明治元訳新約聖書(大正4年)/以弗所人書

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 明治元訳新約聖書 (大正4年) > 以弗所人書(元訳大正4年)
Wikipedia
ウィキペディアエペソ人への手紙のページがあります。

[千九百八十三]
しんやくぜんしょしとパウロエペソびとおくれるふみ

  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第一章[編集]

かみむねよりイエス キリストしとなれパウロエペソにあるせいとおよびイエス キリストありしんずるものふみおく
ねがはくはわれらちゝなるかみおよびしゅイエス キリストよりめぐみやすきうけ


かみすなはわれらしゅなるイエス キリストちゝほむべきかなかれキリストよりすべてれいめぐみてんところにてわれらすでめぐみたり
それかみわれらをしてそのまへきよきずなからしめんためよのもとゐおかざりしさきよりわれらキリストうちえら
そのこゝろのまゝにイエス キリストよりわれらおのれなさんことをあいあらかじめさだめたり
そのめぐみさかえほめしめんためなりすなはちあいするものあるわれらにたまところめぐみなり
そのめぐみゆたかなるによりかれにあるわれらみたしめ
かみさまゞゝのちゑさとりあたへてこのめぐみわれらみたしめ
われらそのむねおくぎこゝろのまゝにしめせりこれみづかさだたまひしところなり
すなはみつるときにいたりてあるひてんありあるひはにあるよろづのものキリストせしめんがためさだたまひしところなり
十一 すべてのことをそのこゝろのまゝにおこなものおのれのむねしたがひてあらかじめわれらさだキリストありよつぎなることをしむ
十二
これさきキリストたのめるわれらをしてかれさかえさかえのほめらるゝことなさしめんためなり
十三 なんぢらまことことばすなはちなんぢらすくふくいんきゝのちキリストしんわれらげふつぐかたなるやくそくせいれいいんせらる
十四 かみせいれいをもていんしたまふはそのかひうけものすくかつおのれのさかえあらはさんためなり
十五 このゆゑわれなんぢらしゅイエスしんずることゝすべてせいとあいすることをきゝ
十六 なんぢらためかんしゃしてやま
[千九百八十四]
つねいのりのときなんぢらおも
十七 われらしゅイエス キリストかみさかえちゝちゑもくしみたまなんぢらたまなんぢらをしてかみしらしめ
十八 またなんぢらこゝろあきらかにしそのめしかうむりてたもところところののぞみせいれいたまところげふさかえとみ
十九 またしんずるなんぢらたいしておこなたまかみちからきはめおほいなることをしらしめたまはんことをねがなんぢらしんずるはかみおほいなるちからはたらきよるなり
二十 二一 すなはキリストおこなひしところにしてかれよりよみがへらせもろゝゝまつりごとけんゐちからきみまたこのよのみならずきたらんとするにもすべとなふるところうへてんところにておのれみぎしめしちからなり
二二 またすべてものうへかしらとなしこれけうくわいたまひてそのかしらなせ
二三 けうくわいかれからだなりよろずのものよろずのものみたしむるものみてところなり

第二章[編集]

かみとがつみしにところなんぢらをもいかたまへり
なんぢらかつこのよならはししたがとがつみおこなひておくまたくうちうにあるしょけんすべつかさどるものすなハちしんしたがハざるものうちいまはたらくところれいしたがへり
われらもみなかつそのなかにをりにくよくしたがひておくにくこゝろおもまゝをなしほかのひとごとうまれながらにしていかりなりき
しかるにあはれみとめかみわれらをあいするところおほいなるあいより
つみしにときにすらわれらキリストともいかし(なんぢらめぐみよりすくはれしなり
またイエス キリストあるわれらをかれともよみがへらせともてんところせしめたまへり
これいまよりのちよゝキリスト イエスうちにてわれらほどこところなさけをもてそのめぐみすぐれゆたかなることをあらはさんためなり
なんぢらめぐみよりすくひこれしんかうよりてなりおのれよるあらかみたまものなり
おこなひよるあらかくごとくなるはほこものなからんためなり
われらかみつくたまへるものなりすなはわれらをしてよきわざおこなはしめんため
[千九百八十五]
キリスト イエスうちつくたまへりこのわざかみわれらにおこなはせんとてあらかじめそなたまひしところなり


