明治元訳新約聖書(大正4年)/彼得後書

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 明治元訳新約聖書 (大正4年) > 彼得後書(明治元訳大正4年)
Wikipedia
ウィキペディアペテロの第二の手紙のページがあります。

[二千七十三]
しんやくぜんしょしとペテロのちのふみ

第一章[編集]

イエス キリストしもべまたしとなるシモンペテロわれらかみすくひぬしイエス キリストよりわれらうけところおなたふとしんかうみちうけものふみおく
ねがはくはかみわれらしゅイエスしるよりなんぢらめぐみやすきまさんことを
かみそのちからしたがひていのちつゝしみかゝすべてのものをわれらたまへりこれわれらさかえとくわれらまねたまひものしるよりてなり
またかみそのさかえとくよりいとおほいなるたふとやくそくわれらあたたまへりなんぢらをしてこのやくそくよりにあるところよくほろびまぬかれかみせいしつもたしめんためなり
このゆゑなんぢらつとめしんかうとくくはとくちしきくは
ちしきそんせつくはそんせつにんたいくはにんたいつゝしみくは
つゝしみきゃうだいむつみくはきゃうだいむつみあいくはふべし
これらのものもしなんぢらのうちありいやますときはなんぢらわれらのしゅイエス キリストしることにおこたることなくまたみむすばざることなきいたらん
これらのものゝなきものめしひなりとほみることあたはずかつそのふるつみきよめられしことわするゝなり
このゆゑきゃうだいつとめなんぢらめされしことえらばれしこととをかたうせよもしまへのべたることどもをおこなはゞなんぢらいつまでもつまづくことなからん
十一 かくごとくかみなんぢらにわれらしゅなるすくひぬしイエス キリストかぎりなきくにいるめぐみゆたかあたたまふべし


十二 このゆゑつねわれなんぢらこれらことしりかつすでうけたるまことのみちかたけれどなほなんぢらにこのことおもひいださせんとしておこたらざるなり
十三 われこのまくやをるあひだなんぢらこのことおもひいださせてなんぢらはげますはたうぜんのことゝおもへり
十四 そはわれらのしゅイエス キリストわれしめたまへるごとわれわがまくやはなるゝことのちかきしればなり
十五 われまたなんぢらなしてさらのちにもつねこれらことおもひいださしめんことをつとむ
十六 われ
[二千七十五]
まへなんぢらわれらしゅイエス キリストちからそのあらはたまふことをつぐるにたくみなるあやしきはなしもちゐざりきわれらしたしそのおほいなるゐくわうものなり
十七 いとおほいなるえいくわううちよりこゑありてかれよびこはわがこゝろかなあいしなりといへこのときかれはかみなるちゝよりたふときさかえうけたり
十八 われらかれともきよきやまありときこのてんよりいでこゑきけ
十九 ことよげんしゃかたきことばわれらにありこのことばくらきところてれともしびごときものなりあくるまでみゃうじゃうなんぢらこゝろうちいづるまでこれかへりみばよし
二十 まづはじめしるべきことせいしょすべてよげんよげんしゃおのれのこゝろしめせるにあらざるをしらんことなり
二一 そはよげんもとよりひとのこゝろよりいでしにあらかみぞくするきよきひときよきみたまかんじてかたりしものなればなり

第二章[編集]

むかたみなかいつはりよげんしゃありきそのごとくなんぢらなかにもいつはりいでんかれらほろびいたいたんつたかつおのれをあがなしゅしゅとせずしてすみやかなるほろびみづかとるべし
またおほくひとかれらのかうしょくならはんまことのみちこれによりそしりうけ
かれらむさぼるこゝろよりつくりことばまうなんぢらよりとらんとす
かみさきにつみをかしゝてんのつかひゆるさずこれじごくなげいれこれくらきあなおきこれをまもりかれらをしてさばきときまたしめたまへり

