月刊ポピュラーサイエンス/第18巻/1881年2月号/家庭用原動機III

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


家庭用原動機III

CHARLES M. LUNGREN 著

III.ガスエンジンと電動機[編集]

ガスエンジンは、使用する弾性流体の膨張の性質と、熱の加え方が、蒸気機関や熱空気機関とは異なります。一方では、火を使ってエンジン外部の容器に入れた水を蒸気に変え、その蒸気をシリンダーに入れて、その膨張力でピストンを動かします。

どちらもシリンダーの外で熱を加えますが、ガスエンジンの特徴はシリンダー内で熱を発生させることです。ガスと空気の混合物は、エンジンの作動によってシリンダー内に引き込まれ、爆発し、発生した熱が燃焼生成物を膨張させ、ピストンに圧力をかけて運動させる。このように熱を仕事に変換する方法は簡単だが、実際に実現するのは非常に難しく、完全に使える機械が作られるようになったのはごく数年前のことである。最も経済的な結果が得られるのは、蒸気エンジンの蒸気のように、膨張気体が及ぼす圧力が連続的で徐々に減少する場合です。ガスエンジンのような爆発性混合物では、膨張は非常に速く起こり、急激で持続しない圧力が発生するため、経済的な結果を得ることも、機構を安定して作動させることも困難である。空気とガスの割合を変えて、爆発ではなく素早い燃焼を起こし、混合ガスを一度にではなく徐々にシリンダー内に導入することで、この急速な膨張を抑え、得られる圧力を蒸気機関のものに近づけることができる。

中程度の成功を収めた最初のエンジンは、ヒューゴン(1858年)とルノワール(1860年)のものであった。しかし、いずれのエンジンもガスの経済性には乏しく、1867年のオットーとランゲンのエンジンを最後に、この点で満足できるものは作られていない。しかし、このエンジンは、運転中の耐え難い騒音のために不愉快なものであった。

このエンジンは、せいぜい成功したとはいえないが、そうとは言い難い機械に道を開いた。数年後に発表されたオットー・サイレント・ガス・エンジンは、現在、日本とヨーロッパで製造されており、どちらも急速に普及しています。燃料の問題では、同程度の出力の蒸気機関とほぼ同等の経済性を持ち、実際の使用ではそれ以上の効果がある。シリンダーに導入される可燃物は、爆発ではなく急速な燃焼が起こるような比率のガスと空気で構成されており、その膨張から十分な圧力を得るために、点火される前に元の体積の3分の1まで圧縮されます。

この国では、2馬力から7馬力までの3つのサイズのエンジンが商売用に作られているが、希望に応じてより大きな出力のものも作られる。イギリスのメーカーは1馬力から40馬力までのエンジンを製造しており、大陸でも同じように広い範囲のエンジンを製造しています。このエンジンは、図12に示すように、アメリカのメーカーが製造したものである。シリンダーは水平に配置され、機械の実質的なベッドブロックの上に張り出しています。シリンダーは、フライホイールに向かっている方の端が大気に開放されており、もう一方の端は、ガス状の混合物を導入して点火するための装置が入っているヘッドピースで閉じられています。ヘッドプレートAは、可燃物を入れるための通路があるlを除いて、シリンダーを完全に閉じています。このプレートと外側のプレートCの間にはスライドバルブBがあり、外側のプレートは図12に示したスパイラルスプリングによってバルブに押し付けられています。ガスを供給するパイプは、その内側の面でcに開口しており、mには、エンジンが作動している間、常に点灯する小さなジェットがあります。スライドバルブBにはiとnの2つの流路があり、iは空気とガスをシリンダーに送り込み、nは混合気に点火する役割を果たします。ピストンがストロークの初期にあるとき、バルブBは、空気流入口aとガス流入口cがポートiを介して通路lと連通するような位置にあります。ピストンが混合ガスの圧縮を完了すると同時に、nがlの反対側に到達して点火し、バルブは開口部を閉じるように動き続けます。ピストンは、ガスの膨張によって外側に押し出され、戻るときには、エンジンの機構によって作動するシリンダーの側面にあるバルブqから排出される。スライドバルブは、シリンダーの縦方向に伸びたレイシャフト(図)の先端にあるクランクによって往復動する。従って、可燃性の混合気は2回のストロークで1回だけ吸い込むことができるが、新たな供給を行うかどうかは、負荷が変化しても一定の速度を維持するように働く調速機によって決定される。調速機は通常のボール型で、シリンダーから突き出たカップ型の受け皿に設置されています。調速機は、その動きによってガスバルブを制御するレバーを作動させ、速度の変化に応じてガスバルブを開閉させます。この調節は繊細で、速度は蒸気機関のようにほぼ均一ではない。速度は、毎回吸い込むことができる空気とガスの量を増減することで、自由に変えることができる。また、ガスバルブが開いたままの状態でエンジンが停止した場合には、ガスバルブを閉める自動装置が設けられています。給油はほとんどエンジン本体で行い、必要な作業はオイルカップへの充填のみである。オイルカップはシリンダーの上部に設置されており、レイシャフトから駆動される小軸とプーリーによって、1回転ごとに所定の数のオイルをスライドバルブ、シリンダー、ピストンに供給します。排気はチャンバーに送られ、そこからわずかな圧力で大気中に放出されるため、騒音はありません。シリンダーは冷却のためにウォータージャケットで覆われていますが、水の循環は受けた熱によって維持され、暖かい水は供給タンクに上がり、冷たい水はその代わりになります。

