海底2万哩/第1巻 第13章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


第13章

いくつかの指標[編集]

しばらくして、我々はラウンジのソファに座り、葉巻を咥えていた。船長は私の目の前に、ノーチラス号の平面、断面、立面を記したスケッチを置いた。そして、次のような言葉で説明を始めた:

「アロナックスさん、あなたを乗せている船の大きさはこんな感じです。これは非常に長い円筒で、両端は円錐形をしています。葉巻のような形をしていますが、この形はロンドンですでにいくつかの同じ種類の建造物に採用されています。この円筒の頭から頭までの長さはちょうど70メートルで、最大幅の梁は8メートルである。そのため、高速の蒸気船のように10分の1の大きさにはなっていませんが、船体が十分に長く、流れも十分に長いため、排出された水は容易に抜け、船の進行を妨げることはありません。

「この2つの寸法から、ノーチラス号の表面積と体積を簡単な計算で求めることができます。表面積は1,111平方メートルと400分の1、体積は1,500立方メートルと10分の2、つまり、完全に水没した状態では、1,500立方メートルまたはバレルの大きさや重さになるということです。」

「水中航行用の船の設計図を書いたとき、水の中に10分の9沈んで、10分の1しか出ないようにしたかった。したがって、この条件では、体積の10分の9、つまり13156立方メートルと100分の48しか移動しないはずであり、つまり、同じ数の樽の重さしかないはずである。そのため、上記の寸法で作ることで、この重量を抑える必要がありました。」

「"ノーチラス "は、内側と外側の2つの船体をT字型の錬鉄で結合し、極めて高い剛性を実現しています。実際、この細胞配列のおかげで、まるでブロックのように満遍なく抵抗します。その板張りは、リベットの締め付けではなく、自らの力で接着し、材料の完璧な組み合わせによる構造の均質性により、最も激しい海にも耐えることができます。」

「この2つの船体は鉄板でできていて、水に対する密度は10分の7~8です。1つ目は、厚さ5cm以上、重さ3百9十4バレル96分の1。高さ50センチ、幅25センチ、重さ62バレルの第二船体、エンジン、バラスト、様々な付属品、隔壁、内側のブレースを合わせた重さは、600分の961バレルで、これに94分の344バレルを加えた必要な合計は、400分の1356バレルとなります。これは理解されていますか?」

「それでいいです。」と私は答えた。

「だから、この条件でノーチラス号が浮いていると、10分の1ずつ浮上します。さて、この10分の1に相当する容量のタンク、つまり150トンと72分の1のタンクを用意して、そこに水を入れれば、1500トンと7トンを移動させた船、あるいはその重さの船は完全に水没します。こういうこともあるんですね、教授。これらのタンクは、まずノーチラス号の下部に存在します。私が蛇口を開けると、蛇口がいっぱいになり、船は水面に沈んでいきます。」と船長。

「さて、船長、ですが、ここからが本当の難しさです。海面に流すことができること、了解しました。しかし、さらに水面下に潜ることで、潜水艦装置は圧力を受け、その結果、水深30フィートあたり1気圧、1平方センチメートルあたり約1キログラムと推定される下からの推力を受けることになりませんか?」

「その通りです。」

「だから、ノーチラス号を完全に満杯にしない限り、液体の塊の中を引きずることはできないと思います。」

ネモ船長は、「教授、静力学と動力学を混同してはなりません。体が「溶ける」傾向にあるため、海の下層部に到達するために費やす労力はほとんどありません。私の推理に従ってください。」

「聞いていますよ、船長。」

「ノーチラス号が水に浸かるために必要な重量の増加は、海水の層が深くなればなるほど体積が減少することを考えればよいのです。」

「当たり前ですよね。」と私は答えました。

「さて、水が絶対的に非圧縮性ではないとしても、少なくとも、ほとんど圧縮性はありません。実際、最新の計算によると、この減少量は、1大気あたり、あるいは30フィートの深さあたり、わずか1,000万分の4,316である。1000メートルになると、1000メートルの水柱に相当する圧力、つまり100気圧の圧力で体積が減少することを考慮しています。このときの削減量は1,000分の4,316となる。そのため、重量を増やして、1507トンの10分の2ではなく、150013トンの100分の7にしなければなりません。そのため、増加分は100分の6バレルとなります。

