新譯日本書紀 (飯田弟治訳)/卷第一

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

神代上[編集]

かみよなゝよしやう[編集]

 いにしへ、あめつちいまわかれず、めを分かれざるとき、まろかれたることとりこの如く、くゝもりてきざしふくめり。あきらかなるものは、たなびきてあめとなり、おもにごれるものは、つゝきてつちるにおよびて、くはしくたへなるがへるはあふやすく、おもにごれるがれるはかたまがたし。あめりて、つちのちさだまる。しかしてかみなかれます。
 いはく。あめつちわかるゝはじめ、くにつちうかたゞよへること、たとへばあそぶうをみつうへけるがごとし。そのときあめつちなかひとつものれり。かたちあしかひごとし。すなはなりませる神をくにのとこたちのみことまをす。つぎくにのさつちのみことつぎとよくみぬのみことすべて三神ます。至貴を尊と曰ひ 自餘を命と曰ふ

しょいはく。あめつちはじめてわかるゝとき、一のものおほそられり。かたちがたし。なかおのづからなりいづかみあり。くにのとたちのみことまをす。またくにのそこたちのみことまをす。つぎくにのさつちのみこと。またくにのさたちのみことまをす。つぎとよくにぬしのみこと。またとよくみぬのみことまをす。またとよかふぬのみことまをす。またうきふぬとよかひのみことまをす。またとよくにぬのみことまをす。またとよくひぬのみことまをす。またはこくにぬのみことまをす。またくにみぬのみことまをす。
一書に曰く。いにしへ、くにわかつちわかかりし時、たとへばうかべるあぶらごとくにしてたゞよへり。そのときくになかものれり。かたちあしかひいでたるがごとし。これりてなりいづるかみあり。うましあしかひゝこぢのみことまをす。つぎくにのとこたちのみことつぎくにのさつちのみこと
一書に曰く。天地。まろかれなりし時、はじめかみいます。うましあしかひゝこぢのみことまをす。次にくにのそこたちのみこと
一書に曰く。天地、初めてわかるゝ時、始めてともなりいづる神あり。くにのとこたちのみことまをす。次にくにのさつちのみこと。又曰く。たかまのはられますかみみなを、あまのみなかのぬしのみことまをす。次にたかみむすびのみこと。次にかむみむすびのみこと
一書に曰く。天地、未だらざる時たとへば猶ほ海上うかべるくもの、かゝところきが如し。其のなかに一つの物れり。あしかひはじめてひじの中におひいでたるが如し。すなはりませるかみを、くにのとこたちのみことまをす。
一書に曰く。天地、初めてわかるゝ時、物ありあしあひごとそらの中にれり。此に因りてる神を、天常立尊とまをす。次にうましあしかひゝこちのみこと。又、物あり、浮べるあぶらごとくにして、空の中にれり。此に因りてる神を國常立尊とまをす。

 つぎかみいます。うひぢにのみことすひぢにのみことまたいはく。うひぢねのみことすひぢねのみことつぎかみいます。おほとのぢのみこと。《一にいはく。おほとのべ。亦た曰く。おほとまひこのみことおほとまひめのみこと。亦た曰く。おほとむぢのみことおほとむべのみこと》次に神います。おもたるのみことかしこねのみこと。《亦た曰く。あやかしこねのみこと。亦た曰く。あゆかしきのみこと。亦た曰く。あをかしきねのみこと。亦た曰くあやかしきのみこと》次に神います。いざなぎのみこといざなみのみこと。《一書に曰く。此の二神はあをかしきねのみことみこなり。一書に曰く。くにのとこたちのみことあめかゞみのみことし。あめかゞみのみことあめよろづのみことし。あめよろづのみことあわなぎのみことし。あわなぎのみこといざなぎのみことしませり》。すべて八神ます。くにのとこたちのみことより、いざなぎのみこといざなみのみことまで、是をかみよなゝよと謂ふ。

一書に曰く。男女たぐひなる神は、先づうひぢにのみことすひぢにのみこといます。次につぬくひのみこといくくひのみこといます。次におもたるのみことかしこねのみこといます。次にいざなぎのみこといざなみのみこといます。

しうきげんしやう[編集]

いざなぎのみこといざなみのみことあまのうきはしうえたゝして、共にはからひてのたまはく。そこしたくに無からめやと。すなわあまのぬほこて、さしおろしてさぐりましゝかば、こゝあをうなばらき。其のほこさきよりしたゝしほこりて一の島と成れり。名づけて『おのころじま』とふ。二神、こゝの島にあまくだりまして、みとのまくはひして、くにつちうまむとおもほす。すなはおのころしまて、くにのなかみはしらとして、をがみは左よりめぐり、めがみは右よりめぐり、くにのはしらめぐりておなじく一つおもてひき。時にめかみ、先づとなへてのたまはく、『あなにゑやえをとこを』と。をがみよろこびずしてのたまはく。われは是れをのこなり。理、まさに先づとなふべし。如何にぞめのこかへりてことさきだつや、事既にさがなし。宜しく改めめぐるべしと。こゝに二神。かへりて更に相めぐりひぬ。このたびをかみ、先づ唱へて曰く。あなにゑやえをとめを。と因りてめがみひて曰く。いましが身、何の成れるところか有る。對へて曰く。が身にはじめといふ處あり。をがみ曰く。が身に亦たはじめといふ處ありと。か云ひてこゝめを、始めてみとのまくはひしき。こうむ時にいたりて、先づあはぢしまとして、すなはおほやまととよあきつしまを生む。次にいよふたなのしまを生む。次につくしのしまを生む。次におきのしまさどのしまとをふたごに生む。次にこしのしまを生む。次におほしまを生む。次にきびのこしまを生む。これに由りて『おほやしまくに』のおこれり。即ちつしまのしまいきのしま、及び處々の小島は、皆是れしほあわりて成れる者なり。亦たは水のあわの凝りて成れるともふ。

