悪戯

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


悪 戯


 五四歩と突いたのが私の致命的の失策でした。ほんとうに文字通り致命的だったのです。彼は暫く考えた後、五五桂と打ちました。私はハッと思いましたがもう遅かったのです。私はじっと盤を眺めました。眼の縁が熱くなって盤面中の駒がボ—ッと一つに見えます。彼の得意そうな顔が私の見えない網膜にありありと写ります。今日の将棋は止せば好かったと後悔の念がひしひしと胸を攻めました。

 私と彼とは中学時代からの同窓で、く親しい間柄でしたが、お互に会えば挨拶よりも先に悪口が出ると云う風で、彼は瘦せぽちで私は肥っていると云う違いはありましたが、いずれも強情な、そうして多分に神経質を持ち合せていると云う点ではまさり劣りがないので、対手あいてに軽蔑されたくないと云う考えから、知らず識らずの間に、二人の心中には激しい競争意識が燃えているのでした。殊にこの将棋と云う奴は、明白に勝負のつくものですから私達二人はお互に対手を一言もない様に負かして、 対手の口惜しそうな顔を眺めて、痛快な優越感をあじわおうと云う気で一杯だったのです。

 私達は数年前に殆ど同時に将棋を習い始めました。そうしてお互に、余人はとにかくあいつだけには負けたくないと云う考えで、一生懸命に稽古したのです。二人の天分が同じ位だったのか、それとも悪魔の呪か、不幸にも私達は同じように上達して行ったのでした。時に勝ち誇った事もあり、時に負け込んで泣き出したいような事もありましたが、要するにどっちか一方が徹底的に他方を負かすと云う丈の力量の差がつかなかったのです。何年経っても二人はたいまで摑み合いをしていたのでした。

 初冬にも似合わない暖い小春日和の午後でした。私は家内と子供を遊びに出して、珍しく机に向いながら、溜った翻訳の仕事の整理をしていました。所へブラリと彼が訪ねて来たのでした。暫く雑談をしている中に、将棋が始まったのです。

 この将棋は初めから危険でした。何故なら二人は最近にふとした事から、感情を害し合っているのでした。お互に第三者に対して、随分口汚く罵り合いました。彼がこうして今日ヒョッコリ訪ねて来たのは、或はその事を諒解し合おうと思って来たのかも知れません。しかし、私達は意地にも自分から先に切り出そうとしませんから、その事に触れない中に、将棋になってしまったのです。

 それは息詰るような手合てあわせでした。我々の対戦を見馴れている人が見たら、きっと不思議に思ったに相違ありません。何故なら私達の対戦は五月蠅うるさい程お互に悪口雑言を交しながら、対手の顔色を覗い覗い駒を運ばせるのが常でしたが、この日は互に全く無言で、盤面を睨めたり、持駒さえ聞き合おうとしないのです。まさに我々の身辺からは一道の殺気が迸り出ていたに違いありません。

 彼一手、我一手、中盤まで二人の駒組は何の手落ちもなく、美事に進んで行きました。私は今でも歴々ありありと覚えていますが、ここ迄の将棋は高段名手に見せても恥しくないと思っています。それ程私達は真剣だったのです。

 私は敵のやぐら囲いの玉が三一にいて、二二に這入はいっていないのに乗じて、激しく端と二筋から攻め立て、二五桂と飛んで、銀桂の替りをし、次で、二四歩、同歩、同角、同金、同飛と角を切って、金銀を手にして、やや優勢に見えました。この時です。私は勢に乗じて五五の歩を五四と突いたのです。ところがすかさず、敵から五五桂と打たれて、六七の金に当てられたのです。私は五四歩と敵が同歩と取れば、五三歩と打って、五二にり込むし、このまま置けば忽ち五三へ化りますから、勝利疑いなしと軽率にも指したのですが、何と云う事でしよう。五五桂と六七の金に当てられると、八筋の敵の飛車は通っているし、敵角が四九に化り込んでいますから、私の方は忽ち危険に瀕したのです。

