月の世界へのドミンゴ・ゴンサレスの奇妙な航海と冒険

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
The Voyage to the World in the Moon.png

月の世界へのドミンゴ・ゴンサレスの奇妙な航海と冒険

内容は以下の通り

聖ヘレナ島についての説明。ヘレナ島、彼が何年か住んでいた場所、そしてこの素晴らしい航海を計画した場所、彼がスペインへの帰国便である東インド船の1隻に乗船したこと、スペイン艦隊を追っていたイギリス船団を避けるために、テネリフの池の近くの岩の上を走ったこと。ゴンサレスは、野蛮人に追われていた山の上で雁を休ませた後、テネリフのパイクまで安全に運んでくれる機械を修理する時間があった。彼が旅の途中で出会った素晴らしい幻影や悪魔たち、彼を誘惑したが、彼はそれを避け、彼らは彼に良い食料を供給した、彼はこの地獄のような乗組員から離れ、月への航海に進み、月に無事到着し、皇帝、王、王子、人々のマナー、習慣、言語。月の人々の大きな悲しみの中での短い滞在、出発時に著者が受け取った計り知れない宝石のプレゼント、再び地球に戻ってきて、鳥たちによって中国に降り立ったこと、田舎の人々に魔術師とみなされ、中国の北京人によって彼らの怒りから守られたこと。彼はヨーロッパ行きのインド船に乗り込み、無事に自国に到着した後、スペイン王に自分の発見を伝え、スペイン王はこれらの発見の適切な利用法を審議するためにいくつかの閣議を開いた。 イギリスの商人たちが旅したテネリフのパイクの説明もある。

第二版

LONDON:

ロンドン・ウォールの隣、ムーアフィールズ近くのリトル・ムーアゲートで、本屋、文房具屋、印刷屋であるジョン・レバーによって印刷 1768.


月の世界を目指したドミンゴ・ゴンザレスの並外れた航海について説明する前に、現在、名誉ある東インド会社が所有しているセント・ヘレンズ(ヘレナ)に立ち寄ることにする。イギリス人や他の国の人々が、インドへの長い航海の途中で水や飲み物を補給するためにここに立ち寄ることから、「海の宿」と呼ばれている。以前はオランダ人に占領されていたが、1673年5月6日にマンデー船長がイギリス船の艦隊と共に奪還し、3隻の豊かなオランダ東インド船が港で賞品となった。それ以来、会社は将来のオランダ人、ポルトガル人、スペイン人の侵入に備えて要塞化し、安全を確保している。4月2日の聖ヘレンの日に発見したポルトガル人は、この島をサンタ・ヘレナと呼んだ。世界には、この島ほど大陸や本州から遠く離れた島はない。コンパスで約16リーグ、エチオピア海にあり、南緯16度、喜望峰から約1500マイル、アフリカのアンゴラから360マイル、アメリカのブラジリアから510マイルである。海から高い位置にあり、海側は険しい岩に囲まれている。その中には多くの崖や山、谷があり、そのうちの1つはチャーチバレーと呼ばれ、小さな教会の後ろから山へと登っていく。南側にはアップルデールがあり、船5隻分に相当するオレンジ、レモン、ザクロが豊富にあることからそう呼ばれている。教会の西側には、隣接する高い山から猛烈に吹き付ける風を防ぐために、船が海岸近くに停泊できる場所がある。

空気は温和で健康的なので、そこに上陸した病人はすぐに回復するが、谷間の暑さは山の寒さと同じくらい耐えがたいものである。地面が勝手に野生のえんどう豆や豆を実らせ、オレンジ、レモン、ザクロの木が一年中、花も実もたわわに実っており、良質のイチジク、豊富な黒檀やバラの木、パセリ、マスタードフィード、パーズレン、ソレルなどがあり、森や山にはヤギや大きな雄羊、野生の豚がたくさんいるが、捕獲するのは困難である。ポルトガル人がこの地を発見したとき、彼らは四つ足の獣も果樹も見つけられず、ただ新鮮な水だけを見つけた。その後、彼らは果樹を植えたが、それがとても増えて、すべての谷間が果樹でいっぱいになっている。南側の断崖絶壁の島には、灰色と黒のミズナギドリや、白と色の鳥が何千羽も生息している。彼らは岩の上に卵を産み、手で卵を取られても、棒で頭を叩かれるまで、自分たちを守ってくれる人を見つめている。

塩水が裂け目にぶつかることで、いくつかの場所には泡やカスが残るが、太陽の熱で浄化され、白くて良い塩になる。海は、我慢強い漁師の苦痛に応えてくれるでしょうが、汚い地面と波の鼓動のために、網ではなく角を使わなければならないのである。主なものは、マックレル、ローチ、コイだが、色は私たちのものとは異なる。人間の腕ほどの大きさのウナギ、よく味見されたカニ、ロブスター、カキ、ムール貝は英国のものと同じくらいである。

この島には、ドミンゴ・ゴンサレスの「月の男」または「月への航海の談話」と呼ばれる注目すべき空想の場面があり、学識ある司教によって書かれたと、独創的なウィルキンス司教は言う。ウィルキンス司教は、自身の著書「新世界の談話」の中で、月に居住可能な別の世界が存在する可能性があることを証明するために、この空想を愉快でよく練られたものと呼んでいる。他の興味深い論拠の中で、彼は、これは古代の多くの数学者と現代のいくつかの数学者の直接の意見であり、おそらく他の人々の教義から推論されるだろうと断言し、いかなる理性や信仰の原則にも反していないとし、彼らの世界が我々の月であるように、我々の世界が彼らの月であるとしている。

さて、この小さな記事は、それを保証するに値する人物がおり、また、多くの英国の歴史家が、ジョン・マンダヴィル卿の旅行記などのように、これとほぼ同じくらいあり得ないことを真実として発表しており、また、この記事は、彼らが全く持っていないもの、つまり、判断力を交えた発明を持っており、50年前にライセンスされるに値すると判断され、それ以来、再版されず、そうすれば、完全に失われてしまうだろうと思われる。私はその内容を再出版するのが適切だと考えた。著者は、読者に特定の状況をそれぞれ信じるように説くつもりはないが、新世界の新しい発見は、コロンブスが最初にアメリカを発見したときよりも少し良い娯楽になるだろうと期待していると述べている。対蹠地が存在することは、かつては月が居住可能であることと同じくらい大きなパラドックスだと考えられていた。しかし、その知識は、私たちの発見の時代に取っておくことができるのである。私たちの名人は、望遠鏡を使って太陽を斑点に見立て、月の中の山を見極めることができるのである。しかし、これ以上のことは批評家に任せなければならない。また、我々の小さな目の目撃者であり、偉大な発見者でもある人物の次の関係は、彼自身のスペイン語のスタイルで、その国に一般的に求められている壮大さと栄光への渇望をもって伝えられるだろう。

私、ドミンゴ・ゴンサレスは、有名なセビリアの貴族の家に生まれたことは、アンダルシアのすべての国に知られている。父の名はセランド・ゴンサレス、母方はアルマネラ伯爵であるドン・ペドロ・サンチェスの近親者であり、母はバルセローナ総督でありビスケーのコリギドルである有名な弁護士オト・ペレス・デ・サラベダの娘であった。私は17人の子供の末っ子で、学校に通い、教会に通うことになったが、天は私を別の性質のことに使おうと考え、私に戦争に参加することを勧めた。その後、私は自分の欲望の流れに沿って、両親が送ってくれたサラマンカ大学を離れ、友人にも知らせずにフランスを経由してアントワープにたどり着いたが、そこで私はひどい状態に陥った。本や寝具などを売って30デシベルほど稼ぎ、父の友人からさらに20デシベル借りて、小さな馬車を買い、普通の若い紳士がするよりも倹約して旅をしていたのだが、アントワープから1リーグ以内に到着したところで、呪われた悪党どもに襲われ、馬もお金もすべて奪われてしまった。必要に迫られて、フランスの貴族であるコフィー元帥に仕えることになり、名誉ある仕事をしたが、私の敵は、私が彼の馬飼いの少年だったことを不名誉に思っている。しかし、この件に関しては、マンスフィールド伯爵をはじめとする条件の良い人たちが、多くの立派な人たちに、この仕事の真相を証言してくれている。彼は貴族に私の出生と私の最近の不幸を伝え、そのような質の高いスペイン人がそばにいることは彼にとって小さな名誉ではないと判断し、私に馬、武器、その他必要なものを提供し、私の手が非常にきれいだったので、フランス語を学んだ後、彼の手紙を書くために私のサービスを利用した。戦時中、必要に迫られて自分の馬に服を着せることがあったが、そのことで私が非難される筋合いはない。