前述の通り、このエンジンはガスを非常に節約できます。1時間当たりの馬力当たりの使用量は、メーカーによると21.5立方フィートで、ガスが1,000ドルの場合、4セントをわずかに上回る程度です。このエンジンは、ボイラーを含む同出力の優れた蒸気エンジンよりも幾分高価で、価格は2馬力のものが500ドル、7馬力のものが850ドルとなっています。2馬力のものは500ドル、7馬力のものは850ドルである。前者は床面積が約3フィート×7フィート、重さが1400ポンドで、後者は床面積がやや広く、重さは2倍である。

このエンジンでは、ガスの燃焼によって発生する熱を十分に利用していますが、実用的な範囲ではありません。ある部分はジャケット内の水に流されてしまい、無駄になっています。もし、ガスを何の役にも立たずに逃がすのではなく、シリンダー内に注入された少量の水を蒸気に変えるために利用すれば、シリンダーのオーバーヒートを防ぎ、同時にこの熱を利用することができます。また、蒸気を利用することは、動力を得るだけでなく、ピストンにかかる圧力をより持続させたり、シリンダーを潤滑にしたりする価値があります。この利点を生かそうと、熱風機関やガス機関で多くの試みがなされてきましたが、ほとんどの場合、経済性はあまり向上しませんでした。前述のヒューゴンのエンジンにも採用されているが、明らかにほとんど利点はない。

ごく最近になって、難点をほぼ克服し、経済性の限界に可能な限り近づいたと思われるガスエンジンが登場した。これはM.シモンの発明で、1878年のパリ万博で初めて一般に公開され、1馬身から4馬身の大きさのものが展示された。オットーと同じように空気とガスの希釈された混合ガスを使用するが、圧縮は動力ではなく別のシリンダーで行う。空気はオットーと同様の構造のスライドバルブによってシリンダーに供給されるが、その使用方法はオットーとは大きく異なる。オットーでは、点火前に可燃物の全量がシリンダーに導入され、空気の割合が多いため爆発的な燃焼にはなりませんが、ストロークのごく一部の時間内に燃焼が完了します。一方、サイモンでは、可燃性の混合気が少量ずつ導入され、次々と燃焼してガスが徐々に膨張し、蒸気も加わって、他のどの機械よりも蒸気機関に近い圧力をピストンにかけることができる。着火は、数枚の厚さのワイヤーガーゼのすぐ内側に設置された、常に点火されているジェットによって行われ、炎がシリンダー外の可燃性混合物に退避するのを防ぐ。続いてシリンダーに入れられた水は、まずジャケットに使われ、わずかに温かくなる。ジャケットから蒸気発生器に入り、排気ガスの熱で一部が気化します。この蒸気は、可燃物と一緒にシリンダーに入れられ、可燃物の点火によってさらに加熱・膨張します。蒸気発生器の水は、圧縮シリンダーと動力シリンダーのジャケットの中を循環し、まず圧縮シリンダーから熱を受け、次に動力シリンダーから熱を受け、非常に暖かい状態で蒸気発生器に到達します。そのため、熱は最大限に利用され、その結果、経済的にもこれまでにない優れた結果が得られた。サイモン氏によれば、ガスの消費量は1馬力あたり1時間に18フィート弱である。この原動機はオットーよりも床面積が少し広いが、重量は少なく、価格もやや高めである。

