明治元訳新約聖書(大正4年)/帖撒羅尼迦人前書

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 明治元訳新約聖書 (大正4年) > 帖撒羅尼迦人前書(元訳大正4年)
Wikipedia
ウィキペディアテサロニケ第一の手紙のページがあります。
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

[二千九]

第一章[編集]

パウロシルワノテモテふみちゝなるかみおよびイエス キリストあるテサロニケびとけうくわいおくねがはくハわれらちゝなるかみおよびしゅイエス キリストよりなんぢらめぐみやすきうけ
われらいのりうちなんぢらことのべつねなんぢらもろゝゝためかみかんしゃ
これなんぢらしんかうよりおこなあいよりらうわれらしゅイエス キリストのぞむによりしのぶことをわれらちゝなるかみまへにてたえおもふがゆゑなり
かみあいせらるゝきゃうだいまたこれなんぢらえらばれたることしるよりてなり
われらふくいんなんぢらにきたりしハたゞことばよりてのみならずちからによりせいれいよりまたあつしんかうよりてなりすなはわれらなんぢらのうちありなんぢらためいかにおこなひしなんぢらしるごとし
かつなんぢらおほいなるなやみうちせいれいよろこびをもてことばうけわれらおよしゅなら
マケドニヤアカヤあるすべてのしんじゃかたとなれり
しゅことばなんぢらよりひゞきしはたゞマケドニヤ アカヤのみならずしかしてまたなんぢらがかみむかへしんかうすべてのところひろまれりこのゆゑわれらなにごといふおよバず
そはかれらわれらことかたりてわれらいかなるさまにてなんぢらうちにいりかつなんぢらぐうぞうをすてかみしていけまことのかみつか
そのてんよりきたるをまついへなりそのすなはかみよりよみがへらしゝところイエスにしてわれらきたらんとするいかりよりすくものなり

第二章[編集]

きゃうだいわれらなんぢらうちいりしことのいたづらならざるをなんぢらみづからしる
なんぢらごとわれらさきにピリピにてくるしみうけたりされなほなんぢらにいたわれらかみよりはゞかところなくかみふくいんおほいなるあらそひうちにてなんぢらかたれり
われらすゝめまどひよりいづるにあらけがれよりいづ
[二千十]
あらまたいつはりてせず
われらかみえらびをえふくいんつたふることをゆだねられたるによりかたるなりひとよろこバするにあらこゝろさつたまかみよろこバするなり
なんぢらしるごとわれらいつもへつらことばもちいずまたことよせむさぼることをせずかみこれがあかしをなす
われらキリストしとにてひとおもんぜらるべしといへどあるひほかのひとにもひとほまれもとめ
めのとそのこどもやしなごとわれらなんぢらのうちありにゅうわにせり
かくなんぢらをしたひてたゞかみふくいんのみならずおのれいのちをもなんぢらあたへんことをよろこべりこれなんぢらハあいするものなれバなり
きゃうだいなんぢらわれらのらうくるしみをしるなんぢらのうちひとりをもわずさ ハせざるためよるひるわざなしかみふくいんなんぢらのべつたへたり
われらなんぢらしんずるものむかひいかばかりきよただしかくることなくしておこなへるをなんぢらかみあかしをなす
十一 十二 なんぢらしるわれらちゝそのこあつかごとくしてなんぢらおのゝゝにむかそのくにそのさかえまねたまかみかなひあるくことをすゝめまたなぐさまたをしへたり
十三 このゆゑわれらかみむかなんぢらわれらよりかみことばきゝしときこれひとことばとせずかみことばとしてうけたるをたえかんしゃこのことばまことかみことばにしてなんぢらしんずるものうちはたらくなり
十四 きゃうだいなんぢらユダヤうちなるキリスト イエスにあるかみけうくわいならへものとなれりそはかれらユダヤびとくるしめられしごとなんぢらおのくにひとゞゝくるしめられたれバなり
十五 ユダヤびとしゅイエスおのよげんしゃたちをころしまたわれらせめおいいだせりかれらかみこゝろかなハずかつすべてのひとさからへり
十六 またわれらいはうじんすくひさせんとてかたるをこばめかくごとかれらつねおのつみみたしむかみきはめおほいなるいかりかれらにいたれり