私が最初に参加した遠征は、私の友人である元帥が、フランスに向かうオランジュ公と出会い、彼をカンブレーの城まで逃がした時だった。私の幸運は、私のピストルで馬を殺して追手を倒したのである。その馬は足に倒れて動けなくなり、私の慈悲に屈した。私は自分の体の弱さを知っていたし、彼がたくましい背の高い男であるのを見て、彼を始末する最も確実な方法だと思った。そうしたら、彼から鎖やお金など200デュカートの価値のあるものを奪った。このお金がすぐにポケットに入ったので、私は貴族の名残を取り戻し、ムッシュー・コフィーから休暇の挨拶を受けて、すぐにダルヴァ公爵の宮廷に赴いた。彼らのおかげで、私は給料を受け取ることができ、やがて公爵に気に入られるようになった。公爵は時々、私の身長を私が耐えられるよりも少し厳しく冗談を言うことがあったが、私の身長が非常に小さいことは認めざるを得ず、現存する誰もがこれより小さいとは思えないからである。また、私に起こったこれらの輝かしい出来事は、心が善良であり、幸運が我々の努力を後押ししてくれるならば、非常にありえない身体でも驚くべきことができることを示している。

公爵の冗談には少しうんざりしたが、私は憤りを隠そうと努力し、彼の他のユーモアに自分を合わせた。私は彼の好意に非常に興味を持ち、彼がスペインに行く際には、彼の親切やその他の出来事に付き添い、私の努力によって自分自身に不足することはほとんどなかった。

私が帰ってくると、私の出発を非常に心配していた両親は、私を喜んで迎えてくれた。私が、自分たちに負担をかけず、兄弟姉妹の分を減らすことなく、自分の生活を維持するためのお金を持っていることがわかったので、喜びが増した。しかし、手に入れたお金をすぐに使ってしまうのではないかと思い、リスボンの大商人ジョン・フィゲレスの娘と結婚するように勧められたので、私はそれに応じ、結婚資金と自分の大部分を父の手に渡して、紳士のように何年も幸せに暮らした。やがて、私の紳士であり近親者でもあるペドロ・デルガデスとの間に喧嘩が起こり、それが高じて、友人の仲裁ではどうにもならなかったので、私たち二人だけで剣を持って野原に出て行った。その頃、西インド諸島からやってきた有名なスペイン人伯爵が、パインズ島付近でイギリス人を相手に大勝利を収めたと誇らしげに宣言していたが、実際にはその航海では打撃以外に何も得られず、かなりの損失を出していたのである。虚栄心と嘘が彼の唯一の罪であればよかったのだが、彼の貪欲さは私を完全に破滅させるものだった。しかし、それが私の名前を永遠に残すきっかけとなったことから、私は後世のすべての人々と、今後永遠にすべての人間の言いようのない利益になると確信している。少なくとも、私が無事に国に帰り、ほとんど信じられないような不可能な知識をどのようにして世界に伝えることができるか、完璧な指示を与えることが天の望みであれば。あなたは、人間が空を飛び、ある場所から別の場所へと移動するのを見るだろう。そして、あなたは、地上のいかなる生物の助けも借りずに、一瞬にして何百マイルもメッセージを送り、すぐに答えを受け取ることができるだろう。また、人口の多い都市の最も離れた場所にいる友人に、すぐに自分の心を伝えることができるのである。他にも多くの注目すべき実験があるが、それ以上に、あなたは新世界を発見し、以前の時代の哲学者が夢にも思わなかったような、稀で信じられないような自然の秘密を豊富に手に入れることができるのである。しかし、私はこの素晴らしい神秘を公表することに慎重でなければならないのだ。それは、我が国の政治家が、これらの神秘が我が国の政策や善政とどのように調和するかを検討するまで、また、教会の教祖が、これらの神秘を公表することがカトリックの信仰に悪影響を与えると判断しないかどうかを検討するまでである。

しかし、話を進めよう。このふてぶてしい船長は、確かに近親者だったデルガデスが死んだことに大きな不満を抱いていたが、私が1,000ドゥカートをくれるなら黙っていてもいいと言ったのだ。私には妻の他に2人の息子がいたが、この荒くれ者の欲深さを満足させるために物乞いをするのは気が進まなかったので、他の方法を取らざるを得なかった。私は、東インド諸島行きの頑丈なキャリック号に乗り込み、2,000ドゥカートの価値を持って貿易を行い、私にどんな不幸が訪れようとも、妻と子供を養うためにそれ以上のお金を残した。インドでは、ダイヤモンド、エメラルド、真珠を買い集めて大成功を収めたが、これらは非常に安い相場で購入したため、スペインに無事到着した私の在庫(私はそう理解していた)は、1対10の利回りにならざるを得なかった。しかし、帰り道にボナ・エスペランサ岬を2倍にしたところで、私は危険な病気になった。間違いなく死を覚悟していたのだが、ちょうどその時、私たちは祝福されたセントヘレンズ島を取り戻した。セントヘレンズ島は、健康的な空気と実り豊かな土壌を持ち、人間の生活に必要なものをすべて生産する、地球上で唯一の楽園だと私は信じている。コンパスで約16リーグ、300リーグ以内に固い陸地や大陸はなく、100リーグ以内には島もない。これほど広大で気性の荒い海から、このような小さな岩や地面が生まれ、発見されることは、自然の奇跡のように思えるでしょう。南側には良い港があり、その近くにはポルトガル人がよそ者を泊めるために建てた小さな家がいくつかあり、塔と鐘のある美しく整備された礼拝堂がある。その近くには、素晴らしい新鮮な水が流れている。近くには新鮮な水が流れる小川があり、両側にはオレンジ、レモン、ザクロ、アーモンドの木などが植えられ、一年中実をつけているし、他にもいろいろな木がある。小麦、えんどう豆、大麦、ほとんどの種類の豆類に加えて、庭のハーブがたくさんあるが、主に牛と家禽が多く、ヤギ、豚、羊、インコ、野生の雌鳥、キジ、ハトなど、信用できないほどの野生の家禽がいる。特に2月から3月にかけては、野生の白鳥の大群が見られる。(この白鳥については、これからもっと話す機会があるでしょう)この白鳥は、私たちのカッコウやナイチンゲールのように、ある季節になるとどこかへ行ってしまい、その年には見られなくなる。

この幸せな島で、私は黒人の付き添いとともに上陸させてもらい、そこで健康を取り戻し、丸1年、鳥や猛獣との人間関係の不足を解消した。ディエゴの黒人男性は、島の西端にある洞窟に住むことを余儀なくされたが、もし私たちが一緒に暮らしていたら、食料はそれほど豊富ではなかったでしょう。しかし今では、片方が狩りや鳥撃ちに成功すれば、もう片方が彼をもてなす方法を見つけ、もし両方が失敗すれば、私たちは鋭く注意したいと思っていた。しかし、このようなことはめったに起こりません。なぜなら、そこではヤギや牛よりも人間を恐れる生き物はいないからである。そのため私は、さまざまな種類の鳥や獣に口輪をつけるだけで簡単に手なずけ、私やディエゴのところに来るまで餌を食べることができなかった。私は最初、インコと飼いならされたキツネを気に入っていた。ディエゴと相談する機会があれば、口輪をつけて腹を空かせたインコを連れて行き、首に札をつけて私から叩く。そうすると、キツネはまっすぐにディエゴの洞窟に向かい、そこにいなければ見つけるまで叩きまくる。しかし、この移動にはいくつかの不都合があった。私はディエゴを説得して、島の北西部にある岬に移動させた。岬は1リーグ離れているが、私の家や礼拝堂が見える距離にある。そのため、天気が良いときには、夜でも昼でも、信号で一瞬にしてお互いの考えを伝えることができ、私たちは大いに楽しみた。夜間に私が彼に何かを知らせようとするとき、私は鐘楼に灯りをともした。鐘楼はかなり大きな部屋で、きれいな窓があり、その中の壁は白く塗られていたので、灯りは小さくても大きな効果があった。この灯りを灯してから30分経過した後、私はそれを覆った。その後、私の仲間から再び灯りの信号が見えたら、彼が私の通知を待っていることを知った。その日のうちに、私は煙や埃、その他の洗練された方法で彼を宣伝した。

