拾遺和歌集/巻第十四

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

巻十四:恋四


00849

[詞書]題しらす

人麿

あさねかみ我はけつらしうつくしき人のた枕ふれてしものを

あさねかみ-われはけつらし-うつくしき-ひとのたまくら-ふれてしものを


00850

[詞書]元輔かむこになりて、あしたに

藤原実方朝臣

時のまも心はそらになるものをいかてすくしし昔なるらむ

ときのまも-こころはそらに-なるものを-いかてすくしし-むかしなるらむ


00851

[詞書]題しらす

よみ人しらす

しらなみのうちしきりつつ今夜さへいかてかひとりぬるとかやきみ

しらなみの-うちしきりつつ-こよひさへ-いかてかひとり-ぬるとかやきみ


00852

[詞書]一条摂政、内にてはひんなしさとにいてよといひ侍りけれは、人もなき所にてまち侍りけるに、まうてこさりけれは

小弐命婦

如何してけふをくらさむこゆるきのいそきいててもかひなかりけり

いかにして-けふをくらさむ-こゆるきの-いそきいてても-かひなかりけり


00853

[詞書]題しらす

人まろ

みなといりの葦わけを舟さはりおほみわか思ふ人にあはぬころかな

みなといりの-あしわけをふね-さはりおほみ-わかおもふひとに-あはぬころかな


00854

[詞書]題しらす

人まろ

いはしろのの中にたてる結松心もとけす昔おもへは

いはしろの-のなかにたてる-むすひまつ-こころもとけす-むかしおもへは


00855

[詞書]題しらす

よみ人しらす

わかやとははりまかたにもあらなくにあかしもはてて人のゆくらん

わかやとは-はりまかたにも-あらなくに-あかしもはてて-ひとのゆくらむ


00856

[詞書]題しらす

よみ人しらす

浪まより見ゆるこ舟の浜ひさ木ひさしく成りぬ君にあはすて

なみまより-みゆるこしまの-はまひさき-ひさしくなりぬ-きみにあはすて


00857

[詞書]題しらす

人まろ

ますかかみ手にとりもちてあさなあさな見れともきみにあく時そなき

ますかかみ-てにとりもちて-あさなあさな-みれともきみに-あくときそなき


00858

[詞書]題しらす

人まろ

みな人のかさにぬふてふ有ますけありてののちもあはんとそ思ふ

みなひとの-かさにぬふてふ-ありますけ-ありてののちも-あはむとそおもふ


00859

[詞書]題しらす

よみ人しらす

いかほのやいかほのぬまのいかにして恋しき人を今ひとめみむ

いかほのや-いかほのぬまの-いかにして-こひしきひとを-いまひとめみむ


00860

[詞書]題しらす

よみ人しらす

玉河にさらすてつくりさらさらに昔の人のこひしきやなそ

たまかはに-さらすてつくり-さらさらに-むかしのひとの-こひしきやなそ


00861

[詞書]題しらす

よみ人しらす

身ははやくならの都になりにしをこひしき事のふりせさるらん

みははやく-ならのみやこに-なりにしを-こひしきことの-ふりせさるらむ


00862

[詞書]題しらす

藤原忠房朝臣

いその神ふりにしこひのかみさひてたたるに我はねきそかねつる

いそのかみ-ふりにしこひの-かみさひて-たたるにわれは-ねきそかねつる


00863

[詞書]題しらす

よみ人しらす

いかはかり苦しきものそ葛木のくめちのはしの中のたえまは

いかはかり-くるしきものそ-かつらきの-くめちのはしの-なかのたえまは


00864

[詞書]題しらす

よみ人しらす

限なく思ひなからの橋柱思ひなからに中やたえなん

かきりなく-おもひなからの-はしはしら-おもひなからに-なかやたえなむ


00865

[詞書]女のもとにつかはしける

源頼光

中中にいひもはなたてしなのなるきそちのはしのかけたるやなそ

なかなかに-いひもはなたて-しなのなる-きそちのはしの-かけたるやなそ


00866

[詞書]題しらす

よみ人しらす

すきたてるやとをそ人はたつねける心の松はかひなかりけり

すきたてる-やとをそひとは-たつねける-こころのまつは-かひなかりけり


00867

[詞書]題しらす

よみ人しらす

いその神ふるの社のゆふたすきかけてのみやはこひむと思ひし

