新譯日本書紀 (飯田弟治訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
他の版の作品については、日本書紀をご覧ください。


序文[編集]

 近頃、古文の今文に譯せらるゝもの甚だ多し、蓋し平易を尚び通俗を好む時勢の傾向なるべし。
 日本書紀は、六國史中の第一にして、我が建國の起原を記述したるものなれば、國民必讀の書なり。然るに其文佶屈聱牙にして、讀み難きは、甚だ遺憾とする所なりき。曩に飯田武郷翁、畢生の力を盡して、日本書紀通釋を著はし、多くの異本を比較して本文を挍し、訓讀を正し、穏健なる解釋を加へられたり。書紀の註釋にして、その書の右に出づるものなかるべし. されど。其書浩瀚にして求め易からず。此度、翁の令息弟治ぬし、新に書紀の本文を普通文に譯し、更に傍訓を施して、何人にも容易く讀み得らるゝやうにつとめられしは、誠に便宜なることなり。その本文の正確にして訓讀の雅馴なるは、専ら翁の通釋に準據せられしゆゑならむかし。此書の如きは、わが上古史を窺はんとするものゝ捷徑にして、亦時勢の要求に應じたるものといふべき歟。

明治四十五年六月

文學博士 松 本 愛 重

緒言[編集]

 日本書紀三十卷は、實に我國最古の正史にして、神代の剏より持統天皇紀に畢り、編纂の功成りしは、元正天皇の養老四年五月二十一日にして、一品舎人親王勅を奉じて總裁となり、太安麻呂朝臣の祐となりて修せられたるものなり。親王並びに安麻呂朝臣が勅を奉ぜしは、文武元明二帝の朝に屬せるが、純粹なる漢文を以て撰ばむとせられしより、容易に功を畢ふるに至らず、荏苒として歳月を經るまゝに、其の間、古事記、假名日本紀の如き、卷數少くして専ら古語を旨とせるもの一二部成りぬ。されどそれはそれにて、此の日本書紀は、天武天皇の御趣旨を基本として撰ぜられし史書なれば、朝廷に於ても此紀を正史と定め、その以後は更めて古記を選ばしめ給ふ御擧は止みにき。かゝれは本書を以て我國最古の正史とは謂ふなり。
 本書を繙かば、開闢の元始より神代の事蹟、尋ぎて我が皇祖皇宗の國家を建て、黎民を撫育したまへる治迹も窺ひ識るべく、我が國體の精華、民族の特性等も明かに察するを得べし。かゝる貴重の寶典なるに拘らず、從来たゞ一部専門學者の書架に藏せらるゝのみにて、普く一般國民の通讀するに至らざりしは、全く原書の讀み難く、原本の坊間に流布せるもの僅少なるに因らずんばあらず。
 夫れ歴史は、其の故きことを新しく人心に生きしむるを以て、始めて其の意義あるべきものなり。是を以て菲才を顧みず、父翁の志をつぎて之を新譯し、これ傍訓を施し、割註を加へ、檢出に便ならしむ爲めに索引を添へつ。其の訓讀に至ては、父翁が校訂したる蓬室本に據り、雅馴にして訓み易きを旨とせり。譯者は千有餘年前に成れる古史が、明治の聖代に復活して、讀書界に歡迎せられむことを希ふものなり。

蓬室の舊廬に於て

飯 田 弟 治識

讃日本書紀歌[編集]

    讃日本書紀歌     飯   
玉こそはこの世のたから、こがねこそうづの寶
と、人みなの思ひてあれど、天のした千よろづ
國に、こがねなき國はあらめや、眞玉なき國は
あらめや、しろがねも黄金もあれど、七種の玉
もあれども、あめつちと日月とともに、傳へま
すたからのくらゐ、動きなきそのことわりを、
神の代のことのまにまに、あやまたずしるしゝ
御史、あめ地にたぐひあらめや、うづたから御
寶ぬしぞ、このやまとぶみ。

新譯日本書紀卷第一[編集]

神代上[編集]

かみよなゝよしやう[編集]

しうきげんしやう[編集]

しんしゆつしやうしやう[編集]

ずゐしゆめいやくしやう[編集]

ほうきようかいししやう[編集]

ほうけんしゆつげんしやう[編集]

新譯日本書紀卷第二[編集]

神代下[編集]

てんそんかうりんしやう[編集]

かいぐういうかうしやう(續)[編集]

じんくわうしよううんしやう[編集]

新譯日本書紀卷第三[編集]

かむやまといわれひこのすめらみこと[編集]

じんむてんわうき[編集]

新譯日本書紀卷第四[編集]

かむぬなかわみみのすめらみこと[編集]

すゐせいてんわうき[編集]

しきつひこたまてみのすめらみこと[編集]

あんねいてんわうき[編集]

