海の侵略/第12章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


第12章
何が起こったのか
[編集]

ヴィレット中尉がギゼブオアシスへ向かった後、技師は長期滞在になる可能性があるため、準備を始めていた。

確かに、誰もメザキを疑おうとは思わなかったし、その日の夕方には、メザキとポワンタがヴィレット中尉の連れてきた大勢の労働者とともに課に戻ってくることを疑う者はいなかった。

忘れてはならないのは、347キロ地点で、ド・シャルレ氏とハーディガン大尉を入れると、残るはピスターシュ軍曹、フランソワ氏、スパヒスー4人、幌馬車馭者2人の10人だけであったことだ。早速、一同はオアシスの端、現場近くに陣地を構えることにした。そこで荷馬車を走らせ、道具を降ろして、いつものようにテントを張った。馬のほうは、馭者とスパヒスーが餌の豊富な牧草地を選んでやった。別働隊はというと、あと数日分の食料は確保できていた。一方、義勇兵とその監督、労働者たちは、ゼリベト村が容易に供給できた必要なものをすべて持ち帰らなければ、帰ってこない可能性があった。

さらに、最寄りの町であるネフタ、トズール、ラ・ハンマの支援も期待された。その後、の先住民は、これまで述べてきたように、ルデールの信奉者たちのこの偉大な仕事に対して何もすることができなかったのである。

347キロメートルの地点への物資を初日から確保することが重要なので、技師とハーディガン大尉は、ネフタかトズールに使者を送ることに同意した。彼らは、荷馬車のスタッフとともに何度も通っていて、この道を完全に知っている2人のカート馭者を選んだ。信頼できる2人のチュニジア人だった。翌日の夜明けに出発すれば、動物に乗ったこの男たちはすぐに村に到着し、数日後にはメルリルに食料を送ることができるだろう。技師から会社の幹部社員への手紙と、ハーディガン大尉からトズール軍司令官への手紙の2通だ。

朝の食事の後、オアシスの最初の木々の茂るテントの中で、ド・シャルレは大尉に言った。

「親愛なるハーディガン、ピスターシュとフランソワに最後の取り付けをさせてください。この運河の最後の部分の修理についてもっと正確に知りたいのですが・・・」

彼は、その全長を歩いて、中に捨てられた土砂の量を見極めた。

そして、この関連で彼は仲間にこう言った。

「確かにこの先住民はたくさんいて、義勇兵とその部下達が抵抗できなかったのもわかる......。」

「しかし、トゥアレグ族などのアラブ人が大挙して押し寄せただけでなく、労働者を追い払った後で、どうしてあれほどまでに作業を中断させ、運河の底に大量の資材を投げ込んだのか...メザキの話とは逆に、相当時間がかかったに違いありません。」

「このようにしか説明できない。掘ることはないのであるが、土手を埋めて運河の底にすくい上げる必要がありました。そこには砂しかなく、義勇兵たちが脱出を急ぐあまりに捨ててしまった装備や、おそらく過去のものもあったので、作業は思ったよりずっと簡単でした。」とド・シャルレ氏は答えた。

「その場合、48時間あれば十分だろう。」とハーディガン大尉は説明する。

「2週間もあれば、修理は完了すると思う。」

「それは、メルリルの大水路のこの区間も、他の区間と同様に、2つの水路が完全に浸水するまで水路を保護することである。ここで起こったことは、他の場所でも起こりうることである。ジェリッドの住民、特に遊牧民が頭を抱えているのは確かで、部族の長はこの内海の造成に反対を唱え、彼らの側からの侵略を常に恐れている...また、軍当局も警告する必要がある。ビスクラ、ネフタ、トズール、ガベスの守備隊があれば、効果的な監視体制を確立し、新たな反乱から作品を守ることも難しくはないだろう。」

これは要するに、最も緊急なことで、アルジェリア総督とチュニジア駐在総監に遅滞なく状況を知らせることが重要であった。この大事件に関わるさまざまな利害を守らなければならないのだ。

