日本男子論

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


 明治十八年夏の頃、『時事新報』に「日本婦人論」と題して、婦人の身は男子と同等たるべし、夫婦いえに居て、男子のみ独り快楽をもっぱらにし独り威張るべきにあらずうんぬんの旨をしるして、数日の社説に掲げ、また十九年五月の『時事新報』「男女交際論」には、男女両性の間は肉交のみにあらず、別に情交の大切なるものあれば、両性の交際自由自在なるべき道理をべたるに、世上に反対論も少なくしてひけんの行われたるは、記者の喜ぶ所なれども、右の「婦人論」なり、また「交際論」なり、いずれも婦人の方をもとにして論を立てたるものにして、今の婦人の有様をあわれみ、何とかして少しにてもその地位の高まるようにと思う一片のばしんより筆をくだしたるが故に、その筆法は常に婦人の気を引き立つるの勢いを催して、男子の方に筆のほこさきの向かわざりしはと不都合にして、これをたとえば、ここに高きものと低きものと二様ありて、いずれもほどよちゅうを得ざるゆえ、これをなおさんとして、ひたすらその低きものを助け、いかようにもしてこれを高くせんとて、ただ一方に苦心するのみにして、他の一方の高きに過ぐるものを低くせんとするの手段に力を尽さざりしものの如し。物の低きに過ぐるはもとよりよろしからずといえども、これを高くして高きに過ぐるに至るが如きは、むしろ初めのままに捨て置くにかず。故に他の一方について高きものを低くせんとするのくふうは随分かたき事なれども、これをおこのうて失策なかるべきが故に、この一編の文においては、かの男子の高きを取って押さえて低くし、自然に男女両性の釣合をしてほどよちゅうを得せしめんとの腹案を以て筆を立て、「日本男子論」と題したるものなり。

 世に道徳論者ありて、日本国に道徳の根本標準を立てんなどかまびすしく議論して、あるいは儒道にらんといい、あるいは仏法に従わんといい、あるいはヤソ教を用いんというものあれば、また一方にはこれをよろこばず、儒仏耶蘇、いずれにてもこれに偏するは不便なり、つまり自愛におぼれず、博愛に流れず、まさにその中道を得たる一種の徳教を作らんというものあり。これらの言を聞けば一応はもっとも至極にして、道徳論に相違はなけれども、その目的とする所、ややもすれば自身にせつならずして他に関係するものの如し。一身の私徳をのちにして、交際上の公徳を先にするものの如し。即ち家にるの徳義よりも、世に処するの徳義をもっぱらにするものの如し。この一点において我輩が見る所をことにすると申すその次第は、えて論者の道徳論を非難するにはあらざれども、前後緩急の別について問う所のものなきを得ざるなり。

 世界かいびゃくの歴史を見るに、初めはどっかいちにんありて、のちに男女夫婦を生じたりという。我が日本において、くにのとこたちのみことの如きは独化の神にして、いざなぎのみこといざなみのみことすなわち夫婦の神なり。西洋においても、先ずエデンの園に現われたる人はアダムにして、後にイーブなる女性を生じ、夫婦の道始めて行われたるものなり。さてこのどっかどくせいの人が独り天地の間にるときに当たりては、もとより道徳のようあるべからず。あるいはつつしんで天につかうるなどのこともあらんなれども、これは神学の言にして、我輩が通俗の意味に用うる道徳は、これを修めんとして修むべからず、これを破らんとして破るべからず、徳もなく不徳もなき有様なれども、のちにここに配偶を生じ、男女ににんあいとものうて同居するに至り、始めて道徳の要用を見出したり。その相伴うや、相共に親愛し、相共に尊敬し、互いに助け、助けられ、ににんあたかも一身同体にして、その間に少しもわたくしの意をさしはさむべからず。即ち男女きょを同じうするための要用にして、これを夫婦の徳義という。もしもしからずして、相互いにうとんじ相互いにうらんでその情を痛ましむるが如きありては、配偶のたいりんを全うすることあたわずして、これをその人の不徳と名づけざるを得ず。我輩ひそかに案ずるに、かの伊奘諾尊、伊奘冊尊、またはアダム、イーブの如きも、必ずこの夫婦の徳義を修めて幸福円満なりしことならんと信ずるのみ。

 されば人生の道徳は夫婦の間に始まり、夫婦以前道徳なく、夫婦以後始めてその要を感ずることなれば、これを百徳の根本なりと明言して決して争うべからざるものなり。既に夫婦を成してここに子あり、始めて親子・兄弟姉妹の関係を生じ、おのおのその関係について要用の徳義あり。慈といい、孝といい、ていといい、ゆうというが如き、即ちこれにして、これを総称して人生きょかの徳義と名づくといえども、その根本は夫婦の徳にらざるはなし。いかんとなれば、夫婦すでに配偶の大倫をみだりて先ず不徳の家を成すときは、この家に他の徳義の発生すべき道理あらざればなり。近く有形のものについて確かなる証拠を示さんに、両親の身体に病あればその病毒は必ず子孫に遺伝するを常とす、人のあまねく知る所にして、夫婦の病は家族百病の根本なりといわざるを得ず。有形の病毒にしてかくの如くなれば、無形の徳義においてもまた斯の如くなるべきは、誠にみやすき道理にして、これに疑いをるる者はなかるべし。病身なる父母は健康なる児を生まず、不徳の家には有徳なる子女を見ず。有形無形その道理は一なり。あるいは夫婦不徳の家に孝行の子女を生じ、兄弟姉妹だんらんとしてむつまじきこともあらば、これは不思議の間違いにして、まれに人間世界にあるも、常にしかるをきぼうすべからざる所のものなり。世間あるいは強いてこれを望む者もあるべしといえども、そのうかつなるは病父母をして健康無事の子を生ましめんとするに異ならず、我輩の知らざる所なり。古人の言に孝はひゃっこうもとなりという。孝行は人生の徳義の中にて至極大切なるものにして、我輩ももとより重んずる所のものなりといえども、世界開闢せいせいの順序においても、先ず夫婦を成して然る後に親子あることなれば、孝徳は第二に起こりたるものにして、これに先だつに夫婦の徳義あるを忘るべからず。故に今かりに古人の言に従って孝を百行の本とするも、その孝徳を発生せしむるの根本は、夫婦の徳心にはいたいするものといわざるを得ず。男女の関係は人生にしだいしちょうの事なり。

 夫婦いえに居て親子・兄弟姉妹の関係を生じ、その関係について徳義の要用を感じ、家族おのおのこれを修めて一家の幸福いよいよ円満いよいよ楽し。即ちきょかの道徳なれども、人間せいせいの約束は一家族にとどまらず、子々孫々次第に繁殖すれば、その起源は一対の夫婦にいずるといえども、幾百千年をるの間には遂に一国一社会を成すに至るべし。既に社会を成すときは、朋友の関係あり、老少の関係あり、また社会の群集を始末するには政府なかるべからざるが故に、政府と人民との関係を生じ、その仕組みには君臣の分を定むるもあり、あるいは君臣の名なきもあれども、つまり治むる者と治めらるる者との関係にして、その意味は大同小異のみ。く広き社会の中に居て、一人と一人との間、また一種族と一種族との間に様々の関係あることなれば、その関係について、それぞれ守る所の徳義なかるべからず。即ち朋友に信といい、長幼に序といい、君臣または治者・被治者の間に義というが如く、大切なる箇条あり。これを人生こがいの道徳という。即ち家の外の道徳という義にして、家族に縁なく、広く社会の人に交わるに要用なるものにして、かの居家の道徳に比すれば、その働くところを異にするが故に、その重んずる所もまたおのずからあいことならざるを得ず。

 例えば私有の権というが如きは、戸外において最も大切なる箇条にして、これを犯すものは不徳のみならず、冷淡無情なる法律においても深くとがむる所なれども、一歩を引いて家の内に入れば甚だゆるやかにして、夫婦親子の間に私有を争うものも少なし。家の内には情を重んじて家族相互いに優しきをたっとぶのみにして、時としてあやまりしくじりもあり、または礼を欠くことあるもこれを咎めずといえども、戸外にあっては過誤も容易に許されず、まして無礼の如きは、他の栄誉を害するの不徳として、世間のそしりをまぬかるべからず。これを要するに、戸外の徳は道理を主とし、家内の徳は人情を主とするものなりというて可ならん。即ち公徳私徳の名あるゆえんにして、そのぶんかい明白なれば、これを教うるの法においてもまた前後本末の区別なかるべからざるなり。