いそのかみ-ふるのやしろの-ゆふたすき-かけてのみやは-こひむとおもひし


00868

[詞書]題しらす

よみ人しらす

我やうき人やつらきとちはやふる神てふ神にとひ見てしかな

われやうき-ひとやつらきと-ちはやふる-かみてふかみに-とひみてしかな


00869

[詞書]題しらす

よみ人しらす

住吉のあら人神にちかひてもわするる君か心とそきく

すみよしの-あらひとかみに-ちかひても-わするるきみか-こころとそきく


00870

[詞書]題しらす

右近

わすらるる身をはおもはすちかひてし人のいのちのをしくもあるかな

わすらるる-みをはおもはす-ちかひてし-ひとのいのちの-をしくもあるかな


00871

[詞書]女をうらみて、さらにまうてこしとちかひてのちにつかはしける

実方朝臣

何せむに命をかけてちかひけんいかはやと思ふをりも有りけり

なにせむに-いのちをかけて-ちかひけむ-いかはやとおもふ-をりもありけり


00872

[詞書]題しらす

よみ人しらす

ちりひちのかすにもあらぬ我ゆゑに思ひわふらんいもかかなしさ

ちりひちの-かすにもあらぬ-われゆゑに-おもひわふらむ-いもかかなしさ


00873

[詞書]題しらす

人まろ

こひこひて後もあはむとなくさむる心しなくはいのちあらめや

こひこひて-のちもあはむと-なくさむる-こころしなくは-いのちあらめや


00874

[詞書]題しらす

人まろ

かくはかりこひしき物としらませはよそに見るへくありけるものを

かくはかり-こひしきものと-しらませは-よそにみるへく-ありけるものを


00875

[詞書]題しらす

よみ人しらす

涙河のとかにたにもなかれなんこひしき人の影や見ゆると

なみたかは-のとかにたにも-なかれなむ-こひしきひとの-かけやみゆると


00876

[詞書]題しらす

つらゆき

涙河おつるみなかみはやけれはせきそかねつるそてのしからみ

なみたかは-おつるみなかみ-はやけれは-せきそかねつる-そてのしからみ


00877

[詞書]万葉集和し侍りける歌

源したかふ

なみた河そこのみくつとなりはててこひしきせせに流れこそすれ

なみたかは-そてのみくつと-なりはてて-こひしきせせに-なかれこそすれ


00878

[詞書]女のもとにつかはしける

藤原惟成

人しれすおつる涙のつもりつつかすかくはかりなりにけるかな

ひとしれす-おつるなみたの-つもりつつ-かすかくはかり-なりにけるかな


00879

[詞書]天暦御時、承香殿のまへをわたらせ給ひて、こと御方にわたらせたまひけれは

斎宮女御

かつ見つつ影はなれゆく水のおもにかくかすならぬ身をいかにせん

かつみつつ-かけはなれゆく-みつのおもに-かくかすならぬ-みをいかにせむ


00880

[詞書]題しらす

よみ人しらす

さをしかのつめたにひちぬ山河のあさましきまてとはぬ君かな

さをしかの-つめたにひちぬ-やまかはの-あさましきまて-とはぬきみかな


00881

[詞書]題しらす

よみ人しらす

浅猿やこのしたかけのいはし水いくその人の影を見つらん

あさましや-このしたかけの-いはしみつ-いくそのひとの-かけをみつらむ


00882

[詞書]題しらす

よみ人しらす

行く水のあわならはこそきえかへり人のふちせを流れても見め

ゆくみつの-あわならはこそ-きえかへり-ひとのふちせを-なかれてもみめ


00883

[詞書]題しらす

よみ人しらす

つのくにのほり江のふかく思ふとも我はなにはのなにとたに見す

つのくにの-ほりえのふかく-おもふとも-われはなにはの-なにとたにみす


00884

[詞書]題しらす

よみ人しらす

つのくにのいくたの池のいくたひかつらき心を我に見すらん

つのくにの-いくたのいけの-いくたひか-つらきこころを-われにみすらむ


00885

[詞書]題しらす

よみ人しらす

つのくにのなには渡につくるなるこやといはなんゆきて見るへく

つのくにの-なにはわたりに-つくるなる-こやといはなむ-ゆきてみるへく


00886

[詞書]題しらす

よみ人しらす

たひひとのかやかりおほひつくるてふまろやは人を思ひわするる

たひひとの-かやかりおほひ-つくるてふ-まろやはひとを-おもひわするる


00887

[詞書]題しらす

人まろ