またふるきよゆるさずこうずゐかみうやまはざるほろぼしたゞたゞしきみちつたふるノアいっかはちにんすくへり
またソドムゴモラまちほろぼさんとさだこれやきはひとなしのちかみうやまはざるものかがみとなし
たゞたゞしロトすなはあしきものいんらんおこなひつねうれへものすくへり
このたゞしきひとかれらのうちにをりひゞそのふほうおこなひみきゝしておのれたゞしこゝろいためたり
かくごとかみうやまものくわんなんよりすくふぎなるものさばきまでまもりてこればつ
わけけがれたるじょうよくしたがにくよくおこなしゅたるものかろ
[二千七十五]
ずるものばっすることしりたまふなりこのともがらきもふとわがまゝなるものにしてたふときものそしることをおそれざるなり
十一 てんのつかひかれらまさりおほいなるけんゐちからもてしゅまへこのたふときものそしりうったふることを
十二 かれらとられてころさるゝためうまれたるわきまへなきけものごとしらざるところことそしそのよこしまによりほろぼされてふぎむくいうけ
十三 かれらひるしゅしょくたのしみとすしみなりきづなりなんぢらともふるまひあづかるときそのいつはりたのしみとせり
十四 かれらいんぷみたつみをかしてやめこゝろかたからざるものまどはしそのこゝろむさぼりなるこれのろはるべきこどもらなり
十五 かれらたゞしきみちはなれてまよひいりボソロなるバラムみちしたがへりバラムふぎむさぼりしものなり
十六 かれそのふほうためとがめらるかたることあたはざるろばひとこゑをなしてよげんしゃくるひとどめたり
十七 このともがらみづなきなりあらしおはるゝくもなりくろきやみかれらのためかぎりなくのこれり
十八 そはかれらほこりたるむなしきことかたにくよくいんらんまよへるものうちよりからうじてのがれたるものいざなへばなり
十九 またかれらこれじゆうあたふるととなふれどもみづかほろびしもべたりそはかたるゝものかつものしもべたればなり
二十 かれらもしわれらしゅなるすくひぬしイエス キリストしるよりけがれのがまたこれにまとはれてかたるゝときそののちありさままへまさりてさらあしかるべし
二一 かれらみちしりなほそのつたへられしところきよきいましめすてんよりはむしみちしらざるをよしとすべし
二二 いぬかへりきたりてそのはきたるものくらきよめられてまたひぢなかふすいへことはざまことにしてかれらかなへり


第三章[編集]

あいするものわれいまこのだいにふみなんぢらかきおくこのふたつのふみなんぢらしんじつなるこゝろはげま
さききよきよげんしゃかたりしことばなんぢらしとたちつたへししゅなるすくひぬしいましめおもひいださせんとす
まづはじめこのことしるべしすえのひいたらばあざけるものいできたおのれよくしたがひてあゆ
しゅやくそくたまひしそのきた
[二千七十六]
いづこあるせんぞたちねむりしよりこのかたすべてのものかいびゃくはじめかはることなしいは
かれらかみことばよりむかしてんありみづよりいでかつみづよりいでかつみづよりたち
これよりいにしへよみづおほはれてほろびたることしるこのまず
それかみそのことばいまてんたくはこれにてやかためかみうやまはざるひとさばきするほろびまでのこせり
あいするものなんぢらこのいちじしらざるべからずしゅおいてはいちにちせんねんごとせんねんいちにちごと
しゅそのやくそくたまひしところなすおそきはあるひとおそしとおもふがごとくにあらひとりほろぶるをものぞたまはずすべてのひとくいあらためいたらんことをのぞみてわれらながしのたまふなり
されしゅきたることぬすびとよるきたるがごとくならんそのひにはてんおほいなるひびきありてさりたいしつことゞゝくやけくずそのなかにあるものみなやけつき
十一 かくごとすべてのものとかされんされなんぢらかみきたるをまちこれをすみやかにせんことをつとめいかにきよきおこなひをなしかみうやまふことをなすべき
十二 かみにはてんもえくづたいしつやけとけ
十三 されわれらそのやくそくよりあたらしきてんあたらしきのぞまてそのうちあり
十四 あいするものなんぢらすでにこれのぞまてしみなくきずなくしゅまへあんぜんあらんことをつとめ
十五 かつわれらのしゅわれらながしのたまふはわれらすくひとなるをしるべしわれらあいするきゃうだいパウロそのあたへられしちゑしたがかつこのことなんぢらかきおくれり
十六 かれそのすべてふみにもこのことついかたりたりかれふみなかにはわきまえがたきところありむがくなるものこゝろかたからざるものほかせいしょしひとくごとこれをもしひときみづかほろびいたるなり
十七 あいするものなんぢらあらかじめこれしれつゝしめよあしきものあやまりさそはれてそのかたこゝろうしなふことなか
十八 なんぢらますゝゝわれらしゅなるすくひぬしイエス キリストしらんことゝますゝゝそのめぐみしることをつとむべしねがはくはえいくわういまのちかれしてかぎりなからんことをアメン
[二千七十七]




新約全書使徒彼得後書 終