明治元訳新約聖書(大正4年)/約翰第一書

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 明治元訳新約聖書 (大正4年) > 約翰第一書(元訳大正4年)
Wikipedia
ウィキペディアヨハネ第一の手紙のページがあります。

[二千七十九]
しんやくぜんしょしとヨハ子だいいっしょ

第一章[編集]

それわれらきゝまたみねんごろわがてさはりしところものすなははじめよりありいのちことばなんぢらつた
このいのちすでにあらはれたればわれらこれをあかしをなすすなはもとちゝともありものにてわれらあらはれたるかぎりなきところこのせいめいなんぢらつた
われらしところきゝところなんぢらつたふるはなんぢらわれらともならしめんためなりわれらちゝおよびそのこイエス キリストともなり
われらこのふみをかきおくりなんぢらよろこびみたしめんとす
かみひかりなりすこしくらきところなしわれらかれよりきゝまたなんぢらにつたふつげなり
もしわれらかみともなりといひくらきあるかばわれらいふところはいつはりにしてまことおこなふにあら
もしかみひかりうちあるかばわれらたがひともとなるをかつそのこイエス キリストすべてつみよりわれらきよ
もしつみなしといへこれみづからあざむけるにてまことおこなふにあら
もしおのれつみいひあらはさばかみまことなるたゞしきものなるがゆゑかならわれらつみゆるすべてふぎよりわれらきよむべし
もしつみをかしたることなしといはかみいつはりものとするなりそのことばわれらにあるなし

第二章[編集]

わがをさなごわれこれらのことなんぢらかきおくるはなんぢらをしてつみをかすことなからしめんためなりひとつみをかせばわれらためちゝまへはうけいしありすなはなるイエス キリスト
かれわれらつみなだめそなへものなりたゞわれらためのみならずあまねためなだめそなへものなり
われらもしそのいましめまもらばこれよりかれしれりとみづかさとるべし
われかれしれりといひそのいましめまもらざるものいつはりびとなりまことそのうちあるなし
すべそのことばまもものかみあいするのあいまことそのうちおいまったうこれより
[二千八十]
われらかれることをみづかさと
かれをるといふものかれあゆみごとあゆむべきなり


きゃうだいわれなんぢらにあたらしきいましめかきおくるにあらすなははじめよりなんぢらもてふるきいましめなりこのふるきいましめはじめよりなんぢらきゝところことばなり
されなんぢらかきおくところはまたあたらしきいましめなりこのことかれおいてもなんぢらおいてもまことなりそはいまくらきはやゝすぎまことひかりてればなり
ひかりをるいひそのきゃうだいにくものいまなほくらきをるなり
きゃうだいあいするものひかりをりおのれつまづかするものそのうちになし
十一 きゃうだいにくものくらきにをりくらきあゆみそのゆくところをしらこれそのくらきくもらさるればなり
十二 をさなごわれこのふみなんぢらかきおくるはなんぢらしゅよりつみゆるされたるによる
十三 ちゝわれこのふみなんぢらにかきおくるはなんぢらはじめよりのものしれるによるわかきものわれこのふみなんぢらかきおくるはなんぢらあしきものかてるによるわかきこわれこのふみなんぢらかきおくるはなんぢらちゝしれるによる
十四 ちゝわれこのふみなんぢらおくりしはなんぢらはじめよりのものしれるによりてなりわかきものわれこのふみなんぢらおくりしはなんぢらつよくかつかみことばなんぢらのこゝろありあしきものかてるによりてなり
十五 このあるひはこのよにあるものあいするなかひともしこのよあいせばちゝあいするのあいそのうちあるなし
十六 おほよあるものすなはにくたいよくまなこよくまたいきほいよりおこたかぶりこれらはみなちゝよりいづるにあらよりいづるものなり
十七 このそのよくとはすぐるものにてかみむねおこなものかぎりなくとどまるなり