しばらくして、私はあまりにも苦痛なので飽きてしまい、再び翼のある使者を使った。私たちの川の河口付近の海岸で、野生の白鳥の一種が魚や鳥の獲物を食べているのを見つけたが、さらに奇妙なことに、片方の爪は鷲のようで、もう片方は白鳥のようである。これらの鳥はここで無限に繁殖しているので、私はそのうちの30~40羽の若者を連れて行き、レクリエーションのために手で育てた。これらの動物は強く、大きな飛行を続けることができたので、私はまず彼らに遠くから呼び寄せることを教え、音を立てずに、ただ白い布を見せた。彼らが4分の1歳になるまでに私が教えた芸を考えると驚くべきことである。とりわけ、私は彼らに重荷を持って飛ぶことを段階的に教えたが、彼らは信じられないほどの能力を持っていることがわかった。ディエゴが丘の中腹に白い布を彼らに見せたところ、彼らは私からパンや肉など私が望むものを彼に運び、同じ呼びかけで再び私のところにやってくるのである。ここまで進んだところで、私は、どうやって何匹かをつなぎ合わせて、より重い重りを運ぼうかと考えた。私はこの考えで非常に頭を悩ませたが、試してみると、多くの人が1つの大きな重荷を背負うようにした場合、すべての人が1つの瞬間に一緒に上昇することは不可能であるため、最初に上昇した人は、自分がかき回すことができないほどの重さでとどまっていることに気づき、すぐに降参し、2番目、3番目、そして残りのすべての人が降参してしまうことがわかったのだ。各雁にコルク製の小さな滑車を取り付け、そこにちょうど良い長さの紐を通し、片方の端を約8ポンドの重さのブロックに固定し、紐のもう片方の端に2ポンドの重さを結び付けた。そして、信号を立てると、4人の雁が一斉に立ち上がり、ブロックを指定された場所に運びた。これがあまりにも幸運だったので、私はさらに2、3羽の鳥を加え、彼らが子羊を運ぶことを試してみたが、その子羊は、このような素晴らしい装置を利用する最初の生き物であることを、私はとても羨ましく思った。

様々な試行錯誤を経て、ついに私は、自分自身も同じように運ばれたいという大きな憧れを抱いて驚いた。ディエゴのムーアも同様に同じ願望を抱いていたが、私が彼をよく愛し、彼に仕えたいと思っていなかったら、彼の野心的な考えに憤慨していたでしょう。しかし、私は彼の意図を理解していないように見えたので、私のすべての道具では彼を運ぶのに十分な力がないことを彼に伝えた。必要なものをすべて用意した私は、ある時、河口の岩の上に自分と道具をすべて置き、満潮時にエンジンに乗って、ディエゴに合図を送らせると、25羽の鳥たちが一斉に立ち上がり、私を1/4リーグほど離れた反対側の岩まで力強く運んでくれた。私がこの時間と場所を選んだのは、もし予想に反して何かが起こったとしても、起こりうる最悪の事態は水に落ちることだけであり、私はよく泳げるので、落ちてもほとんど怪我をしないことを期待したからである。安全が確保された後は、自分の発明に対する喜びと賞賛で胸がいっぱいになった。私は何度も自分がスペインの真ん中にいて、自分の栄光と名声で世界を満たしたいと思ったことでしょう。私は毎時間、私を連れて帰ってくれるインド艦隊が来るのを待ち望んでいた。インド艦隊は通常の時間を3ヶ月も超えて滞在していた。ついに到着したが、3隻のカリック船はかなり風雨にさらされており、男たちは病気で弱っていたため、丸1ヶ月間この島でリフレッシュすることを余儀なくされた。提督はAlphonso de Ximaと呼ばれ、勇敢で賢く、栄光を求め、後に彼に降りかかるよりも良い運勢に値する人物であった。私は彼に雁の仕掛けを発見したが、これ以外の方法で彼に多くの鳥を船に乗せるように説得することは不可能であると確信していた。しかし、私は彼に誓いと説得によって、この仕事を秘密にするように勧めた。私はそれを疑わなかったが、彼は我々の王がこれを知る前に、この実験を誰にも教えてはならないと確信していた。私は、野心や、これほど見事な発明の栄誉を自分のものにしたいという欲求が、彼をして私を派遣させようとさせるのではないかと、もっと心配していた。しかし、私は自分の鳥を失うことを覚悟しなければ、この危険を冒さざるを得なかった。このような鳥は、私の目的のためにはキリスト教では手に入らず、また、私の目的を果たすために他の人を育てることもできなかった。

このような疑念はすべて原因がなく、この人は正直者だと思うが、私たちが遭遇した不幸はこのような考えをすべて妨げるものだった。1599年6月21日(木)、我々はスペインに向けて出航した。私は鳥のための便利なキャビンとエンジンを用意していたが、船長は私に残しておくように説得していたので、そうしなかったのは不思議だったが、私の幸運は私の命を救った。我々は彼らの5倍の人数を乗船させており、全員健康で、弾薬も十分に備えていたが、彼らが戦う決意をしていることを知り、我々が持っている無限の富を知って、可能であれば逃げた方が良いと考えた。絶望的な船員と遭遇して、勇気のある人間が価値を見出さない我々の命だけでなく、このビジネスの失敗によって失われた多くの貧しい商人の財産を危険にさらすことになるだろう。我々の艦隊は5つの船で構成されていた。すなわち、3つのキャリック、1つのバーク、そしてセント・トーマス島から来て、数日前に悪い時間に我々を追い抜いたカラベルである。イギリス人は3隻の船を用意しており、我々を発見するやいなや、すぐに我々と交戦し、進路を変えて我々を彼らの支配下に置こうとした。当時の風向きからして、彼らはイギリス人の船が一般的にそうであるように、軽快な船であり、我々の船は重く、荷物が多く、海の汚れがひどいのである。そこで我々の船長は、賢明にも、勇敢でも幸運でもないが、飛ぶことを決意し、我々に分散するように命じた。Caravelは急ぎすぎてCarricksの一人に落ち、彼女を傷つけたので、イギリス人の一人が簡単に彼女を持ち上げて乗り込み、Caravelは我々の目の前で沈んでいった。船は追跡されずに脱出し、もう1隻のカリックは敵に引き渡された。敵は我々の十分な戦利品を期待して、我々を挟み撃ちにした。船長はここで、我々が回復できない港であるテネリフに上陸するよう指示した。

この決意を聞いたとき、海が高く、海岸は岩や浅瀬が多く、千切れない限り船が陸地に近づくことは不可能だと思い、船長にこの試みの絶望感を訴え、自分や多くの勇敢な人たちを捨てるよりも、敵の親切心を試すことを望んだ。しかし、船長は何を言ってもその決意を変えようとはしなかったので、自分のために移動する時が来たと思い、小さな宝石箱に鍵をかけ、それを袖に入れて、自分の雁に手をかけ、それをエンジンに取り付けて、そこに身を置いた。実際に起こったことだが、船が割れる時に、私の鳥が、信号を欲しがっていても、自然がすべての生き物に教えている自分の命を守るために、陸に向かってくるだろうと思っていたのだが、私の予想通りになってしまった。船の中の人々は、私が何をしているのか不思議に思った。私の鳥の使い方を知っているのは船長だけで、ディエゴは他の船に乗っていたが、その船は捜索されずに引き揚げられた。陸地から半リーグほど離れたところで、キャリックが岩にぶつかって粉々になったので、私はまず甲板の上に身を置いてから鳥の手綱を放し、その衝撃で全員が起き上がって私を幸運にも陸地に運んでくれたので、友人や知人が悲惨な目に遭っているのを見るのは悲惨だったが、私はとても喜んだ。英国人がコックボートを出して、我々が許す以上に寛大な心を持ち、彼らの窮状を仲間にして、自分たちには多くの危険がありながらも、波の怒りから彼らを救おうと、あらゆる努力をしたからである。パシオ神父から聞いた話では、船長は他の12人と一緒にコックボートに乗り込み、レイムンド船長に譲らざるを得ず、船長と水先案内人を連れて東インド諸島に向かうことになったが、ブオナ・エスペランカ岬付近の海の裂け目で、以前はほとんど逃れられなかった無慈悲な波に飲み込まれるという不運に見舞われてしまった。残りの人たちは、聞いたところによると、20ペロンほどだったようだが、彼らは船に乗せて、カーボベルデで陸に上げた。