おおやまとひこすきとものすめらみこと[編集]

いとくてんわうき[編集]

みまつひこかゑしねのすめらみこと[編集]

かうせうてんわうき[編集]

やまとたらしひこくにおしひとのすめらみこと[編集]

かうあんてんわうき[編集]

おほやまとねこひこふとにのすめらみこと[編集]

かうれいてんわうき[編集]

おほやまとねこひこくにくるのすめらみこと[編集]

かうげんてんわうき[編集]

わかやまとねこひこおほひひのすめらみこと[編集]

かいくわてんわうき[編集]

新譯日本書紀卷第五[編集]

みまきいりひこいにゑのすめらみこと[編集]

すじんてんわうき[編集]

新譯日本書紀卷第六[編集]

いくめいりひこいさちのすめらみこと[編集]

すゐにんてんわうき[編集]

新譯日本書紀卷第七[編集]

おほたらしひこおしろわけのすめらみこと[編集]

けいかうてんわうき[編集]

わかたらしひこのすめらみこと[編集]

じやうむむてんわうき[編集]

新譯日本書紀卷第八[編集]

たらしなかづひこのすめらみこと[編集]

ちうあいてんわうき[編集]

新譯日本書紀卷第九[編集]

おきながたらしひめのみこと[編集]

じんぐくわうごうき[編集]

新譯日本書紀卷第十[編集]

ほむだのすめらみこと[編集]

おうじんてんわうき[編集]

新譯日本書紀卷第十一[編集]

おほさゝきのすめらみこと[編集]

にんとくてんわうき[編集]

新譯日本書紀卷第十二[編集]

いさほわけのすめらみこと[編集]

りちうてんわうき[編集]

みづはわけのすめらみこと[編集]

はんぜいてんわうき[編集]

新譯日本書紀卷第十三[編集]

をあさつまわくこのすくねのすめらみこと[編集]

いんきようてんわうき[編集]

あなほのすめらみこと[編集]

あんかうてんわうき[編集]

新譯日本書紀卷第十四[編集]

おほはつせわかたけのすめらみこと[編集]

ゆうりやくてんわうき[編集]

新譯日本書紀卷第十五[編集]

しらがたけひろくにおしわかやまとねこのすめらみこと[編集]

せいねいてんわうき[編集]

をけのすめらみこと[編集]

けいそうてんわうき[編集]

をけのすめらみこと[編集]

にんけんてんわうき[編集]

新譯日本書紀卷第十六[編集]

おはつせのわかさゝきのすめらみこと[編集]

ぶれつてんわうき[編集]

新譯日本書紀卷第十七[編集]

をほとのすめらみこと[編集]

けいたいてんわうき[編集]

新譯日本書紀卷第十八[編集]

まがりのおひねひろくにおしたけかなひのすめらみこと[編集]

あんかんてんわうき[編集]

たけをひろくにおしたてのすめらみこと[編集]

せんくわてんわうき[編集]

新譯日本書紀卷第十九[編集]

あめくにおしはらきひろにはのすめらみこと[編集]

きんめいてんわうき[編集]

新譯日本書紀卷第二十[編集]

ぬなくらのふとたましきのすめらみこと[編集]

びたつてんわうき[編集]

新譯日本書紀卷第二十一[編集]

たちはなのとよひのすめらみこと[編集]

ようめいてんわうき[編集]

はつせべのすめらみこと[編集]

すじゆんてんわうき[編集]

新譯日本書紀卷第二十二[編集]

とよみけかしきやひめのすめらみこと[編集]

すゐこてんわうき[編集]

新譯日本書紀卷第二十三[編集]

おきながたらしひひろぬかのすめらみこと[編集]

じよめいてんわうき[編集]

新譯日本書紀卷第二十四[編集]

あめとよたからいかしひたらしひめのすめらみこと[編集]

くわうきよくてんわうき[編集]

新譯日本書紀卷第二十五[編集]

あめまろづとよひのすめらみこと[編集]

かうとくてんわうき[編集]

新譯日本書紀卷第二十六[編集]

あめとよたからいかしひたらしひめのすめらみこと[編集]

さいめいてんわうき[編集]

新譯日本書紀卷第二十七[編集]

あめみことひらかすわけのすめらみこと[編集]

てんちてんわうき[編集]

新譯日本書紀卷第二十八[編集]

あめのぬなはらおきのまひとのすめらみこと 《上》[編集]

てんむてんわうき[編集]

新譯日本書紀卷第二十九[編集]

あめのぬなはらおきのまひとのすめらみこと[編集]

てんむてんわうき 《下》[編集]

新譯日本書紀卷第三十[編集]

たかまのはらひろのひめのすめらみこと[編集]

ぢとうてんわうき[編集]

奥書[編集]

この著作物は、1935年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)80年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、1926年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。