いずれのエンジンも、ミシンや糸鋸を駆動するのに十分な大きさのものが作れるだろうが、長時間使用できるほどの価格ではないだろう。このような小出力のガスエンジンは、これまでにM.ド・ビショフが発明したもので、図14に示されている。このガスエンジンは、上記のエンジンよりもはるかにシンプルであるが、設計された用途には十分に経済的であるものの、完璧な機械ではない。通常の機械は約1人分の出力で、価格は100ドル強、4倍の出力を持つ大型の機械は190ドルで購入できる。コンパクトで装飾的なデザインで、スムーズに動きます。油を差す必要もなく、一度起動すればかなりの時間放置しても大丈夫だ。そのうちの一台は、47日間、何もせずに走り続けたという報告がある。フランスではかなり普及したと言われているが、アメリカではまだ登場していない。

図で示されているエンジンでは、シリンダーは直立しており、それと台座は一体で鋳造されています。台座にはいくつかのリブが設けられていて、放熱面が大きくなっているので、ウォータージャケットは必要ありません。したがって、このエンジンは、ある場所から別の場所へと容易に移動することができ、これは、この目的の用途ではかなり価値のある利点である。ガスと空気の混合物は、シリンダーの下端で、スライド式バルブによってガスの供給と排気を交互に行う開口部から流入・排出されます。ガスの発射は、エンジンの右側にある2つのガスジェットを使って行われる。下側のガスジェットは常時点灯しており、上側のガスジェットを再点火する役割を果たしている。この噴射口は、シリンダーの底面からピストンストロークの約3分の1の位置にある小さな開口部の真向かいに設置されている。ピストンが上昇中に、このストロークの下3分の1の間に混合ガスを吸い込み、ジェットで点火され、残りの3分の2のストロークはガスの膨張による衝撃で完了する。大気圧とフライホイールによって、ピストンは戻りのストロークに進み、上記の動作が繰り返されます。シリンダーと点火口へのガスの供給は、機械の底面にある左のピンチコックで調節する。使用前には、シリンダーの下に置かれた小さなバーナーで機械を多少加熱する。人力発電機でのガスの消費量は1時間に11.5フィートで、これは他のこのような低出力の熱機関で得られるものよりも良い結果である。この原動機はあらゆる面で家庭での使用に適しており、この目的のために作られた熱機関としては、おそらく最もシンプルで経済的なものであろう。

サイモン・エンジンのように、可燃性の混合物を徐々に燃焼させることは、ジョージ・B・ブレイトン氏が発明した機械で初めて成功した。導入当初は、ガスと空気の希薄な混合ガスを使用していたが、現在のエンジンでは、ガスの代わりに石油の蒸気を使用しており、より満足のいく動作とランニングコストの削減という利点がある。作動中のシリンダーは、水ジャケットで囲まれ、頑丈なフレームに直立して設置されている。下部は大気に開放されており、上部から油と空気が供給される。オイルは5~10ガロンの容量のタンクに入っており、小型ポンプでエンジンに供給される。空気は機械の底部にあるリザーバーでエアポンプにより圧縮され、そこからシリンダーに供給される。一度に使用するのは片方だけで、もう片方は機械を始動するための空気圧を供給するために充電しておく。バーナーは、油を適切な形でシリンダーに導入して点火するためのもので、この機械の最大の特徴であり、シンプルかつ独創的である。バーナーは、シリンダーの頭部にある小さな部屋で構成されており、フェルトが敷かれていて、そこにオイルと空気が噴出される。フェルトはオイルで飽和状態になり、それを通過した送風は、この部屋とシリンダーを隔てるパンチングメタルとワイヤーガーゼのシートにスプレーの形で吹き付ける。紗を通過したもう一つの大きな送風は、石油蒸気のカルブレットとなってシリンダーに入り、紗のすぐ下に設置されたジェットで点火される。噴射口は常に点火された状態で、上の部屋に退避するのを金網で防いでいます。単純な機構により、ストロークの一部が完了した時点で空気の供給が遮断され、蒸気の燃焼が停止すると、燃焼による膨張生成物がピストンを残りのストロークに運びます。遮断はストロークのどの位置でも可能で、膨張したガスが残りの部分の仕事をするようになっているので、ピストンには、蒸気機関で蒸気が及ぼす圧力と完全に同様の圧力がかかり、容易に制御できる。ピストンの潤滑は、ピストンの下端がシリンダーの底にある油の入った浅い皿(F)に浸ることで行われ、その他の部品は通常の方法で行われます。原動機の停止や始動は簡単かつ迅速に行え、運転中はほとんど注意を払う必要はない。10馬力以下であればどのような大きさのものでも作られますが、商売用に作られたものは3馬力と5馬力で、前者は450ドル、後者は600ドルで売られています。重量はオットーとほぼ同じで、出力も同等、占有面積はやや小さい。