十七 きゃうだいわれらときのまなんぢらにはなをるこれかほのみなりこゝろあらしきりねがひていそなんぢらかほんとせり
十八 このゆゑわれらなんぢらにいたらんとねがへりことわれパウロこれ
[二千十一]
ねがふことひとたびのみならずふたたびなりしかどサタンわれらさまたげたり
十九 われらのぞみまたよろこびまたほこりかんむりたれぞやわれらしゅイエス キリストきたらんときそのまへにてなんぢらこのものとなるにあらず
二十 それわれらさかえよろこびなんぢらなり

第三章[編集]

こゝわれしのぶことあたハずゆゑひとりアテンスとどまることをこゝろさだ
キリストふくいんつたかみともはたらわれらきゃうだいテモテなんぢらつかはしゝなりこれなんぢらかたくまたなんぢらしんかうためなんぢらなぐさ
ひとりもこのなやみうごかされざらしめんためなりそれなやみわれらさだまれることなるをなんぢらみづかしれ
われらなんぢらともありときわれらなやみあはんとすることをあらかじめなんぢらつげたりいまはたしそのごとなれなんぢらしるところのごと
このゆゑわれしのぶことあたハずなんぢらしんかうしらためひとつかはしゝなりこゝろむものなんぢらこゝろみてわれららうむなしくならんことをおそれたるなり
いまテモテなんぢらよりわれらきたりてなんぢらしんかうあいとのよきおとづれきかまたなんぢらつねわれらねんごろおもひわれらにあふことをねがわれらなんぢらあふことをねがふがごとしとつげたり
このゆゑきゃうだいわれらさまざまのわざはひなやみとのうちなんぢらしんかうよりなぐさめたり
そハなんぢらもしかたしゅつかわれらこれによりいくべければなり
われらなんぢらことついわれらかみまへよろこところおほいなるよろこびによりなんぢらためいかなるかんしゃかみむくいんや
よるひるしきりねがふハなんぢらかほんこととなんぢらしんかうたらざるところおぎなはんことなり
十一 ねがはくハかみすなはちわれらしゅイエス キリストともわれらみちびきてなんぢらいたらしめたまはんことを
十二 またねがしゅなんぢらあいましかつみたしめなんぢらをしてたがひあいすべてひとあいすることわれらなんぢらあいするごとくならしめて
十三 なんぢらこゝろかたくしわれらしゅイエスそのすべて
[二千十二]
せいとともきたらんときなんぢらをしてわれらかみなるちゝまへきよくしてせむべきところなからしめんこと

第四章[編集]

きゃうだいなんぢらかくかみねがへバしゅイエスよりまたなんぢらにみとかつすゝなんぢらすでにわれらをしへうけいかにおこなひてかみよろこバすべきをしりたればますゝゝこれすゝむべし
そはわれらしゅイエスよりいかなるいましめなんぢらさづけしかをなんぢらしれバなり
かみむねなんぢらきよきことすなはかんいんをせず
おのゝゝおのれうつはこれきよくなしてもちゐることをしり
かみしらざるいはうじんごとじょうよくほしいまゝにせず

またこのことについてきゃうだいあざむきかつがいせざらんことをもとたますべかゝあしきことおこなものしゅむくいをなしたまふなりわれらさきなんぢらつげかつあかしせしがごと
それかみわれらまねきたるハわれらけがれたることおこなふをもとむるにあらきよからんこともとたまふなり
このゆゑあなどものひとあなどるにあらそのせいれいなんぢらたまひしかみあなどるなり