 例えば支那流に道徳の文字を並べ、親愛、恭敬、孝悌、忠信、礼義、廉潔、正直など記して、その公私の分界を吟味すれば、親愛、恭敬、孝悌は、私徳の誠なるものにして、忠信、礼義、廉潔、正直は、公徳の部に属すべし。けだし忠信以下の箇条ももとより家内に行わるるといえども、あたかも親愛、恭敬、孝悌の空気の中にほうらせられてことに形を現わすを得ず。その行わるるや不規則なるが如くにして、ただ精神を誠の一点に存し、以て幸福円満欠くることなきを得るのみ。しかるに戸外の公徳は、ややもすれば道理に入ること多くして、冷淡無情に陥らんとするの弊なきにあらず。最も憂うべき所にして、ある人の説に十全の正直は十全の親愛と両立すべからずといいしも、この辺の事情を極言したるものならん。古今の道徳論者が世人のはくとくを歎き、未だ誠に至らずなど言うは、そのげん不分明にして徳の公私を分かたずといえども、意のある所をうかがえば、公徳の働きに情を含むこと未だ足らずして、私徳の円満なるが如くならずというの意味を見るべし。されば今、公徳の美を求めんとならば、先ず私徳を修めて人情を厚うし、誠意誠心を発達せしめ、以て公徳の根本を固くするのくふうこそさいだいいちの肝要なれ。即ち家にり家族相互いに親愛恭敬して人生の至情を尽し、一言一行、誠のほかなくしてその習慣を成し、発して戸外の働きに現われて公徳の美を円満ならしむるものなり。古人の言に、忠臣は孝子の門にずといいしも、決して偶然にあらず。忠は公徳にして孝は私徳なり、その、修まるときは、このこう、美ならざらんと欲するもべからざるなり。

 しかるに我輩が古今和漢の道徳論者に向かって不平なるは、その教えの主義として第一に私徳公徳の区別を立てざるにあり。第二には、たとふげんの間におのずから区別する所ありとするも、その教えの方法に前後本末を明言せずして、時としては私徳を説き、また時としては公徳を勧め、いずれか前、いずれか後なるを明らかにせざるがために、後進の学者をして方向を誤らしむるにあり。かのみならず、その教えの主義たるや、ややもすれば政治論に混同して重きを政治に置き、これに関する徳義はもとより公徳なるが故に、かえって私徳を後にして公徳を先にするものさえなきにあらず。例えば忠義正直というが如き、政治上の美徳にして、甚だ大切なるものなれども、人に教うるに先ずこの公徳を以てして、居家の私徳をなおざりにするにおいては、あたかも根本の浅き公徳にして、我輩は時にその動揺なきを保証するあたわざるものなり。

 そもそも一国の社会を維持して繁栄幸福を求めんとするには、その社会の公衆に公徳なかるべからず。その公徳をして堅固ならしめんとするには、根本を私徳の発育に取らざるべからず。即ち国の本は家にあり。良家の集まる者は良国にして、国力のってもって発生する源は、単に家にあって存すること、更に疑うべきにあらず。しかしこうしてその家の私徳なるものは、親子・兄弟姉妹、だんらんとして相親しみ、父母は慈愛厚くして子は孝心深く、兄弟姉妹相助けて以て父母の心身の労を軽くする等の箇条にして、くこの私徳を発達せしむるその原因は、家族の起源たる夫婦の間にくんずる親愛恭敬の美にあらざるはなし。

 およそ古今世界に親子不和といい兄弟姉妹相争うというが如き不祥のさた少なからずして、当局者の罪に相違はなけれども、一歩を進めて事の原因を尋ぬれば、その父母たる者が夫婦の関係をなおざりにしたるにあり。なお進んで吟味を遠くすれば、その父母の父母たる祖父母より以上そうそげんそに至るまでも罪を免るべからず。前節にもいえる如く、人の心の不徳は身の病に異ならず、病毒の力く四、五世に遺伝するものなれば、不徳の力もまた四、五世に伝えてわざわいせざるを得ず。されば公徳の根本は一家の私徳にありて、その私徳の元素は夫婦の間にはいたいすること明々白々、我輩のえて保証する所のものなれば、男女両性の関係は立国の大本、禍福の起源として更に争うべからず。今日吾々日本国民の形体は、伊奘諾・伊奘冊にそんの遺体にして、吾々のってもって社会を維持する私徳公徳もまた、その起源を求むれば、二尊夫婦の間に行われたる親愛恭敬の遺徳なりと知るべし。

 夫婦親愛恭敬の徳は、天下万世百徳のたいほんにして更に争うべからざるの次第は、ぜん既にその大意をしるして、読者においても必ず異議はなかるべし。そもそも我輩がここに敬の字を用いたるは偶然にあらず。男女肉体を以てあいせっするものなれば、たとえいかなる夫婦にても一時の親愛なきを得ず。動物たる人類の情においてしかりといえども、人類をして他の動物の上にくらいして万物の霊たらしむるゆえんのものは、この親愛に兼ねて恭敬の誠あるにるのみ。これを通俗にいえば、夫婦の間、相互いに隔てなくして可愛がるとまでにては未だ禽獣と区別するに足らず。一歩を進め、夫婦互いに丁寧にし大事にするというて、始めて人の人たる所を見るに足るべし。即ち敬の意なり。

 然らば即ち敬愛は夫婦の徳にして、この徳義を修めてこれを今日の実際に施すの法いかんと尋ぬるに、夫婦利害を共にし苦楽喜憂を共にするは勿論、あるいは一方の心身に苦痛の落ちきたることもあれば、人力の届く限りはその苦痛を分担するのくふうめぐらさざるべからず。いわんや己れの欲せざる所を他の一方に施すにおいてをや。ゆめゆめあるまじき事にして、徹頭徹尾、じょの一義を忘れず、からだこそふたりに分かれたれども、その実は一身同体と心得て、始めて夫婦の人倫を全うするを得べし。故に夫婦家にるは人間の幸福快楽なりというといえども、本来この夫婦は二個の他人のあいうたるものにして、その心はともかくも、身のありさまの同じかるべきにあらず。夫婦おのおのその親戚をことにし、その朋友を異にし、これらに関係する喜憂は一方の知らざる所なれども、既に一身同体とあれば、その喜憂を分かたざるを得ず。またへいぜいの衣食住についても、おのおのこうおする所なきを期すべからずといえども、互いに忍んでその好悪に従わざるべからず。またあるいは一方の病気の如き、もとより他の一方につうようなけれども、あたかもその病苦を自分の身に引受くるが如くして、力のあらん限りにこれを看護せざるべからず。りょうじん五年のちゅうふうしょう、死に至るまで看護怠らずといい、ないくん七年のレウマチスに、主人は家業のかたわらに自らやくじを進め、これがために遂に資産をも傾けたるの例なきにあらず。

 これらの点より見れば、夫婦同室は決して面白きものにあらず。独身なれば、親戚朋友のつきあいもただ一方にして余計の心配なく、衣食住の物とて自分ひとりの気に任せて不自由なく、病気も一身の病気にして他人の病を憂うるに及ばざるに、ただ夫婦の約束したるがために、あたかも一生の苦労を二重にしたる姿となり、一人にして二人前の勤めを勤むるのせめに当たるは不利益なるが如くなれども、およそ人間世界において損益苦楽は常にあいとものうの約束にして、俗にいわゆるまるもうけなるものはなきはずなり。故に夫婦家に居て互いに苦労を共にするは、一方において二重の苦労に似たれども、その苦労の代りには一人の快楽を二人の間に共にして、即ち二重の快楽なれば、つまりそんもうとてはなくして苦楽あいつぐのい、平均してなおよらくあるものと知るべし。

