後期エドガー・アラン・ポーの作品/第1巻/赤死病の仮面

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


赤死病の仮面[編集]

「赤死病」は長い間この国を荒廃させていた。これほど致命的で、これほど醜悪な伝染病はかつてなかった。血は、その予防策であり、封印であり、血の赤みと恐ろしさであった。鋭い痛み、突然のめまい、そして毛穴からの大量の出血、溶解があった。犠牲者の体、特に顔の緋色の染みは、彼を仲間の援助と同情から締め出す害虫であった。この病気の発症、進行、終息はすべて30分ほどの出来事であった。

しかし、プロスペロー王子は幸せで、勇敢で、聡明であった。自分の領地が半分になると、宮廷の騎士や貴婦人の中から、元気で明るい友人1000人を呼び寄せて、彼らと一緒に、城壁のある修道院の深い隠れ家に引っ越したのである。この修道院は広大で壮大な建築物であり、王子自身の風変わりでありながら格調高い趣味によって作られた。強力で高い壁がそれを囲んでいた。この壁には鉄の門があった。廷臣たちは中に入ると、炉と巨大なハンマーを持って来て、ボルトを溶接した。彼らは、内側からの絶望や狂気の突然の衝動に、出入りする手段を残さないことを決意した。修道院は十分な食料を備えていた。このような警戒態勢があれば、廷臣たちは伝染病に対して反抗することができるだろう。外界は自分たちで何とかすることができる。その間、悲しむことも、考えることも愚かだった。王子は快楽のための道具をすべて用意していた。風俗嬢、即興演奏家、バレエダンサー、音楽家、美女、ワイン......。これらすべてと安全が内にあった。外には "赤死病 "があった。

プロスペロー王子は、隠遁生活の5ヶ月目か6ヶ月目の終わり頃、海外で疫病が最も猛威を振るっていた頃、1000人の友人を招いて、非常に豪華な仮面舞踏会を催した。

その仮面舞踏会は官能的な光景であった。その前に、舞踏会が行われた部屋についてお話ししましょう。7つの部屋があり、皇帝のスイートルームでした。しかし、多くの宮殿では、このようなスイートルームは長くまっすぐな展望を形成し、折戸は両側の壁にほぼ沿って後退するため、全体の視界はほとんど妨げられない。しかし、公爵が奇抜なものを好んだことから予想されるように、この部屋はまったく違っていた。居室は不規則に配置されており、視界に入るのは一度に1つだけであった。20ヤードか30ヤードごとに急旋回し、そのたびに新しい効果があった。各壁の中央の右側と左側には、高くて狭いゴシック様式の窓があり、その窓からは、このスイートの曲がりくねった道を進む閉じた回廊が見えた。これらの窓はステンドグラスで、その色は、窓のある部屋の装飾の色調に応じて変化していた。東の端にある部屋は、たとえば青で覆われており、その窓は鮮やかな青色だった。第2室は装飾やタペストリーが紫色で、ここの窓ガラスも紫色であった。第三の部屋は全体が緑色で、窓枠もそうであった。第4の部屋はオレンジ、第5の部屋は白、第6の部屋は紫で装飾され、照明が施されていた。第7の居室は、天井から壁にかけて黒いビロードのタペストリーに覆われ、同じ素材と色調のカーペットの上に重い折り重なるように置かれていた。しかし、この部屋だけは、窓の色が装飾と一致しない。この部屋の窓ガラスは緋色で、深い血の色をしていた。さて、7つの居室のうち、あちこちに散在し、屋根からぶら下がっている大量の黄金の装飾品の中に、ランプや燭台は1つもありませんでし た。この部屋群の中には、ランプやろうそくから発せられるいかなる光もなかった。しかし、その部屋に続く廊下には、それぞれの窓の向かいに、火鉢を載せた重い三脚が立っており、それが色ガラスを通して光線を投射し、部屋をまばゆく照らしているのである。こうして、派手で幻想的な外観が多数生み出された。しかし、西の部屋や黒の部屋では、血に染まった窓ガラスを通して暗い掛け軸に降り注ぐ火の光の効果は、極度におぞましく、入る者の顔にあまりにも荒々しい表情を作り出し、その境内に足を踏み入れる勇気ある者は一団の中にほとんどいなくなった。