「それだけですか?」

「それだけです、アロナックスさん、計算は簡単に確認できます。樽を100個積める追加のタンクもあります。そのため、かなりの深さまで潜ることができます。水面に上がって洗浄したいときには、この水を流し、すべてのタンクを完全に空にすればいいのです。」

このような数字による推論に異論はなかった。

「船長、あなたの計算は認めます。」と私は答えた。「経験上、毎日正しいことが証明されているので、異議を唱える気にはなれません。しかし、現状では本当に難しいと感じています。」

「どれですか?」

「水深1,000メートルにいるとき、ノーチラス号の壁は100気圧の圧力に耐えることができます。その時、船を軽くするために余分なタンクを空にして水面に戻ろうとすると、ポンプはこの100気圧(1平方センチメートルあたり100キログラム)の圧力を克服しなければなりません。ゆえに電力が...」

ネモ船長は慌てて、「電気だけではダメなのです。繰り返しになりますが、私の機械のダイナミックパワーはほぼ無限大です。ノーチラス号のポンプは非常に大きな力を持っており、その水柱がエイブラハム・リンカーン号の上を激流のように駆け抜けていく様子を見たはずです。それに、私が追加タンクを使うのは、平均水深1,500~2,000メートルに到達するときだけで、それも装置を温存するためです。また、海面から2~3リーグ下の深みに行きたいと思ったときは、より長い時間をかけて、しかし確実な操作を行います。」

「船長、どれですか?」と私は尋ねた。

「そこで、ノーチラスがどのように操作されているのかを紹介します。」

「その話を聞くのが楽しみです。」

「この船を右舷と左舷に操る、つまり水平に移動するために、私は大きな舵刃を持つ普通のラダーを船尾に固定し、ホイールとタックルで操作しています。しかし、私はノーチラス号を垂直面で上下に動かすこともできます。浮力の中心にあるノーチラス号の側面に取り付けられた2つの傾斜面を使って、あらゆる姿勢をとることができる可動式の平面で、内側から強力なレバーで操作します。これらの平面がボートと平行に保たれていれば、ボートは水平に動く。傾いていれば、ノーチラス号はその傾きの性質に応じて、プロペラの推力で、自分の都合の良いように対角線上に沈むか、あるいはこの対角線上に上昇する。さらに、より早く水面に戻りたいときは、プロペラを作動させると、水の圧力でノーチラス号が垂直に上昇し、水素で膨らませた風船が空中に急上昇するようなものです。」

「見事です、船長。」と私は叫んだ。「しかし、水の中で操舵手が与えられたコースに従うことができるでしょうか?」

「操舵手は、ノーチラス号の船体上部に突き出た、レンチキュラーガラスを敷き詰めたガラスの籠の中に入っています。」

「そのような圧力に耐えられるガラスですか?」

「そうなんです。水晶は衝撃に弱いが、かなりの抵抗力がある。1864年に北の海の真ん中で行われた電灯漁の実験では、この素材の板がわずか7ミリの厚さで16気圧の圧力に耐え、強力な熱線を透過させて熱を不均等に分散させていました。私が使っているメガネは、中心部が21センチ以上あり、つまりこの30倍の厚さがあります。」

「しかし、見るためには光が暗闇を駆逐しなければならず、水の暗闇の中でどうやって...」

「操舵手の籠の後ろには強力な電気反射板があり、その光線は半マイル先の海を照らします。」

「ああ、素晴らしい、3倍の素晴らしい!これで、科学者の興味をそそった、いわゆるナルホドの燐光を説明できるようになりました。ところで、あれほどの衝撃を与えた「ノーチラス号」と「スコシア号」の衝突は、偶然の出会いだったのでしょうか。」 「全くの偶然です。衝撃を受けたとき、私は水面下2メートルのところを航行していました。しかも、何の問題もないことがわかりました。」