 私は苦しい胸の中を一生懸命に落着けて、受手を考えました。が、考えれば考える程、私の負は明かなのです。私は口惜しさが一杯で、後にはただ盤面を睨んでいるばかり。頭は空虚になってしまいました。碁や将棋をやられた方は誰でも経験のある事でしょうが、対手が妙手を指したためとか、又は自分が考えた末指した手が思い通り行かなかったとか云う場合は、口惜しいには口惜しくても、未だ諦めがつきますが、どうにも思い切れないのは、誰でも気のつくような詰らない見損じで、優勢な場面がガラリと引くり返った時です。しかも敵が無慈悲にもその見損じに乗じて、得々としていると来た日には、どうにも辛抱のなるものではありません。

 今の場合が正にその通りなのです。

 私の軽率な一手によって、攻防忽ち地を替えたのです。私はじっと盤面を眺めたまま、顔を上げる事が出来ません。もし顔を上げれぱ私は彼の冷笑を鼻にうかべた勝ち誇った顔を見なければならないのです。しかし、後で考えて見ると、私は思い切って顔を上げた方が好かったかも知れません。私の恐らく真蒼な、そうして殺気に充ちた顔を見れば、彼はあわてて冷笑を引込めて、面を伏せた事でありましょう。そうすればこれから先の悲劇は起らなかったかも知れないのです。が、その時は、私は顔を上げるどころでなく、烈しくなる息遣いを押えて、ブルブル震える拳を握りしめ、それでも対手に心の動揺を悟られぬように、必死の努力をしていたのです。

 その時、彼は呟くように云いました。

「フフン。下手の考え休むに似たりか」

 この言葉が致命的の第二でありました。

 私は前後の考えもなく猛然彼に飛びかかりました。体格では彼が私の足許にも及ばぬ弱敵である事を考慮に入れるのを忘れたのでした。気のついた時には彼は私の下敷になって、私の右の手でしっかと喉を押えられて動かなくなっていました。私は静に立上って、醜くよこたわっている彼の姿を、ちよっと痛快な感じで眺めました。しかしそれはほんの束の間、私は忽ち打ちのめされた人のように、ガックリ坐り込んで、机の上へバラリと今迄左の手で握っていた汗ばんだ手駒の金と銀を投げ出しました。これから暫くは魂の抜けた人のようにボンヤリしていました。暮れ易い冬の日はもう薄暗くなっていました。

 それからどれ位経ちましたか、日はもうトップリ暮れていました。ふとかたわらに横っている死骸を見た時に、私は妻子が帰らない中にどこかへ隠さねばならぬと決心したのです。

 幸いな事には小さい家ではありますが、郊外の一軒家みたいな所だけに、庭は十分ありますし、そこに生い茂っている立木の落葉を棄てるために、一隅に大きな穴が掘ってあったのです。この穴はもう落葉も大分片附いたし、子供が落ちでもすると困るから埋めてくれと、前々から家内に頼まれていたのでしたから、今日埋めてしまったからと云って、家内が不審に思う事はない筈なのです。

 私は冷たい死体を抱き上げて庭に下りました。穴の中の落葉を掻き分けて死体を入れ、上から十分に落葉を被せて、穴の廻りに小高く積まれた土を砕き入れました。一くわ毎にバラバラと落葉の上につちくれかさなって行きます。やみの中に鍬を握った手首が白く浮び出て、まるで手だけが自分から離れて動いているように感ぜられました。ようやく、それでも無事に埋め終りました。

 埋め終ると私はぞっとしました。泥のついた鍬を手近の縁の下へ放り込んで、家の中へ駈け上がりました。それでもそこいらを片附けて手がかりをなくする事は忘れませんでした。ポツねんと妻子の帰るのを待っていました。この夜の電燈は今私の坐っている独房の電燈の光りよりも、どの位暗いと感じたか分りません。

