明治元訳新約聖書(大正4年)/提摩太前書

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 明治元訳新約聖書 (大正4年) > 提摩太前書(元訳大正4年)
Wikipedia
ウィキペディアテモテへの第一の手紙のページがあります。
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

[二千十九]
しんやくぜんしょしとパウロテモテおくれるさきのふみ

第一章[編集]

われらすくひぬしなるかみおよびわれらのぞみなるイエス キリストめいしたがひてイエス キリストしととなれるパウロ
しんかうよりまことのこなるテモテふみおくねがはくハちゝなるかみおよびわれらしゅキリスト イエスよりめぐみあはれみやすきうけ


われマケドニヤゆきしときなんぢなほエペソとゞまひとめいじてかしこことなるをしへつたふることなく
またしんかうにあるかみみちたてずしてべんろんしゃうずるあやしきはなしきはまりなきけいづこゝろよすることなからしめよとすゝめたりいまかくごとおこなハんことをねが
いましめしゅいあいなりすなはきよこゝろよきりゃうしんいつはりなきしんかうよりいづ
あるひとこれをすてむなしろんうつ
おきてけうしならんとしてかへっそのかたところそのさだめいふところのことみづかしら
それわれらおきてよきものなりしるたゞしたがひておきてもちふべし
おきてたゞしきひとためまうけたるにあらふほうなるものふふくなるものふけいなるものざいあくなるものふけつなるものよこしまなるものちゝころせるものはゝころせるものひところせるもの
かんいんおこなふものなんしょくこのむものひとぬすむものいつはりいふものいつはりちかものまたこのほかまことのをしへもとることあるためまうけたり
十一 これわれたくたまところさいはひなるかみさかえふくいんしたがへるなり


十二 われちからたまへるわれらしゅキリスト イエスしゃそはわれをつとめにんじてちゅうしんなるものとなしたまへバなり
十三 われむかしけがしたるものせめたるものなれあなどりたるものなりしがわれしんぜざるときしらずしてこれおこなへるゆゑになほあはれみうけたり
十四 われらしゅめぐみおよびキリスト イエスありたもところわれらしんかうあいきはめおほいになれり
十五 キリスト イエスつみびとすくはんためにきたれりしんずべくまたうたがハずしてうくべきはなしなりつみびとのうちわれかしらなり
十六 しかれどもあはれみうけしハキリスト イエ
[二千二十]
いやさきわれくわんようことゞゝあらはのちかれをしんじてかぎりなきいのちうくものわれかたとなしたまへるなり
十七
ねがはくハばんせいわうすなハちくちみえざるひとつかみかぎりなくたふときさかえあらんことをアメン


十八 わがこテモテさきなんぢさせところよげんよりなんぢめいこのよげんによりしんかうよきりゃうしんをもてよきたたかひたゝかふべし
十九 あるひとよきりゃうしんすてしんかううしなへり
二十 かくごとひとうちヒメナヨアレキサンデルありわれかれらをサタンわたせりこれかれらをしてけがすこといはざらしめんためこらすなり

第二章[編集]

われことすゝもろゝゝためねがひいのりもとめかんしゃせよわうおよびすべけんゐもつものゝためにハわけこれなすべし
これわれらつゝしみうやゝゝしきしづかやすらかにおくらんためなり
これよきことなりわれらすくひぬしなるかみみこゝろかなふことなり
もろゝゝのひとすくひをうけまことさとるにいたるハかみのぞたまところなり
それかみひとりなりまたかみひととのあひだひとりなかだちありすなはひとなるキリスト イエスなり

かれもろゝゝのひとかはおのれすてあがなひとなせりときいたらバあかしすべし
われこれがためたてられてのべつたふものとなりしとなりまたしんかうまこといはうじんをしふものとなれりわれキリストありまことをいひいつはりいは
このゆゑわれねがふひときよあげいかりなくうたがひなくいづれところにてもいのらんことを
またをんなはぢしりよくつゝしみてよろしきかなころもにてみづかかざかみあむことゝきんしんじゅあたひたふところもかざりとせず

よきわざかざりとせんことをねがかみうやまをんなかくすべきことなり
十一 をんなすべてのことしたがひてしずかみちまなぶべし
十二 われをんなをしへほどこすことゝをとこうへけんとることをゆるさずをんなたゞしづかにすべし
十三 そはアダムさきつくられエバのちつくられたれバなり
十四 アダムまどはされざりしなりをんなまどはされてつみおちいれり
十五 しかれどもかれもししんかうあいきよきつゝしみをるならバうむことによりすくひべし
[二千二十一]

第三章[編集]

