明治元訳新約聖書(大正4年)/彼得前書

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 明治元訳新約聖書 (大正4年) > 彼得前書(元訳大正4年)
Wikipedia
ウィキペディアペテロの第一の手紙のページがあります。

[二千六十五]
しんやくぜんしょしとペテロまえのふみ

第一章[編集]

イエス キリストしとなるペテロふみポントガラテヤカパドキアアジアビチニアちりとゞまれるもの
すなはちゝなるかみふくいんしたがはしめイエス キリストそゝがれしめんとしてそのあらかじめしりたまふところしたがみたまきよめをもてえらたまひしひとゞゝおくねがはくはなんぢらめぐみやすきまさんことを


ほむべきかなかみわれらのしゅイエス キリストちゝかれそのおほいなるあはれみわれらふたたうみわれらをしてイエス キリストよみがへたまひしことによりいけのぞみさせ
またわれらのためてんをさめあるくちけがれずおとろへざるしげふしめたまふなり
なんぢらしんかうよりかみちからまもられすでそなへあるところすえのときあらはれんとするすくひうるなり
これよりなんぢらよろこべりいましばらさまゞゝかんなんあひうれへざるをずといへどかへっよろこびをなせり
なんぢらしんかうこゝろみらるゝはくずきんこゝろみらるゝよりもたふとくしてなんぢらイエス キリストあらはたまはんときほまれたふときさかえうるいたらん
なんぢらイエスざれどもこれあいいまみずといへどもしんじてよろこそのよろこびいひがたくかつさかえあり
そはなんぢらしんかうしるしすなはちたましひすくひるによる
なんぢらうくところめぐみよげんせしよげんしゃたちこのすくひかゝことさぐりもとめかつおしたづねたり
十一 すなはかれらそのうちをるキリストみたまキリストうけんとするくるしみそののちんとするさかえあらかじめあかししたるいついかなるときしめせるとおしたづねたり
十二 かれらもくしこうむりてそのつたふところことおのれのためあらなんぢらためなることをしれそのつたへしこといまてんよりおくたませいれいよりふくいんつたふものなんぢらつぐところことなりこのことてんつかいたちしらんことをねがへり
十三 され
[二千六十六]
なんぢらこゝろこしおびしてつゝしみイエス キリストあらはたまときなんぢらにきたらんとするめぐみうたがはずしてのぞむべし
十四 なんぢらかうしなるによりさきくらきときよくならふことなく
十五 なんぢらめしたまきよきものならひすべておこなひきよくすべし
十六 そはしるしてわれきよければなんぢらきよくすべしとあればなり
十七 ひとかたよりみおのゝゝおこなひよりさばものなんぢらもしちゝよばやどれるおそれてすごすべし
十八 そはなんぢらあがなはれてせんぞよりつたはりたるむなしおこなひよりはなれしはぎんきんごとくずものよるあら
十九 きづなくしみなきこひつじごとキリストたふときよれることをしればなり
二十 キリストよのもとゐおかざりしさきさだめられこのすえのときなんぢらためあらはたまへり
二一 なんぢらキリストよみがへらせかつこれにさかえあたたまひしかみキリストよりしんずるものなりこのゆゑなんぢらしんかうのぞみかみよれ
二二 なんぢらすでにみたまによりまことしたがひてたましひきよいつはりなくきゃうだいあいするにいたりたればきよきこゝろをもてたがひあつあひあいすべし
二三 なんぢらふたゝうまるゝはくずべきたねよらくずべからずたねすなはちかぎりなくたもかみいけことばよるなり
二四 それひとすでくさごとそのさかえすべてくさはなごとくさかれそのはなおつ
二五 されしゅことばかぎりなくたもつなりなんぢらのべつたふふくいんすなはちこのことばなり

第二章[編集]

このゆゑなんぢらすべてのうらみすべてのいつはりまたぎぜんねたみおよびすべてそしりすて
いまうまれしをさなごちゝしたごとなんぢらこゝろやしなまことのちゝしたふべしこれよりなんぢらそだちすくひいたらん
なんぢらあぢはひてしゅめぐみあるものしりたらんにはかくごとくすべし
しゅひとすてられたまへどかみえらばれたるたふといけるいしなり
なんぢらかれにきたいけるいしごとたてられてれいいへとなりまたきよさいしとなりイエス キリストよりかみよろこばるゝれいそなえものさゝぐべし
そはせいしょしるしてわれえらびところたふとすみおやいし
[二千六十七]
ヲンおくこれをしんずるものはづかしめられじとあればなり
このいししんずるなんぢらにはたふとものとなりしんぜざるものにはいへつくりすてられてすみおやいしとなれるいしとなり
またつまづいしさまたぐるいはなるなりかれらことばしんぜざるによりこれつまづこれかれらかくさだめられたるなり
なんぢらえらばれたるやからわうなるさいしきよきたみかみつけものなりなんぢらをしてめしくらきよりいだそのたへなるひかりいれたまひしものおのれとくあらはさしめんためなんぢらかくごとものとなしたまへるなり
なんぢらもとたみあらされいまかみたみとなるもとあはれみうけされいまあはれみうけたり