 やがて妻子が帰って参りました。私は頭痛がするからと云って、すぐ床をとらせてましたが、少しも怪しんでいる様子はありませんでした。

 その夜はそれでも異常な精神的打撃を受けたためか、反ってよく寐ましたが、翌日からはおちおち眠れぬようになりました。自責、悔恨、恐怖の念が交々こもごも湧いて出ます。昼問は見まいとしても、庭の隅に眼が釘づけされるのです。夜は恐しい夢にうなされます。イライラと怒り易くなり、食慾が減り著しく憂鬱になりました。妻はいつもの神経衰弱が昂じたのだと思っておろおろしていました。しかし幸いな事には誰も私の大罪を犯した事をさとる者はありませんでした。そうして二三日は無事に過ぎたのです。一度彼の留守宅から問合せに来ましたが、私は何も知らない振りをして帰したのでした。毎朝、私は新聞の隅から隅まで熱心に眼を通しましたが気になるような記事は少しもありませんでした。

 四日目の昼でした。もう一人の将棋友達が訪ねて参りまして一向私の変った様子に気付かぬ風で、挑戦いたしました。この友達は私より少し弱く、競争意識もさして強くない、ふだんなら最も指し易い一人なのですが、どうして今の私が将棋を指す気になれましょう。しかし、私の将棋好きを知り抜いている彼ですから、断りでもして、怪しまれてはならぬと殊更ことさら平気を装うて、将棋盤を持ち出して彼の前へ据えました。彼は早速駒をバラリと箱から出して手早く並べました。私も段々駒を並べて行くうちに、どうした事か角と歩が足りない事に気がつきました。

 私はハッと顔色を変えたのです。

 角と歩、角と歩、それはあの日の彼の手駒ではありませんか。そう思うと、私はフラフラと立上りました。それから何をしたか少しも覚えていません。気が付くと、床の中に寝かされて、額に氷を当てていました。傍には妻が心配そうに坐っていました。聞くと、私は駒が足りない、駒が足りないと弱々しい声で呟きながら、一旦縁側迄出て、それからフラフラと茶の間に這入り、そのまま倒れてしまったのだそうです。友達は勿論そこそこにして帰って行ったのです。

 その夜です。私は妻子の寐息を覗いながらそっと起き出でました。私はいろいろに考えましたが、駒はどうしても彼が握っていたに違いない。ふだんからやかましく云って子供にもいじらせないようにしている大切な駒が、故なく失くなったのではすまぬ、駒を取り返して置かなければ、第一妻から疑われると思ったのです。妻は昼間の疲れと、私の思ったより早く恢復した安心とで、グッタリと寐込んでいました。

 音のしないように雨戸を一枚ると、空は一面の星です。地面には雪かと見紛うばかりに霜が降りていました。

 寒さでガタガ夕震える歯を喰いしばって、縁の下に抛り込んであった鍬を抱えて、一生懸命に下腹に力を入れて、庭の隅に行きました。やみにもちょっと堆高うずたかくなっている所はどうやら分ります。私は腕を捲り上げて、ハッシと鍬を打下しました。ズシンと鈍い低い音が地の底から来る呻き声のように響きます。木立のやみの中から何者とも知れない恐しいものが、こっちを見つめています。後ろからも何か襲って来るようです。私は夢中で鍬を振り廻しました。

 私はギョッと立すくみました。

 着物の端らしいものが、穴の中から暗に馴れた眼に映ったのです。私はあわてて眼を外らそうとしましたが悪夢を見た時のようにくびが微塵動きもしないのです。云い現す事の出来ない不快な悪寒、総身から絞り出る冷い汗、眼には暗の中から睨めている死人の物凄い形相が幻のようにチラつきます。私は渾身の勇を奮って、恐怖を払い落して、鍬を棄てると、両手で落ち葉を掻き分けました。

 手探りで、どうやら死人の手らしいものに触れると、私は思わずあっと手を引込めました。氷のように冷い、それでいてジメジメと云おうか、ヌラヌラと云おうか、一種異様な手触り、一秒だって触れている事は出来ません。

 私は逃げ出そうとしました。しかし頭の中で悪魔が証拠をどうすると囁きます。

 証拠! ああ悪魔よ! 私は人殺しをしたのだ。そうして証拠を残したのだ。どうしても奪い返さねばならぬ、いつか私は兇暴な心になって死人の指を開きました。

 どっちの手やら分りませんが、とにかく、最初開いた手には駒はありませんでした。もう一つの手を必死の力を奮って開けますと、どうでしよう、何にもありません。あわてて最初の手を探りましたが、矢張りありません。私は茫然としました。それから大急ぎで死骸に土を被せて元通りに致しました。手洗ちょうず鉢で手をざっと洗うと、墓場から脱けて来た人のように居間へフラフラと這入りました。この時妻はちよっと眼を見開きました。私の姿が眼に這入ると妻は忽ち起き上りました。