この部屋には、西側の壁に黒檀の巨大な時計が立っていた。その振り子は、鈍く、重く、単調な音を立てて行ったり来たりしていた。分針が文字盤を一周し、時間が打たれるとき、時計の太い肺から、澄んで大きく、深く、非常に音楽的な、しかし非常に独特な音と強調の音が聞こえてきて、1時間経つごとに、オーケストラの演奏者はその音を聞くために演奏を一時停止しなければならないほどだった。時計のチャイムがまだ鳴っている間、最も陽気な人は青ざめ、より高齢で落ち着いた人は混乱した休息や瞑想のように眉間に手を当てていることが観察された。音楽家たちは互いに顔を見合わせ、自分たちの緊張と愚かさを嘲笑うかのように微笑み、次の鐘の音は同様の感情を起こさせないようにと、互いにささやくように誓い合ったのである。そして、60分が経過した後、(これは飛ぶ時間の3,600秒に相当する)また時計のチャイムが鳴り、前と同じように狼狽と震えと瞑想が起こった。

しかし、そんなこととは裏腹に、それは陽気で華やかなお祭り騒ぎだった。公爵の好みは独特であった。色彩と効果に優れた目をもっていた。単なるファッションの装飾を無視した。彼の計画は大胆で熱狂的であり、その構想は野蛮な輝きを放っていた。彼を狂人だと思う人もいただろう。彼の信奉者たちは、彼がそうではないと感じた。そうでないと確信するためには、彼の話を聞き、見て、触れることが必要だった。

彼はこの大宴会に際して、7つの部屋の可動装飾の大部分を指示し、仮装者たちに特徴を与えたのは、彼自身の指導的な趣味であった。確かに彼らはグロテスクだった。煌びやかで華やかで幻想的であり、それは後に「エルナーニ」で見られるようなものであった。手足が不自由な唐草模様の人物もいた。狂人が作るような狂気じみた空想もあった。美しいもの、淫らなもの、奇妙なもの、恐ろしいもの、そして嫌悪感を抱かせるようなものも少なからずあった。7つの部屋の中を行ったり来たりしているのは、事実、多くの夢であった。そして、その夢たちは、部屋から色合いを取って、オーケストラの荒々しい音楽を彼らの歩みの反響のように思わせながら、あちこちに書き込んでいるのである。やがて、ビロードの広間に立つ黒檀の時計が打ち鳴らされる。そして、一瞬、すべてが静まり返り、時計の声を除いてすべてが沈黙する。夢はそのまま硬く凍りつく。しかし、チャイムの響きは消え去る-彼らは一瞬しか耐えられなかった-そして、彼らが去るとき、軽く、半分沈んだ笑いが彼らの後に浮かんでいる。そして今再び音楽はうねり、夢は生き、これまで以上に陽気に行き来し、三脚からの光線が流れる多くの着色された窓から色合いを取っている。しかし、7つの部屋のうち最も西に位置する部屋には、今では冒険をする仮面ライダーは誰もいない。夜は遠ざかり、血色の良い窓ガラスを通してより鮮やかな光が流れ、セーブルの垂れ幕の黒さが際立つ。セーブルカーペットに足をかける者には、近くの黒檀の時計から、他の部屋でより遠隔の喜びにふける彼らの耳に届くどんな音よりも厳かに強調されたピールが聞こえるのだ。

しかし、この他の居室は密集しており、そこでは生活の中心が熱狂的に鼓動していた。そして、宴会は渦を巻くように続き、やがて時計の針が真夜中の音を奏で始めた。それから音楽が止まり、私が話したように、ワルツを踊る人たちの動きも静まり、以前のようにすべてのことが不安げに止まりました。しかし、今度は時計の鐘が鳴らすべき12打があった。こうして、おそらく、より多くの思考が、より多くの時間と共に、歓楽する人々の中の思慮深い者の瞑想に忍び込んだのである。そして、このように、おそらく、最後のチャイムの響きが完全に静寂に沈む前に、それまで一人の人間の注意も引かなかった仮面の人物の存在に気づく暇を見つけた群衆の中の多くの個人がいたのである。この新しい存在の噂は周囲にひそひそと広まり、やがて一同から不愉快と驚きを表すざわめき、そして最後に恐怖、おぞましさ、嫌悪の声が上がった。

