原始的な野蛮人の生活様式から判断して、最も古い道具はどのようなものなのか。狩猟や漁労の道具として、前者は武器としての役割も果たしていた。しかし、狩猟や漁労は、純粋な菜食から肉の同時摂取への移行を意味し、ここにも人間への変身への本質的な一歩がある。肉食は、体の代謝に必要な必須物質をほとんどすべて含んでいる。消化とともに、植物の生命現象に対応する体内の他の植物的プロセスの期間を短縮し、真の意味での動物的生命の発現のための時間、物質、食欲を得ることができた。そして、訓練された人間は、植物から離れれば離れるほど、動物の上にも上がっていくのである。肉食と同時に植物食に慣れることで、野生の猫や犬が人間の下僕になったように、植物食と同時に肉食に慣れることで、訓練中の人間に体力と自立心を与えることに本質的に貢献したのだ。しかし、最も重要なことは、肉食が脳に及ぼす作用である。脳は、その栄養と発達に必要な要素を以前よりはるかに多く受け取り、その結果、世代を超えてより速く、より完璧に発達することができるようになったのだ。たとえ肉食が、私たちが知っているすべての民族の間で一度や二度は共食いを引き起こしたとしても(ベルリン人の祖先であるヴィルツェス人は、10世紀になっても親を食べていた)、それは現代の私たちには関係ないことなのだ。

肉食は、火の使用と動物の家畜化という、さらに2つの決定的な進歩をもたらすことになった。前者は、すでに半分消化されている食物を口に入れることで、消化の過程をさらに短縮する。後者は、狩猟と並んで、より定期的な新しい供給源を開くことで肉食をより豊かにし、さらに牛乳やその製品とともに、その成分から見て少なくとも肉と同等の価値を持つ新しい食糧を提供する。このように、両者は、すでに直接的な形で、人間にとって新しい解放の手段となった。ここで、その間接的な効果の詳細に立ち入ることは、たとえそれが人間と社会の発展にとっていかに重要であったとしても、あまりにも大きな負担となるであろう。人間は食べられるものは何でも食べるようになったので、あらゆる気候に対応できるようになった。自力でそれができる唯一の動物である彼は、居住可能な地球全体に広がっていった。どこでも順応する他の動物は、自分で学んだのではなく、人間に従うことによってのみ学んだのである。そして、原始時代の温暖な気候から、1年が冬と夏に分かれる寒冷な地域への移行は、寒さや湿気から身を守るための住居や衣服、新しい仕事の分野、したがって新しい活動を生み出し、人間を動物からますます遠ざけることになった。

手、言語器官、脳が一体となって、個人だけでなく社会全体で、より複雑な作業を行い、より高い目標を設定し達成することができるようになったのだ。世代が変われば、作品そのものも変わり、より完璧になり、より多様になるのである。狩猟と牧畜に農業が加わり、さらに紡績、織物、金属加工、陶器、航海術などが加わりました。芸術や科学が貿易や工業と並んでようやく登場し、部族が国家や民族に発展し、法律や政治が発達し、それとともに人間の心の中にある人間の事物を想像を通して映し出すもの、それが宗教であった。なぜなら、仕事の計画を立てるのは心であり、すでに社会の発展の非常に早い段階(たとえば、原始家族)において、自分以外の手にその計画を実行させる可能性を持っていたからである。文明が急速に進歩したのは、すべて心のおかげであり、脳の発達と活動のおかげである。人は自分の行動を、自分の欲求(しかし、それは確かに頭の中に反映され、意識される)ではなく、自分の思考によって説明することに慣れてしまった。こうしてやがて、特に古代世界の衰退以来、人の心を支配してきた観念論的世界観が誕生した。ダーウィン派の唯物論科学者でさえ、人間の起源について明確な考えを持てないほど、このイデオロギーはいまだに広まっている。なぜなら、彼らはこの進化において仕事が果たした役割を認識していないからだ。

