日本基督公会条例

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

 [史料 一]


  耶蘇教邪徒公會規定    


   公會定規第一

 一 聖書由神靈之黙示故可信仰之爲標準也

   第二可信事

 [:使徒信経に同じ]

   第三可行事

 一 不拝偶像而可拝獨一眞神

 一 其他守安息日愛神愛人

 一 凡十誡之條々終身恒可守可行

 一 受洗禮又可守聖餐

 一 爲死者不求於神爲生者可求於神

   會中規則

 一 凡欲加會社須知所以有教會之意諸兄弟因習之名而集成爲一體欲蒙救主恩助也

 一 爲主干教會者我等救主耶蘇基督也

 一 長老之職在自慎而導人作事従聖経所説不可以私意猥是非他人

 一 長老之任二年而改選

 一 其他執事等之職姑長老兼司之

 一 我等以與行事聖父聖子而同心和睦長老之言決不可有異背

 一 凡事會中議定而後人々可從之而不可面從而背議

 一 聖書中疑似未審者猥不可説外人蓋恐導人而反使人疑也故先可就教師而質之或當於教會論之

 [:後省略]

  巳上

  明治五年壬申三月       

               横濱教會

外部リンク[編集]

  • カトリック思想史第IV篇 個人の自由意志で神の救いに協力する?!p,218頁。予定説では個人の善き業の価値がゼロ?!p,221頁。ルーテル派は、白い薄い皮を掛けて、罪人の外側を覆うが、内容はこの世の罪人や邪悪な者と何も変わらないと?!内容(心:動機)が変化していない(全実体質量変化?!)マタイ伝23:25-28「白く塗った墓……中は死人の骨と汚れに満ちている…」ルカ伝11:44?!

ウィキペディアの記事[編集]

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。