十八 わかきこいますなはすゑのよキリストてきするものきたらんとなんぢらきゝところごといますでにキリストてきするものおほこれよりいますなはすゑなるをわれらしれ
十九 われらはなれてかれらいでたりといへどもとよりわれらものならざるなりもしわれらものならんにはつねわれらともなるべしかれらいでされるはすべてものことゞゝくはわれらものならざることをあらはさんがためなり
二十 なんぢらすできよきもの
[二千八十一]
あぶらそゝがれてすべてことしる
二一 われなんぢらまことしらざるによりこのふみかきおくるにあらなんぢらまことしりかつすべていつはりまことよりいでざることをしれるをてなり
二二 たれこのいつはりびとイエスいひキリストとせざるものならずやちゝとをこばものすなはキリストてきするものなり
二三 およこばものちゝをももたうくものちゝをももて
二四 なんぢらはじめよりきけものなんぢらうちをらしむべしもしはじめよりきけものなんぢらのうちをらなんぢらちゝとにをら
二五 これしゅわれらやくそくたまへるやくそくすなはちかぎりなきいのちなり
二六 われなんぢらまどはものついこれらことなんぢらかきおくれり
二七 なんぢらしゅよりそゝがれたるあぶらそのうちとゞまれるがゆゑをしへひとよりうくるにおよばずそのあぶらすべてのことなんぢらをしかつまことにしていつはりなしなんぢらあぶらをしふごとつねしゅをるべし
二八 おさなごつねしゅをるべしそのあらはるゝときわれらおそるることなくそのきたるときそのまへはづることなからんためなり
二九 なんぢらしゅたゞしきしるよりたゞしきおこなものみなしゅうむところなるをまたしるなり

第三章[編集]

なんぢらわれらとなへられてかみたることをこれちゝわれらたまいかばかりあいちゝしらこれよりわれらをもしらざるなり
あいするものわれらいまかみたりのちいかんいまあらはれずそのあらはれんときにはかならかみんことをしるそはわれらそのまことのさまみるべければなり
おほよかみよれこののぞみいだものそのきよきごとみづからきよくする
つみをかものおきてをかつみとはすなはおきてをかすことなり
われらつみのぞかんためしゅあらはたまひしことはなんぢらしるところなりかれまたみづかつみなし
おほよかれをるものつみをかさずおほよつみをかものいまかれいまかれしらざるなり
をさなごひとまどはさるゝことなかおこなものぎじんなりすなはしゅなるがごと
つみをかものあくまよりいづそのあくま
[二千八十二]
はじめよりつみをかせばなりかみあらはるゝはあくまわざこぼたんがためなり
おほよかみよりうまるゝものつみをかさずそはかみたねそのうちあるよるかれまたつみをかすことあたはずそはかみよりうまるればなり



これよりかみあくまとはあきらかにあらはおほよおこなはずそのきゃうだいあいせざるものみなかみよりいでしにあら
十一 われらたがひあひあいすべきはなんぢらはじめよりきゝところめいれいなり
十二 カインならふことなかかれはかのあしきものよりいでものにてそのおとうところせりなにゆゑこれをころしゝかおのれおこなひあしおとうとおこなひところたゞしかりしによる
十三 わがきゃうだいなんぢらをにくむともおどろくことなか
十四 われらきゃうだいあいするによりすでにいでいのちいりしことをみづからしるきゃうだいあいせざるものうちをる
十五 おほよきゃうだいにくものすなはひところものなりおほよひところものかぎりなきいのちそのうちあることなしなんぢらしるところなり
十六 しゅわれらためいのちすてたまへりこれよりあいといふことしりたりわれらまたきゃうだいためいのちすつべし
十七 たからをもちきゃうだいともしきかへっめぐみこゝろとづものいかかみあいするのあいそのうちをらんや
十八 をさなごわれらあいするにことばしたとをあひあいすることなくおこなひじつとをてすべし
十九 これよりわれらまことよりいでしをしりかつわれらこゝろしゅまへやすんずべし
二十 われらこゝろもしわれらせめかみわれらこゝろよりもおほいなるによりすべてことしりたまはざるなし
二一 あいするものわれらこゝろみづからせむることなくかみむかひはゞかところなかるべし
二二 かつわれらがすべもとむところかれよりうくそはそのいましめまもりてそのよろこたまところおこなへばなり
二三 このいましめすなはわれらかみイエス キリストしんかれわれらめいぜしごとたがひあひあいすることなり
二四 かみいましめまもものかみにをりかみまたかれにをるわれらそのたまところみたまよりすなはそのわれらにをりたまふことをしれ


[二千八十三]

第四章[編集]