すでに述べたように、動物も人間と同じように、その活動によって外部の自然を改変しているのである。なぜなら、自然界では何事も単独では起こりえないからである。それぞれの現象は他の現象に反応し、またその逆もある。この普遍的な動きと相互作用を忘れたために、我々の科学者は最も単純な物事を明確に見ることができないでいるのだ。ギリシャではヤギが森林再生を妨げたことを見てきた。セントヘレナでは、最初に上陸した船員が持ち込んだヤギや豚が、島の古い植物をほぼ完全に駆逐し、後に他の船員や入植者が持ち込んだ植物が広がるための土壌を整えることに成功したのだ。しかし、動物が環境に永続的な影響を与える場合、それはデザインによるものではなく、動物自身にとっては偶然の産物である。さて、人間が動物から離れれば離れるほど、自然に対する行為は、あらかじめ知られた、決められた目的を目指す、計画的な活動という性格を帯びてくる。

この動物は、自分が何をしているのかもわからずに、その地域の植生を破壊してしまうのだ。人間がそれを破壊するのは、使えるようになった土に穀物を蒔くため、あるいは蒔いたものの何倍もの収穫をもたらすとわかっている木やつるを植えるためである。有用な植物や家畜を国から国へ移し、大陸全体の動植物を変化させたのだ。そして、まだまだあります。人工淘汰によって、人の手は植物や動物をもはや見分けがつかないほど変貌させてきた。私たちは、穀物の原種となる野生の植物を今もなお探し続けているのである。私たちは今でも、互いに全く異なる個性を持つ犬や、数多くの品種を持つ馬が、どの野生動物の子孫であるかについて議論している。

また、動物が計画的に行動することを否定することは思いもよらないことであることは言うまでもない。それどころか 原形質、生きたアルブミンが存在し、反応するところ、すなわち、決められた外的興奮の結果として、どんなに単純であっても決められた動きを実行するところには、整然とした作用様式がすでに胚芽に存在している。神経細胞はおろか、細胞さえもないところで、このような反応が起こる。食虫植物が獲物を捕らえる方法も、無意識とはいえ、ある程度は計画的に行われているようだ。動物では、意識的・計画的に行動する能力は、神経系の発達とともに発達し、哺乳類ではすでに高いレベルに達しているのだそうである。イギリスで行われているキツネ狩りでは、キツネが追っ手から逃れるために、その優れた知識をいかに的確に利用するか、また、道を遮る地形の利点をいかに知り尽くして利用しているかを日々観察することができます。人間社会がさらに発展させた家畜には、子供と全く同じレベルの悪意が日常的に観察される。子宮の中の人間の胎児の進化の歴史が、虫から始まる私たちの動物の祖先の何百万年にもわたる身体的進化の歴史の短縮された繰り返しにすぎないように、子供の精神的進化も、これらの祖先の、少なくとも後者の知的進化の、より凝縮された繰り返しにすぎないからである。しかし、すべての動物の理路整然とした行動の総和は、地球に彼らの意志の印をつけることに成功していない。そのために必要なのが人間である。

要するに、動物は外的な自然を利用し、自分の存在そのものによって、その中に変化をもたらすだけであり、自分がもたらす変化によって、人間はそれを自分の目的のために利用させ、支配する。そして、これが人間と他の動物との間の最後の本質的な違いであり、この違いもまた、仕事によるものなのである。しかし、自然に対する勝利に慢心することはないだろう。彼女は私たちに、それぞれの復讐をするのである。すべての勝利は、もちろん、第一に予想された結果をもたらしますが、第二、第三に、まったく異なる、予期せぬ効果をもたらし、それはあまりにも頻繁に、第一の結果を破壊してしまうのである。メソポタミア、ギリシャ、小アジアなどで、森林を伐採して耕作地を確保した人々は、湿度の蓄積と保存の中心である森林を破壊して、これらの国々の現在の荒廃の基礎を築くとは、到底考えていなかっただろう。アルプスの南斜面で、北斜面に大切に保存されていたモミの森を破壊していたイタリア人は、それによって自分たちの領土の高山農業が損なわれているとは思いもしなかった。そうすることによって、1年の大半の間、山の泉が奪われ、雨季には、それがさらに激しい勢いで平地に注ぎ込むことになるとは、さらに思いもしなかった。ヨーロッパでジャガイモを広めた人たちは、ジャガイモの塊茎が鱗状出血を起こすことを知りないだった。征服者が外国の民を支配するように、自然の外にいる者として自然を支配するのではなく、私たちは肉、血、脳をもって自然に属しており、その懐にいるのであり、自然に対する私たちの支配権は、自然の法則を知り、それを賢く利用できるという、他のすべての被造物に対する優位性にあることを、事実はあらゆる場面で私たちに思い起こさせるのである。

