朝鮮語文法/第二編第八章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

綴字法において形態部ないし単語の固定的表記のために使用されるパッチムを全部挙げると次の通りである。 ㅂ, ㅍ, Nkchar-w.svg, ㅄ, ㄷ, ㅌ, ㅅ, ㅿ, ㅆ, ㅈ, ㅊ, ㄱ, ㅋ, ㄲ, ㄳ, ㅎ, ㆆ, ㄹ, Nkchar-l.svg, ㄼ, ㄿ, ㄺ, ㄾ, ㄽ, ㅀ, ㅭ, ㄻ, ㄴ, ㄵ, ㄶ, ㅁ, ㆁ, ᅁ

その使用される例を挙げれば以下の通りである。

곱다(屈) 굽다(曲) 밥(飯) 집(家) 탑(塔)
갚다(報) 깊다(深) 높다(高) 늪(沼) 덮다(蓋)
무릎(膝) 숲(藪) 싶다(欲) 앞(前) 엎다(覆)
옆(側) 잎(葉) 짚다(杖) 헝겊(布片)
Nkchar-w.svg New-gow.svg다(姸) New-guw.svg다(燒) New-giw.svg다(補) New-nuw.svg다(臥) New-deow.svg다(暑)
New-dow.svg다(助) New-miw.svg다(憎) New-maew.svg다(辛) New-suiw.svg다(易) New-chuw.svg다(寒)
값(價) 가엾다(憐) 부질없다(漫) 시름없다(愁貌) 없다(無)
걷다(捲) 곧(卽) 곧다(直) 굳다(固) 낟(穀)
닫다(閉) 돋다(昇) 맏(昆) 묻다(埋,染) 믿다(信)
받다(受) 얻다(得)
같다(同) 겉(表) 끝(末) 낱(個) 밑(底)
밭(田) 밭다(迫) 볕(陽) 붙다(付) 솥(鼎)
팥(豆) 얕다(淺) 맡다(任, 嗅)
갓(笠) 낫(鎌) 벗다(脫) 옷(衣) 씻다(拭)
깨다ᇫ다(覺) 거ᇫ다(步) 겨ᇫ다(編) 기ᇫ다(汲) 누ᇫ다(焦)
다ᇫ다(走) 다다ᇫ다(臨) 드ᇫ다(聽) 무ᇫ다(問) 부ᇫ다(殖)
일커ᇫ다(稱)
겠다(未來 토) 았다(過去 토) 었다(過去토) 였다(過去토) 있다(有)
갖다(備) 꽂다(揷) 꾸짖다(叱) 궂다(凶) 낮(晝)
낮다(低) 늦다(晩) 맞다(適, 被打) 맺다(結) 부르짖다(叫)
빚(債) 젖(乳) 맞다(迎) 젖다(濕) 짖다(吠)
찢다(裂) 찾다(尋) 잊다(忘)
갗(皮膚) 꽃(花) 낯(顔) 닻(錨) 덫(捕獸器)
돛(帆) 몇(幾) 빛(色, 光) 숯(炭) 옻(漆)
윷(柶) 좇다(從) 쫓다(逐)
국(羹) 녹(錆) 막다(防) 떡(餠) 썩다(腐)
녘(頃) 부엌(廚)
깎다(削) 꺾다(折) 겪다(經) 낚다(釣) 닦다(拭)
묶다(束) 밖(外) 볶다(炒) 섞다(混) 솎다(抄)
엮다(編)
넋(魂) 몫(配分) 삯(賃)
검엏다(黑) New-gir.svg다랗다(長) 깊다랗다(幽邃) 낳다(産) 넣다(入)
높다랗다(高) 놓다(放) 눌엏다(黃) 닿다(接) 둥글엏다(圓)
붉엏다(赤) 이렇다(如此) 좋다(好) 커다랗다(大) 펄엏다(靑)
허옇다(白) 땋다(辮) 빻다(碎) 쌓다(積) 써눌엏다(冷)
찧다(搗)
그ᇹ다(劃) 나ᇹ다(癒, 優) 부ᇹ다(注) 여ᇹ보다(窺視) 이ᇹ다(續)
자ᇹ다(紡) 저ᇹ다(攪)
길(路) 날(日) 물(水) 돌(石)
Nkchar-l.svg New-gar.svg다(耕) New-geor.svg다(掛, 沃) New-gir.svg다(長) New-nar.svg다(飛) New-nor.svg다(稀,遊)
New-dar.svg다(甘,掛,量) New-dor.svg다(回) New-meor.svg다(遠) New-mur.svg다(咬) New-mir.svg다(推)
New-beor.svg다(儲) New-bur.svg다(吹) New-seor.svg다(生疎) New-zhar.svg다(細) New-zhir.svg다(泥)
넓다(廣) 밟다(踏) 얇다(薄) 여덟(八) 짧다(短)
읊다(詠)
굵다(太) 긁다(搔) 기슭(麓) 늙다(老) 닭(鷄)
맑다(淸) 묽다(淡) 밝다(明) 붉다(赤) 얽다(痘痕,縛)
읽다(讀) 흙(土)
핥다(舐) 훑다(挾扱)
곬(向方) 돐(朞)
곯다(未滿) 꿇다(跪) 끓다(沸) 닳다(耗) 뚫다(穿)
쓿다(精米) 싫다(厭) 앓다(病) 옳다(可) 잃다(失)
그ᇙ다("그르다" [非]の方言) 이ᇙ다("그르다" [早]の方言)
다ᇙ다("그르다" [異]의 方言)
곪다(膿) 굶다(飢) 닮다(似) 삶다(烹) 옮다(移)
젊다(少)
논(畓) 문(門) 신다(履) 안다(抱)
끼얹다(撒) 앉다(坐) 얹다(置上)
끊다(批) 괜찮다(無妨) 귀찮다(厭苦) 꼲다(絶) 많다(多)
점잖다(偉) 하잖다(不大) 언짢다(不好)
담다(盛) 심다(植) 꿈(夢) 땀(汗)
공(功) 병(病) 땅(地)
구ᇬ ("구멍"の方言) 나ᇬ ("나무"の方言)

[附記] パッチムを正しく探して用いることは,綴字法上極めて重要である。どのパッチムを用いるべきところなのかを知るためには,語幹に母音吐(에, 으로, 의, 어서, 으니等)を添加してみてその時どのような音が語幹の末音となるかを見れば大部分のパッチムを知ることができる。

例:

낫에 낫으로 낫의
닭에 닭으로 닭의
값에 값으로 값의
깊다 깊어서 깊으니
걷다 걷어서 걷으니
밟다 밟아서 밟으니

この団体著作物又はその原文は、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(北朝鮮の場合は2003年4月28日)の時点で公表の翌年から起算して50年を経過しており、北朝鮮においてパブリックドメインの状態にありました。


この団体著作物又はその原文は、本国若しくは著作物の最初の発行地又は日本国の著作権法において保護期間が満了しているため、日本国においてパブリックドメインの状態にあります。(北朝鮮著作権法第24条及び日本国著作権法第58条参照。)


この著作物又はその原文は、アメリカ合衆国外で最初に発行され、及びその後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず、並びに1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行され、又は1978年より後に著作権表示なしに発行され、並びにウルグアイ・ラウンド協定法の期日に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。