御臨末の御書

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

原文[編集]

御臨末ごりんまつ御書ごしょ


としきはまりて、安養浄土あんやうじやうど還帰げんきすといふとも、

和歌わか浦曲うらわのかたをなみの、せかけせかけかへらんにおな

一人ひとりよろこばゝ、二人ふたりおもふべし、

二人ふたりよろこばゝ、三人みたりおもふべし、

その一人いちにん親鸞しんらんなり

    われなくものりきまじ和歌わかうら

        あをくさひとのあらんかぎりは

弘長こうちやう二歳にさい十一月じふいちぐわつ

愚禿ぐとく親鸞しんらん まん九十歳くじつさい

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。