このエンジンは燃料の消費量が少なく、現在の豊富な石油供給量を考えれば、これまでに作られた小出力の熱機関の中で最も安価なものである。3馬力のエンジンでは5ガロン、5馬力のエンジンでは7.5ガロンの原油が10時間の運転で使用されるという。これは、小型のエンジンでは1馬力あたり1ガロンの6分の1、1時間あたり1.4ポンドの割合であり、大型のエンジンではそれよりもやや少ない量である。石油の発熱量は石炭のほぼ2倍であるため、このエンジンは大型の蒸気エンジンとほぼ同等、同出力のエンジンよりもはるかに効率的であるが、石油が安価であるため、燃料費はそれ以上にはならないのである。使用される石油は、1ガロンあたり6~7セントで比較的少量入手でき、後者の価格では、1時間あたりの馬力のコストは1.4セント弱となり、ガスを使用するどのエンジンでも得られる最良の結果を大幅に下回る費用となる。これは、後者の原動機の現在の運転コストとの比較であり、経済性の可能性を判断できるものではありません。現在使用されているガスは、通常の照明用のもので、価格も高い。遠くない日に確実に広く使われるようになる安価な燃料ガスを使えば、コストはおそらく現在の半分以下になるだろう、いや、もっと安くなるかもしれない。そうなれば、ブレイトンのコストにかなり近づき、少なくとも、ガスのより優れた清浄性と利便性の利点が、石油の持つ安価さの利点を上回るには十分だろう。このエンジンに対する重要な反論は、石炭油の使用に伴う危険性からくるものである。原動機自体はガスエンジンと同様に非常に安全であり、作業中に供給されるタンクに貯蔵されている以上のオイルが貯蔵されていなければ、その危険性は小さい。しかし、都市の建物のように貴重な財産が多い場所でかなりの量を保管している場合には、危険性は保険料の増加を正当化するのに十分であり、場合によっては機械の使用を禁止することもある。ガスが手に入らない場合や、オイルの使用が混雑した地域に付随する危険性を伴わない場合には、おそらく最も満足のいく原動機の一つとなるだろう。十分に小さいサイズでコンパクトに作られており、オイル受けとエンジンが一つのベースになっているので、家庭用の原動機としても簡単に使用できるだろう。このような機械で使用される油の量は少ないので、普通のランプや石油ストーブよりも危険なものではなく、適切に仕上げられていれば、ほとんど注意を必要としないだろう。もちろん使用する油は、ランプに使用されているような、あるいは使用すべき高品質のものでなければならず、大型の機械に適したものよりもかなり高価なものになるが、それでもランニングコストは非常に小さいものである。

このように、比較的小さな原動機を求める声に応えて、現在までにいくつかの優れた機械が開発されています。様々な形態の熱機関は、可能な限り単純化された限界に近づけられており、同じ路線でのさらなる開発に何が期待できるかを明確に示している。これらは主に工業用ユーザーの要求を満たすように設計されているが、これは最大かつ最も安定した需要があるからである。この目的には、ガスエンジンが最も適していると考えられる。効率的で実用的な熱機関は、必然的にやや複雑であり、主要部品には優れた技術と正確さが要求されるため、安価に作ることは難しい。ガスエンジンは、他のどのエンジンよりも構造を簡単にすることができ、したがって、より低コストで製造することができると思われる。現在の価格が高いのは確かだが、十分な需要とそれに伴う競争があれば、価格はかなり下がるだろう。このような状況下では、1人分程度の効率的で経済的な機械を、50ドルを超えない価格で提供できる可能性は低くない。