ひともしかんとくつとめねがハゞこれよきつとめねがなりといふはなしまことなり
それかんとくたるものせむべきところなくひとりをんなをっとなるべくつゝしみみづかせいみちたゞしたびゞとねんごろあしらをしへをなし
さけたしまずひとうたにうわまたあらそハずざいむさぼらず
おのれいへよくおさうやゝゝしきそのこどもしたがハしむべきなり
ひともしおのれいへをさむることをしらずバいかにしてかみけうくわいあづかることをんや
かつあらたをしへいりものかんとくなすべからずおそらくハたかぶりてあくまおなさばきうくるにおちいらん
またかんとくそとのものにもよききこえあるべしおそらくハそしりあくまわなおちいらん


しつじたるものまたうやゝゝしくしりゃうぜつせずさけたしまずむさぼらず
しんかうおくぎきよりゃうしんうちもつべし
これまづこゝろみてせむべきところなくばしつじつとめあつべし
十一 じょしつじまたうやゝゝしくしひとそしらずつゝしみてすべてのことちゅうしんなるべし
十二 しつじたるものひとりをんなおっとなるべしこどもおのれいへよくおさむべし
十三 よくしつじつとめつとむものおのれよきくらゐキリスト イエスもとゐしゝしんかうゆうきべし


十四 われはやなんぢいたらんことをのぞされかくかきおくるハ
十五 われもしおそからんときなんぢいかにしてかみいへうちおこなふべきかをしらためなりかみいへいけるかみけうくわいなりまことはしらもとゐなり
十六 うたがひもなくけいけんおくぎおほいなりかみにくたいとなりてあらはみたまよりとせられてんのつかひみらいはうじんなかのべつたへられひとしんぜられえいくわうなかあげられたまへり


第四章[編集]

しかれどもみたまあきらかにいふのちいたらばあるひとしんかうみちよりはなれてひとまどはれいあくきをしへこゝろよせ
ぜんかりいつはりをいひりゃうしんやか
めとることをきんしょくたつことをめいずるものさそはるゝによりてなりしょくすなはかみこれをつくしんじてまことしれひとかんしゃしてうけしむるものなり
それかみつく
[二千二十二]
ものハみなよきなりかんしゃしてうくるときハすつべきものなし
そハかみことばいのりよりきよくなればなり
なんぢもしこれきゃうだいたちをしふるときハキリスト イエスよきつかへびとにしてしんかうことばなんぢしたがひしところよきをしへことばやしなはれたるものなり
みだりなるはなしおいたるをんなあやしはなしをすてかみうやまふことをみづかしゅぎゃうすべし
にくたいしゅぎゃうえきすくなしたゞかみうやまふことハすべてことえきありいまのいのちおよびのちのいのちかゝやくそくうるなり
これしんずべくまたうたがはずしてうくべきはなしなり
これためわれらほねをりをしかつそしりをうくそはわれらいけかみのぞめばなりかれすべてのひとすくひぬしにしてことしんずるものすくひぬしなり
十一 なんぢこれらことめいかつをしふべし


十二 なんぢとしわかきひとかろんぜられるゝなかことばおこなひあいしんきよきしんじゃのりとなるべし
十三 なんぢよむことすゝめをしへつとめめていたるをまて
十四 よげんちゃうらうくわいあんしゅれいとによりなんぢたまひしところたまものゆるかせにすることなか
十五 こゝろこれよせもっぱこれつとむべしそはなんぢのじゃうたつすべてのひとあきらかならんためなり
十六 なんぢおのれつゝしまたおしふることをつゝしむべしつねこれらことつとめよかくおこなふときおのれすくまたなんぢにきくものすくハん


第五章[編集]