しかし、技師が繰り返したように、サハラ砂漠の海が稼働すれば、自衛することは確かである。しかし、この計画が始まった当初は、ラルサ盆地とメルリル盆地の浸水には10年以上の期間を要すると見積もられていたことも忘れてはならない。その後、地形をより詳細に調査した結果、この期間は半分に短縮された。しかし、モニタリングが必要なのは、2つの運河の各ステーションだけで、洪水が起こりやすい盆地では、モニタリングは必要ない。たしかに、一号運河の227キロ、二号運河の80キロは、長い時間をかけて守るべき経路であった。

そして、この件に関するハーディガン大尉の発言に対して、技師は盆地の浸水について既に述べたことを繰り返すだけであった。

「ジェリッドの土壌は、海岸とラルサ、メルリルの間の部分で、我々に驚きを与えてくれるという考えがまだ残っている。したがって、この運河が水の流れによって広がり、深くなることは認められ、ルデールはこの可能性に期待して、この工事を完成させたのである。盆地については、かつての湖の乾燥床であり、突然あるいは徐々に、現在計画されている高さよりも水の作用で深くなっていくだろう。したがって、完全な浸水は想定よりも短時間で完了すると確信している。繰り返すが、ジェリッドは地震による衝撃から安全ではないし、この動きは我々の企業にとって好ましい方向にしか修正できないのだ。仮に、2年前、1年前に、商船隊がラルサの海を行き交い、メルリルが満杯になったら、あなたはどう言うだろう?」

ハーディガン大尉は、「君の仮説は受け入れるよ。しかし、2年後に実現しようが、1年後に実現しようが、十分な戦力で作品と労働者を守る必要がある......。」と答えた。

「私もハーディガンさんと同じ考えです。運河の監視を、その全範囲にわたって、遅滞なく確立することが重要なのです。」

翌日、作業員が現場に戻ってから、ハーディガン大尉はビスクラの軍司令官に連絡し、特急を送ることにした。このような状況では、先住民の新たな攻撃は恐れるに足りません。

点検を終えた技師と大尉は、まだ整理中の宿営地に戻り、夕方までに必ず戻ってくる中尉を待つしかなかった。

今、遠征隊が置かれている状況で最も重要な問題は、物資の問題であった。それまでは、2台の荷馬車の蓄えか、このジェリッドの町や村で購入した食料で賄われていた。人馬ともに物資に不自由はなかった。

さて、347キロ地点の再興地では、数週間滞在するため、より定期的な物資の供給が必要である。そこで、ハーディガン大尉は、近隣の駐屯地の軍当局に通知すると同時に、オアシスでの滞在期間中の食料の提供を要請することにした。

あの日、4月13日、太陽が昇るやいなや、地平線上に重い水蒸気が積もっていったのはご記憶のとおりです。午前も午後も息が詰まるような暑さになると、あらゆるものが告知していた。北の方で非常に激しい嵐が発生していることは間違いない。

また、ピスターシュ軍曹のコメントに対して

フランソワ氏は、「この日が荒天であっても不思議はない。朝から、この砂漠の一角に、これから起こるであろう自然との戦いに期待している。」

「そしてなぜ?」とピスターシュは尋ねた。

「お待たせしました、軍曹です。朝一番にヒゲを剃っていたら、毛が逆立って、2~3回カミソリをやり直さなければならないほど硬くなってしまった。それぞれの毛穴から、小さな火花が出ているような......。」