 されば夫婦家にるは必ずしも常に快楽のみに浴すべきものにあらず、苦楽相平均して幸いに余楽を楽しむものなれども、栄枯無常の人間世界に居れば、不幸にしてただ苦労にのみ苦しむこともあるべき約束なりと覚悟を定めて、さて一夫多妻、一婦ただんは、果たして天理にかなうか、果たして人事の要用、臨時の便利にして害なきものかと尋ぬるに、我輩は断じていなと答えざるを得ず。天の人を生ずるや男女同数にして、この人類はもと一対の夫婦より繁殖したるものなれば、せいせいの起原に訴うるも、今の人口の割合に問うも、多妻多男は許すべからず。然らば人事の要用、臨時の便利においていかんというに、人間世界の歳月を短きものとし、人生を一代限りのものとし、あたかも今日の世界を挙げて今日の人にがんろうせしめて遺憾なしとすれば、多妻多男の要用便利もあるべし。せじはんたなれば一時夫婦の離れ居ることもあり、また時としては病気災難等の事も少なからず。これらの時に当たっては夫婦一対に限らず、一夫しゅうふに接し、一婦しゅうだんに交わるも、ぼくせきならざる人情の要用にして、臨時非常の便利なるべしといえども、これは人生に苦楽相伴うの情態を知らずして、快楽の一方に着眼し、いわゆる丸儲けを取らんとする自利の偏見にして、今の社会を害するのみならず、また後世のためにはかりて許すべからざる所のものなり。

 男女にしてひとたびこれを犯すときは、既に夫婦の大倫を破り、じょの道を忘れて情を痛ましめたるものにして、敬愛の誠はこの時限りに断絶せざるを得ず。たとえあるいは種々様々の事情によりて外面の美を装うことなきにあらずといえども、一点のかきん、以てぜんぺきの光を害して家内のめいを失い、禍根ひとたび生じて、発しては親子の不和となり、変じては兄弟姉妹の争いとなり、なお天下後世を謀れば、一家の不徳は子々孫々と共に繁殖して、遂に社会公徳の根本を薄弱ならしむるに至るべし。故にいわく、多妻多男の法はこんせいを挙げてこんじんがんろうぶつに供するの覚悟なれば可なりといえども、天下を万々歳の天下として今人をして後世に責任あらしめんとするときは、我輩は一時の要用便利を以て天下後世の大事にうること能わざる者なり。

 男女両性の関係は至大至重のものにして、夫婦同室の約束を結ぶときは、これを人の大倫と称し、社会百福のもとい、また百不幸の源たるの理由は、前にべたる所を以て既に明白なりとして、さて古今世界の実際において、両性のいずれかこの関係をなおざりにして大倫を破るもの多きやと尋ぬれば、常に男性にありと答えざるを得ず。西洋文明の諸国においても皆しからざるはなきその中についても、日本の如きは最も甚だしきものにして、古来の習俗、一男多妻を禁ぜざるの事実を見ても、大概をうかがい見るべし。西洋文明国の男女は果たしてけっせいなりやというに、決して然らず、極端について見れば不潔の甚だしきもの多しといえども、その不潔を不潔としてこれをにくいやしむの情は日本人よりも甚だしくして、よろんの厳重なることはとても日本国の比にあらず。故に、かの国々の男子が不品行を犯すは、初めよりその不品行なるを知り、あたかも輿論に敵してひそかにこれを犯すことなれば、その事はすべて人間の大秘密に属して、言う者もなく聞く者もなく、事実の有無にかかわらず外面の美風だけはこれを維持してなお未だ破壊に至らずといえども、不幸なるは我が日本国の旧習俗にして、事の起源は今日、得てつまびらかにするによしなしといえども、古来家の血統を重んずるの国風にして、ししなく家名の断絶する法律さえ行われたるほどの次第にて、しきりに子を生むの要用を感じ、その目的を達するには多妻法より便利なるものなきが故に、ここにおいてかしょうやしなうの風を成したるものの如し。天理の議論などはともかくも、家名を重んずるの習俗に制せられて、むを得ず妾を畜うの場合に至りしは無理もなきことにして、またこれ一国の一主義としてじょすべきに似たれども、天下後世これより生ずる所の弊害は、実にひっしにも尽し難きものあり。

 さなきだに人類の情慾はおのずから禁じ難きものなるに、ここに幸いにも子孫相続云々の一主義あることなれば、この義をおしひろめていかなる事か行わるべからざらんや。妻を離別するも可なり、しょうやしなうも可なり、一妾にして足らざれば二妾も可なり、二妾三妾随時随意にこれを取替え引替うるもまた可なり。人事の変遷、長き歳月をる間には、子孫相続の主義はただに口実として用いらるるのみならず、早く既にその主義をも忘却し、一男にして衆婦人に接するは、あたかも男子に授けられたる特典の姿となり、以て人倫不取締の今日に至りしは、国民一家の不幸にとどまらず、そのわざわいは引いて天下に及ぼし、一家の私徳みだれて社会交際の公徳を害し、立国のたいほん、動揺せざらんと欲するもべからず。故に今日の日本男子にしてないこうの修まらざる者は、単に自家子孫の罪人のみにあらず、社会中の一人として、今の天下に対しまた後世に対して、その罪まぬかるべからざるものなり。

 主人のないこう修まらざるがために、一家内に様々の風波を起こして家人の情を痛ましめ、以てその私徳の発達を妨げ、不孝の子を生じ、ふていふゆうの兄弟姉妹を作るは、もとより免るべからざるの結果にして、怪しむに足らざる所なれども、ここに最もあわれむべきは、家に男尊女卑の悪習をかもして、子孫に圧制卑屈の根性を成さしむるの一事なり。男子の不品行は既に一般の習慣となりて、人の怪しむ者なしというといえども、人類天性の本心において、自ら犯すその不品行を人間のびじとして誇る者はあるべからず。いな百人は百人、千人は千人、皆これを心の底にじざるものなし。内心にこれを愧じて外面に傲慢なる色を装い、らいらくなるが如く無頓着なるが如くにして、強いて自ら慰むるのみなれども、俗にいわゆるきず持つ身にして、常に悠々として安心するを得ず。その家人と共に一家に眠食して団欒たる最中にも、時として禁句に触れらるることあれば、その時の不愉快はたとえんに物なし。無心の小児が父を共にして母をことにするの理由を問い、隣家には父母二人に限りて吾が家に一父二、三母あるはいかんなどと、不審を起こして詰問に及ぶときは、さすがてつめんぴだいふも答うるにことばなく、ただ黙して冷笑するか顧みて他を言うのほかなし。即ちその身のよわみにして、小児の一言、寸鉄はらわたを断つものなり。既にこの弱点あれば常にこれを防禦するのくふうなかるべからず。その策いかんというに、ちょうせき主人の言行を厳重正格にして、家人をること他人の如くし、妻妾児孫をして己れにつかうること奴隷の主君におけるが如くならしめ、あたかも一家の至尊には近づくべからず、そのききにはるべからず、俗にいえば殿様旦那様の御機嫌は損ずべからずとして、上下尊卑のぶんを明らかにし、例の内行禁句の一事に至りては、ことにもこれをいわずして、家内、目を以てするの家風を養成すること最も必要にして、この一策は取りも直さず内行防禦の胸壁とも称すべきものなり。

 およそ人事に必要なるものは特に求めずして成るの常にして、かの内行不始末の防禦策の如きも、が家の主人がいずれの時にこれを発明して実行の先例を示したりなどいうべき跡はなけれども、今日の実際について見れば、主人の内行修まらざる者は、その家風の外面は必ず厳重にして、家族骨肉の間、自然に他人の交際の如く、何か互いに隠して打ち解けざるものあるが如し。あるいはまた、家道みだれて取締なく、親子妻妾あいたがいに無遠慮ろうぜきなるが如きものにても、その主人は必ず特に短気無法にして、家人に恐れられざるはなし。即ち事の要用に出でたるものにして、いやしくも家風に厳格を失うか、もしくは主人に短気無法の威力なきにおいては、かの不品行の弱点を襲わるるの恐れあればなり。世間のうわさに、某家の主人は内行に頓着せずして家事を軽んじ、あるいは妻妾一処に居て甚だ不都合なれども、内君は貞実にして主公は公平、妾もまたしごく柔順なる者にして、かつて家に風波を生じたることなしなどいう者あれども、これはただ外見外聞の噂のみ。即ちその風波の生ぜざるは、ただ家法の厳にして主公の威張るがためにして、これを形容していえば、圧制政府の下に騒乱なきものに異ならず。ただ表に破裂せざるのみ。その内実は風波の動揺を互いの胸中に含むものというべし。されば、男尊女卑、主公圧制、家人卑屈の組織は、不品行の家に欠くべからざるの要用にして、にちにちやや、後進の子女をこの組織の中に養育することなれば、その子女後年の事もまた想い見るべし。我輩のことに憐れむ所のものなり。天下広し家族多しといえども、一家の夫婦・親子・兄弟姉妹、相互いに親愛恭敬して至情を尽し、陰にも陽にも隠す所なくして互いにその幸福を祈り、無礼の間に敬意を表し、争うが如くにしてあいゆずり、家の貧富に論なく万年の和気悠々として春の如くなるものは、不品行の家に求むべからざるの幸福なりと知るべし。