私自身は、スペイン人が住む島に上陸したので、安全だと思っていたが、自分が間違っていることに気付いた。丘の上は大部分が雪に覆われており、その険しさから人も獣も近づけないとされてきたが、この野蛮人たちはスペイン人を恐れてできるだけ丘の上に近づき、戦利品を求めて実り豊かな谷に降りてこようとはしない。この無法者の一団は、私が上陸した直後に私を見つけ、賞品を手に入れたと思って、全力で私に近づいてきた。彼らが半マイル以内に近づく前にその意図を察知した私は、彼らが長い棒やその他の武器を持って直接私に向かって丘を降りてくるのを見て、この悪党たちから身を守る必要があると考えたが、彼らは私たちスペイン人に対する憎しみから、私を切り刻もうとしていた。国は砂地だったが、杭が浮き上がってきたので、側面に白い崖を見つけた。私のガンザがこれを目印にして、この道を全部作ってくれることを期待した。それによって私は遠くまで運ばれ、野蛮な悪党どもに追いつかれないように、スペイン人の家に着いたり、身を隠したりして、夜のうちに3マイル離れた島の主要都市であるラグーナまで行くことができた。そして、私はエンジンに腰を落ち着け、手綱を雁スに放すと、幸運にも雁スは、私が目指した道ではなかったが、一つの道を進んでくれた。しかし、それがどうした!?読者よ、耳を澄まして、これまでに人間に起こった最も奇妙な偶然を聞く準備をしてください。私の雁は、歯の間に噛み傷を負った多くの馬のように、私が意図した崖に向かって飛ぶことはなかったが、私はいつもの方法で群れのリーダーをそちらに向かわせたが、力いっぱいパイクの頂上に向かって進み、そこに着くまで止まることはなかった。この場所がどのような場所であったかは、喜んでお話ししたいところだが、より重要な問題に急いでいる。私がそこに降ろされたとき、私の哀れな雁たちは、今にも死んでしまいそうなほど息を切らし、息を吹きかけ、息を切らしていた。だから私はしばらく彼らを困らせることなく、彼らを引き寄せようとしたが、彼らはかつて苦労せずに耐えたことはなかった。

スペインでは秋になるとカッコウやツバメが飛び立つように、この鳥も飛び立つ季節になった。後になってわかったのだが、彼らのいつもの旅を気にしていた私が、彼らを引き取ろうと落ち着き始めたとき、彼らは一斉に立ち上がったのである。他に高い場所がなかったので、言葉にならないほどの恐怖と驚きを感じたが、真っ直ぐに立ち上がり、1時間ほどの間、どんどん上に向かって牽引し続けた。線は弛み、私もエンジンも全く動かず、重さの種類がないかのようにじっとしていた。すなわち、我々が重いと呼ぶものは、本来の場所である地球の中心に向かって落ちてくるのではなく、地球の球体の秘密の特性、あるいは、ロード・ストーンがその魅力的な梁の範囲内にある鉄を引き寄せるように、地球の中の何かによって引き寄せられるのであると。私の雁は、空気以外のものに支えられることなく、水の中の魚のように簡単かつ静かに動かずにいたが、少しでも無理をすると、上にも下にも横にも、どんな速さで運ばれるか想像もつかない。

次に気になったのは動きの速さで、あまりにも異常で息が止まりそうになった。弓から放たれた矢や、高い塔の上から投げ落とされた石に例えると、それにはとても及ばないでしょう。もうひとつ、私にとって非常に厄介なことがあった。それは、悪魔や邪悪な霊の幻想である。私が到着した最初の日、彼らは男性や女性の姿で大量に私の周りにやってきて、フクロウを狙う多くの鳥のように私を不思議がり、私には理解できないいくつかの言語を話した。ここで私は、太陽の不在をほんの少し感じただけで、その後はずっと太陽を目にすることができた。私の雁は私の糸に絡まっていたが、様々な種類のハエや鳥、特にツバメやカッコウを簡単に捕らえた。人間なのか悪魔なのかはわかりませんが、様々な話の中で、「もし彼らの指示に従うならば、私は安全に家に帰ることができるだけでなく、いつでもその場所のあらゆる楽しみを得ることができるだろう」と言ってくれた人たちには、とても感謝している。これに対して私は、はっきりと否定するのは憚られるので、時間をおいて考えてみることにした。また、(不思議に思われるかもしれませんが、私は全く空腹を感じていなかった)旅の途中で飢えてしまわないように、いくつかの食料を援助してもらうことにした。ワインも様々な種類を試飲したが、スペインのどのワインよりも美味しく、ビールはアントワープのどのビールよりも美味しかったのである。彼らは私に、機会がある間に食料を作るべきだと助言し、次の木曜日までは私を助けることはできないが、その時には私を連れ戻す手段を見つけて、私が望むどんな場所でもスペインで安全に暮らせるようにしてくれる、ただし、私が彼らの友愛の一員となり、名前を伏せた彼らの船長や主人と交わしたような誓約を交わすならば、と言った。私は礼儀正しく、「そのような申し出を喜ぶ理由はほとんどないので、時と場合に応じて私のことを気にかけてほしい」と答え、その間、彼らを追い払った。まず、ポケットに入れられるだけの食料を用意し、その中には必ず良質なカナリアの小瓶を入れる場所を見つけた。

ここで、私がいた場所の質について説明する。雲は、私と地球の間のすべての下にあると認識した。星は、いつも昼間なので、いつでも同じように見えたが、地上の夜に見られるような明るい輝きではなく、昼間の私たちの月のような白っぽい色をしていた。見えたものは、多くはなかったが、私たちよりもはるかに大きく、私の推測では10倍以上あった。月については、変化から2日以内であったため、巨大で恐ろしいほどの大きさで現れた。忘れてはならないのは、月に隣接する半球の一部にしか星が現れず、月に近づけば近づくほど、それらの星は再び大きくなるということである。私は、横になって休んでいても、空を飛んでいても、自分自身が常に月と地球の間にいると感じていた。つまり、私の雁が月に向かって直接進んでいたことは明らかである。

私は今、私がいた場所の様子を説明しよう。雲は、私と地球の間にあると思っていた。星は、いつも昼間なので、いつでも同じように見えたが、地上の夜に見られるような明るい輝きではなく、昼間の私たちの月のような白っぽい色だった。見えたものは、多くはなかったが、私たちよりもはるかに大きく、私の推測では10倍以上あった。月については、変化から2日以内であったため、巨大で恐ろしいほどの大きさで現れた。忘れてはならないのは、月に隣接する半球の一部以外には星が現れず、月に近づけば近づくほど、それらは再び大きく現れるということである。私は、横になって休んでいても、空を飛んでいても、自分自身が常に月と地球の間にいることを認識していた。あるいは、コペルニクスの意見によれば、地球は移動しており、西から東へと永久に回っているが、惑星には天文学者が自然と呼ぶ動きだけが残されており、それは一般に世界の極と呼ばれる赤道の極ではなく、黄道の極であるという。その場所の空気は、風もなく、非常に温かく、暑くもなく寒くもなく、太陽の光が反射する対象もなく、大地や水が自然の冷たさで空気に影響を与えているようにも見えなかった。哲学者が空気に熱や水分を与えることについては、私はいつも空想だと思っている。最後に、私が地上から出発した後、私は飢えも渇きも感じなかったことを覚えている。大地と水の蒸気から解放された空気の純粋さが自然に十分な栄養を与えるのか、それとも他に何か原因があるのか、私には判断できないが、私は心身ともに完全に健康で、通常の活力以上であったにもかかわらず、そのように感じたのである。

あの悪魔のような一団が去ってから数時間後、私の雁たちは元気を取り戻し始めた。コースを月の地球または月体に向けたまま、信じられないほどの速さで進んでいき、1時間に50リーグ弱進んだと思う。その間、私は3つの非常に驚くべきことを観察した。また、私がいつも目にしている地球は、それ自体が別の月のような明るさを持っているように見えた。私たちが月の中にある種の斑点や雲を見分けるように、私は地球の中にも同様のものを見た。しかし、月の中のこれらの斑点の形が常に同じのであるのに対し、地球上のこれらの斑点は1時間ごとに変化しているように見えた。その理由は、地球がその自然の動き(コペルニクスの意見によれば、地球は4時間と20時間ごとに自身の軸の上を西から東へと回転していると私は確信している)に従って、最初はこの新しい星である地球の体の中央に、片側に一片が切り取られた洋ナシのようなスポットを見たが、何時間かすると、このスポットが東に向かって遠ざかっていくのを見たからである。その後、その場所に大きな輝く光を見つけたが、それはほぼ同じ時間に続き、広大なアトランティック海であることがわかった。この後、ほとんど楕円形に近いスポットが続き、これはちょうど私たちが地図でアメリカを表現しているのと同じである。次に、もう一つの巨大な透明感があり、これはマーレ・デル・ザール(南海)を表している。最後に、東インド諸島の国々や島々のようないくつかのスポットが続き、私には、巨大な数学的な地球が私の前でゆったりと回転しているようにしか見えなかった。