十一 あいするものわれなんぢらにすゝなんぢらたびゞとまたやどれるものなればたましひさからひてたゝかにくよくさるべし
十二 またなんぢらいはうじんうちありよきおこなひなすべしこれなんぢらそしりてあくおこなものいへいはうじんをしてなんぢらよきおこなひかへりみたまふかみあがめしめんためなり
十三 なんぢらしゅためすべひとたつところものしたがあるひかみにあるわう
十四 あるひあくおこなものばっぜんおこなものほむためわうよりつかはされたるつかさしたがふべし
十五 そはなんぢらぜんおこなふをおろかなるひとむちことばとゞむるはかみむねなればなり
十六 なんぢらじゆうなるものごとくせよされそのじゆうあくおほふことなくかみしもべごとくすべし
十七 すべてひとうやまきゃうだいあいかみおそわうたふとぶべし


十八 しもべなるものおそれしゅじんしたがふべしたゞよきものにうわなるものにのみならずなさけなきものにもしたがふべし
十九 ひともしうくべからざるくるしみをうけかみうやまひてこれしのバゝほむべきことなり
二十 なんぢらもしあやまちをなしうたれてこれしのべどもなんほむべきことならんされどぜんをなしくるしめられてこれしのバゝかみほまれべし
二一 なんぢら
[二千六十八]
めされたるはこれためなりそはキリストなんぢらためくるしみをうけなんぢらをしておのれあとしたがはしめんとてなんぢらかたのこたまへばなり
二二 かれつみをかさずまたそのくちいつはりなかりき
二三 かれのゝしられてのゝしらずくるしめられてはげしきことばいださずたゞぎさばものこれまかせたり
二四 かれうへかゝりわれらつみみづかおのおひたまへりこれわれらをしてつみしにいかしめんためなりかれむちうたれしによりなんぢらいやされたり
二五 それなんぢらはもとひつじごとまよひたりしがいまなんぢらのたましひぼくしゃかんとくかへれり

第三章[編集]

つまなるものなんぢらそのをっとしたがふべしをしへしたがはざるをっとあらばをしへよらつまおこなひよりしたがはん
そはなんぢらおそれきよおこなひをなすをみるよりてなり
なんぢらかざりかみくみきんかけまたころもるがごとそとかざりあら
たゞこゝろうちかくれたるひとすなはちくずることなきにうわおだやかなるれいかざりとすべしこのれいかざりかみまへにてあたひたかきものなり
むかしかみよりたのみしきよきおんなそのおっとしたがひてかくごとおのれかざりたり
サラアブラハムしたがひてこれしゅとなへしがごともしなんぢらぜんおこななにごとをもおそれずバすなはサラたるなり
をっとたるものなんぢらつまあつかふことよわうつはごとくしことわりしたがひてこれともをりこれをうやまふこといのちめぐみつぐものごとくすべしこれなんぢらのいのりさまたげなからんためなり


をはりわれこれをいはなんぢらみなこゝろおなじうしたがひおもひやりきゃうだいあいあはれへりくだり

あくあくむくゆなかかへっかくごとひとためさいはひもとむべしそはなんぢらのめされたるもさいはひつがためなればなり
それいのちあいしてよきひおくらんとおもものしたおさへあくいはくちびるとぢいつはりいはざらんことをせよ
十一 あくさけぜんおこなやはらぎもとめこれおふべし
十二 そはしゅたゞしきひとうへとゞまそのみゝたゞしきひといのりかたむしゅかほあくおこなものむかひいかればなり
十三 なんぢ
[二千六十九]
もしねっしんぜんおこなはゞたれなんぢらそこなはん
十四 たとたゞしことためくるしめらるゝともなんぢらさいはひなるものなりひとなんぢらおどすおそるゝなかまたうれふなか
十五 なんぢらこゝろうちしゅなるキリストあがむべしまたなんぢらうちにあるのぞみゆゑよしとふひとにはにうわおそれこたへをなさんことをつねそなへ
十六 かつこたふるときはよきりょうしんしたがふべしこれなんぢらをあくおこなものしひなんぢらがキリストありおこなよきおこなひそしものみづかはぢためなり
十七 なんぢらぜんおこなふによりくるしみうくることかみみこゝろならばあくおこなふによりくるしみうくるにまされり
十八 キリストひとたびつみよりくるしみたゞしきものたゞしからざるものためにせりこれわれらをひきかみいたらんとてなりかれそのにくたいころさそのれいいかされたり
十九 かれそのれいひとやにあるれいのべつたへたり
二十このひとやにあるれいむかしノアはこぶねそねふあひだかみしのびまちたまへるときしたがはざりしれいなりこのはこぶねにいりみづよりすくはれしものわづかにしてたゞはちにんなりき
二一 そのみづよりへうしたるバプテスマイエス キリストよみがへりよりいまわれらをもすくこのバプテスマはてんゆきいまかみみぎいませりもろゝゝてんのつかひけんゑあるものちからあるものみなかれしたがふなり