 君子の世に処するには、自ら信じ自ら重んずる所のものなかるべからず。即ち自身の他にぬきんでて他人の得て我に及ばざる所のものをたのみにするのいいにして、あるいは才学の抜群なるあり、あるいは資産の非常なるあり、皆以て身の重きを成して自信自重のたすけたるべきものなれども、なかんずく私徳の盛んにしていわゆるおくろうに恥じざるの一義は最もたのむべきものにして、くその徳義をおさめて家内に恥ずることなく戸外にはばかる所なき者は、貧富・才不才に論なく、その身の重きを知って自ら信ぜざるはなし。これを君子の身のくらいという。洋語にいうヂグニチーなるもの、これなり。そもそも人の私徳を脩むる者は、なにゆえに自信自重の気象を生じて、自ら天下の高所にるやと尋ぬるに、かたきを忍んで他人のくせざる所を能くするが故なり。例えば読書生が徹夜勉強すれば、その学芸の進歩いかんにかかわらず、ただその勉強の一事のみを以て自ら信じ自ら重んずるに足るべし。寺の僧侶がまいちょうそうききょうしょうし粗衣粗食して寒暑の苦しみをもはばからざれば、その事は直ちに世の利害に関係せざるも、本人の精神は、ただそのかんくに当たるのみを以て凡俗を目下に見下すの気位を生ずべし。天下の人皆ざいむさぼるその中に居て独りかよくなるが如き、さぎの行わるる社会に独り正直なるが如き、軽薄無情の浮世に独りしんせつなるが如き、いずれも皆抜群のたしなみにして、自信自重の元素たらざるはなし。いかんとなれば、書生の勉強、僧侶の眠食は身体の苦痛にして、寡慾、正直、深切の如きは精神の忍耐、即ち一方よりいえばその苦痛なればなり。

 されば私徳を大切にするその中についても、両性の交際を厳にして徹頭徹尾けっせいの節を守り、ふぎょう天地にずることなからんとするには、人生甚だ長くしてその間に千種万様の事情あるにもかかわらず、自ら血気を抑えて時としては人のがんしょくをも犯し、世をこぞって皆酔うの最中、独り自らめ、独行勇進して左右を顧みざることなれば、随分容易なるしゅぎょうにあらず。即ちぼくせきならざる人生の難業ともいうべきものにして、既にこの業をおさめて顧みて凡俗世界を見れば、腐敗の空気充満して醜に堪えず。無知無徳の下等社会はともかくも、上流のふうきまたは学者と称する部分においても、言うに忍びざるもの多し。人間の大事、社会の体面のためと思えばこそ、えてこれを明言する者なけれども、その実は万物の霊たるを忘れて単に獣慾の奴隷たる者さえなきにあらず。

 いやしくもけっせいむくくらいり、この腐敗したる醜世界をのぞみ見て、自ら自身を区別するの心を生ぜざるものあらんや。わずかに資産の厚薄、才学の深浅を以てなおかつ他とをなすをいさぎよしとせず。いわんや人倫の大本、百徳の源たる男女の関係につき、潔不潔をことにするにおいてをや。他の醜物を眼下にることなからんと欲するもべからず。即ち我が精神を自信自重の高処に進めたるものにして、精神ひとたび定まるときは、その働きはただ人倫の区域のみにとどまらず、発しては社会交際の運動となり、言語応対の風采となり、こうぜん外にあふれて、身外の万物恐るるに足るものなし。談笑しゃらく・進退自由にして縦横はばかる所なきが如くなれども、その間に一点のおこんとどめず、余裕しゃくしゃくぜんとして人の情を痛ましむることなし。けだし潔清無垢の極はかえって無量の寛大となり、浮世のひゃくおわいれて妨げなきものならんのみ。これを、かの世間の醜行男子が、社会のいんしょに独り醜をほしいままにするにあらざれば同類一場の交際を開き、豪遊と名づけ愉快と称し、ちんめんぼうしょく勝手次第に飛揚してとくとくたるも、不幸にして君子の耳目に触るるときは、きず持つ身のたちまち萎縮して顔色を失い、人のしりえどうじゃくとして卑屈ざんきの状を呈すること、日光に当てられたるもぐらの如くなるものに比すれば、また同日の論にあらざるなり。

 近来世間にいわゆる文明開化の進歩と共に学術技芸もまた進歩して、後進の社会に人物をいだし、また故老の部分においても随分開明説をよろこんで、その主義を事に施さんとする者あるは祝すべきに似たれども、開明の進歩と共に内行の不取締もまた同時に進歩し、この輩がふぶん野蛮と称して常にびんしょうする所の封建時代にありても、決して許されざりし不品行を今日に犯し、てんとしてずるを知らざるものなきにあらず。文明進歩して罪を野蛮人に得る者というべし。学術技芸たして何の効あるべきや。我輩は我が社会を維持して国を立てんとするに、むしろ無学無術の人と事を共にするも、有智の妖怪と共にするを欲せざる者なり。そもそも我が日本国の独立して既に数千年の社会を維持し、また今後万々歳に伝えんとするは、おのずからそのしかゆえんの元素あるが故なり。即ち社会の公徳にして、その公徳のもとは家の私徳にあり。何者の軽薄児か、えて文明を口にりて立国のたいほんを害せんとするや。我が道徳は数千年に由来してその根本固し。あに汝らをして容易にこれを動揺せしめんや。天下広し、我輩徳友に乏しからず。常に汝らの挙動に注目していちごうさず、つづみを鳴らしてその罪を責めんと欲する者なり。

 人間しょせいけんりに公私の区別ありて、先ず私権を全うして然る後、公権の談に及ぶべしとの次第は、かつて『時事新報』の紙上にも記したることなるが(去年十月六日より同十二日までの『時事新報』「私権論」)、そもそもこの私権の思想の発生する事情は種々様々なれども、さいだいいちの原因は、本人の自ら信じ自ら重んずるの心にあって存するものと知るべし。即ち我が徳義を円満無欠の位に定め、一身のたっときことぎょくへきもただならず、これを犯さるるは、あたかも夜光のたまきずを生ずるが如き心地して、片時も注意をおこたることなく、えいびんに自らまもりて、始めて私権を全うするの場合に至るべし。されば今、私権を保護するは全く法律上の事にして、徳義には縁なきものの如くに見ゆれども、元これを保護せんとするの思想は、円満無欠なる我が身にきずつくるを嫌うの一念より生ずるものなれば、いやしくも内に自ら省みてやましきものあるにおいては、その思想の発達、決して十分なるをべからず。いかんとなれば本人は元来きず持つ身にして、その気すでえたるが故に、大節に臨んで屈することなきを得ず。即ち人心の働きの定則として、一方に本心をげて他の一方にこれを伸ばすの道理あらざればなり。私徳を修めて身をけっせいくらいに置くと、私権を張りて節を屈せざると、二者その趣をことにするが如くなれども、根本の元素は同一にして、私徳私権あいかんし、徳は権のしつなりというべし。試みにこれを歴史に徴するに、義気りんぜんとして威武も屈するあたわず富貴もいざのう能わず、自ら私権を保護して鉄石の如くなる士人は、その家にるや必ず優しくして情に厚き人物ならざるはなし。即ち戸外の義士は家内の好主人たるのじつを見るべし。いかなる場合にもほうとう無情、家を知らざるの軽薄児が、く私権のために節を守りて義を全うしたるの例は、我輩の未だ聞かざる所なり。