一書に曰く。あまつがみいざなぎのみこといざなみのみことのりたまはく。とよあしはらちいほあきのみづほのくにあり。宜しくいまし、往きてしらすべしと。すなはあまのねほこを賜ふ。こゝに二神、あまのうきはしたゝして、ほこさしおろしてくにを求む。因りてあをうなばらをかきならして引き舉ぐるとき、即ちほこさきよりしたゝおつしほりて島と爲る。名をおのころじまと曰ふ。二神、そのしまくだして、やひろとのみたて、又あまみはしらみたつ。をかみめかみに問ひて曰く。いましが身に何の成れるところかある。對へて曰く。が身に、なりなりて、はしめふ者一ところあり。をがみの曰く、が身に、亦たり成りてはしめふもの一と處あり。が身のをのはしめのところをて、が身のめのはしめのところに合せんと思ふと。か云ひて、即ちあまみはしらめぐらむとして、ちぎりて曰く。いろとは右よりめぐれ、まさに左よりめぐらむと。すでにして分れ巡りてあひたまひぬ。めがみ、先づとなへて曰く。あなにゑやえをとこををかみのちこたへて曰く。あなにゑやえをとめをと。遂にみとのまくはひして、先づひるこ産む。便ちあしぶねに載せてはなちやりき。次にあはしまを生む。此れまたみこの數にいれず。かへりてた天にのぼまゐでゝ、つぶさに其のありさままをしたまふ。時にあまつかみふとまにもてうらなひて、乃ち敎へてのたまはく。たをやめこと、それすでに先づげたれば。宜しく更にかへくだるべしと。乃ち時日をうらへてあまくだります。れ二神、改めてみはしらを巡りたまふ。をかみは左よりし、めかみ右よりして、既にひたまふ時に、をかみ先づ唱へて曰く、あなにゑやえをとめをめかみ、後にこたへて曰く。あなにゑやえをとこをと。然して後にみやを同じくして、共にすまひてみこを生む。おほやまととよあきつしまなづく。次にあはぢのしま。次にいよのふたなのしま。次につくしのしま。次におきのみつごのしま。次にさどのしま。次にこしのしま。次にきびのこしまこれに由りて之をおほやしまのくにと謂ふ。
一書に曰く。いさなぎのみこといざなみのみこと、二神。天のさぎりの中にたゝしてのたまはく。れ國を得むと。乃ちあまのぬほこて、さしくだして探りしかば、おのころしまを得たまひき。則ちほこを拔きて喜びて曰く。善きかも。國のりけること。
一書に曰く。いざなぎのみこといざなみのみこと二神。たかまのはらして曰く。まさに國あらむかと。即ちあまのぬほこて、おのころじまさぐり成す。
一書に曰く。いざなぎのみこといざなみのみこと二神。あひかたらひて曰く。物あり、浮べるあぶらごとし。其の中にけだし國有らんと。乃ちあまのぬほこをもて、ひとつの島をかきさぐり成す。名をおのころじまと曰ふ。
一書に曰く。めかみ、先づ唱へて曰く。あなにゑやえをとこをと。時にめかみことさきだてるを以てさがなしとして、更に復た改めめぐる。則ちをがみ、先づ唱へて曰く。あなにゑやえをとめをと。遂にみあはしせんとして其のみちを知らず。時ににはくなぶりあり。飛びて其のかしらをたゝく。二神、みそなはして之をならひて、即ちとつぎの道を得つ。
一書に曰く。二神、みとのまくはひして、先づあはぢのしまを以てとなし、おほやまととよつあきつしまを生む。次にいよのしま。次につくしのしま。次におきのしまさどのしまとをふたごに生む。次にこしのしま。次におほしま。次にこじま
一書に曰く。先づあわぢしまを生む。次におほやまととよあきつしま。次にいよのふたなのしま。次におきのしま。次にさどのじま。次につくしのしま。次にいきのしま。次につしまのしま
一書に曰く。おのころじましてあはぢしまを生む。次におほやまととよあきつしま。次にいよのふたのしま。次につきしのしま。次にきびこのしま。次におきのしまさどのしまとをふたごに生む。次にこしのしま
一書に曰く。あはぢしまを以てして、おほやまととよあきつしまを生む。次にあはのしま。次にいよのふたなのしま。次におきのみつごのしま。次にさどのしま。次につくしのしま。次にきびこのしま。次におほしま
一書に曰く。めがみ先づ唱へて曰く。あなにゑやえをとこをと。即ちをがみみてりて、遂にみとのまくはひして、あはのしまを生む。次にひるこ

しんしゆつしやうしやう[編集]

ずゐしゆめいやくしやう[編集]

ほうきようかいししやう[編集]

ほうけんしゆつげんしやう[編集]