德川內府大政返上將軍辭職ノ請ヲ允シ攝關幕府ヲ廢シ假ニ總裁議定參與ノ三職ヲ置ク

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


宮堂上ヘ諭吿

德川內府從前御委任大政返上將軍職辭退之兩條今般斷然被  聞食候抑癸丑以來未曾有之國難  先帝頻年被惱  宸襟候御次第衆庶之所知候依之被決  叡慮  王政復古國威挽囘ノ御基被爲立候間自今攝關幕府等廢絕卽今先假ニ總裁議定參與之三職被置萬機可被爲  行諸事  神武創業之始ニ原キ縉神武弁堂上地下之無別至當之公議ヲ竭シ天下ト休戚ヲ同ク可被遊  叡慮ニ付各勉勵舊來驕惰之汚習ヲ洗ヒ盡忠報國之誠ヲ以テ可致奉  公候事

一  內覽  勅問御人數國事御用掛議奏武家傳奏守護職所司代總テ被廢候事

一  三職人躰

總裁

議定

參與

大   原   宰   相

萬里小路右大辨宰相

長   谷   三   位

岩 倉 前 中 將

橋   本   少   將

尾 藩  三 人

越 藩  三 人

藝 藩  三 人

土 藩  三 人

薩 藩  三 人

一  太政官始追々可被爲興候間其旨可心得居候事

一  朝廷禮式追々御改正可被爲在候得共先攝籙門流之儀被止候事

一  舊弊御一洗ニ付言語之道被洞開候間見込有之向ハ不拘貴賤無忌憚可致獻言且人材登庸第一之御急務ニ候故心當之仁有之候者早々可有言上候事

一  近年物價格別騰貴如何共不可爲勢富者ハ益富ヲ累ネ貧者ハ益窘急ニ至リ候趣畢竟政令不正ヨリ所致民ハ王者之大寶百事御一新之折柄旁被惱 宸衷候智謀遠識救弊之策有之候者無誰彼可申出候事

一  和宮御方先年關東ヘ降嫁被爲在候得共其後將軍薨去且  先帝攘夷成功之  叡願ヨリ被爲許候處始終奸吏ノ詐謀ニ出御無詮之上ハ旁一日モ早ク御還京被爲促度近日御迎公卿被差立候事

右之通御確定以一紙被  仰出候事

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。