 ひそかに世情をるに、近来は政治の議論ようやかまびすしくして、社会の公権即ち政権の受授につき、これを守らんとする者もまた取らんとする者も、しきりに熱心して相争うが如くなるは至極当然の次第にして、文明の国民たる者は国政に関すべき権利あるが故に、これを争うも可なりといえども、前にいえる如く、この公共の政権を守り、またこれを得んとするには、先ず一身の私権を固くすること肝要にして、その私権を固くせんとするには私徳をおさめざるべからざるの道理も、既に明白なりとして、さて今日の実際において、我が日本国の政治家はいかなる種族の人にして、その私徳のくらいいかんと尋ぬるに、外面より見て人品はいずれもみな中等以上の種族なれども、特別に有徳の君子のみにあらず。その智識聞見は、あるいは西洋流の文明に近き人あるも、徳教の一段に至り特に出色の美なきは、我輩の遺憾に堪えざる所なり。文明の士人しんしょう巧みにして、自家の便利のためには、時に文林儒流のらいらくを学び、けいそうふはく、法外なる不品行を犯しながら、君子はさいこうを顧みずなど揚言して、以てその不品行をまんちゃくするの口実に用いんとする者なきにあらず。けだし支那流にいう磊落とはいかなる意味か、その吟味はしばらくさしおき、今日の処にては、磊落と不品行と、字を異にして義を同じうし、らいらいらくらくは政治家の徳義なりとて、長老その例を示して少壮これにならい、遂に政治社会一般の風を成し、不品行は人の体面をけがすに足らざるのみならず、最も磊落、最も不品行にして始めてく他を圧倒するに足るものの如し。

 そもそも内行の不取締は法律上におけるはれんちなどとは趣をことにして、直ちにとがむべき性質のものにあらず。また人の口にし耳にするを好まざる所のものなれば、ややもすればしらずしらずの際にその習俗を成しやすく、一世を過ぎ二世をるのその間には、習俗遂にあたかもその時代の人の性となり、また挽回すべからざるに至るべし。往古、我が王朝の次第に衰勢に傾きたるも、在朝の群臣、その内行を慎まずして私徳を軽んじ、内にこれを軽んじて外に公徳の大義を忘れ、その終局は一身の私権、戸外の公権をもあわせて失い尽したるものならんのみ。されば今日の政治家が政事に熱心するも、単に自身一時の富貴のためにあらず、天下後世のために、国民の私権を張り公権を伸ばすの道を開かんとするの趣意にこそあれば、後の世の政治社会によろしからざる先例をのこすは、必ず不本意なることならん。もしもその本心に問うてこころよからざることあらば、たとえ法律上に問うものなきも、何ぞ自ら省みて、これを今日に慎まざるや。きんぎょくもただならざる貴重の身にして自らこれをけがし、一点のおわいは終身の弱点となり、もはやもろもろの私徳に注意するのえいびんを失い、あたかも精神のまひを催してまた私権をまもるの気力もなく、まんぜん世とおしうつりて、道理上よりいえば人事の末とも名づくべき政事政談に熱するが如き、我輩は失敬ながらもとを知らずしてすえに走るの人と評せざるを得ざるなり。

 かのみならず国の徳義の一般に上進すると共に、品行論はいよいよえいびんとなり、天下後世の談にあらずして、いやしくも不品行者とあれば今日の社会に許されざるを常とす。試みに見るべし、有名なる英国の政治家チャールス・ヂルク氏は、誠に疑わしきえんざい(ある人の説く所にれば全く無根のえんなりともいう)を以て政治社会をしりぞけられたり。我輩はもとより氏にわたくしの縁あらざれば、その人の幸不幸についても深く喜憂するにはあらざれども、ただこの一事を見て、英国政治社会一般の徳風をうかがい知るのみ。即ち、かの政治社会はけっせいむくにして、一点のおこんとどめざるものというべし。くありてこそ一国の政治社会とも名づくべけれ。その士気のりんぜんとして、に屈せずこうげず、私徳私権、公徳公権、内におさまりて外に発し、内国の秩序、せいぜんぎぜんとして、その余光を四方にかがやかすも決して偶然にあらず。我輩は、我が政治社会の徳義をして先ず英国の如くならしめ、然る後に実際の政事政談に及ばんことを欲するものなり。

 外国と交際を開きて独立国の体面を張らんとするには、虚実両様の尽力なかるべからず。殖産工商の事を勉めて富国の資を大にし、学問教育の道を盛んにして人文の光を明らかにし、海陸軍の力を足して護国の備えを厚うするが如き、実際直接の要用なれども、内外人民の交際は甚だ繁忙多端にして、外国人が我が日本国の事情をつまびらかにせんとするは、容易なることにあらざるが故に、彼らをして我がしんめんもくを知らしめんとするには、事の細大に論なく、たとえ無用に属する外見の虚飾にても、先ずその形を示して我を知るの道を開くこと甚だ緊要なりとす。即ち我が国衣食住の有様はしかじかにして習俗宗教はかくの如しなどと、これを示しこれを語りて、時としてはことさらにその外面をよそおうて体裁を張るが如き、これなり。例えば今日の実際において、吾人の家に外国人のきたるあれば、先ずこれを珍客として様々に待遇の備えを設け、とにかくに見苦しからぬようにと心配するは人情の常なり。また、これを大にしてとひの道路橋梁、公共の建築等に、時としては実用のほかに外見を飾るものなきにあらず。あるいは近来東京などにて交際のいよいよ盛んにして、遂にごうしゃ分外のそしりを得るまでに至りしも、幾分か外国人に対して体裁云々の意味を含むことならん。一概にこれを評すれば無益の虚飾なるに似たれども、他人をして我が真実を知らしむるは甚だやすからざるが故に、先ずきょより導きてじつに入らしむる方便なりといえば、あながとがむべきにもあらず。その虚実、要不要の論はしばらくさしおき、我が日本国人が外国交際を重んじてこれをとうかんに附せず、我が力のあらん限りを尽して、以て自国の体面を張らんとするの精神は誠に明白にして、その愛国のちゅうじょう、実際の事跡に現われたるものというべし。

 然るに、我輩が年来の所見を以ていかように判断せんとするもせつを得ざるその次第は、我が国人がくまでに力を尽して外交を重んじ、ただに事実に国の富強文明をはかるのみならず、外面の体裁虚飾に至るまでも、もっぱら西洋流の文明開化にならわんとして怠ることなく、これをきんぼして二念なき精神にてありながら、独りそのないこうの問題に至りては、全く開明の主義を度外に放棄して、純然たるアジア洲の旧慣に従い、きょぜんじとくして眼中また西洋なきが如くなるの一事なり。元来西洋の人は我が日本の事情に暗くして、ややもすれば不都合千万なるびゅうけんを抱く者少なからず。なかんずく彼らはヤソ教の人なるが故に、己れの宗旨に同じからざる者を見れば、千百の吟味せんさくさしおき、一概にこれをがいきょうじんと称して、何となく嫌悪の情を含み、これがために双方の交情を妨ぐること多きは、誠に残念なる次第にして、我輩は常にその弁明に怠らず。日本国民すでヤソ教に入りたる者あり、なお未だ入らざる者ありといえども、その入ると入らざるとはただ宗教上の儀式にして、日本帝国決して不徳の国にあらず、耶蘇教国ひとり徳国にあらず、いやしくも数千年の国を成して人事の秩序を明らかにし、以て東海に独立したるものにして、りっこく根本の道徳なくしてかなうべきや、耶蘇の教義たして美にして立国に要用なりとならば、我が日本国には耶蘇の名のほかに無名の耶蘇教民あることならんなどと、百方に言葉を尽して弁論すれば、またおのずからその意を解して釈然たる者なきにあらざれども、その談論時として男女関係の事に及び、日本の男子は多妻を許されてこれをとがむるものなく、ただに法律に問わざるのみならず習俗の禁ぜざる所なれば、社会の上流良家の主人と称する者にても、公然この醜行を犯してずるを知らず、即ち人生きょかの大倫をみだりたるものにして、したがって生ずる所の悪事は枚挙にいとまあらず、そのよは引いて婚姻の不取締となり、容易に結婚して容易に離婚するの原因となり、親子の不和となり、兄弟の喧嘩となり、これを要するに日本国には未だ真実の家族なきものというも可なり、家族あらざれば国もまたあるべからず、日本は未だ国を成さざるものなりなど、口を極めて攻撃せらるるときは、我輩も心の内には外国人のびゅうけんぼうまんを知らざるにあらず、我が徳風くまでにやぶれたるにあらず、我が家族しっかい然るにあらず、外人の眼の達せざる所に道徳あり家族あり、その美風は西洋の文明国人をしてかえって赤面せしむるもの少なからず、以て家を治め以て社会を維持するその事情はうんぬん、その証拠は云々と語らんとすれども、何分にも彼らが今日の実証を挙げて正面より攻撃するそのろんぽうに向かっては、残念ながら一着を譲らざるを得ず。遂に西洋人にすに我を軽侮するのを以てして、彼らをして我に対して同等の観をなさしめざるに至りしは、千歳の遺憾、むきゅうに忘るべからざる所のものなり。