そして実際、私たちは日々、これらの法則をより正しく理解し、自然界の正常な流れに介入した場合の近くて遠い結果を知るために学んでいる。特に今世紀に入って自然科学が大きく発展して以来、私たちは、少なくとも生産現場における最も一般的な行動がもたらす遠い自然の結果を知ることができるようになり、その結果、それを制御することを学ぶことができるようになった。しかし、そうなればなるほど、人々は自分が自然と一体であることを感じるだけでなく、改めて知ることになる。そして、精神と物質、人間と自然、魂と肉体という、古典古代の衰退以来ヨーロッパに広がり、キリスト教とともに最高の発展を遂げた、不条理で不自然な対立概念を受け入れることができなくなるのである。しかし、私たちが生産を目的とした行為によって生じる遠方の自然の影響をある程度計算できるようになるまでには、すでに何千年もの作業が必要であったとしたら、これらの行為がもたらす遠方の社会的影響については、さらに困難なことであったろう。ジャガイモとその後のスクロフラの蔓延については、これまで述べてきた。しかし、労働人口の食糧をジャガイモに減らすことが、国全体の大衆の生活環境に及ぼす影響に比べれば、瘰癧などというものは何なのだろう。1847年にアイルランドを襲ったジャガイモ病による飢饉は、ジャガイモだけを食べていた100万人のアイルランド人を墓場に追いやり、そのうちの200万人が海を渡って投げ出された。アラブ人がアルコールの蒸留を覚えた時、まさか自分たちが未開のアメリカの先住民を地球上から抹殺するための主要な道具の一つを作り出したとは思いもよらなかっただろう。そして、後にコロンブスがアメリカを発見した時、そのことが、ヨーロッパでとっくに消滅していた奴隷制度を復活させ、黒人貿易の基礎を築くことになるとは知らなかった。17世紀と18世紀に蒸気機関の開発に取り組んだ人々は、自分たちが、他のどんな道具よりも、全世界、特にヨーロッパの社会状況を一変させ、富を少数派に集中させ、大多数の人々に貧困をもたらす道具を作っているとは思ってもいなかっただろう。蒸気機関は、まず第一に、資本家階級に社会的、政治的支配を与えるだろうが、その後、資本家階級とプロレタリアートの間に階級闘争を生み出し、それは、資本家階級の没落とすべての階級対立の廃絶によってのみ終わることができるだろう。しかし、この分野でも、私たちは、長く、しばしば困難な経験を通じて、また歴史的資料との対峙と研究を通じて、私たちの生産活動が間接的、遠隔的にもたらす社会的影響を解明し、その結果として、これらの影響も支配し規制する可能性を与えられていることを徐々に学んでいるのである。しかし、この規制を実行するためには、単なる知識だけでは不十分である。そのためには、既存の生産様式全体、そしてそれとともに既存の社会体制全体の完全な転覆が必要である。

これまでのすべての既存の生産様式は、労働の最も近い、最も直接的な有用な効果を達成することだけを目指してきた。後の結果、つまり、漸進的に繰り返され、蓄積された結果としてのみ現れるものは、完全に省かれていた。原始的な土壌の共同所有は、一方では人間の発達段階において、最も身近なものに視野が限定されていたことに対応し、他方では、この全く原始的な経済がもたらしうる負の結果に対処するための一定の余裕を残した、利用可能な土壌の余剰に対応するものであった。この余剰地が枯渇すると、共有財産は使われなくなる。しかし、すべての高次の生産形態は、住民を異なる階級に分離し、その結果、支配階級と被抑圧階級の対立をもたらした。したがって、支配階級の利益は、それが最も不安定な方法で被抑圧者の存在を維持することに限定されない限り、生産の原動力となったのである。この目的を最も完全に実現するのは、現在西ヨーロッパに君臨している資本主義的生産様式である。生産と交換を支配する個々の資本家は、自分たちの行動の最も直接的な有用な効果にしか関心が持てないのである。そして、生産され、交換される物品の使用に関する限り、この有用な効果さえも完全に後景に追いやられ、販売によって得られる利益が唯一の原動力となるのである。

