明治元訳新約聖書(大正4年)/腓立比人書

From Wikisource
Jump to navigation Jump to search
Wikisource:宗教 > 聖書 > 明治元訳新約聖書 (大正4年) > 腓立比人書(元訳大正4年)
Wikipedia
ウィキペディアピリピ人への手紙のページがあります。

[千九百九十三]
しんやくぜんしょしとパウロピリピびとおくれるふみ

  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第一章[edit]

キリスト イエスしもべパウロテモテ ピリピをるところのキリスト イエスあるすべてのせいとおよびすべてかんとくしつじふみおく
ねがはくはなんぢらわれらのちゝなるかみおよびしゅイエス キリストよりめぐみやすきうけ


なんぢらはじめよりいまいたるまでともふくいんあづかるにより
われなんぢらおもふごとにわがかみしゃ
またつねなんぢらためねがふごとによろこびてねが
なんぢらこゝろうちよきわざはじめものこれをしゅイエス キリストまでにまったふすべしとわれふかくしん
かくごとおもふはうべなりなんぢらつねにわがこゝろあるよるそはなはめあるときおよふくいんべんめいこれかたうするときなんぢらみなわれとともうくめぐみあづかれバなり
わがキリスト イエスこゝろなんぢらすべてこひしたふことについてハそのあかしをなすものかみなり
またなんぢらあいちしきもろゝゝさとりうちますゝゝおほいなりもっとすぐれたるところわきま
十 十一 イエス キリストよれみたせてかみえいくわうほまれあらハしキリストためきよくしてあやまちなからんことをいの


十二 きゃうだいねがはくはなんぢらわがありところのことかえっふくいんすゝみゆたすけとなりしを
十三 かくなはめかゝりしハキリストためなることすでわうまもところぢんえいおよびほかひとゞゝにもすべあきらかしられたり
十四 わがなはめよりきゃうだいたちおほくはしゅしんずるのこゝろあつくしますゝゝいさみおそるゝことなくみちつた
十五 またそねみあらそひよりキリストのぶものありまたよきこゝろざしによりこれをなすものあり
十六 かれなはめくるしみましくはへんことをおもまことこゝろなくたうむすこゝろよりキリストのべ
十七 これふくいんべんめいするためたてられしことをあいしんよりキリストのぶ
十八 しからばいかんいづれにもあれあるひいつはりあるひはまことともにのぶところキリストなれバわれこれを
[千九百九十四]
よろこかつつねによろこバん
十九 そはこのことなんぢらいのりイエス キリストみたまたすけとによりつひすくひとなるべきしればなり
二十 これわがせつねがふところのぞむところすなはすべてことはづることなくいまつねごとおくせずいけるにもしねるにもキリストをしてよりあがめられしめんとおもふにかなへり
二一 わがいけるはキリストためまたしぬるもえきなり
二二 されにくたいありいけることもしわがはたらきむすもととなるべくばいづれえらぶべきかわれこれをしら
二三 われこのふたつあひだはさまれたりねがひさりキリストともありんことなりこれもっとよきことなり
二四 されにくたいとゞまるハなんぢらためさらひつえうなり
二五 われふかこのことしんずるがゆゑながらへてなんぢらすべてひとともすみなんぢらをしてしんかうまさしめしんかうよりいづよろこびをしむるにいたらんことをしる
二六 われふたゝなんぢらよろこびわれによりイエス キリストうちますゝゝおほいならん
二七 われたゞなんぢらキリストふくいんかなおこなひをせんことをすゝこれわがゆきなんぢらみるときもはなれなんぢらこときくときもなんぢられいひとつにしてかたたちふくいんみちためこゝろおなじうしてちからあは
二八 すべてことにつきてきおどろかされざらんことをしらためなりすべてきおどろかざるハてきにハほろびしるしなんぢらにハすくひしるしなりこれかみよりきたるなり
二九 そハなんぢらたまところめぐみキリストためたゞこれをしんずることのみならずまたこれがためくるしみうくることをもたまひたればなり
三十 いまなんぢらになやみありすなはさきなんぢらきくところのわれにあるかんなんおな

第二章[edit]