私は今、哲学者や数学者が自らの盲目さを告白することを願っている。彼らはこれまで、地球には運動がないと世界に信じさせてきたが、それを確認するために、天体の一つ一つに、互いに正反対の二つの運動があると考えさせられている。信じられない仮定だ。驚くべき仮説とは、最も高い位置にあるオーブの固定された階段の巨大な体は、彼らが言うには、地球全体の100倍以上の大きさがあり、車の車輪の中の多くの釘のように、これほど短い時間で渦を巻いているということである。一方、オーブがその自然な動きと呼ぶ西から東へのコースを終えるまでには、何千年もの時間がかかり、3万年にも満たない(と彼らは言う)という。月は7日と20日で、太陽、金星、水星は1年またはその前後で、火星は3年で、木星は12年で、土星は30年でそれを実行するのだ。しかし、これらの天体が一度に相反する運動をすると考えるのは馬鹿げた考えであり、ましてや、何千年もの自然経過をたどる恒星のある同じオーブが、24時間ごとに回転すると想像するのは無理がある。私は、太陽を地球の中心とし、動かすことのできないものとするコペルニクスのようなことはしません。ただ、私のこの目が真実であると証明できる地球の動きを認めれば、これらの不条理はすべて取り除かれ、すべての人は自分自身の単一かつ適切な動きを持つだけである。

しかし、私はどこにいるのでしょうか?私は歴史を語ると約束したが、知らないうちに語り手になっている。私が滞在している間、赤みがかった雲のようなものが私の方に向かってきて、絶えず近づいてくるのを見て、ついに私はそれが巨大なイナゴの群れに他ならないと悟ったのである。アフリカのジョン・レオや、地上に落下する数日前に空中で見られるという他の学者の、イナゴに関する言説を読み、さらに私のこの経験を加えれば、イナゴは月の地球以外の場所から来ることはできない、と容易に結論づけるだろう。しかし、11日か12日の間、静かに旅を続けさせてください。その間、私は言葉では言い表せないほどの激しい渦を巻きながら、直接、月の球体に向かって運ばれていった。さらに不思議なことに、私の雁は時々しか翼を動かさず、時には4分の1時間も全く動かさず、凧や鷲が時々短時間行うように、翼を伸ばしたままにしていた。その間、彼らは昼寝をしていたのでしょうが、それ以外の時間は何もしていないように見えた。私自身はエンジンに張り付いていたので、自分の出番を果たすために十分な眠りにつくことができなかったが、スペインのダウンベッドに横たわっていたかのように、とても楽に出番を迎えることができた。

この激しい飛行を11日間続けた後、私は、我々が月と呼ぶ星の地球または本体である、もう一つの地球(そう呼んでもよい)に近づき始めたことを認識した。この地球と私たちの地球の最初の違いは、私が地球の引力から解放されるとすぐに、地球が自然な色で現れることだった。一方、私たちの地球では、私たちから1リーグか2リーグ離れたところにあるものは、致命的な青色をしている。そして私は、この世界の大部分は巨大で力強い海で覆われており、その一部は乾いた陸地であるだけで、私たちにとっては体の他の部分よりもやや暗く、つまり田舎の人々が「月の人」と呼ぶものであり、非常に明るく輝いている部分は、島々が散りばめられた別の海であるが、その小ささゆえに私たちはこれほど遠くまで見分けることができないのである。これが、学校で哲学者たちが教えていることとどれほど食い違うかは明らかだ。しかし、この時代の時間と経験によって、彼らの誤りがどれほど多くなったことか。また、空気の上部領域が非常に高温であると信じていなかった者はいないだろうか。私は、地球という暴虐な重石の魅力的なビームから解放された後、月の新世界に到着するまで、風も雨も霧も雲もなく、暑くもなく寒くもなく、常に快適で穏やかで快適な空気を発見した。我々の哲学者が話す火の領域については、私はそのニュースを聞いたことがなく、私の目はそのようなものがないことを十分に教えてくれた。

私がコースを終えたとき、地球は今までに12回、そのすべての部分を私に見せてくれた。私の計算では、9月11日の火曜日(実際にそうだった)で、その時、月は2日前に天秤座の20度にあった)私の雁は、ある一貫した方法でコースを止め、ある時間休んだ後、彼らは飛び立ち、1時間もしないうちに私をあの世の高い丘の上に連れて行き、そこで多くの素晴らしいものが私の目に映った。最初に観察したのは、地球の地球儀が我々にとっての月の3倍よりもはるかに大きく見えたにもかかわらず、そこではすべてのものが我々の10倍、20倍、いや30倍も大きかったことである。彼らの木は3倍の高さで、5倍以上の幅と厚さがあった。彼らのハーブ、鳥、獣もそうだったが、私はそれらを私たちのものとうまく比較することができません。なぜなら、ツバメ、ナイチンゲール、カッコウ、ウグイス、コウモリ、そしてある種の野鳥を除いて、そこには私たちのものに似た種類の獣や鳥がいなかったからである。また、私の雁のような鳥も、今になってわかったのだが、私たちから離れている間は、あの世界で過ごしているのだが、私たちのものとは何一つ変わらず、全く同じ種類のものである。

地面に着いて間もなく、私は極度の空腹を感じた。次の木に足を踏み入れ、エンジンとガンザをそこに固定し、急いでポケットに入れておいた食料を調べ始めた。しかし、私の大きな驚きと憤りは、そこに蓄えていたと思っていたインコやカポネの代わりに、乾いた葉、ヤギの毛、羊やヤギの糞、コケなどが混じっていたことだった。そして、私のカナリアワインは変質し、馬の小便のような臭いがした。ああ、この呪われた霊たちの悪意と詐欺、もし私が彼らの助けに頼っていたら、私はどんな状態になっていただろうか。私がこの奇妙な変容を眺めていると、突然、私の背後で雁がはためく音がした。振り返ってみると、彼らは線の届く範囲にある低木に貪欲に落ちており、その葉を熱心に食べていた。その葉を貪るように食べているのを発見し、その低木に近づき、葉を口に入れてみた。その味は言葉にできないほど素晴らしく、もし私が食欲を抑えていなかったら、その葉を食べ過ぎていたかもしれません。

宴会が終わって間もない頃、私は自分の周りに、特徴、風俗、服装ともに奇妙な種類の人々が集まっているのを見た。私は彼らの布のような布、絹、その他のものを見たことがなかった。それは何だったのかと問われれば 生まれつきの盲人に緑と青の違いを理解させるのが難しいように、この月の色も、私がこれまでに見たどの色とも親和性がないため、解読することはできません。私が言えるのは、それが想像しうる最も輝かしく楽しい色であり、そこに滞在している間、私にとってこれ以上楽しいことはなかった。