「御気分は?」こう彼女は聞きました。

「何ともない、もう治ったよ。便所へ行っていたんだ。」こう私が答えますと、妻は安心したらしく、ガックリと寐てしまいました。私は床に潜り込んで、寐ようとしましたが、どうにも寐つけません。両手に異様なにおいが沁み込んで、鼻についてならないのです。いて落着いて、駒の事を考えようと思いましたが、頭脳がズキンズキン痛んで何事も考える事が出来ません。今考えると、私はこの一夜の仕事で、全生涯の精力を費し尽してしまったに相違ありません。よく一晩の中に髪の毛が白くならなかったと思います。

 翌朝眼を醒ましたのはもう昼近くでした。身体が綿のように疲れて、少し熱があるようでしたが、私は将棋の事が気にかかるので、無埋に起き上りました。食事をすますと、直ぐに盤を出して、並べて見ましたが、不思議、駒はちゃんとあるのです。どう考えて見ても、訳が解りません。

 第一に心配になったのは、昨日の友人の事です。私の怪しい行動を、彼はどこで話すかも分らない。もう現在どこかで話しているかも知れない。そうすれば何かの拍子で刑事の耳に這入るかも知れない、こう考えると私は居ても立ってもたまりません。私はどうしても彼に機嫌の好い顔を見せて、昨日の事を笑い話にしてしまわねばなりません。私は直ぐに妻に彼の勤務先きへ電話をかけさして、昨日は失礼しました。今日は気分も治りましたから、帰りがけに是非お立寄り下さいと云わせました。

 夕方彼の元気の好い声が玄関に聞えました。私はすぐにいそいそと彼を出迎え、つとめて快活に話しかけて、座敷に請じると、昨日の失礼を詫びまして、余り将棋に凝ったので、頭が変になったんだろうと、果ては二人で高声に笑いました。それから一番と云うので、盤が二人の間に置かれました。

 だんだん駒が並べられて行くうちに、私は恐ろしい予感に襲われました。そして、ああ、事実は予想通りだったのです。私は化石した身体で、空虚うつろな眼で盤面を見入りました。 駒が、駒が足りないのです。又しても角と歩が。

 友達が君、君と呼びかけた様に思います。私はハッと気がつくと、膝の前、盤の下、前後左右を探し廻しました。しかし無いのです。私は盤の上につっ伏しました。やがてゲラゲラと笑い出しました。

 それから私は夢中ですっかり私のした事を話してしまいました。

 私の顔は蒼かったでしょう。きっと死人のように蒼かったでしょう。けれども、私の話を聞き終った友人の顔も、血の気のない真蒼な顔でした。彼は途切れ途切れに云いました。

「君、すまない。許してくれ給え。君にそんな恐しい秘密があろうとは思わなかった。実は昨日君がフラフラ立上った時に、盤の下に角と歩とが落ちていたのだ。君はそれを探そうともせず、夢遊病者のように駒か足りないと云いながら居間の方へ行って倒れてしまったのだ。今日又呼ばれて来ると、君の態度がそわそわして可怪おかしい。僕はほんのちよっとした悪戯いたずら気分から、駒を並べながら、手早く角と歩とを隠したのだ。それが君にそれ程打撃を与えるとは思わなかったのだ」

 そう云って彼は左の手に握っていた二つの駒を、盤の上へ投げ出しました。

 この時に私は何故か決して彼を憎みませんでした。彼に秘密を話した事も少しも後悔しませんでした。それよりも、被っていたものを脱いだように、頭がすっと軽くなって、せいせいした気分になりました。次の間に妻の忍び泣く声が、洩れ聞えましたけれども、私は悲しいよりも、処刑を受けた後の妻子の事を、静かに考えておりました。

(「新青年」大正十五年四月号)

この著作物は、1945年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。