としよりせむることなかこれちゝごとくしわかきものきゃうだいごとくし
おいたるおんなはゝごとくしてすゝめまたわかきをんなしまいごとくしこれすゝむるにきよきつくすべし
やもめなるまことやもめうやまふべし
されやもめあるひハまごあらばかれらまづおのれいへかうおこなそのおやおんむくゆることをまなぶべしこれかみみこゝろかなふことなり
まことやもめにてひとりをるものハたゞかみよりたのよるひるねがひいのりつねにするなり
おごりをなすやもめいけるといへどしぬものなり
なんぢこのことめいかれらをしてせむべきところなからしむべし
ひともしおのれぞくするものかへりみざるならばしんかうみちそむふしんじゃよりも
[二千二十三]
おとれるものなり
やもめそのせきしるすことハろくじっさいよりわかかるべからずもとよりひとりをっとつまなりしものにて
よきおこなひきこえあるものもしくハなやめるひとたすけしものもしくハつとめもろゝゝよきことしたがひしものなるべし
十一 わかやもめこれことはるべしそはかれらキリストそむきこゝろみだすときハふたゝよめいりせんとすればなり
十二 かれらはじめたてたるやくそくすつるによりさばきうくべし
十三 かれらまたらんだならひといへあそびめぐりたゞらんだなるのみならずみだりひとうはさをいひこのみひとことかゝはいふべからざることをいふなり
十四 このゆゑわれねがふわかやもめよめいりをなしこどもをうみいへをさめてきするものすこしにてもそしるべきをりしめざらんことを
十五 そハかれらのうちすでみちすてサタンしたがへるものあり
十六 しんずるをとこあるいハしんずるをんなそのいへやもめあらバこれたすくべしけうくわいわづらはすべからずそはけうくわいをしてしんやもめたすけしめんためなり
十七 よきをさむちゃうらうをばばいしてこれたふとことばつたをしへをなしてらうするちゃうらうことたふとむべし
十八 そハせいしょしるしてこくもつこなうしくつごかくべからずまたはたらくものそのあたひうくべきなりいへばなり
十九 ちゃうらううったふもののあらんにふたりみたりあかしびとなくばうくべからず
二十 つみをかせるものひとゞゝまへにてこれいましむべしこれほかひとをしておそれしめんためなり
二一 われかみキリスト イエスまたえらばれたるてんのつかひまへにてなんぢもとおしはかりさだめをなすことなくすこしにてもかたよりておこなふことなくしてこれらことまもるべし
二二 かるゞゝしくひとあんしゅするなかひとつみあづかることなかみづかまもりきよくすべし
二三 なんぢのためおよなんぢしバゝゝわづらふによりつねみづのむことなかすこしくぶだうしゅもちふべし
二四 あるひとつみあきらかにしてそのひとさきだちてさばきにゆきあるひとつみあとしたが
二五 かくごとよきわざあきらかなるなりしからざるもまたつひかくるゝことあた
[二千二十四]


第六章[編集]

おほよくびきしたにあるしもべおのれしゅことゞゝたふとぶべきものとすべしこれかみをしへそしられざらんためなり
しんじゃなるしゅもてものそのきゃうだいたるによりこれかろんずべからずわけこれつかふべしそはえきうくるものしんじゃにてあいせらるゝものなれバなりなんぢこのことをしへまたすゝむべし
もしことなるをしへつたへわれらしゅイエス キリストよきことばかみうやまふことにかなをしへうけがはざるものあらバ
このひとみづからたかぶむちにしてぎろんことばあらそひこのこれよりばうしつさうとうきばうばうぎ
またよこしまにしてまことはなかみうやまひてんとおもひとさうろんおこるなりなんぢらかくごとひととおざかるべし
かみうやまひてたることをしるおほいなるなり
われらなにをもたづさへてきたらずまたなにをもたづさへてゆくことあたはざるハあきらかなり
それいしょくあらバこれをもてたれりとすべし
とまんことをほっするものなやみわなまたひとめつぼうちんりんおぼらすところにしてがいのあるさまゞゝよくおちいるなり
たからしたふハもろゝゝあしきことなりあるひとこれをしたまよひしんかうみちはなおほくくるしみをもてみづかおのれさせ
十一 かみひとこれさけたゞしきことかみうやまふことゝしんかうあいかんにんにうわとをしたふべし
十二 しんかうよきたゝかひをたゝかひかぎりなきいのちとるべしなんぢこれがためめしかうむりたりまたおほくひとまへにてよきあかしなしたり
十三 われよろずのものをしていのちたもたしむるかみおよびポンテオ ピラトむかひよきあかしなしたまへるキリスト イエスまへにてなんぢめい
十四 なんぢわれらしゅイエス キリストあらはるゝときまできずなくせむべきところなくしていましめまもるべし
十五 かみそのさだたまへるときいたらバかれあらはさんかみすなはさいはひあるところたゞひとりけんゐあるものもろゝゝわうわうもろもろのしゅしゅ
十六 ただひとりしなざるものちかづくことをざるひかりいましてひといまだしことなくまたみることあたはざるもの
[二千二十五]
なりねがはくハたふときかぎりなきちからかれにあれアメン


十七 なんぢこのとめものめいぜよたがぶることなくさだめなきたからたのむことなくたゞわれらをたのしませんとてすべてのものゆたかたまかみたの
十八 またぜんおこなよきわざとみをしみなくほどこしをなしてひとともにし
十九 かくおのれためよきもとゐたくはみらいそなへをなすべしこれまこといのちためなりと
二十 テモテなんぢたくせられしことまもみだりなるえきなきはなしおよびちしきいつはとなふるべんろんとをさくべし
二一 あるひとこのいつはりちしきしたがひてしんかうあやまれりねがはくハめぐみなんぢにあらんことをアメン





新約全書提摩太前書 終