突然、このような格好をした人々が現れたことに驚いた私は、体を横にして、「イエズス・マリア」と叫んだ。イエズスという言葉が発音されるやいなや、老いも若きも膝をついて(私は少なからず喜びた)、手を高く上げて、私にはわからないある言葉を繰り返した。やがて再び立ち上がると、他の者よりもはるかに背の高い者がやってきて、親切に私を抱きしめ、私が見たところ、他の者に私の鳥に付き添うように命じ、私の手を引いて、丘の麓にある自分の住居に連れて行ってくれた。この家には、高さ30フィート、幅12フィート以下のドアはなく、部屋の高さは40フィートから50フィートで、それに比例していたが、それよりもはるかに小さいということはありえなかった。この王子は、前者よりもはるかに背が高く、(彼らの音は我々の文字では完全に表現できないので、文字で表現できる限り)ピロナと呼ばれていた。しかし、彼らの中には、彼よりもはるかに大きな体格の最高君主がいて、全世界を指揮しており、その下に29人の大きな力を持つ王子がいて、その一人には24人の下級の統治者がいて、このパイロナスもその一人である。この偉大な君主の最初の祖先は、伝えられるところによれば、地球から出てきて、その巨大な君主制の相続人と結婚して政府を手に入れ、それを後世に残し、それ以来、4万月(3077年)にもわたって享受してきた。彼の名前はイルドノズールであり、今日までの相続人は同じ名前を名乗っている。彼は400月ほどそこに留まり、多くの子供を産んだ後、(どのような方法でかはわからないが)再び地球に戻ってきたという。我々の歴史家は、私の前にあの世界にいた人間や、ましてや再び戻ってきた人間など、地上の人間には一切言及していないのだから、彼らにも我々と同じように作り話があるのではないかと思った。しかし、彼らの間では学問が非常に高く評価されており、嘘や偽りを嫌うようである。彼らの多くは信じられないほど長生きで、3万月(1000年以上)生き残った者もいると私に言った。3人または4人の年齢は、最初のイルドノジュールの時代に容易に達するだろう。彼らの身長は非常に異なっており、我々と大差ない数の人々が1000月(我々の年の4分の1)以上生きることはめったにない。これらの人々を、彼らは卑しい、価値のない生き物と見なし、獣よりも一段階上の存在とし、彼らを落とし子、偽造者、交換人と呼んで、卑しい、隷属的な仕事に従事させている。彼らが真の自然月人または月人と称する者は、身体の量と生命の長さの両方において、両世界の一日の質に比例して、一般に我々の30倍を超える。

ピロナス宮殿への旅の方法は、これまで述べてきたことよりもさらに奇妙で信じられないものだった。最初に出発したとき、スペインの女性が夏に涼をとるのと同じような羽毛の扇が2本、それぞれに届けられた。月の地球も同様に重力を持っているが、地球よりもはるかに弱いことを理解しなければならないのである。ダンサーが芸を披露するときにするように、人間が全力で上に向かって跳ね上がるだけで、50~60フィートの高さに登ることができるのである。その後、月の地球からのすべての重力を超えて、彼はそれ以上落ちることはないが、これらの扇の助けを借りて、翼のように、(鳥ほど速くはないが)短時間で好きなところに空中を移動する。2時間後には(私の推測では)、これらの扇の助けによって、私たちは5リーグ分の空中を移動し、全部で60人ほどになった。ピロナスの宮殿に到着して、指揮者がどんな贈物を持ってきたかを宣言した後、私は彼の従者に呼ばれた。宮殿の荘厳さと彼への敬意から、私はすぐに彼の偉大さを理解し、それに応じて彼の好意を得るために自分の行動を管理した。覚えているかもしれないが、私は東インド諸島から持ってきた宝石の残りである、ある小さな箱や棺を持っていたので、紹介される前にこっそりポケットから取り出し、それぞれの種類をいくつか選んで、私が便利だと思うように提示できるようにした。

私が見たところ、彼は立派な国の椅子に座り、一方の手には彼の妻または女王、もう一方の手には彼の長男が座っていた。一方の手には女性の群れが、もう一方の手には若い男性の群れが付き添い、部屋の両側には大勢のハンサムな人物が立っていた。入口で私は膝をつき、宝石を取り出して、ダイヤモンド、ルビー、エメラルド、サファイア、トパーズ、オパールの7つの石を王に献上したところ、王は喜びと感嘆の念をもってこれを受け取った。私は王妃と王子に他の石を提供し、王妃と王子の従者にもっと多くの石を提供しようとしたが、ピロナスは彼らに石を受け取ることを禁じ、私が聞いたところによると、私が持っている石はこれで全部であり、これを君主であるイルドノジュールのために確保させようとしていた。その後、彼は非常に熱心に私を抱きしめ、様々なことを合図で尋ねた。私も同じように自分の能力の限りを尽くして答えた。これに満足しなかった彼は、私を100人の巨人(彼らと呼ぶのがふさわしい)の護衛に引き渡し、私が自分に合うものを何も欲しがらないように、また、小人の月人を私に近づけさせないように、厳しく要求した。そして最後に、彼らは私に、彼が指定したいくつかの事柄についての知識を決して教えてはならないとした。ピロナスが私に尋ねたことを知りたいのではないでしょうか。それは、私がどこから来て、どうやってそこにたどり着いたのか、私の名前と仕事は何なのか、などである。

避難している間は、心が望む必要なものはすべて揃っていたので、まるで楽園にいるようだったが、その楽しみはまだ私を夢中にさせるものではなかった。しかし、私は妻と子供たちのことを考え、再び彼らのもとに戻れるという希望をまだ持っていた。私は毎日、細心の注意を払って雁の世話をしたが、もし他の人が私よりも多くのことをしなかったならば、それはほとんど意味のないことだった。なぜなら、自然界の秘密かつ不可抗力な命令により、日が昇り始め、月が太陽の光で照らされるようになると、月の第1四半期には、この地域に住む我々の身長の人々は皆、死んだように眠りに落ち、太陽が沈んで引きこもるまで起きることができないからである。なぜなら、我々のようなフクロウやコウモリが光に耐えられないように、日が最初に近づくと、我々はそれに驚き始め、まどろみに落ち、それは次第に大きくなり、光が消えるまで死んだような眠りにつく、それは14日か15日後、つまり最後の四半期までである。太陽の不在の間、2つの光がある。1つは太陽の光で、私はそれを見ることに耐えられなかったが、もう1つは地球の光である。地球の光は最も高い位置にあった。月が変化するとき、地球は彼らにとって満月であり、月が我々とともに増加するように、地球の光も彼らとともに減少するのである。私は、太陽がないにもかかわらず、太陽が曇っている日中の我々の光と同じ光を見つけた。しかし、四半期に向かって日ごとに減少し、それでも有能な光を残している。しかし、月の他の半球では、私が見つけたのとは逆に、月の半分は太陽が見えず、地球も見えないが、我々の月光とは似ても似つかぬ光があり、それは星や我々よりもはるかに短い距離にある他の惑星の近さが彼らに与えているようだと、彼らが報告していることほど驚くべきことではない。

真の月人には3つの種類があることを理解しなければならない。ある者は我々よりも少し背が高く、おそらく10フィートか12フィートの高さがある。これらの者は、地球が少しだけ輝く月の日に耐えることができるが、両方の光を浴びることはできないので、その時は眠らなければならない。他の者は高さ20フィート以上で、地球と太陽の両方の光をすべて受けることができる。ある島(この島の謎は慎重に隠されている)には、身長がおよそ27フィートの男たちがいる。月の昼間に他の者がそこに上陸すると、彼らは即座に眠りに落ちる。これはマルティーニ島と呼ばれ、特定の総督がいる。彼らの報告によると、その総督は65,000月齢で、我々の年の5,000倍にあたる。彼の名はヒルヒと言われ、彼はある意味で自分自身にルルドノジュールを命じており、特にその島では決して外に出ない。また、この島には頻繁にやってくる人物がいる。彼の年齢は半分にも満たないと言われており、月齢にして約3万3,000、我々の年齢にして約2,900年である。彼は月の地球を通して、イタリアのどの地域でも教皇がそうであるように、宗教に関するあらゆることを命令する。

私はこの男に会いたかったが、彼に近づくことは許されなかった。彼の名前はイモゼスである。さて、私は長い夜の眠りにつこうと思う。そのために、私の従者が私の鳥を世話し、私の宿を用意し、私がどのように身を処すべきかを印で示してくれる。9月中旬になって、空気がいつもより澄んでいるのを感じ、光が増すにつれて、最近は休息を妨げられたことがなかったのに、最初は鈍く、次に重くなって眠れなくなるのを感じ始めた。ついに私は、この死の姉妹の庇護の下に身を置き、その後ほぼ2週間、その囚人となった。そして目を覚ますと、信じられないことだが、私の身体と心の両方の能力がいかに活発で活力に満ちているかがわかった。月の言語を学ぶことに専念した。これは月のすべての地域で同じだが、それほど素晴らしいものではない。というのも、月の地球は人間の住む地球の40分の1にも満たないと私は考えているからである。また、月の地球ははるかに小さく、さらに海や海洋は4分の3近くを覆っているが、私たちの世界の陸地と海は同じ大きさだと考えられる。彼らの言語は非常に難解である。なぜなら、私がこれまでに聞いたどの言語とも親和性がなく、言葉や文字だけではなく、文字では表現できない曲や奇妙な音で構成されているからである。なぜなら、いくつかの物事を意味する言葉はほとんどなく、その音によってのみ区別され、それはあたかも発声するときに歌われるからだ。確かに、多くの言葉は言葉なしに曲だけで構成されている。このような場合には、世界の他のどのような言語よりも多くの曲だけで構成された言語が作られ、容易に学ぶことができる。このような困難にもかかわらず、私は2ヶ月以内にそこそこの知識を得て、私に要求されたほとんどの質問を理解し、合図と言葉を使って自分の考えを合理的に伝えられるようになった。このことを知ったピロナスは、しばしば私を訪ねてきて、私の保護者が明かせない多くのことを喜んで教えてくれた。しかし、私は、彼らが私を不実に罵倒したことはないと言わざるを得ませんが、彼らが解決したくない質問を私がすると、彼らは首を振り、スペイン語で肩をすくめて他の話をした。