「不思議なことだ。」フランソワ氏のような男の主張を疑うことなく、軍曹はそう答えた。

この立派な人の毛の仕組みが、猫の毛のように電気的な性質を持っているというのは、おそらく違うのだろう。しかし、ピスターシュはあっさりとそれを認めた。

「それで...今朝は?」彼は仲間のきれいに剃られた顔を見て言った。

「今朝は、信じられない!・・・頬と顎に、発光するワシが点在していた・・・。」

「それを見てみたかった。」とピスターシュは言った。

しかも、フランソワ氏の気象観測によらずとも、北東から嵐が吹き荒れていることは確かで、大気は次第に電気を帯び飽和状態になりつつあった。

暑さが身にしみる。そこで、昼食後、技師と大尉は長い昼寝をした。オアシスの最初の木々の下に張ったテントの中に避難しているのだが、灼熱の暑さで、息もできないほどだ。

この事態に、ド・シャルレ氏も大尉も気が気でなかった。この時間、盆地セレムの上空ではまだ嵐は起こっていなかった。しかし、当時その勢力が北東部、まさにギゼブのオアシスの上空で発揮されていたことは間違いない。雷鳴まだ聞こえないのか、こちら側では雷が空を横切り始めていた。もし、何らかの事情で中尉が嵐の前に出発できないのであれば、翌日まで宿営地に戻らなくても、木陰で嵐を待とうというのがすべての提案であった。

それに、今夜はもう彼に会えないかもしれない。ヴィレットが今日の午後2時頃に出発していれば、今頃はオアシスが見えているはずなのだが......。」とハーディガン大尉は言った。

「たとえ1日遅れても、中尉があんな空の下で冒険をしないのは正しいことだ。最も不幸なことは、彼や彼の部下が、避難所のない平原で捕らえられた場合だ...。」とシャルレ氏は答えた。

「それが私の考えです。」とハーディガン大尉は結論づけた。

午後になっても、小隊の接近を知らせるものは何もなく、それに先立つクープ・ア・クールの吠え声さえもない。今、1リーグも離れていないのに、雷が途切れることなく空間を照らしている。重い雲の塊は天頂を過ぎ、ゆっくりとメルリルのほうに落ちてきた。30分もすれば、嵐は宿営地の上空に到達し、その後、盆地したところで嵐になる。

しかし、技師、ハーディガン大尉、軍曹、スパヒスーの2人は、オアシスの端まで行ってしまった。目の前には広大な平原が広がり、あちこちでエフロレッセンスが稲妻の光を反射している。

しかし、その視線は地平線の彼方まで届いていない。こちら側には騎馬民族の一団は現れなかった。

大尉は言った、「分遣隊が出発していないのは確かだ。」

「そう思う、大尉。嵐の後でも、夜、暗闇の中で、ゴレアへの道を見つけるのはとても難しいだろう......。」とピスターシュが答えた。

「ヴィレットは経験豊富な将校だから、彼の慎重さに期待できる...宿営地に戻ろう、もうすぐ雨が降るから。」

4人が10歩ほど歩いたところで、中尉が立ち止まった。

「いいかい、大尉...」と彼は言った。

すべてが好転したのである。

「吠え声が聞こえるようですが、散歩中の犬だろうか...」

彼らは耳を傾けた。ダメだ!短い小休止の間に吠えるのはダメだ。ピスターシュは確かに勘違いしていた。

その後、ハーディガン大尉らは宿営地に向かい、木々が風にたわむれるオアシスを越えてから、テントに戻った。

もう少し時間があれば、豪雨の中で吹き荒れる突風に襲われていたことだろう。

6時になった。この夜は、ガベスを出発して以来、最悪の事態となる。

ヴィレット中尉が遅れたのは、間違いなくこの恐ろしい嵐のせいで、翌日までギゼブオアシスで待機することになったと思われたからだ。

とはいえ、大尉とシャルレ氏は、ある種の不安を感じないわけではなかった。メザキが義勇兵の手先であると自称していたことも、メルリルに派遣された遠征隊に対して何か犯罪的な計画を立てていたことも、彼らは疑うことすらできなかったのである。しかし、ジェリッドの遊牧民や定住民の心理状態、サハラ砂漠の造成に対して各部族が抱いていた興奮を忘れるはずがない...最近ゴレアの作業現場が襲撃されたが、この部分の作業が再開されれば、おそらくまた襲撃されるだろう...メザキは、侵略者は労働者を分散させた後、盆地の南方に撤退したと断言している。しかし、他の隊が平野を走っているかもしれないし、もし出会ったら、ヴィレット中尉の分隊は数で押しつぶされるだろう。