十一 このゆゑなんぢらこゝろとめにくよりいはうじんなるなんぢらてにくおこなへるかつれいものふかつれいとなへられしものなれバ
十二 そのときなんぢらキリストなくイスラエルせきあらざるいはうじんにしてやくそくにつひてむすたまひしけいやくあづかりなくのぞみなくまたよありかみなきものなりき
十三 しかれどもキリスト イエスあれさきとほざかりしなんぢらイエスよりちかづけり
十四 十五 かれわれらやはらぎなりふたつのものひとつとなしうらみとなるへだてかきこぼおきてうちめいずるところのりそのにくたいにてはいせりそはふたつのものおのれつらこれひとつあたらしきひとつくりてやはらがしめ
十六 またじふじかうらみほろぼまたこれをふたつのものひとつのみとなしてかみやはらがしめんためなり
十七 またかれきたりてふくいんつたなんぢらとほざかりしものおよびちかものにもやはらぎのべたり
十八 それかれよりわれらふたつのものひとつみたまありちゝちかづことうるなり
十九 このゆゑなんぢらいまよりたびゞとあらまたやどれるものあらせいとおなくにまたかみいへぞくするものなり
二十 かつなんぢらしとよげんしゃもとゐうへたてらるイエス キリストみづかそのすみおやいしとなれり
二一 ひといへみなくみたてかれうちありやゝにましきよきみやしゅうちなるなり
二二 なんぢらともかれうちたてられたりこれみたまよりかみすみたまところとなるべきためなり


第三章[編集]

このゆゑなんぢらいはうじんためキリスト イエスめしうどとなれるわれパウロなんぢらためいの
なんぢらためかみわれたまひしめぐみなんぢらすでにきゝしならん
すなはもくしをもておくぎわれしめせるなり
[千九百八十六]
われほゞまへしるせるごと
なんぢらこれをよまこれよりわがキリストおくぎさとれることをしるべし

ぜんだいこれひとしらしめしはいまみたまきよきしとよげんしゃしめすがごとくならざりき
そのおくぎすなはいはうじんふくいんよりキリスト イエスありともよつぎとなりともひとつのからだとなりともやくそくあづかことうることなり
われかみたまものすなハちそのちからはたらきわれたまひしめぐみによりてこのふくいんつかへびととなれり
すべてせいとうちいとちいさきものよりもちひさわれこのめぐみたまひてはかることあたハざるキリストとみいはうじんつた
かつイエス キリストよろづのものつくりしかみうちはじめよりこのかたかくれたるおくぎいかんすべてひとさとらしむ
これけうくわいてんところにあるまつりごととれものけんゐもてものかみさまゞゝちゑしらしめんためなり
十一 かみよゝさきよりさだたまひしむねしたがへるなりこのむねわれらしゅキリスト イエスよりじょうじゅせり
十二 われらキリスト イエスありこれしんずるによりおくせざることをまたはゞかることなくしてかみちかづくことをたり
十三 このゆゑわれなんぢらもとむわがなんぢらためうくなやみによりおづることなかこれなんぢらのほまれなり
十四 十五 これよりわれらしゅイエス キリストちゝすなはてんにあるしょぞくかれよりものちゝひざまづきて
十六 ねがふハそのさかえとみしたがそのみたまをもてなんぢらうちひとつよくすこやかにし
十七 またキリストをしてしんかうよりなんぢらこゝろをらしめ
十八 またなんぢらをしてあいねざあいもとゐとしてすべてせいとともはかべからざるキリストあいしり
十九 そのひろながふかたかさをさとらしめまたすべてかみみたしめたまハんことなり
二十 ねがはくハわれらうちおこなちからしたがひてわれらもとむるところおもところよりもいたまされることなしうもの
二一 キリスト イエスによりけうくわいうちにてよゝかぎりなくさかえせんことをアメン


以下[千九百八十七]

第四章[編集]