7ヶ月後、偉大なるイルドノズールは、ピロナの宮殿から200リーグほど離れた場所に進み、私を訪ねてきたが、私を本人の前に連れて行くことはせず、私には彼の声が聞こえ、彼には私の姿が見えるように、窓越しに話をした。私は自分の宝石の残りを彼に贈ったが、彼はそれをありがたく受け取り、もっと価値のある贈り物でそれに報いると言った。私はそこに月の4分の1以上滞在したが、再びピロナに送り返された。1日か2日長く滞在していたら、故郷を取り戻す前に太陽に追いつかれていたでしょう。彼が私に与えてくれた贈り物は、人が金の山を割いてでも買いたいと思うようなものばかりだった。最初の石はハシバミの実ほどの大きさで、ジェットによく似ている。他の多くの驚くべき美徳の中で、この特性を持っている。一度火の中に入れると、外見上は何の変化もないが、ある種の酒で消すまで、その熱を維持する。その熱は非常に激しく、1フィート以内にある金属をすべて赤熱させる。マクルスはさらに貴重で、トパーズのような色をしていて、豆粒ほどの大きさもないのに、夜に大きな教会の中に置くと、100個のランプを吊るしたようにすべてを明るくする。しかし、私のエベルスは非常に優れているので、これらの石よりもはるかに好まれるでしょうし、私たちの世界で手に入るすべてのダイヤモンド、サファイア、ルビー、エメラルドよりも珍重されるでしょう。月の色は非常に美しく、人はそれを見るために1,000リーグを旅するだろう。形はやや平らで、8つのピースの幅と2倍の厚さがあり、一方の面は他方の面よりも東洋的な色をしている。これを人の素肌に当てると、体の重さや重苦しさがなくなるが、反対側に回すと、この世でもあの世でも地球の魅力的な光線に力を加え、体を再び同じくらい重くする。あなたは今、なぜ私がこの石を過大評価するのか不思議に思っているだろうか?あなたが再び地上で私に会う前に、あなたは私がこの貴重な宝石を大切にする理由があることに気づくだろう。私は、人間を透明にするジェムのようなものはないのかと尋ねた。それは、私が素晴らしい使用法だと判断したもので、この目的のために執筆した我々の学識者を何人か紹介することができた。彼らは、もし可能であったとしても、多くの欠陥を持ち、悪用されやすい生き物である我々にそれを明らかにすることを、天が許さないだろうと答えた。

偉大なる君主イルドノズールが私にこのような栄誉を与えてくれたことが知られてからは、不思議なことに、すべての人が以前よりも私を尊敬するようになった。私の保護者たちは、これまであの世界の政府について何かを話すことに慎重だったのだが、今ではより開放的になり、彼らとパイロナスを合わせて、私は多くの注目すべき事柄を理解した。千年経っても盗人も娼婦もいないこと、まず人間の使用に必要なものが何もないこと、労働なしにどこでも食物が育ち、望むことができるあらゆる種類のものがあることなどである。衣服や家など、人間が欲しがると思われるものは、彼らの上司によって提供される。多少の労働を伴わないわけではないが、楽しみのために行うのと同じくらい簡単である。また、彼らの女性はすべて絶対的に美しく、自然の秘密の気質により、一度でも女性を知った男は他の女性を欲しがらない。彼らの間では、殺人は一度も聞かれたことがなく、また、治癒可能な傷以外は作られないので、ほとんどあり得ない。確かに彼らは私に保証し、私もそれを信じているが、たとえ人間の頭が切り落とされても、3ヶ月以内にそれが再び甲羅に結合され、そこに成長したあるハーブの汁が適用されれば、それはとても強固なものとなり、傷ついた者は完全に治癒するだろう。しかし、彼らの良い政府の主な原因は、人々の性質に優れた気質があるため、老いも若きもあらゆる種類の悪徳行為を行い、まるで別の楽園のような愛と平和と友好の中で暮らしていることである。しかし、ある者が他の者よりも優れた気質を持っていることは事実であり、それは彼らが生まれてすぐに見分けることができる。また、彼らの間では、誰も死刑にしてはならないという不可侵の法律があるため 彼らは、その体格やその他の兆候から、邪悪で放蕩な気質を持っていると判断すると、どのような方法かはわかりませんが、彼らが彼らの間で悪さをする機会や能力を持つ前に、彼らを地上に送り、他の子供に変える。しかし、まず、地上の空気が彼らの色を我々のように変えるまで、しばらくの間、彼らをそこに置いておきたいと彼らは言う。彼らの通常の通気口は、アメリカ北部のある高い丘であり、全国民は、その色と、月人が非常によく吸うタバコを継続的に使用しているという点で、完全に彼らの子孫であると信じがちなのである。時には、滅多にないことだが、彼らはその目的を間違えて、ヨーロッパ、アジア、アフリカに落ちてしまう。何年か前に、これらの月人の話を裏付けるような話を読んだことがあるが、特に『ネウブリゲンシス』のある章を思い出した。Inigo MondejarはNova Granataの記述の中で。また、Joseph Defia de Caranaの『History of Mexico』には、私の記憶が欠落していなければ、私の報告をより信用できるものにするための記述がある。

正義がどのように実行されているかを尋ねるならば、残念ながら、犯罪が行われていないところで、試験的な処罰が必要なのだろうか。争いがないので、弁護士も必要ではなく、種が芽を出し始めたら、次の上級者の知恵によって根こそぎにされてしまう。また、医師が必要とされないように、彼らは決して自給自足ではなく、空気は常に純粋で温和であり、病気の原因もなく、私は不調な人を聞いたことがない。しかし、自然に与えられた時間が尽きると、主な痛みを伴わずに死んでいく、というか、栄養分がなくなるとロウソクが光を放つように、生きることをやめてしまうのである。そのうちの一人の旅立ちに立ち会ったとき、彼が幸せな人生を送り、多くの友人や子供たちを見捨てたにもかかわらず、自分の終わりが近づいていることを理解するやいなや、盛大な宴会の準備をし、「尊敬する人たち」を招待して、「この世の偽物の快楽から離れ、真の喜びと完全な幸福の一部となるべき時が来たのだから、一緒に楽しみ、喜ぶように」と呼びかけたことに、私は大いに驚いた。私は、彼自身の不変性よりも、彼の友人たちの行動を賞賛した。私たちと同じようなケースでは、多くの人が袖の中やトカゲの下で笑っているだけなのに、みんな嘆いているように見える。しかし、ここでは老いも若きも皆、見せかけではなく、本当に喜んでいたのである。そして、もし誰かがそれを隠していたとしても、それは彼ら自身の特定の損失に対する悲しみだけであった。死んだ彼らの体は腐敗しないので、埋葬されず、その目的のために任命された特定の部屋に保管されている。雨も風もなく、天候の変化もなく、夏も冬もなく、まるで永遠の春のように、あらゆる喜びと満足を与えてくれ、少しのトラブルや悩みもない。私の妻と子供たちよ、あの場所の幸せを奪うとは、何と間違ったことをしたのでしょうか。しかし、それは大したことではない。この航海によって、私の死すべき人生のレースが終了したとき、私は他の場所でより大きな幸福を得ることができると十分に確信しているからである。