きゃうだいあいすることついてはわれなんぢらにかきおくるにおよバずそはなんぢらたがひあいすることをしたしかみよりをしへられたれバなり
なんぢらマケドニヤぜんちなるすべてきゃうだいかくごとおこなへりきゃうだいわれらすゝむるハなんぢらますゝゝかくごとおこな
十一 かつしづかならんことをつとおのれことおこなづからわざをなしさきなんぢらわれらめいぜしごとくせんことなり
十二 なんぢらそとのものむかひたゞしおこなまたみづかともしきことなからんためなり


十三 きゃうだいなんぢらなげきのぞみなきほかのひとごとくならざらんことをねがふがゆゑわれらすでにねぶれるものついてはなんぢらしらざるをこのまず
十四 われらもしイエスしによみがへりしことしんずるならばイエスよれところすでねぶれるものかみかれとともたづさきたらんことをもしんずべきなり
十五 われらしゅことばよりなんぢらつげしゅきたらんときいたいきのこれるわれらすぐねぶれるものよりもさきだゝじ
十六 それしゅがうれいつかひのをさこゑかみらっぱみづかてんよりくだらんそのときキリストあり
[二千十三]
しにものさきよみがへり
十七 のちいきのこわれらかれらとともくもたづさへられくうちうおいしゅあふべしかくわれらいつまでもしゅともをら
十八 このゆゑこれらことばたがひなぐさむべし


第五章[編集]

きゃうだいときについてハわれなんぢらにかきおくるにおよばず
そハしゅきたることぬすびとよるきたるがごとくなることをなんぢらつまびらかしればなり
ひとゞゝへいわぶじなりといはんときほろびたちまちにきたらんはらめをんなにそのくるしみきたごとくなるべしひとゞゝたえさくることを
されきゃうだいなんぢらくらきをらざればそのひぬすびときたごとなんぢらきたることなし
なんぢらみなひかりどもなりわれらよるつけるものくらきつけものあら
されわれらほかのひとねぶるがごとねぶることをせずさめつゝしむべし
ねぶものよるねぶりさけゑふものハよるゑふなり
ひるつけわれらしんあいむねあてをきすくひのぞみかぶととしてつゝしむべし
そハかみわれらをいかりあはせんとさだめたるにあらわれらしゅイエス キリストよりすくひしめんとさだたまひたればなり
かれわれらためしにたりこれわれらをしてさめたるもねむれるもかれともいかしめんとてなり
十一 このゆゑなんぢらつねなせごとたがひなぐさまたおのゝゝのとくあいたつべし


十二 きゃうだいわれらなんぢらにこふなんぢらのうちつとめかつしゅありなんぢらをさなんぢらをしふものかへり
十三 かれらわざよりあつこれあいすべしなんぢらたがひにむつまじくすべし
十四 きゃうだいわれらなんぢらにすゝみだりなるものいましきのうゑたるものなぐさよわきものたすすべてひとむかひしのぶべし
十五 なんぢらつゝしみてあくあくむくゆることなくつねたがひぜんおひまたすべてひとにもぜんおよぼすべし
十六 つねよろこぶべし
十七 たえいのるべし
十八 すべてことかんしゃすべしこれイエス キリストよりなんぢらもとたまかみむねなり
十九 みたまけすことなか
二十 よげんなみ
[二千十四]
することなか
二一 すべてのことかんがへてそのよきものをまも
二二 もろゝゝあしきことたぐひとほざかるべし
二三 ねがはくハへいあんかみみづからなんぢらをまったきよくまたなんぢらのぜんれいぜんせいぜんしんまもりてわれらイエス キリストきたらんときとがなからしめたまはんことを
二四 なんぢらまねものまことなるものなりかれこのことなしたまハん
二五
きゃうだいわれらためいのるべし
二六 なんぢらきよくちつけすべてきゃうだいやすきとふべし
二七 われらしゅよりねがなんぢらこのふみすべてきゃうだいよみきかせんことを
二八 われらしゅイエス キリストめぐみなんぢらともあらんことをアメン




新約全書帖撒羅尼迦前書 終