私が描いたような幻影の集まりでは、普通の姿ではこのような感覚を呼び起こすことはできなかったと考えるのが自然だろう。実際、その夜の仮装の許可はほぼ無制限だった。しかし、問題の人物はヘロデを出し抜き、王子の明確な礼儀作法の範囲さえ超えてしまったのである。しかし、その人物はヘロデを凌駕し、王子の明確な礼儀作法さえも超えてしまったのだ。生と死が等しく冗談であるような、完全に迷子の人たちでさえ、冗談では済まされないような事柄があるのだ。確かに、見知らぬ人の衣装や立ち居振る舞いに、機知も礼儀も存在しないことを、一同は今、深く感じているようだった。その姿は背が高く、痩せこけ、頭から足まで墓の装束に覆われていた。その顔を隠すマスクは、硬直した死体の表情に酷似しており、細心の注意を払って観察しても、詐欺師を見抜くのは困難だったに違いない。しかし、このようなことは、周囲の狂喜乱舞する人々には、認められはしないまでも、耐えられたかもしれない。しかし、この戯言者は、赤死病の型をとるまでに至っていたのだ。彼の衣服は血にまみれており、彼の広い眉と顔のすべての特徴は、緋色の恐怖に覆われていた。

プロスペロー王子の目がこの亡霊の像に向けられると、(その役割をより完全に果たそうとするかのように、ゆっくりと厳粛な動きで、ワルツを踊る人々の間を行き来しながら)彼は痙攣し、最初の瞬間は恐怖か嫌悪かの強い震えで、次の瞬間、彼の眉は怒りで赤くなったのが見られた。

しかし、次の瞬間、彼は怒りで眉をひそめた。「誰だ、この冒涜的な嘲笑で我々を侮辱する者は」と、彼の近くに立っていた廷臣たちに声を荒げて要求した。この冒涜的な嘲笑で我々を侮辱したのは誰だ?彼を捕まえて、その正体を暴け。」

プロスペロー王子がこの言葉を発したのは、東の間、つまり青の間であった。この言葉は7つの部屋全体に大きくはっきりと響き渡った。王子は大胆でたくましい男で、王子が手を振ると音楽は静まり返った。

王子が立っていたのは青い部屋で、その傍らには青白い廷臣たちがいた。最初は王子が話すと、この一団が侵入者の方向に少し急ぐような動きがあった。その時、侵入者もすぐ近くにいて、今度は意図的で堂々とした足取りで、話し手に近づいてきた。しかし、戯曲の狂気の仮定が全当事者を刺激したある種の無名の畏怖から、彼を捕らえようと手を出す者はいなかった。そのため、彼は妨げられることなく、王子の人の1ヤード以内を通り過ぎた。そして、大集団がまるで一つの衝動に駆られたかのように、部屋の中心から壁へと身を縮めている間、彼は途切れることなく、しかし最初に彼を特徴付けたのと同じ厳粛で慎重な足取りで、青い部屋から紫、紫から緑、緑からオレンジ、そしてこれをまた白へと抜け、さらにそこから紫へと、彼を逮捕しようとする動きが決まらないうちに行ってしまったのだ。しかし、その時、王子プロスペローは怒りと一瞬の臆病を恥じて狂喜し、急いで6つの部屋を駆け抜けたが、死の恐怖に襲われたため、誰も彼に続くことはなかった。彼は抜き身の短剣を高く掲げ、急速な勢いで、後退する人物の3、4フィート以内まで近づいたが、後者はビロードの部屋の端に到達し、突然振り返って追っ手に立ち向かった。鋭い叫び声が上がり、短剣がセーブルの絨毯の上にキラリと光りながら落ち、その直後にプロスペロー王子がひれ伏して死んだ。黒檀の時計の影に直立不動で立っている背の高い姿の巫女を捕まえ、あれほど乱暴に扱った墓石と死体のような仮面が何の形もないことに、絶望の荒々しい勇気を呼び起こし、群衆はすぐに黒い部屋に身を投げ、声にならない恐怖で息を呑んだ。

そして今、赤死病の存在が認められたのである。彼は夜中の泥棒のようにやって来たのだ。そして、血に染まった宴の広間で、一人ずつ宴会客を落とし、倒れた時の絶望的な姿勢のまま、それぞれ死んでいった。黒檀の時計の命は最後の一人の遊宴者の命と共に去りぬ。三脚の炎は消え去り 闇と腐敗と赤死病は全てを支配していた

訳注[編集]

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。