テネリフの池から昇り始めたのが9月9日、12日間の航海を経て、9月21日にシミリと呼ばれる月の州に到着した。5月12日、偉大なイルドノズールの宮廷に来て、17日にピロナの宮殿に戻り、1601年3月までそこにいた。私は、これまで何度も行ってきたように、パイロナに、命の危険を冒してでも、再び地球に戻ってくる許可を得たいと真剣に求めた。彼は、航海の危険性、私が来た場所の悲惨さ、私が今享受している豊かな幸福を主張して、私を説得した。しかし、妻と子供たちの思い出は、これらすべての理由に勝り、実を言うと、私は帰還して手に入れるべき栄光を望むあまり高揚しており、もし私がそのわずかな粒子を失うくらいなら、20の命を危険にさらすことにならなければ、私はスペイン人の名に値しないと考えた。私は、子供たちに会いたいという強い気持ちがあるので、子供たちのところに行かずにこれ以上生きることはできないと答えた。彼は私にもう1年いて欲しいと言ったが、私は今すぐにでも出発しなければならないと言った。私の鳥たちはいつものように旅に出られないために垂れ下がり始め、3羽はすでに死んでおり、さらに数羽が失敗すれば、私は戻る可能性が全くなくなってしまいる。そして、まず偉大なイルドノズールに私の意図を伝え、鳥たちが頻繁に鳴いていることから、彼らが旅立ちを待ち望んでいることを知り、エンジンを整えてピロナに別れを告げ、3月29日に出発した。最後の月の光から目を覚ましてから3日後、私は自分のエンジンにしがみついた。イルドノジュールが私にくれた宝石と、ピロナスが私に教えてくれた美徳とその使い方を忘れずに持っていき、少量の食料も持っていったが、これは後になって大いに役立つことになった。大勢の人々が集まっており、その中にはピロナス自身もいた。私が彼ら全員に最後の別れを告げた後、私は鳥たちに手綱を放すと、鳥たちは貪欲に翼を広げて、私をすぐに視界から消し去った。この旅は9日足らずで終わったが、登っているときに出会った空中の人たちのニュースは何も聞かなかった。私の旅は何にも妨げられなかった。それは、私の鳥たちがすでに季節を逃して地球に戻りたいと切に願っていたからなのか、それとも地球の引力が月の引力よりもはるかに強くて楽だったからなのか、以前よりも3羽の鳥が減ったが、そうなった。最初の8日間は、鳥が私の前を飛び、エンジンに乗った私は後に引きずられるようにしていたが、9日目、雲に近づき始めたとき、私とエンジンが地球に向かって沈み、雲の前に出ていくのがわかった。そこで私は、鳥たちが私たちの重さに耐えられず、私も自分たちも真っ逆さまになって地球に落ちてしまうのではないかと、ひどく恐れた。そこで私は、服の中で素肌に留めている石のえびすを使う必要があると考えた。

中国は非常に人口の多い国であり、人間の長さの3倍の長さの土地でも、丁寧に手入れされていないところはほとんどないと思った。私がまだ空中にいたとき、私を見つけた田舎の人たちが軍隊で走ってきて、私を捕らえ、役人の前に私を連れて行きたがったので、他に解決策がないと思い、彼らに屈した。しかし、いざ行こうとすると、自分の体があまりにも軽く、片足が地面に着いているのに、もう片方の足を下ろすのに大変苦労した。これは、月人が私の体からすべての体重を奪ってしまったためで、私は自然の必要性を実行したいと思っているふりをした。私が話すどの言語も彼らは一言も理解していなかったため、彼らは私が彼らから逃げることは不可能だと確信して、いくつかの茂みの間に私が行くことを許可した。そこでは、ピロナスが私の石の使い方について指示したことを思い出し、残っているいくつかの宝石と一緒にそれらを編んでハンカチにした。一番小さくて悪いエベルスを除いて、私はその側面の半分だけが私の皮膚に触れるような方法で体に当てた。このようにして、私は保護者たちの方へ引き寄せ、彼らが私の道を横切ることができないほど近くまで来たので、私は彼らにきれいな一対のかかとを見せて、私が宝石を隠す時間を持てるようにしたが、もしそれが妨げられなかったら、彼らは私から奪っていただろうと思った。このようにして身軽になった私は、彼らに踊りを披露したが、彼らが全員、たくさんの競走馬の背中に乗っていたとしても、私を追い越すことはできなかったでしょう。私は、自分の進路を太い森に向け、そこから4分の1リーグほど入ったところで、私の目印となる立派な泉を見つけ、私の宝石を、すぐそばにあるモグラが作った穴に突き刺した。

私はポケットから食料を取り出し、今までの航海では少しも食欲がなかったので、それで満足していたが、追いかけてきた人々が私に追いつき、私は静かに彼らの手に委ねた。彼らは私を下役に連れて行き、私が最初に私を逮捕した人たちから逃げ出したことを理解し、板の囲いを作らせて、私の頭だけが自由になるように私を入れ、4人の奴隷の肩に乗せて、悪名高い悪人のように、彼らの言葉でマンダリンと呼ばれ、有名なペキン市から1リーグ離れたところに住んでいる偉い人の前に連れて行った。その内容は、私が不思議な形で空中を移動したことから、私が魔術師であること、また、私の言語と習慣が示すように、よそ者である私が中国の法律に反して、令状もなく、おそらく善意でもないのに中国に入国したというものだったようである。マンダリンはこの言葉を重く受け止め、警戒心が強く新奇なものに目がない人なので、必要に応じて命令を下し、私の大胆な試みが罰せられないようにすると伝えた。このようにして、私は何ヶ月もの間、他の何よりも、取り返しのつかないことになるに違いないと思っていた自分の雁たちのことを考えて悩んでいた。

この間、私自身の努力と同行者の助けにより、私はその省の言語(中国のほとんどの省にはそれぞれ固有の言語がある)を無難に話せるようになったが、彼らはとても喜んでいた。驚くほどの甘さと美しさを持つハーブや花で飾られ、ほぼ無限の種類の果物、ヨーロッパの果物などがあり、これらの楽しいものを眺めることで私の感覚を奪うような稀な好奇心で構成されている。私がここでくつろいでいると、私が歩いていた側の庭にマンダリンが入ってきた。私は召使から、マンダリンにひざまずくべきだと言われたので(大官に対する通常の敬意である)、ひざまずき、意図的にではなく、天の秘密の処分によってこの地に到着した哀れな見知らぬ者への好意を謙虚に懇願した。彼は、マンダリンが使っていると聞いている別の言語で答え、月人の言語のように、主に音を頼りにしていた。それを彼の従者の一人が通訳し、私に害を与えるつもりはないので、私を安心させてほしいと言った。翌日、私は彼の前に来るように命じられ、美しい絵が描かれた高貴なダイニングルームに通されたが、マンダリンは皆に避けるように命じ、私の国の状態、王子の権力、人々の宗教と風俗について尋ねるために、一般的な言葉で私と話し合うことを許可した。私は自分の人生の冒険を彼に宣言したが、都合の良いことは省略し、特にイルドノズールからもらった石については言及しなかった。

私の話の奇妙さに驚いた彼は、私の話の中に、私の方法で教えてもらいたいと思っていた魔術に関係するものがないことを知り、私の知性の素晴らしさを称賛し始め、この世で見たこともないような幸せな人間だと拍手を送り、長い話の後で私に休んでほしいと言って、その時は私を解雇したのだった。その後、マンダリンは私を非常に気に入り、私を呼びに来ない日はなかった。ついに彼は私にあの国の習慣を身につけるように勧めた。私は喜んでそれを実行し、彼の家で自由にさせてもらっただけでなく、彼がペキンに行くときにも連れて行ってもらい、人々の気質や国の政策を学ぶ機会を得た。彼に付き添うことで、これらの知識を得ただけでなく、生まれ育った土地に戻れる可能性や、私が何よりも大切にしている妻や子供たちのことも知ることができた。ペキンによく行くと、イエス会の神父たちの話を耳にした。彼らは王に並々ならぬ好意を持っていることで有名で、王にヨーロッパの時計や文字盤などを贈っていたが、彼らにとっては絶妙な珍品とされていたようだ。私はマンダリンの許可を得てこれらの場所に行き、彼らの歓迎を受けた。彼らは到着するための許可を得るのが非常に困難であったため、そこに素人のスペイン人がいることを非常に不思議に思った。私はそこでポントヤ神父や協会の他の人たちに前述の冒険を話し、神父の指示でそれを文書化し、私の幸運の物語をマコアに送り、そこからスペインに送り、私の帰還の前兆としたのである。マンダリンは私に寛大だったので、私はしばしば神父たちのもとを訪れ、神父たちと多くの秘密について相談し、神父たちと一緒に私の帰還の基礎を築いた。私は、これらの隠された神秘の知識で国を豊かにすることで、最終的に私の幸運な不幸の栄光を得ることができると、忍耐強く期待している。

脚注[編集]

この作品は1927年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。