明治二十二年富山縣告諭第三號

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

○告諭第三號

ひでり又はかぜひにはじゞしがいちがいろきよきみづくべきむねかねがいろとりしまりきそくあいさだこれあり候へともちかごろひでりうちつゞくもをう〳〵これなをざりこゝろへ官吏のゆしするもとかくこれをこたるものすくなからすぐわんらいひでりさらされたるとちあつきねつはなかぜひにはすなちりとびちらしてひと〴〵けんこうそこのふのみならすかつくわんすいせざるときだうろやぶそこなゑいせいしようもとよりだうろほぞんそのそんがい云ふべからすよつこのゝちひと〴〵そのすじちういすひでり又はかぜひには必すじゞがいろきよきみづくことををこたるべからすしかれどもづさんにもみぞほりとうたまみづ又はふけつみづくべからすあつちういこのむねしがいちひと〴〵こくゆ

明治二十二年八月十六日
富山縣知事藤島正健

この著作物は1925年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。