れバしゅありめしうどとなれるわれなんぢらにすゝむなんぢらめされしめしかなひおこなハんことを

ことごとけんそんにうわゆるやかなるこゝろおこなあいたがひしの
へいわといふつなぎうちつとめみたまたまところひとつなるをまもるべし
からだひとつみたまひとつなりなんぢらめされてたもところのぞみひとつなるがごと
しゅひとつしんかうひとつバプテスマひとつ
かみすなハちすべてのひとちゝひとつなりかれすべてのひとうへにありすべてのひとつらぬすべてのひとうちあり
われらおのゝゝキリストたまところりゃうしたがひてめぐみたまふなり
このゆゑいへることありかれうへのぼりしときとりこにするものとりこにしたまものひとたまへりと
すでうへのぼれりといへまづちしたくだりしにあらずや
くだりしものすなはもろゝゝてんうへのぼりしものなりかれよろずのものみたんとす
十一
そのたまひしところしとありよげんしゃありでんだうしゃありぼくしありけうしあり
一二 これせいとまったふしつとめことおこなキリストからだとくたて
一三 われらをしてみなおなじくかみしんこれまったきひとすなハちキリストみちたれるほどとなるまでにいた
一四 いまよりのちこどもならずひといつはりてだてまどはしたくみたゞよはさるゝことなくさまゞゝをしへかぜうごかされず
一五 あいをもてまことおこなそだちすべてのことかしらなるキリストならはしめんためなり
一六 かれもととしぜんたいすべてのふしゞゝたすけによりてつらなりかたまりそのしたいおのおのぶんりゃうしたがはたらきそのからだそだてみづからあいよりとくたつるなり


一七 このゆゑわれこれをしゅありなんぢらいましなんぢらいまよりのちいはうじんごとそのこゝろよこしまなるにまかせておこなふべからず
一八 かれらこゝろくらものなりまたしるところなきによりかたくななるによりかみいのちとほざかれり
一九 かれらはぢしらこのみすべてけがれおこなはんためおのれはうたうわたせり
二十 されなんぢらかくごとおこなはんためキリストまなべるにあら
[千九百八十八]
二一 なんぢらかれにきゝかれのをしへうけイエスにあるまことしりしならん
二二 なんぢらさきならへふるきひとすなはちひとまどはすよくためやぶらるゝものをぬぎ
二三 またなんぢらこゝろれいあらたにし
二四 かみかたどりてまことたゞしききよきにてつくれるあたらしきひとるべし
二五 かくいつはりすておのゝゝそのとなりまこといふべしそはわれらたがひえだなればなり
二六 いかりつみをかすことなかいかりいるまでにいたることなか
二七 あくまところさすることなか
二八 ぬすみをするものまたぬすみをするなかれむしまづしきものほどこさんためにはげみづからよきわざなすべし
二九 すべけがれたることばなんぢらくちよりいだすことなかたゞときしたがひてひととくたつべきよきことをいひきくものをしてえきあらしむべし
三十 かみせいれいをしてうれへしむることなかなんぢらすくひためかれいんうけものなり
三一 なんぢらすべてのにがきこといきどほりいかりさわぎのゝしりまたすべてあくおのれよりすつべし
三二 たがひなさけあはれみあるべしキリストありかみなんぢらをゆるたまへるごとなんぢらたがひゆるすべし


第五章[編集]

なんぢらあいせらるゝこどもごとかみならふべし
またあいおこなキリストわれらあいわれらかはりおのれそなへものとなしいけにへとなしてかみまへかうばしきにほひあらしめんとてさゝげたまひしがごとくすべし
せいとたるにかなふごとくかんいんおよびすべてけがれたることまたむさぼることをたがひいふことだにするなか
いんじうきたることたはむれごといふなかれこれよろしからざることなりむししゃすることをすべし
そはすべてかんいんするものけがれたるものおよびむさぼるものすなはちぐうざうをがものキリストかみとのくにつぐざることはなんぢらしれバなり
なんぢらひといつはりごとあざむかるゝことなかかみいかりこれらのことよりもとれるものいたるなり
このゆゑかれらくみすることなか
なんぢらもとくらかりしがいましゅありひかれりひかりこどもごとおこなふべし
そはひかりむすところすべてよきことゝたゞしきことゝまことうちにあればなり
しゅ
[千九百八十九]
よろこところわきまへてこれおこなふべし
十一 なんぢらむすバざるくらきわざくみすることなくかへっこれせむべし
十二 かれらかげにておこなところことこれいふだにもはづべきことなり
十三 すべせめうくべきことはひかりよりあらはるゝなりそはすべてをあらはものひかりなればなり
十四 このゆゑいへことありいねたるものさまよりおきキリストなんぢてらさん
十五 されなんぢらつゝしみておこなひかたくすべしさとからざるものごとくせずさときものごとくし
十六 をりうかゞふべしこれときあしければなり
十七 このゆゑおろかなるものなることなくしゅむねいかにさとるべし
十八 またさけゑふことなかこれをなすはほうとうなりよろしくみたまみたさるべし
十九 たがひうたれいかんじてつくれるとをかたりあひまたうたひてなんぢらこゝろしゅさんびすべし
二十 すべてことにつきてつねわれらしゅイエス キリストよりかみすなはちゝしゃすべし
二一 キリストおそるゝこゝろたがひしたがふべし