第四章[編集]

キリストすでわれらためにくたいくるしみうけたまひたればなんぢらまたそのこゝろみづかよろふべしそはにくたいくるしみうけものつみたちたればなり
これいまよりのちひとよくしたがはずかみむねしたがひてにくたいやどれるのこりのときすごさんためなり
それわれらすですぎにしいはうじんこゝろしたがひてかうしょくしよくちんめんすいきゃうしゅえんぐうざうまつにくむべきことおこなひてもはたれ
なんぢらかれらともはうたうきはみはしらざるによりかれらこれをあやしみてなんぢらそしるなり
かれらいけるものしねるものさばかんとそなへなしをるものおのれことのべ
[二千七十]

ふくいんしにもののべつたへたりそはかれらをしてそのにくたいひとよりさばきうくるともそのれいかみよりいのちしめんためなり
よろずのものをはりちかづけりこのゆゑつゝしみてみづかせいすることをなしいのりすべし

なにごとよりもまづたがひにあつあひあいすることをすべしそはあいおほくつみおほへばなり
なんぢらたがひをしむことなくせったいすべし
かみさまゞゝめぐみつかさどるよきつかさごとおのゝゝそのうけところたまものたがひほどこすべし
十一 ひともしみちかたらばかみしめしおもひてかたるべしひともしつとめなさかみたまちからおもひてつとめなすべしこれイエス キリストよりことごとかみさかえせんためなりそれさかえちからかみしてよゝいたなりアメン


十二 あいするものなんぢらこゝろむるごとくるしみつねならぬことごとくしてなんぢらあやしとするなか
十三 かへりキリストくるしみあづかるをよろこびとすべしされそのさかえあらはれんときまたなんぢらよろこおどらん
十四 もしなんぢらキリストためそしられなばさいはひなりそはさかえみたますなはちかみみたまなんぢらのうへとゞまればなりキリストかれらけがされなんぢらあがめらるゝなり
十五 なんぢらうちあるひはひところあるひぬすみをなしあるひあくおこなあるひみだりひとことたちいりなどしてくるしみあふものあらざれ
十六 もしキリステアンたるによりくるしみあははづることなかかへりこれよりかみあがむべし
十七 そはかみいへはじめとしてさばきするときすでいたればなりわれらなほはじめさばきせらるゝときかみふくいんしたがはざるものそのをはりいかにぞや
十八 もしたゞしきものからうじてすくはるゝをかみうやまはざるものつみびといづこたゝんや
十九 このゆゑかみむねしたがひてくるしみあふものはぜんおこなひてそのたましひしんずべきざうぶつしゃまかすべし


第五章[編集]

キリストくるしみしたしあかしをなしかつあらはれんとするさかえあづかることをものなるちゃうらうたるわれなんぢらのうちにてわれおなじちゃうらうたるものすゝ
なんぢらうちにあるかみひつじむれかへこれをかひつかさ
[二千七十一]
どるにやむずしてなさこのみてなしむさぼるためになさたのしみてなすべし
またなんぢらまかせられたるものしゅなるべからずひつじむれのりなるべし
なんぢらぼくしゃをさあらはれんときくづることなきさかえかんむり
またわかきものすゝなんぢらちゃうらうしたがかつたがひにみなあひしたがひてけんそんそれかみたかぶるものふせぎてへりくだるものめぐみあたへたまふなり
このゆゑなんぢらかみたいのうてのしたおのれひくゝすべしときいたらばかれなんぢらをたかくせん
なんぢらそのおもひわづらふところをみなかみゆだぬべしそはかれなんぢらかへりたまへばなり


つゝしめまもれなんぢらのあだなるあくまほゆししごとへめぐりのむべきものたづ
なんぢらしんかうかたくしてこれふせそはなんぢらにあるきゃうだいおなじこのくるしみうくるをしればなり
すべてめぐみあたふるかみすなはちなんぢらをしてしばらくるしみうくのちキリスト イエスにあるかぎりなきさかえいらしめんとてなんぢらまねきしかみなんぢらまったうしかたくしつよくしてもとゐうへおきたまふべし
十一 ねがはくはさかえちからよゝかみあれアメン


十二 われおもふにシルワノちゅうしんなるきゃうだいなりわれすこしことばふみかれゆだなんぢらおくりすゝめをなしかつなんぢらがたつところのめぐみすなはかみまことのめぐみなることをあかしせり
十三 バビロンあるところなんぢらともえらばれたるけうくわいなんぢらにやすきとふまたわがこマコなんぢらやすきとへ
十四 なんぢらあいくちつけたがひやすきをとへねがはくはキリスト イエスあるなんぢらすべてやすきあらんことをアメン


新約全書彼得前書 終