資本家階級の社会科学、古典的な政治経済は、主に生産と交換に向けられた人間の行動がもたらす即座に望まれる社会的効果に関心を寄せている。これは、それが理論的に表現している社会組織に完全に対応するものである。個々の資本家が目先の利益のために生産し交換する場合、最も身近で最も即効性のある結果しか考慮されない。個々の製造業者や貿易業者は、生産または購入した商品をわずかな利益で販売する限り、満足し、その後商品やその買い手がどうなろうと気にしない。また、これらの行為による自然な効果についても同様である。キューバのスペイン人耕作者は、斜面の森林を焼き払い、その灰の中に、収益性の高いコーヒーの木を何世代にもわたって育てるのに十分な肥料を見つけた。その後、熱帯の豪雨が、今は保護されていない表土を洗い流し、むき出しの岩だけを残したことが、彼らにとってどうだっただろうか?今日の生産様式では、最も身近で目に見える結果が、自然にとっても社会にとっても主な考慮事項である。そして、この身近な結果を目指して行った行動の遠い結果が、全く異なる、しばしば全く逆の結果になることは驚くべきことなのである。需要と供給の調和は、10年ごとの産業サイクルの経過が示すように、またドイツが「暴落」で少し味わったように、その正反対に転換されること、個人労働に基づく私有財産は、すべての所有がますます非労働者の手に集中する一方で、労働者の財産がないほうに必ず進化すること、...である。 ...【原稿はここで中断...】

人間の進化過程

人間も差別化によって生まれてくる。これは、卵の中の単細胞から自然が生み出す最も複雑な生物へと発展していく個人という意味だけでなく、歴史的な意味でも同じである。数千年にわたる闘争の末、手と足が決定的に区別され、直立姿勢がようやく確保されたその日に、人間は猿から分離し、その後、人間と猿の間のギャップを埋められないものにした、明瞭な言語の発達と脳の驚異的な完成の基礎が築かれたのであった。手の専門化は道具を意味し、道具は特に人間の活動、自然に対する人間の修正反応、生産に対する人間の反応を意味する。また、狭い意味での動物、つまりアリやハチやビーバーは道具を持っているが、それは体の一部に過ぎない。生産する動物もいるが、周囲の自然に対する生産作用は自然との関係ではほとんどゼロに等しい。人間だけが、動植物界を置き去りにするだけでなく、その生息地の外観や気候、さらには動植物まで変えて、自然に刻印を押すことに成功した。その活動の結果は、地球全体の衰退とともに消え去るしかないほどである。彼がこの結果を得たとすれば、それはまず手作業によるものである。自然を変える最も強力な道具である蒸気機関も、結局のところ、道具である以上、手に頼るしかないのだ。しかし、頭は手の進化に一歩一歩伴ってきた。まず、あらゆる有用な実用的結果に必要な条件を認識するようになり、その後、より恵まれた民族では、結果として、これらの有用な結果を条件づける自然法則を知るようになったのである。そして、自然の法則に対する知識が急速に深まるにつれて、自然に反応する手段も増えていった。相関的に、人間の脳が手とともに、また手と並行して、そして部分的には脳のおかげで発達しなかったならば、手だけで蒸気機関を実現することはできなかっただろう。