しかし、よく考えてみれば、それは大げさな話だったのだろう。しかし、技師と大尉は何度も何度も足を運んでくれた。そして、危険が迫ったとき、それがギザへの道にいるヴィレット中尉とその部下ではなく、オアシスにいるシャルレ氏とその仲間であることを、どうして予見できたのだろうか。

6時半になると、嵐は本格的になってきた。何本かの木に雷が落ち、技師のテントは電撃液にやられそうになった。雨は勢いよく降り注ぎ、盆地に向かって流れる千本のリオが浸透し、オアシスの地面は一種の沼地のような状態に変化していった。同時に、風は恐ろしいほど激しくなっていた。枝はガラスのように折れ、根元から折れた多くのヤシの木が流れ落ちた。

外に足を踏み出すことはできなかっただろう。幸いなことに、馬は台風に耐えられるような大きな木の塊の下に避難することができたので、台風による恐怖にもかかわらず、馬を維持することができた。

空き地に残されたラバの場合は、そうではなかった。稲妻の光に怯え、馭者の努力にもかかわらず、彼らはオアシスの向こう側へ逃げていった。

スパヒスーの一人が、ハーディガン大尉に注意しに来て、こう叫んだ。

「何としても取り戻さなければなりません...。」

「馭者2人が追いかけたよ。」と軍曹が答えた。

「二人、仲間に入れろ。もし、ラバがオアシスから逃げ出したら、道に迷うだろう......平原で捕まえることはできない!......」と命令した。

突風が陣地に吹きつける中、4人のスパヒスーのうち2人は、時折聞こえてくる馭者の掛け声に導かれるように、空き地の方向へ駆け出していった。

雷や閃光の強さは衰えなかったが、突風が急に収まり、風も雨も弱くなった。しかし、闇は深く、閃光に照らされて自分の姿が見えるだけである。

技師とハーディガン大尉がテントから出てきて、フランソワ氏、軍曹、野営地に残っていたスパヒスーの二人がそれに続いた。

言うまでもなく、夜遅くまで続くであろう嵐の激しさを考えると、ヴィレット中尉の帰還を当てにする必要はなかった。翌日、ジェリッドを通る経路が実用化されるまで、彼と部下は再び出発しないことになった。

北の方から吠え声が聞こえてきたとき、大尉と仲間たちはどんなに驚き、喜んだことだろう。

今度は間違いない。犬がオアシスに向かって走り、しかも急接近してきたのだ。

「彼だ!」軍曹が叫んだ。彼の声には見覚えがある...

「だから、ヴィレットは遠くない。」とハーディガン大尉は答えた。

確かに、忠実な動物が分遣隊に先行したとすれば、ほんの数百歩の距離だったに違いない。

その時、何の前触れもなく、30人ほどの先住民が、這うようにして陣地に飛び込んできた。大尉、技師、軍曹、フランソワ、そして二人の曹長は、お互いを認識する間もなく囲まれ、身を守る間もなく捕らえられた...その上、わずかな人数で、突然現れたこの集団に対して何ができただろうか?

一瞬にしてすべてが略奪され、馬はメルリルのほうに引きずり込まれた。

虜囚たちは、お互いに離れ離れで、言葉も通じないまま、盆地の表面に押し出され、彼らの足跡を追ってやってきた犬が後に続いた。そして、ヴィレット中尉が陣地に到着した時には、彼らはすでに遠く離れており、朝残してきた部下も、ハリケーンの間に間違いなく逃げたであろう馬も跡形もなかった。

訳注[編集]