もしキリストにあるすゝめあいによるなぐさめみたままじはりじひあはれみとあらバ
なんぢらおもひおなじうしあいしんおなじうしこゝろあはせておもふことをひとつにしよろこびみたしめよ
なにごとおもふにもたうむすあるひむなしきほまれもとむこゝろいだくべからずおのゝゝへりくだりたるこゝろたがひひとおのれまされりと
また
[千九百九十五]
おのゝゝおのことのみをかへりみずひとことをもかへりみよ
なんぢらキリスト イエスこゝろこゝろとすべし
かれかみかたちにてをりしかどもみづかそのかみひとしあるところのことすてがたきことゝおもハず
かへっおのれむなしうししもべかたちをとりてひとごとくなれり
すでひとごとありさまにてあらはおのれひくゝいたるまでしたがじふじかをさへうくるにいたれり
このゆゑかみはなはだしくかれあがめもろゝゝまさこれあたたまへり
てんあるものあるものしたにあるものをしてことゞゝイエスよりひざかゞめしめ
十一 かつもろゝゝのしたをしてことゞゝイエス キリストしゅなりといひあらはしてちゝなるかみほまれせしめんためなり
十二 されあいするところものなんぢらつねしたがへるごとおそれをのゝきおのれすくひまったうせよわがともにりしときのみならずわがをらざるいまことしかすべきなり
十三 そはかみそのよきむねおこなハんとてなんぢらうちにはたらきなんぢらをしてこゝろざしをたてことおこなハしむればなり
十四 すべてのことつぶやくことなくまたあらそふことなくしておこなふべし
十五 これなんぢらかけなくまじりなくかみとなりまがれるよこしまなるじだいありせむべきところなからんためなりなんぢらこのじだいありひかりごとあらハれ
十六 いのちことばたもてりかくキリストためわれをしておこなひしところほねおりところのことのむなしくならざるをよろこばしめよ
十七 なんぢらしんかうそなへものとしてさゝげんにはたとながしてそゝぐともわれこれをよろこばんなんぢらすべてひとともよろこばん
十八 なんぢらこれためよろこわれともよろこ
十九 われなんぢらがありさまをしりこゝろなぐさめんがためすみやかにテモテなんぢらつかはさんことをしゅイエスよりのぞ
二十 そはかれのほかわれおなこゝろなんぢらことしんじつおもんぱかものなければなり
二一 おほくひとみなおのがことのみをもとめてイエス キリストこともとめず
二二 されテモテたんれんなることはなんぢらしるところなりかれちゝおけごとわれともふくいん
[千九百九十六]
ためつとめたり
二三 このゆゑわれおのがことつひいかゞなるかをしらたゞちかれつかはさんとのぞ
二四 またわれもみづかすみやかにゆかんことをしゅよりかたしん
二五 しかれどもわれかならずまづなんぢらのつかひにてともしきおぎなわれともはたらわれともたゝかひをなせるきゃうだいエパフロデトなんぢらつかはさゞるべからずとおもへり
二六 そはかれおのさきやみたることなんぢらきこえしをふかなんぢらすべてひとこひしたひかつきふさぎをればなり
二七 じつかれやまひあひほとんどちかづけりされかみこれをあはれたまへりたゞかれをあはれむのみならずわれをもあはれわれをしてうれへうれへかさねざらしむ
二八 このゆゑわれいよゝゝすみやかにかれつかはさんこれなんぢらをしてふたゝかれよろこばしめかつわがうれへへらさんがためなり
二九 されなんぢらしゅによりよろこびてかれむかへかつかくごとひとたふとぶべし
三十 そはかれはおのいのちかへりみしなんとするばかりキリストためはたらなんぢらわれたすくところかけおぎなひたればなり


第三章[edit]

をはりわれこれをいはきゃうだいなんぢらしゅありよろこわれこのことなんぢらかきおくるハわれわづらはしきなくなんぢらえきあり
なんぢらいぬつゝしかつおこなものつゝし
そハかみみたまよりつとめをなしキリスト イエスよりほこにくたいたのまざるわれらまことかつれいうけたるものなれバなり
されわれまたにくたいたのむことをうるなりひとにくたいたのむことをうるおもハゞわれさらたのむことをうるなり