 しかしこうして日本国中そのせめに任ずる者はぞや、ないこうを慎まざる軽薄男子あるのみ。この一点より考うれば、外国人の見る目いかんなどとて、その来訪のときに家内の体裁を取り繕い、あるいは外にしてとひの外観を飾り、または交際の法に華美を装うが如き、誠に無益の沙汰にして、軽侮をきたゆえんおおもとをばさしおき、ただに末に走りて労するものというべきのみ。これをたとえば、たいか高楼の盛宴に山海の珍味をつらね、しゅちにくりんの豪、しちく管絃の興、善尽し美尽して客を饗応するその中に、主人は独りたんせき裸体なるが如し。客たる者は礼の厚きを以てこの家に重きを置くべきや。きょうれいていちょうにして謝すべきに似たれども、何分にも主人の身こそ気の毒なる有様なれば、ひんしゅの礼儀において陽に発言せざるも、陰に冷笑して軽侮の念を生ずることならん。労して功なく費やして益なきものというべし。されば今我が日本国が文明の諸外国に対して、その交際の公私に論なく、ややもすれば意の如くならざるは、原因のある所、一にして足らずといえども、我が男子が徳義上に軽侮をこうむるの一事は、その原因中のだいかじょうなるが故に、いやしくもこれに心付きたる者は、へんじも猶予せずしてその過ちを改めざるべからず。今の世界に居て人生誰か自国を愛せざる者あらんや。国のためとあればいばらに坐したんむるもはばからざるは人情の常なり。内行を慎むが如き、非常の辛苦にあらず。ざいせきはこれを戒むるの趣意、単にその人の一身にありしことなれども、今はすなわち一国の栄辱に関して、更に重大の事とはなりたり。身を思い国を思う者は、深く自ら省みる所なかるべからざるなり。

「日本男子論」の一編、そのこと既に長く、真正面より男子の品行を責めていちごうさず、水もらさぬほどに論じ詰めたることなれば、世間無数きず持つ身の男子はあたかも弱点を襲われてのがるるにみちなく、ただその心中におもえらく、内行の不取締、醜といわるれば醜なれども、さぎはれんちにはあらず、また我が一身の有様はおのずから人に語るべからざる都合もあることなるに、くまでにこくげんせずともなどといささか不平もありながら、さりとて何と答弁のことばもなくして甚だ苦しきことなるべし。我輩これを知らざるにあらずといえども、およそ今の日本国人として、現在の愉快、後世子孫の幸福は、何を以てさいとするやと尋ねたらば、独立の体面を維持して日本国の栄名を不朽に伝うるのほかなかるべし。しこうしてこの体面と栄名とを張るにいささかにてもえきすべきものはこれを採り、害すべきものはこれを除かんとするもまた、日本国民の身においてまさに然るべき至情なるべし。さればアブソリュートの理論においては、人間世界の善悪邪正をいかなるものぞと論究して未だ定まらざるほどの次第なれば、まして男女の内行に関し、一夫一婦法と多妻多男法と、いずれか正、いずれか邪なる、もとよりめいだんし難しといえども、かいびゃく以来の実験にり、また今日の文明説に従うときは、一家ののため一国のこうのために、多妻多男法は一夫一婦法のきにかず。かつ今日の世界は西洋文明の風に吹かれてこれに抵抗すべからざるの時勢なれば、文明の風に多妻多男をけんきして、そのこれを嫌忌するのせいせきは甚だ美にして、今日の人の家を成し国を立つるに最も適当し、これに反するものは必ず害をこうむりて免るべからざること、既に明らかなれば、理論上の正邪はともかくも、一国人民として自国自家のために、決して軽んずべからざるの大義にして、即ち我輩がいかなる事情に逢うも、断乎として一毫をも仮さざるゆえんなり。

 またあるいは説を作り、西洋文明の人と称する者にても、その男女の内行決してけっせいなるにあらず、表面はともかくも、裏面に廻りて内部を視察すれば、醜に堪えざるもの多し、何ぞ必ずしも独り日本人をとがむるに足らんなどいう者なきにあらず。これは我が国の上流、殊に西洋家と称する一類の中に行わるる言なれども、全く無力のとんじ口実たるに過ぎず。そもそも人生の気力を平均すれば至って弱き者にして、ややもすればかんなんに敵して敗北すること少なからざるの常なり。然るに内行を潔清に維持してふぎょうずる所なからんとするは、気力乏しき人にとりて随分一難事とも称すべきものなるが故に、西洋の男女独りぼくせきにあらずまた独り強者にあらず、俗にいうあなさがしの筆法を以てその社会のいんしょを摘発するにおいては、千百の醜行醜聞、枚挙にいとまあらず。我輩は親しくその国人の言に聞きたることもあり、またその著書・新聞紙上に見たることもありて、誠に珍しからずといえども、然りといえども日本男子はこの西洋社会の醜行醜聞を見聞していかんの感をなすや。これを醜なりとするか、はた美なりとするか。我輩の聞かんと欲する所は、ただその醜美の判断いかんの一点にあるのみ。

 日本男子てつめんぴなるも、そのがんに映じて醜なるものは醜にして、美なるものは美なるべし。既に醜美の判断を得たり、然らばすなわち何ぞその醜を去って美にかざるや。本来醜美は自身の内に存するものにして、ごうまつも他に関係あるべからず。いやしくも我が一身の内に美ならんか、しんがいまんもくの醜美は以て我が美をけいちょうするに足らず。あるいはこれに反して我が身に一点の醜を包蔵せんか、満天下に無限の醜を放つものあるも、その醜は以て我が醜をきよむるに足らず、またじょするに足らず。されば文明なる西洋諸国の社会にもなお醜行の盛んなるを見聞したらば、幸いに取って以て自省の材料にこそ供すべけれ、いかにじままなる説を作るも、他の悪事を見て自家の悪事を恕するの口実に用いんとするが如きは、我輩の断じて許さざる所なり。近くたとえを以てこれを示さんに、不品行によりて徳を害するも、コレラ毒に触れて身を害するも、その害は同様なるべし。然るに今コレラの流行に際して我が保身の法をいかんするや。天下の人みな病毒に感ず、流行病は天下の流行にして、西洋諸国また然りとのことなれば、もはや我が身も自ら顧みるにいとまあらず、共にその毒に伝染して広く世界の人と病苦死生をともにすべしとて、自暴自棄する者あるべきや。我輩未だその人を見ざるのみならず、その流行のいよいよ盛んなるに従って自ら戒むるの法もいよいよ綿密にして、謹慎に謹慎を加うるは、世界古今人情の常なり。人生の身体とその精神と、いずれをも軽しとしまた重しとすべからざるはいうまでもなきことにして、今ないこうの不取締は、人倫のたいほんを破りて先ず精神を腐敗せしむるものなり。身体を犯すの病毒はこれを恐るること非常にして、精神を腐敗せしむるの不品行は、世間に同行者の多きがためにとて自らこれを犯して罪を免れんとす。むけいもまた甚だしというべし。故にかの西洋家流が欧米の著書・新聞紙など読みてその陰所の醜を探り、ややもすればこれを公言して、以てめいめいの間に自家の醜をまんちゃくせんとするが如きくふうめぐらすも、とうてい我輩の筆鋒をのがるるにみちなきものと知るべし。