しかし、このような機械が、家庭用原動機の問題を最も満足のいく形で解決できるかどうかは疑問である。最終的な解決策は、熱機関ではなく、すでに供給されている力を便利な形で経済的に利用する機械にあると考えるべきである。このような性質を持つものとして、水車がある。構造の単純さ、取り扱いの容易さ、効率の高さ、初期費用の少なさでは、現在のところ他の追随を許さず、おそらく将来のいかなる装置も超えることはできないだろうと思われる。もし十分な圧力の水がどこでも手に入るのであれば、この非常にシンプルで完璧な装置を超える必要はないだろう。しかし、水の力には限りがあり、人口の多い都市部など、小型原動機が最も必要とされる場所では、一般的に利用できない。しかし、風車を使って家に水を供給するような場所では、風力と水力を組み合わせた発電が可能であり、十分に満足できるものになるだろう。かなりの力を持つ風車を使って、水を適切な高さの貯水池や貯水槽に汲み上げ、そこから様々な装置に取り付けられた小型原動機に分配して駆動させることができる。しかし、一般的には、電力を分配することができる都市では、人々はその生産について考えたり気にしたりすることなく、電力が供給されることを好むだろう。

このように、いつでも需要に応じて増やせる動力を得るためには、水以外の手段を考えなければならない。圧縮空気は間違いなく利用可能なものであり、それを使用できる原動機は比較的単純である。しかし、圧縮空気はこの1つの目的のためにしか使用できないため(実際、衛生上の利点が実現されない限り)、現在または将来の需要がそれを採用する理由にはならない。最も適していると思われる薬剤で、他の方向にも有用性が期待できるのが電気である。中央の供給源から分配され、安全で便利な電力の利点がすべて得られ、他の形態のエネルギーの使用に付随する不利益もないだろう。電流を経済的に分配することが可能であるという確信は、電気技師の間で高まっており、最近では、軽い機械を動かすためだけでなく、現在、工場で蒸気機関によって行われているすべての作業を行うためにも、このようにして電力を伝達することの利点が頻繁に強調されている。

配電が実現すれば、電流を利用する機械は非常に簡単で、高価である必要はない。パジェット・ヒッグス博士が指摘したように、それらは鋳鉄と絶縁された銅線だけであり、その構造には様々な形態の熱機関で必要とされるような熟練した作業は必要ない。構造は、電流発生器として使用する場合も、原動機として使用する場合も、基本的な部分は実質的に同じである。簡単に言うと、この機械は、1つ以上の電磁石を、他の電磁石または永久磁石の極の前で、かつ極近くで回転するように配置したもので、前者の電磁石系を電機子、後者の電磁石系を界磁と呼んでいる。

磁界に永久磁石が使われている場合は磁電式、電磁石に置き換えられている場合は動電式と呼ばれています。いずれの機械も、電機子と界磁の間の誘導作用によって作動することはよく知られています。ダイナモ機械では、磁場の磁化は機械自体が発生する電流によるものである。磁化された軟鉄製のコアには必ず残留磁気があり、これが界磁に微弱な電流を誘導する。その一部がコイルに送られて磁化を強め、それが誘導電流の強さを増大させる。このようにして、磁界と電機子の間で作用と反作用が繰り返されることで、両者の非常に強力な磁化がまもなく発生する。これらの電流は通常、整流器と呼ばれる簡単な装置によって、回路内で同じ方向になるように集められます。これは機械によって様々な形をしているが、原理はどれも同じである。回転するコイルの線材の端は、絶縁体で隔てられた円筒の半分に接続されている。円筒が静止している間は、ブラシによって取り出される電流は交流であるが、コイルとともに円筒が回転すると、電流が反転する瞬間にブラシが半分からもう半分に変わり、回路内の電流の方向は常に同じになる。多くの機械では、電機子には多くのコイルがあり、整流子の円筒にもそれに応じた数の絶縁部があります。