なには人あし火たくやはすすたれとおのかつまこそとこめつらなれ

なにはひと-あしひたくやは-すすたれと-おのかつまこそ-とこめつらなれ


00888

[詞書]題しらす

よみ人しらす

住吉の岸におひたる忘草見すやあらましこひはしぬとも

すみよしの-きしにおひたる-わすれくさ-みすやあらまし-こひはしぬとも


00889

[詞書]題しらす

よみ人しらす

やほかゆくはまのまさことわかこひといつれまされりおきつしまもり

やほかゆく-はまのまさこと-わかこひと-いつれまされり-おきつしまもり


00890

[詞書]屏風に、みくまののかたかきたる所

かねもり

さしなから人の心を見くまののうらのはまゆふいくへなるらん

さしなから-ひとのこころを-みくまのの-うらのはまゆふ-いくへなるらむ


00891

[詞書]ふしの山のかたをつくらせ給ひて、ふちつほの御方へつかはす

天暦御製

世の人のおよはぬ物はふしのねのくもゐにたかき思ひなりけり

よのひとの-およはぬものは-ふしのねの-くもゐにたかき-おもひなりけり


00892

[詞書]題しらす

よみ人しらす

わかこひのあらはに見ゆる物ならはみやこのふしといはれなましを

わかこひの-あらはにみゆる-ものならは-みやこのふしと-いはれなましを


00893

[詞書]題しらす

よみ人しらす

あしねはふうきはうへこそつれなけれしたはえならす思ふ心を

あしねはふ-うきはうへこそ-つれなけれ-したはえならす-おもふこころを


00894

[詞書]題しらす

よみ人しらす

ねぬなはのくるしかるらん人よりも我そます田のいけるかひなき

ねぬなはの-くるしかるらむ-ひとよりも-われそますたの-いけるかひなき


00895

[詞書]題しらす

人まろ

たらちねのおやのかふこのまゆこもりいふせくもあるかいもにあはすして

たらちねの-おやのかふこの-まゆこもり-いふせくもあるか-いもにあはすて


00896

[詞書]題しらす

よみ人しらす

いさやまたこひてふ事もしらなくにこやそなるらんいこそねられね

いさやまた-こひてふことも-しらなくに-こやそなるらむ-いこそねられね


00897

[詞書]題しらす

よみ人しらす

たらちねのおやのいさめしうたたねは物思ふ時のわさにそ有りける

たらちねの-おやのいさめし-うたたねは-おもおもふときの-わさにそありける


00898

[詞書]年をへてさねあきらの朝臣まうてきたりけれは、すたれこしにすゑて物かたりし侍りけるに、いかかありけん

中務

うちとなくなれもしなまし玉すたれたれ年月をへたてそめけん

うちとなく-なれもしなまし-たまたれの-たれとしつきを-へたてそめけむ


00899

[詞書]題しらす

つらゆき

うかりけるふしをはすててしらいとの今くる人と思ひなさなん

うかりける-ふしをはすてて-しらいとの-いまくるひとと-おもひなさなむ


00900

[詞書]題しらす

よみ人しらす

思ふとていとこそ人になれさらめしかならひてそ見ねはこひしき

おもふとて-いとこそひとに-なれさらめ-しかならひてそ-みねはこひしき


00901

[詞書]題しらす

よみ人しらす

た枕のすきまの風もさむかりき身はならはしの物にそ有りける

たまくらの-すきまのかせも-さむかりき-みはならはしの-ものにそありける


00902

[詞書]題しらす

よみ人しらす

吹く風に雲のはたてはととむともいかかたのまん人の心は

ふくかせに-くものはたては-ととむとも-いかかたのまむ-ひとのこころは


00903

[詞書]題しらす

よみ人しらす

わか草にととめもあへぬこまよりもなつけわひぬる人の心か

わかくさに-ととめもあへぬ-こまよりも-なつけわひぬる-ひとのこころか


00904

[詞書]題しらす

よみ人しらす

あふことのかたかひしたるみちのくのこまほしくのみおもほゆるかな

あふことの-かたかひしたる-みちのくの-こまほしくのみ-おもほゆるかな


00905

[詞書]題しらす

よみ人しらす

みちのくのあたちの原のしらまゆみ心こはくも見ゆるきみかな

みちのくの-あたちのはらの-しらまゆみ-こころこはくも-みゆるきみかな


00906

[詞書]題しらす

伊勢

年月の行くらん方もおもほえす秋のはつかに人の見ゆれは