「ありません。しかし、エイブラハム・リンカーン号との出会いはどうだったのでしょうか?」

「教授、私はこの勇敢なアメリカ海軍の最高の船の一つに申し訳ないが、私は攻撃され、自分自身を守らなければならなかった。しかし、私はこのフリゲート艦を行動不能にすることに満足していた。」

「ああ、船長、あなたのノーチラス号は本当に素晴らしい船ですよ。」と私は確信を持って叫んだ。

「はい、教授」とネモ船長は感情を込めて答えた。「私は彼女を肉親のように愛しています。もし、海の危険にさらされているあなたの船の一つにすべてが危険であるならば、この海での第一印象が、オランダ人のヤンセンがよく言ったように、ノーチラス号の下や船上での深淵の感覚であるならば、人の心はそれ以上恐れることはありません。この船の二重船体は鉄のような剛性を持っているので、変形を恐れることはありません。転がりやピッチングで疲れる艤装品もなく、風で流される帆もなく、蒸気で破れるボイラーもなく、この装置は木ではなくシートメタルでできているので、火事を恐れることもありません。電気を動力源としているため、石炭を消耗することはありません。また、深海を単独で航行するため、遭遇を恐れることはありません。また、水深数フィートのところで絶対的な静けさを得られるため、嵐に耐えることもありません。ここにありますよ。これこそが最高の船なのです。技師は造船家よりも、造船家は船長よりも船に自信を持っているというのが本当ならば、私が船長であり、造船家であり、技師でもあるということで、私がどれだけノーチラス号を信頼しているかを理解してください。」

ネモ船長は、雄弁に語ってくれた。彼の目の中の炎、そのジェスチャーの情熱は、彼を変貌させた。そう、彼は父親が子供を愛するように、船を愛していたのだ。

しかし、軽率かもしれないが、ある疑問が自然と湧いてきて、私はそれを聞かずにはいられなかった。

「"ネモ船長 "は技師なんですね。」

「私が陸上の大陸に住んでいた頃、ロンドン、パリ、ニューヨークで勉強しました。」

「しかし、この立派なノーチラスをどうやって秘密裏に作ったのでしょうか?」

「彼女の作品はそれぞれ陸上の別の場所から、行き先を偽って私のもとにやってきました。キールはル・乗員ゾで、プロペラシャフトはロンドンのペン社で、船体の板金はリバプールのリアドで、プロペラはグラスゴーのスコットで鍛造されました。タンクはパリのCail et Ce社、エンジンはプロイセンのKrüpp社、スパーはスウェーデンのMotala社、精密機器はニューヨークのHart Brothers社などで作られており、それぞれの業者が様々な名前で私の設計図を受け取っていました。」

「しかし、このようにして作られた作品は、組み立てて調整しなければならないのではないですか?」


「教授、私は海に浮かぶ無人の小島に工房を構えていました。そこで、私の労働者、つまり私が指示して訓練した勇敢な仲間たちと私は、ノーチラス号を完成させた。そして、作戦が完了し、この小島に我々が通った痕跡をすべて火で消してしまったのである。」

「では、この建造物の費用は過大であると考えてよいのでしょうか?」

「アロナックスさん、鉄の船は1トンあたり1125フランです。さて、ノーチラスは1500フラン。そのため、費用は1618万7千フラン、付属品を含めると200万、美術品やコレクションを含めると400万から500万となります。」

「最後の質問ですが、ネモ船長。」

「どうぞよろしくお願いします。」

「じゃあ、お金持ちなのですか?」

「無限のお金持ちですよ!フランスの100億の借金を苦もなく払えますよ。」

私は、そんな風に話しかけてくる見知らぬ男をじっと見つめていた。私の信用を利用したのだろうか?未来が教えてくれるだろう。

訳注[編集]