二二 つまなるものしゅしたがふがごとおのれおっとしたがふべし
二三 そはキリストけうくわいかしらなるごとをっとつまかしらなれバなりキリストすくひぬしなり
二四 されけうくわいキリストしたがごとつますべてのことをっとしたがふべし
二五 おっとなるものキリストけうくわいあいそのためおのれすてたまひしごとなんぢらつまあいすべし
二六 かれおのれすてしはみづあらひことばよりけうくわいきよこれせいなるものとせんがためなり
二七 またしみなくしわなくすべかくごとたぐひなくせいにしてきづなきさかえなるけうくわいみづかおのれまへたてためなり
二八 かくごとをっとそのつまおのれとなしてあいすべしつまあいするものおのれあいするなり
二九 おのれにくものかつあることなしこれまもりやしなふことキリストけうくわいまもりやしなふがごと
三十 われらかれえだなりかれにく
[千九百九十]
いでかれがほねよりいでたり
三一 このゆゑひとちゝはゝはなそのつまふたつのものいったいになるべし
三二 このおくぎおほいなりわがいふところキリストけうくわいさすなり
三三 なんぢらおのゝゝそのつまおのれとなしてあいすべしつまそのをっとうやまふべし


第六章[編集]

なるものなんぢらしゅありふたおやにしたがふべしこれたゞしきことなれバなり
なんぢちゝはゝうやまふべしやくそくくはへたるいましめこれはじめとす
これなんぢさいはひまたちのうへいのちながからんためなり
ちゝなるものなんぢらいからすることなかしゅいましめをしへそだつべし
しもべなるものキリストしたがふがごとおそれおのゝきまことのこゝろをもてにくたいつけしゅじんしたがふべし
ひとよろこバするものごとたゞめのまへことつとむるゝなかキリストしもべごとこゝろよりかみむねおこなふべし
ひとつかふるがごとくせずしゅつかふるがごとこゝろよくつかふべし
そはしもべなるものにもあれじしゅなるものにもあれおのゝゝおこなところぜんよりしゅよりむくいうけんことをなんぢらしれバなり
しゅじんなるものなんぢらまたかくのごとかれらおこなひておどすことやめそはかれらとなんぢらしゅてんありかれハかたよところなしとなんぢらしればなり


このほかなほいはわがきょうだいしゅおよびそのおほいなるちからよりつよくなるべし
十一 なんぢらあくまはかりごとふせがためかみぶぐよろふべし
十二 われらけつにくたゝかふにあらまつりごとまたけんゐまたこのよくらきつかさどるものまたてんところにあるあくれいたゝかふなり
十三 このゆゑかみぶぐとるべしこれあしきあひあだふせすべてことじゃうじゅしてたゝためなり
十四 なんぢらたつまことおびとしてこしむすたゞしきむねあてとしてむねあて
十五 おだやかなるふくいんそなへくつとしてあしはき
十六 このほかしんかうたてとるべしこのたてをもてことゞゝあしきものひやけすことを
十七 またすくひかぶとおよびせいれいつるぎすなハちかみことばとり
十八 つねさまゞゝいのりねがひみたまよりもとめかつすべてせいと
[千九百九十一]
ためにもつゝしみてこのことをなしいのりてうまざるべし
十九 またわがくちひらくときことばたまハりはゞからずしてふくいんおくぎしめ
二十 またわがいふべきところごとこれはゞからずしていひうるやうわがためにもいのるべしわれこのふくいんためししゃとなりてくさりつながれたり


二一 あいするきゃうだいしゅちゅうしんにてつかふテキコわがいかにしてあるわがことなんぢらつげしらせん
二二 われかれをことなんぢらつかはすハなんぢらわがことしらまたかれをしてなんぢらこゝろなぐさめしめんためなり
二三 ねがはくハきゃうだいちゝなるかみしゅイエス キリストによりしんかうそへやすきあいんことを
二四 ねがはくハわれらしゅイエス キリストかはらずしてあいするすべてものめぐみあらんことをアメン




新約全書以弗所書 終