としつきの-ゆくらむかたも-おもほえす-あきのはつかに-ひとのみゆれは


00907

[詞書]題しらす

伊勢

思ひきやあひ見ぬほとの年月をかそふはかりにならん物とは

おもひきや-あひみぬほとの-としつきを-かそふはかりに-ならむものとは


00908

[詞書]題しらす

伊勢

遥なる程にもかよふ心かなさりとて人のしらぬものゆゑ

はるかなる-ほとにもかよふ-こころかな-さりとてひとの-しらぬものゆゑ


00909

[詞書]とほき所に思ふ人をおき侍りて

源経基

雲井なる人を遥に思ふにはわか心さへそらにこそなれ

くもゐなる-ひとをはるかに-おもふには-わかこころさへ-そらにこそなれ


00910

[詞書]みちをまかりてよみ侍りける

ひとまろ

よそに有りてくもゐに見ゆるいもか家に早くいたらむあゆめくろこま

よそにありて-くもゐにみゆる-いもかいへに-はやくいたらむ-あゆめくろこま


00911

[詞書]題しらす

よみ人しらす

わかかへるみちのくろこま心あらは君はこすともおのれいななけ

わかかへる-みちのくろこま-こころあらは-きみはこすとも-おのれいななけ


00912

[詞書]入道摂政まかりたりけるに、かとをおそくあけけれは、たちわつらひぬといひいれて侍りけれは

右大将道綱母

歎きつつ独ぬる夜のあくるまはいかにひさしき物とかはしる

なけきつつ-ひとりぬるよの-あくるまは-いかにひさしき-ものとかはしる


00913

[詞書]題しらす

よみ人しらす

なけ木こる人いる山のをののえのほとほとしくもなりにけるかな

なけきこる-ひといるやまの-をののえの-ほとほとしくも-なりにけるかな


00914

[詞書]おこなひせんとて山にこもり侍りけるに、さとの人につかはしける

よみ人しらす

ひとにたにしらせていりしおく山に恋しさいかてたつねきつらん

ひとにたに-しらせていりし-おくやまに-こひしさいかて-たつねきつらむ


00915

[詞書]くにもちかむすめを、ともみつまかりさりてのち、かかみを返しつかはすとて、かきつけてつかはしける

くにもち

影たえておほつかなさのますかかみ見すはわか身のうさもしられし

かけたえて-おほつかなさの-ますかかみ-みすはわかみの-うさもしられし


00916

[詞書]題しらす

よみ人しらす

思ひます人しなけれはますかかみうつれる影とねをのみそなく

おもひます-ひとしなけれは-ますかかみ-うつれるかけと-ねをのみそなく


00917

[詞書]題しらす

よみ人しらす

わか袖のぬるるを人のとかめすはねをたにやすくなくへきものを

わかそての-ぬるるをひとの-とかめすは-ねをたにやすく-なくへきものを


00918

[詞書]元良のみこ、こまの命婦に物いひ侍りける時、女のいひつかはしける

こまの命婦

かすならぬ身はたたにたにおもほえていかにせよとかなかめらるらん

かすならぬ-みはたたにたに-おもほえて-いかにせよとか-なかめらるらむ


00919

[詞書]題しらす

よみ人しらす

夢にさへ人のつれなく見えつれはねてもさめても物をこそおもへ

ゆめにさへ-ひとのつれなく-みえつれは-ねてもさめても-ものをこそおもへ


00920

[詞書]題しらす

よみ人しらす

見る夢のうつつになるはよのつねそうつつのゆめになるそかなしき

みるゆめの-うつつになるは-よのつねそ-うつつのゆめに-なるそかなしき


00921

[詞書]題しらす

よみ人しらす

逢ふ事は夢の中にもうれしくてねさめのこひそわひしかりける

あふことは-ゆめのうちにも-うれしくて-ねさめのこひそ-わひしかりける


00922

[詞書]題しらす

よみ人しらす

わすれしよゆめとちきりし事のははうつつにつらき心なりけり

わすれしよ-ゆめとちきりし-ことのはは-うつつにつらき-こころなりけり


00923

[詞書]題しらす

よみ人しらす

あたらしと何にいのちを思ひけんわすれはふるくなりぬへき身を

あたらしと-なににいのちを-おもひけむ-わすれはふるく-なりぬへきみを


00924

[詞書]題しらす

柿本人麿

ちはやふる神のいかきもこえぬへし今はわか身のをしけくもなし

ちはやふる-かみのいかきも-こえぬへし-いまはわかみの-をしけくもなし