 日本男子の内行不取締は、そのじつにおいて既にいとうべきもの少なからざるなおその上に、古来習俗の久しき、醜を醜とせずしてずるを知らざるのみならず、甚だしきに至りて、そのろうぜきぶじょうの挙動を目してらいらくと称し、赤面の中におのずから得意の意味を含んで、世間の人もこれを許して問わず、上流社会にてはその人を風流才子と名づけて、人物に一段のおもむきを添えたるが如くに見え、下等の民間においても、色は男の働きなどいう通語を生じて、かつてはばかる所なきは、その由来、けだし一朝一夕のことにあらず。我が王朝文弱の時代にその風を成し、たまさかずき底なきが如しなどの語は、今に至るまで人口にかいしゃする所にして、じご武家の世にあっては、戸外兵馬の事にわしくして内を修むるにいとまなく、下って徳川の治世に儒教大いに興りたれども、支那の流儀にして内行の正邪は深くとがめざるのみならず、文化文政の頃に至りては治世の極度、儒もまたふぶんに流れてしゃらく放胆を事とし、殊に三都の如きはその最も甚だしきものにして、儒者文人のそうえん即ち不品行家のそうくつとも名づくべき悪風を成し、遂に徳川を終わりて明治の新世界に変じたれども、いわゆる洒落放胆の気風は今なお存してまず、かの洋学者流の如き、その学ぶ所の事柄は全く儒林の外にして、たとえ西洋の宗教道徳門に入らざるも、その国人に接し、その言を聴き、その書を読み、その風俗を視察するときは、事の内実はともかくも、その表面のみにても、これを日本の事態に比して大いに異なる所あるを発明し、大いに悟りて自ら新たにし、儒流しゃらくの不品行を脱却して紳士のせいに帰すべきはずなるに、言行いっさい西洋流なるにもかかわらず、内行の一点に至りては純然たる旧日本人の本色を失わざるもの多し。けだし社会一般の習俗に制せられて、醜を醜とするのめいを失うたるものにして、あるいはこれを評しゆうしんこぞうの罪にあらず、無心に悪を犯すの愚というも可ならん。この点より見ればにくむべきにあらず、むしろ憐れむべきのみ。

 前年外国よりある貴賓の来遊したるとき、東京の紳士と称する連中がしきりに周旋奔走して、礼遇至らざる所なきその饗応の一として、府下のげいぎを集め、大いに歌舞を催して一覧に供し、来賓も興に入りて満足したりとの事なりしが、実をいえばその芸妓なる者は大抵不倫の女子にして、歌舞の芸を演ずるのかたわら、往々言うべからざる醜行に身をけがし、ほとんどしょうぎに等しき輩なれば、もとより貴人の前に面すべき身分にあらず。西洋諸国の上流社会にてこの種の女子をいやしむは勿論、我が日本国においても、仮に封建時代の諸侯を饗するに今日の如き芸妓の歌舞を以てせんとしたらば、必ず不都合を訴うることならん。されば、かの貴賓もその芸妓の何ものたるを知らざりしこそ幸いなれ、もしも内実の事情を聞くこともありしならんには、饗応の満足に引替えて、失敬無状を憤りしことなるべし。これとてもさきの紳士連中は無礼と知りて行うたるにあらず、その平生において、男女品行上のことをば至って手軽に心得、ただ芸妓の容姿をよろこび、美なること花の如しなどとて、徳義上の死物たる醜行不倫の女子も、潔清上品なる良家の令嬢も大同小異の観をなして、さては右の如き大間違いに陥りたるものならんのみ。我輩は直ちにその人をとがめずして、我が習俗の不取締にして人心のえいびんならざるを歎息する者なり。これを要するに、今の紳士も学者も不学者も、全体の言行の高尚なるにかかわらず、品行の一点においては、不釣合に下等なる者多くして、俗言これを評すれば、ござに出されぬげろうと称して可なるが如し。かりゅうの間にほんぽんしてせいろうの酒に酔い、別荘しょうたくの会宴にでいりの芸妓を召すが如きは通常の人事にして、甚だしきは大切なる用談も、酒を飲みに戯るるのかたわらにあらざれば、談者相互の歓心を結ぶによしなしという。醜極まりて奇と称すべし。

 数百年来の習俗なれば、これを酷にとがむるは無益の談に似たれども、今の日本は、これ日本国中の日本にあらずして、世界万国に対する文明世界中の日本なれば、いやしくも日本の栄誉を重んずる士人においては、少しく心する所のものなかるべからず。試みに一例を挙げて士人に問わん。君らがいわゆる盛会に例の如く妓をへいし酒を飲みとくとく談笑するときは勿論、時としては親戚・朋友・男女団欒たる内宴の席においても、一座少しく興に入るとき、はいばんろうぜきならしむる者は、君らにあらずしてぞや。その狼藉はなお可なり、酒席の一興、かえって面白しとしてじょすべしといえども、座中ややもすれば三々五々のぐんを成して、その談、かがいりゅうこうの事に及ぶが如きは聞くに堪えず。そもそもその花柳の談をちょうちょうなんなんするは、何を談じ何を笑い、何を問い何を答うるや。べっぴんといい色男といい、愉快といい失策というが如き、様々の怪語醜言を交え用いて、いかなる談話を成すや。酔狂喧嘩の殺風景なる、もとよりいとうべしといえども、花柳談の陰醜なるは酔狂の比にあらざるなり。もしも外国人の中に、日本語に通ずること最も巧みにして、談話の意味は勿論、その語気の微妙なる部分までもえいびんに解し得る者あるか、または日本人にして外国語をくし、いかなる日本語にてもそのしんめんもくを外国語に写してごうも誤らざる者ありて、君らの談話を一より十に至るまでのこる所なく通弁しまた翻訳して、西洋文明国の中人以上、紳士貴女をしてこれを聴かしめ、またその訳文を読ましめたらば、かの士女は果たしていかんの評を下すべきや。一切の事情をば問わずして、ただきっきょうの余りに、日本の紳士は下郎なりと放言し去ることならん。君らはかかる評論をこうむりて、果たしてずる所なきか。

 西洋諸国の上流紳士学者の集会に談笑自在なるも、果たして君らの如き醜語を放ってはばからざるものあるか、我輩の未だ知らざる所なり。けだし文明の社会にはかつて聞かざる所の醜語にてありながら、君らが常にこれを語りて憚る所なきは、日本の事は外人の知らざる所なりとして、強いて自ら安んずることならんなれども、前節にいえる如く、今日の日本は世界に対するの日本なり、いやしくも国を国として栄辱の所在を知るものは、君らの言行について不平なきを得ざるなり。またささいの事なれども手近く一例を示さんに、『時事新報』紙上に折々英語を記して訳文を添えたる西洋の落語またこっけいだんの如きものは読者の知る所ならん。この文は西洋の新聞紙等より抜きたるものにして、必ずしもその記事の醜美をえらぶにあらざれば、時々法外千万なる漫語放言もあれども、人生の内行に関するの醜談、即ち俗にいうしもがかりのこととては、かつて一言もこれを見ず。その然るゆえんは、訳者が心を用いて特に避けたるにあらずして、原書中を求めてかかる醜談に見当たらざればなり。今かりに西洋の原書を離れて、これにうるに日本流の落語滑稽を以てせんとして、その種類を集めたらばいかなるものをべきや。だんぺい必ず肉体の区域に入りて、見苦しく聞き苦しきものは十中の七、八なるべし。ひっきょう我が人文のなお未だひろうを免れざるの証として見るべきものなり。しかしこうしてこの日本流の落語なりまた滑稽談なり、特に下等の民間に行わるるひろうなればなおじょすべしといえども、堂々たる上流の士君子と称する輩が、自ら鄙陋を犯してまた鄙陋を語り、醜臭を世界に放つが如きは、国民の標準たる士君子の徳義上において、のがるべからざるの罪というべし。