ここ数年の電灯への関心の高まりにより、このような機械は大幅に改良され、様々な形の新しい機械が考案されています。ここでは、その中でも最も効率が良く、注目されているものを紹介しますが、このような装置の一般的な構造と動作方法を示すには十分でしょう。絶縁電線の閉じたコイルに磁石を挿入すると、コイルに瞬間的な電流が流れ、それを引き抜くと逆方向の電流が流れる。磁石を引き抜くのではなく、コイルの中を通すと、磁石が通過する際に螺旋状の各部分に電流が誘導され、磁石の前半の通過時には一方向に、後半の通過時には逆方向に電流が流れることになります。2つの磁石の同極同士を接触させて端から端まで置き、リング状に曲げれば、傾斜したコイルの中でリングを回転させることで連続的に電流を発生させることができる。しかし、永久磁石の代わりに軟鉄のリングを絶縁線で巻き、それを磁石の極の間で回転させれば、同じ結果が得られ、困難さも回避できる。鉄のリングは誘導によって磁石になり、回転するとその極が逆方向に移動し、常に誘導磁石の極の反対側に位置するようになります。この効果は、鉄輪が静止していて、コイルが回転しているのと同じである。グラム機で採用されている電機子の配置はこのようになっており、他の機械との違いは、コイルに磁石を挿入したり引き抜いたりするのではなく、このような方法で電流を誘導することにあります。実際の界磁の構造を図15に示します。リングは軟鉄線の束で構成されており、その周りにはいくつかの絶縁コイルが巻かれています。コイルの線の端と次の線の端を結ぶ放射状の部品が、電流を整流器の円筒に導き、ブラシで電流を取ります。電機子は軸に取り付けられ、電磁石の極の間で回転しますが、その配置は図16のようになっています。この機械を電動機に使用する場合、電流はブラシによって電機子に入り、整流子によって交互に方向を変えるので、電機子が界磁の極に近づくと引力が働き、離れると斥力が働きます。

電流を発生させることを目的とした機械のほかに、電動機としても使用できるものがあり、特に後者の目的で設計されたものが多い。最も一般的なものは、電機子の周囲に電磁石を放射状に配置し、電磁石の極性の変化や磁化・減磁の影響を受けて回転させるものです。

原動機用に作られた機械の中で、有能な電気技師から高い評価を受けているのが、マルセル・デプレ氏の機械である。この機械は、複合永久磁石の馬蹄形磁石と、その極の間にあるシーメンス電機子で構成されている。シーメンス電機子とは、軟鉄製の円筒に2本の縦溝を設け、そこに絶縁銅線を巻いただけのもので、極はコイルの間の円筒の面にある。磁石の腕を横切るのではなく、軸が磁石の腕と平行になるように配置されており、この配置により磁石の力を全て利用しているため、大きな力を発揮します。電流は整流子を通り、半回転するごとに電機子の極が界磁の極とすれ違うときに整流子が電流を反転させます。そのため、界磁は引き合う力と反発する力が交互に働いて回転します。この回転数は、整流子シリンダーの周りにあるブラシを中性点との間で回転させることにより、うまく調整することができます。これは、小さなバネの一端を電機子コイルの端に取り付け、もう一端を整流子に当てたもので、負荷が変化しても速度が一定になるようになっています。回転数が通常の速度を超えると、ばねの自由端が整流子に接触しなくなり、速度が回復するまで電流が遮断されます。この調速機は非常に敏感で、平均速度の700分の1の変動で速度を制御します。

この原動機は優れていますが、すべての機械に共通する欠点として、電機子が界磁の極に近づいたり遠ざかったりするのは、1回転中のごく一部にすぎません。この期間にのみ電流が誘導されるため、界磁の有効な力の多くが失われてしまうのである。トルベ氏は最近、この欠点を非常に簡単な方法で取り除いた機械を製作した。シーメンス電機子の溝を軸と平行にするのではなく、螺旋状にカットすることで、電機子の鉄芯の一部が全回転中に界磁の極に近づいたり遠ざかったりするようにしている。そのため、界磁が受ける衝撃は連続的なものとなり、死点を避けることができます。

もちろん、このような電動機は、普通の電池で電流を流して作動させることもでき、1日に数時間ミシンを動かす程度であれば、比較的安価に利用することができます。しかし、長時間の動力源となる電流を供給する手段としては、このような電池は問題外である。アイルトン教授が指摘したように、仮に電動機が完全な機械であったとしても、つまりその効率が均一であったとしても、このような電源からの電流で作動させた場合、蒸気エンジンの33倍のコストがかかる。しかし、現在の電池のコストの高さは、将来の可能性を示す指標にはなりません。しかし、機械と同じように安く電気を供給できる電池が作られる可能性がないわけではなく、分配の必要性をなくし、同時に有用な分野を大幅に拡大することができる。

脚注[編集]

この作品は1928年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。