德川內府大政返上ノ奏議

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


臣慶喜謹而皇國時運之沿革ヲ考候ニ昔  王綱紐ヲ解キ相家權ヲ執リ保平之亂政權武門ニ移テヨリ祖宗ニ至リ更ニ  寵眷ヲ蒙リ二百餘年子孫相承臣其職ヲ奉スト雖モ政刑當ヲ失フコト不少今日之形勢ニ至候モ畢竟薄德之所致不堪慚懼候况ヤ當今外國之交際日ニ盛ナルニヨリ愈  朝權一途ニ出不申候而ハ綱紀難立候間從來之舊習ヲ改メ政權ヲ  朝廷ニ奉歸廣ク天下之公議ヲ盡シ  聖斷ヲ仰キ同心協力共ニ  皇國ヲ保護仕候得ハ必ス海外萬國ト可並立候臣慶喜國家ニ所盡是ニ不過ト奉存候乍去猶見込之儀モ有之候得ハ可申聞旨諸侯ヘ相達置候依之此段謹而奏聞仕候以上

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。