 本編の趣旨は、初段の冒頭にもいえる如く、日本男児の品行を正し、その高きに過ぐるかしらを取って押さえ、なんにょ両性の地位に平均を得せしめんとするの目的を以てろんしょを開き、人間道徳の根本は夫婦の間にあり、世間の道徳論者が自愛博愛などとてその得失を論ずる者あれども、本来私徳公徳の区別を知らざるものなれば、しゅうとくに前後緩急を誤ること多し、私徳は公徳の母にして、その私徳の根本は夫婦いえるの大倫にあり、しかしこうして古来世の中の実際において、常にこの大倫を破る者は男子にして、我が日本国の如きはその最も甚だしきものなれば、多妻法、断じて許すべからず、かかる醜行を犯す者は、一家の不幸をかもして、わざわいを後世子孫に遺すのみならず、内行不取締は醜聞を世界万国に放つものにして、自国の名声を害するの罪人なり云々とて、筆鋒の向かう所はもっぱら男子にして、婦人の地位いかんに論及したることなし。そもそも我が国の婦人を男子に比較するときは、全く地位をことにし、きょか内実の権力はともかくも、戸外交際の事に至りてはすべて男子のために専らにせられて、婦人は有れども無きに異ならず。特に男子が多妻の醜行を犯して婦人の情を痛ましむるが如き、ただに自愛に偏するのみならず私曲私慾の最も甚だしきものにして、更に一言の弁論あるべからず。我輩は常に世の道徳論者の言を聞き、論者が特にこの大切なる一点をばけいけい看過してあたかも不問に附する者多きを見てひそかに怪しむのみか、その無識を冷笑するほどの次第なれば、大いに婦人の地位をしてこれを高処に進め、以て男子にきっこうせしめんとするの考案なきにあらず。徹頭徹尾、今の婦人と今の男子とを相対照して今の関係にあらしむるは、我輩のあくまでもよろこばざる所なれども、眼を転じて一方より考うれば、本来物の高低・強弱・大小等は相対の関係にして絶対の義にあらず。高きものあればこそ低きものもあり、強大あればこそ小弱もあり。故に今、婦人の地位を低しというも、男子の地位を引下げてへいこうするに至らしむれば、男女の権力平等なりというべし。あるいは婦人は今のままにして、男子の地位をして一層の下にかしむれば、女権特に高しというべし。これ即ち我輩が独り男子を目的にして論鋒を差向けたるゆえんなり。

 然るにここに支那学の古流に従って、女子のために特に定めたる教義あり。その義は諸書に記して多き中について、我が国普通の書を『女大学』と称し、女教の大要をべたるものなるが、書中往々不都合にして解すべからざるものなきにあらず。例えば女子の天性を男子よりも劣るものとしたため、女はいんしょうなり、陰は暗しなど、漠然たる精神論を根本にして説を立つるが如きは、ぼうまんむけいと称すべきなれども、その他は大抵みな女子を戒めたる言の濃厚なるものに過ぎず。我輩がかつて戯れに古人の教えを評し、町家の売物にかけねあるが如しといいしもこの辺の意味にして、『女大学』の濃厚かこくなる文面を正面より受取り、その極端を行わんとするは、とても実際にかなわざることなれども、さりとて教えの言として見れば道理にさしつかえあるべからず、ただ独り女子のみを責むることなく、男子をもこの教えの範囲内に入れて慎む所あらしむれば、その主義はなはだ美なるもの多し。

 例えばその文の大意に嫉妬の心あるべからずというも、かたおちに婦人のみを責むればこそ不都合なれども、男女双方の心得としては争うべからざるの格言なるべし。またかしましくたげんするなかれ、みだりに外出するなかれというも、男女共にその程度を過ぐるはむべきことにあらず。またふけんに迷うべからず、衣服ぶんげんに従うべし、年わかきとき男子とれ猥れしくすべからず云々は最も可なり。またおっとを主人として敬うべしというは、女子より言を立てて一方に偏するが故に不都合なるのみ。けだし主人とするとは敬礼の極度を表したるものなれば、男子の方より婦人に対し、夫婦の間は必ず敬礼を尽し、ただにそのないくんを親愛するのみならず、時としては君につかうるの礼を以てこれを接すべしといえば、夫を主人とするの語も、また差支なかるべし。されば我輩、婦人の地位を高くするの議論は満腹あふるるが如くにして、おのずからその方便もなきにあらずといえども、これは他日に譲り、今日の目的は今の婦人の地位をばそのままに差置き、『女大学』をも大抵の処まではこれをつぶさずして、かえって男子をしてこの『女大学』の主義に従わしめ、以て男子の品行をただして双方をへいこうの点に維持せんとするにあるものなり。

 今その然るゆえんの理由を述べんに、婦人の地位の低きとは、男子に対して低きことなれば、これを引上げて高き処に置かんとするに当たり、第一着に心頭に浮ぶものは、とにかくに、今の婦人をして今の男子の如くならしめんとするの思想なるべし。しかしこうしてその男子の如くなるや、知識気力の深浅強弱いかんの辺にとどまり、もっぱら精神を練るの教えを主として、当局の婦人においても、その範囲を脱せざれば甚だしといえども、文明の事は有形の門より入るもの多きの例なれば、婦人の教育についてもその形を先にし、先ず衣裳を改めて文明の風を装い、交際を開いて文明の盛事を学び、ひたすら外国婦人の所業になろうてかっぱつを気取り、外面の虚飾を張りてかえって裏面の実を忘れ、活溌はようやく不作法に変じ、虚飾は遂に家計を寒からしめ、未だ西洋文明の精神を得ずして、早く既に自家遺伝の美徳美風を失うことなきを期すべからず。これらの弊害は事物の新旧交代の際に多少免るべからざるものとしてこれを忍ぶも、ここに忍ぶべからざるは、その弊害の極度に至り、今の婦人が男子の挙動にならわんとして、今の日本男子の品行を学ぶが如きあらばこれをいかんすべきや。日本国人の品行美ならずといえども、なお今日までにこれを維持してその醜をおおい、時としてけっせいぎれつの光を放って我が社会の栄誉を地に落つることなからしめたるものは何ぞや。ただ良家の婦人女子あるのみ。現に今日にあっても私徳品行の一点に至り、我が日本の婦人と西洋諸国の婦人と相対するときは、我にずる所なきのみならず、往々じょうじょうくらいして、かの婦人のくせざる所を能くし、その堪えざる所に堪え、彼をしてざんしせしむるものさえ少なからず。内外人の共に許す所にして、即ち我が大日本の国光として誇るべきものなり。もしも年来日本男子をしてその醜行をほしいままにせしめて、一方に良家婦徳のりんぜんたるものなからしめなば、我が社会はほとんど暗黒世界たるべきはずなるに、幸いにしてそのしからざるは、これを良婦人のたまものといわざるを得ず。

 然るに今日において、未だ男子のほんいつばくするの縄は得ずして、先ずこの良家の婦女子をいざのうて有形の文明に入らしめんとす、果たして危険なかるべきや。きょを移すという。婦女子の精神いまだ堅固ならざる者を率いて有形の文明に導くは、そのきょを変ずるものなり。その居すでに変じてそのはいかに移るべきや。近くたとえを取り、今日の婦人女子をして、そのりょうじん父兄の品行を学ぶことあらしめたらばこれをいかんせん。試みに男子のきょうりにその次第の図面をえがき、我が妻女がまさしく我にならい、我が花柳にふけると同時に彼らは緑陰に戯れ、昨夜自分はしんこう家に帰りてめんぼくなかりしが、今夜は妻女いずくに行きしや、その場所さえ分明ならずなどの奇談もあるべしと想像したらば、さすがにらいらくなる男子もざんきに堪えざるのみならず、これはせいきょうのために大変なりとて、自らしょうぜんたることならん。然るに婦女子の志の有形無心の文明にいざなわれてようやく活溌に移るの最中、あるいはこの想像画をして実ならしむるなきを期すべからず、恐るべきにあらずや。男子の不品行は既に日本国の禍源たり、これに加うるに女子の不品行を以てす、国のために不幸を二重にするものというべし。男子社会の不品行にしてきたんするなきその有様は、火のまさに燃ゆるが如し。徳教の急務は百事をなげうち先ずこの火を消すにあるのみ。婦人の地位を高尚にするの新案は、あたかも我が国みぞうの家屋を新築するものにして、我輩もとより意見を同じうするのみならず、敢えて発起者中の一部分を以て自らる者なれども、まんもくえんえんたる大火の消防にわしくして、なお未だ新築にいとまあらず。故に今後は、我輩の筆力のあらん限り、読者と共にこの消防法に従事して、先ず婦人のきょを安からしめ、ようやくその改良に着手せんと欲するものなり。

この著作物は1925年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
Aozora Bunko Logo.png
青空文庫インポート:原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、この資料は、インターネットの図書館、青空文庫で作成されたファイルを元にしています。青空文庫で入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。青空文庫収録ファイルの取り扱い規準WikiProject 青空文庫
  • 青空文庫入力者:田中哲郎
  • 青空文庫校正者:うきき