あいするものすべてれいしんずるなかれそのれいかみよりいづるやいなこゝろむべしおほくにせよげんしゃいでゝいれ
おほよイエス キリストにくたいとなりてきたたまへることをいひあらはすれいかみよりいづこれによりかみれいしるべし
おほよイエス キリストいひあらはさゞるれいかみよりいづるにあらすなはキリストてきするものれいなりこのものまさきたらんとすることなんぢらきけところなりいますでにをれ
をさなごなんぢらかみよりいでまたかれらかつことをたりそはなんぢらのうちをるものはうちにをるものよりおほいなるによりてなり
かれらよりいでものなればそのいふところよりいでものいふべきことにしてよのひとこれきけ
われらかみよりいでたりかみしるものはわれらにきゝかみよりいでざるものわれらきかこれよりまことれいまどひれいとをしるなり


あいするものわれらたがひあひあいすべしあいかみよりいづればなりおほよそあいあるものかみよりうままたかみしれるなり
あいなきものかみしらかみすなはあいなればなり
かみはそのうみたまへるひとりごつかはしわれらをしてかれよりいのちしむこゝおいかみあいわれらにあらはれたり
われらかみあいするにあらかみわれらをあいわれらつみためそのこつかはしてなだめそなへものとせりこれすなはちあいなり
十一 あいするものかくごとかみわれらをあいたまへばわれらまたたがひにあひあいすべし
十二 いまかみものなしわれらもしたがひあひあいせばかみわれらのうちをりかれあいするあいわれらうちまったう
十三 かれすでそのみたまをもてわれらたまこれよりわれらかれをることをしる
十四 ちゝさきそのこつかはしてすくひぬしなせわれらすでにこれたりいまそのあかしなすなり
十五 おほよイエスかみなりといひあらはすものかみかれにをりかれかみ
十六 われらためかみもてあいわれらすでにしりしんかみすなはあいなりおほよあいにをるものかみにをりかみまたかれまたかれをる
十七 かくごとわれらあいまったき
[二千八十五]
さばきのひおそれなからしむそはしゅごとわれらよあればなり
十八 あいうちおそれあることなしまったあいおそれのぞくそはおそれくるしみもておほよおそるゝものあいまったうせざるなり
十九 われらかみあいするはかれまづかれらあいするによれ
二十 もしわれかみあいするといひそのきゃうだいにくものこれいつわりびとなりすでみるところのきゃうだいあいせずしていまざるかみあいせん
二一 かみあいするものまたそのきゃうだいあいすべしこのいましめわれらかれよりさづけられたり

第五章[編集]

おほよイエスキリストしんずるものかみよりうまれたるなりおほよそこれうむものあいするものまたそのうまるゝところものをもあいするなり
われらもしかみあいしてそのいましめまもらばこれよりわれらかみこどもあいするとしる
かみいましめまもるはこれすなはちかみあいするなりそのいましめかたからず
おほよかみよりうまるゝものかつわれらをしてかたしむるものわれらしんなり
たれよくよかたイエスかみしんずるものあらずや


かみみづをもてきたすなはイエス キリストなりたゞみづのみならずみづにまたかぬ
あかしものみたまなりみたままことなればなり
あかしなすものはみつすなはちみたまみづこのみつものするところひとつなり
われらもしひとあかしうくときかみあかしさらおほいなるべしかみあかしこれなりすなはそのこためなせあかしなり
かみしんずるものそのうちこのあかしありかみしんぜざるものかみいつはりものとすそはかみそのこためあかしせるあかししんぜざればなり
十一 かみかぎりなきいのちをもてわれらたまこのいのちすなはちそのありこれそのあかしなり
十二 かみをもつものいのちもちそのもたざるものいのちもた
十三 われかみしんずるなんぢらこれらことかきおくるはなんぢらかぎりなきいのちあることしらしめんがためなり
十四 すべわれらかみむねかなへることもとめかれかならずきかこれわれらかれむかひあつしん
[二千八十五]
ところなり
十五 すべもとむところかれきくことをしらもとむところかれることをまたしるなり
十六 もしひとそのきゃうだいいたらざるつみをかすをいのりていたらざるつみをかものいのちあたふべしいたつみありわれこれがためいのれといは
十七 すべてのふぎつみなりされいたらざるつみあり
十八 すべかみよりうまれたるものつみをかさゞることわれらはしるかみよりうまれたるものみづかまもるかのあしきものこれにふるゝことをざるなり
十九 われらかみにつきすべてのよあしきものふくするをわれらしる
二十 またかみすでにきたわれらまことのものしるちゑわれらたまへるをしるわれらまことのものにありすなはそのこイエス キリストありかれはすなはまことのかみまたかぎりなきいのちなり
二一 をさなごなんぢらみづからつゝしみてぐうざうとほざかれアメン




新約全書使徒約翰第一書 終