われやうかめかつれいうけたるものにしてイスラエルやからベニヤミンわかれヘブルびとよりうまれたるヘブルびとなりおきてよれバパリサイのひと
ねっしんよれけうくわいせむるものおきてあるところのよれかけなきものなり
されわれさきにえきとなりしところことキリストよりそんありとおもへり
しかのみならずわれわがしゅキリスト イエスしるもっとまされることとするがゆゑすべてのものをそんとな
[千九百九十七]
われかれのためすでこれらすべてのものをそんせしかどこれふんどごとおもへり
これキリストかつしんかうもとづきてかみよりいづすなハちおきてよれおのあらキリストしんずるによれところもちキリストうちをり
またかれそのよみがへりちからしりそのありさましたがひてかれくるしみあづか
十一
にもかくにもしにたるものよみがへることをんがためなり
十二 われこれらののぞみすでたりといふあらまたすでにまったうせられたりといふあらあるひとることあらんとてわれたゞこれおいもとキリストこれさせんとわれとらたまへるなり
十三 きゃうだいわれみづからこれとれりとおもハずたゞこのいちじつとすなはうしろあるものをわすまへあるものをのぞ
十四 かみキリスト イエスよりうへめしたまところほうびんとめあてむかひてすゝむなり
十五 このゆゑわれらうちすべてまったきものかくごとおもひいだくべしなんぢらもしなにごとよらことなるおもひいだかバこれをもかみなんぢらにしめたまハん
十六 されわれらすでにいたれるところにありておなじのりしたがひておこなふべし
十七 きゃうだいなんぢらみなわれならものとなれかつなんぢらのかたとなるわれらしたがひておこなひをなすもの
十八 そはわれしばゝゝなんぢらにいままたなみだながしてなんぢらつぐごとキリストじふじかてきしておこなものおほけれバなり
十九 かれらをはりほろびなりおのはらそのかみとなしおのはぢそのほまれとなすかれらたゞよことをのみおもへり
二十 われらくにてんありわれらハすくひぬしすなはイエス キリストそのところよりきたるをまつ
二一 かればんぶつおのれしたがハせうるちからよりわれらいやしからだかたどらしむべし

第四章[edit]

このゆゑあいするところしたところきゃうだいわれのよろこびわれのかんむりたるあいするものいまわがすゝむところしたがひてなんぢらかたしゅたつべし
われユウオデヤすゝスントケすゝかれらしゅにありてこゝろ
[千九百九十八]
おなじうせんことを
わがまことともこふなんぢこのふたりをんなたちたすけよかれらクレメンスおよほかはたらきともなるひとゝゝちからあはわれらともつとめふくいんひろめたりかれらいのちふみしるされあるなり
なんぢらつねしゅありよろこわれまたいふなんぢらよろこぶべし
なんぢらすべてひとをしてそのくわんようなることをしらしめよしゅちか
なにごとをもおもわづらなかたゞことゞゝいのりをしねがひをしかつかんしゃしておのもとむところかみつげ
かみよりいでひとすべおもところすぐへいあんなんぢらこゝろおもひキリスト イエスよりまもらん


きゃうだいをはりわれこれをいはおほようやまふべきことおほよそたゞしきことおほよいさぎよきことおほよあいすべきことおよそよききこえあることすべていかなるとくいかなるほまれにてもなんぢらこれをおもふべし
なんぢらわれよりまなびしところうけしところきゝしところところみなおこなへさらへいあんかみなんぢらともならん


われなんぢらわれおもこゝろいままたやうやきざしゝをしゅよりはなはよろこべりなんぢらもとよりわれおもひゐたれどもをりざりしなり
十一 われともしきよりこれいふあらそはわれいかなるさまをるもそれをたれりとすることまなべバなり
十二 われいやしきをるみちしりまたとみをるみちをしりあくこともうゝることもともこともともしきこともすべてことおいわれこれをじゅくれんせり
十三 われわれちからあたふキリストよりすべてことなしうるなり
十四 されどもかんなんをりたすけなししハまことよし
十五 ピリピびとなんぢらもまたしるわがふくいんつたふはじマケドニヤはなるときとりやりをなしてわれたすけしものたゞなんぢらのみにしてほかけうくわいこのことなかりき
十六 なんぢらわがテサロニケありしときいちどならずにどまでもひとつかハしともしきたすけたり
十七 われおくりものもとむるにあらたゞなんぢらがえきになるしげからんことをもとむるなり
十八 われにはすべてのものそなハりてあまりありわれすでにエパフロデトよりかうばしき
[千九百九十九]
にほいにしてかみうけたまふところよろこびたまところそなへものなるなんぢらおくりものうけたれ
十九 それわがかみおのれとみしたがひてキリスト イエスによりさかえなんぢらともしきところをおぎなたまはん
二十 ねがはくハわれらちゝなるかみよゝさかえあらんことをアメン


二一 なんぢらキリストにあるせいとおのゝゝにやすきとへわれとともにあるきゃうだいたちなんぢらにやすきとへ
二二 すべてせいとたちなんぢらにやすきとふカイザルけんぞくのものわけなんぢらやすきとへ
二三 ねがはくはわれらしゅイエス キリストめぐみなんぢらすべてのものともあらんことをアメン


新約全書腓立比書 終