人間とは、歴史の中に入っていくものなのである。動物にも、その子孫の歴史と、現在の姿への発展がある。しかし、彼らがこの歴史を作ったわけではないし、彼らが歴史に参加する限り、それは彼らの知識も欲望もないものである。それどころか、人間が狭い意味での動物から離れれば離れるほど、意識的に自分の歴史を作れば作るほど、この歴史に対する不測の事態や制御不能な力の影響は減少し、歴史的結果とあらかじめ定められた目標との対応がより正確になるのである。しかし、この基準を人類の歴史に当てはめてみると、たとえ現代で最も発展した民族の歴史であっても、ここでもまた、事前に設定した目標と得られた結果との間に巨大な不釣り合いがあること、予想外の効果が優勢であること、制御できない力が計画通りに実行されたものよりもはるかに強力であることに気づくのである。人間の最も本質的な歴史的活動、すなわち、人間を動物的存在から人間的存在に引き上げたものであり、人間の他のすべての種類の活動の物質的基礎を構成するもの、すなわち、人間が生きるために必要なものの生産、すなわち、今日の社会生産が、制御できない力の意図しない作用の影響を受け続ける限り、そうでなければあり得ないのであり、望む目標を例外的に達成するだけで、多くの場合は反対の結果を導くのだ。先進工業国では、自然の力を手なずけ、人間のために働かせることで、生産を無限大に拡大し、今では1人の子供が100人以上の大人を産むようになった。そして、その結果どうなるのか?増え続ける過労と、増え続ける大衆の不幸、そして10年ごとの大暴落。ダーウィンは、経済学者が歴史上最高の征服として讃える自由競争、生命争奪戦が動物界の正常な状態であることを実証したとき、自分が書いたものが、人類、特に自分の同胞に対する痛烈な風刺であることを知らなかったのだ。生産と分配が計画された社会的生産の意識的組織だけが、生産一般が人間を種として高めてきたのと同じように、人間を他のアニマ世界の上に、社会的に高めることができるのである。歴史的な進化により、このような組織はますます不可欠になると同時に、実現可能性も高まっている。そこから歴史の新しい時代がやってくる。そこでは、人間自身、そして人間とともにあるすべての活動の分野、特に自然科学が、それまでのすべてのものを最も深い影に投げ込むような進歩を経験することになる。

野生の段階

1- 初期 人類が幼少の頃、少なくとも一部は樹上で生活し、これだけで巨獣にもかかわらず生存してきた理由がわかるが、まだその原始的生息地である熱帯または亜熱帯の森林に居住していたこと。この時代の主な成果は、明瞭な言語を発達させたことである。歴史上知られているすべての民族の中で、このような原始的な状態に属している者はいない。しかし、人間が動物界の子孫であることを認めると、この移行期を認めることは必然的になる。

2 - 中期 魚(および甲殻類、貝類、その他の水生動物)の消費と、火の使用から始まる。魚の消費は、火を使うことで初めて十分に可能になるのだから、この2つは両立する。しかし、この新しい食物のおかげで、人々は気候や場所から解放され、川や海岸をたどることで、野生であっても世界のほとんどの地域に広がることができたのである。旧石器時代と呼ばれる初期石器時代の荒削りで未研磨の石器が全大陸に広がり、この時代のすべて、あるいはほとんどに属していることが、この移住の証左となる。新しい地域の占領、絶えず目覚める発見と発明の本能、摩擦による火の所有は、デンプン質の根や塊茎を熱い灰や地中から掘り出したオーブンで調理するなど、新しい糧の手段を提供し、最初の武器、クラブと槍の発明とともに、狩猟も時折食料を補うものになった。書物に登場するような狩猟民族、つまり狩猟だけで生活する民族は存在しなかった。狩猟の産物はあまりにも不確かだからである。食料源の不安定さが持続した結果、この段階では共食いがその後も長く維持されるように見えるようだ。オーストラリア人や多くのポリネシア人は、今日でも、この中間の段階の野生状態である。

3 - 後期 弓矢の発明から始まり、これによって狩猟は通常の食料となり、狩猟は通常の労働のひとつとなった。弓と弦と矢は、すでに非常に複雑な道具を形成している。この道具の発明は、長期にわたる繰り返しの経験と鋭い精神力を前提とし、したがって、他の多くの発明も同時に知っている必要があるのだ。弓矢はよく知っているが、土器はまだ知らない民族(モルガンはここから蛮族への道を歩むことになる)を比較すると、実はすでに、村への最初の入植、生存手段の生産に関する一定の熟練、木の容器や道具、樹皮繊維による手織り(織機なし)、樹皮やイグサで編んだバスケット、磨き上げた石器(新石器時代)などが見られるのである。ほとんどの場合、火と石斧はすでに掘ったカヌーを提供し、地域によっては家を建てるための梁や板を提供している。例えば、アメリカ北西部のインディアンは、弓矢はよく知っているが、土器は知らない。弓矢は野蛮な国家にとって、鉄剣は野蛮な時代にとって、火器は文明にとって、決定的な武器であった。

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。