彗星飛行/第2巻 第14章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


第14章
[編集]

そのため、ガリアはその日から少しずつ楕円のカーブを描きながら、速度を上げて上っていくことになった。ジブラルタルにいた13人のイギリス人を除いて、地表の生物はすべて火山灰に埋もれてしまった。

自ら進んで小島に残った彼らは、このガリアの冬の前半をどう耐えてきたのだろうか。間違いなく、「暖かい国」の住人よりはましだ、というのが一般的な意見だった。火山の溶岩の熱を借りて、それを生活のために利用することを余儀なくされたわけではなかったからだ。石炭も食料も豊富にあった。食料も燃料も不足していた。この屯所は、分厚い石垣に囲まれた堅固なもので、気温の低下にも強い。暖房が効いているので寒くはなく、食事が行き届いているので空腹でもなく、服がきつくなるのも仕方がない。マーフィー准将とオリファント少佐は、チェス盤という閉じたフィールドで、互いに最も巧みな一撃を与えなければならなかったのだ。ジブラルタルでの生活が順調で快適なものであったことは、誰の目にも明らかであった。いずれにせよ、忠実に職務を遂行したこの2人の将校と11人の兵士を、イギリスは賞賛するほかはないだろう。

セルバダック大尉とその仲間たちは、もし寒さで死ぬ恐れがあったなら、間違いなくジブラルタルの小島に避難できただろう。という思いがよぎったのだ。この小島では、最初のもてなしには不満が残るものの、間違いなくもてなされたことだろう。イギリス人は、仲間を見捨てずに援助するような人ではなかった。また、どうしても必要な場合には、テール・ショードの入植者たちは迷わずジブラルタルに移住したことだろう。しかし、広大な氷原を避難所もなく、火もなく、長い旅になっただろうし、それを引き受けた人のうち、おそらく全員が目的地にたどり着けたわけではなかっただろう。したがって、このプロジェクトは絶望的な場合にのみ実行され、火山が十分な熱を出す限り、テール・ショードを放棄することはないと十分に理解されていたのである。

ガリア植民地のあらゆる生物は、中央噴出孔の掘削に避難していたことは、前述したとおりである。実際、ニナハイブの回廊を出なければ凍死してしまう動物も何匹もいた。セルバダック大尉とベン・ズーフの2頭の馬をこの深さまで下ろすのは、決して容易なことではなかった。しかし、大尉と彼の従者は、ゼフィールとガレットを生かしたまま地上に戻したいと、特に強く願っていたのである。彼らは、この新しい気候条件での生活にあまり適していない、この2匹のかわいそうな動物を気に入っていた。馬小屋に改造された大きな隙間が用意され、幸いにも十分な飼料が用意されていた。

他の家畜については、一部生け贄にしなければならなかった。山塊の下部構造に収容するのは不可能なことであった。上層部の回廊に残すことは、残酷な死を宣告することになるのだ。彼らは屠殺されなければならなかった。しかし、これらの動物の肉は、過度の寒さにさらされる古い倉庫で無期限に保存できるため、食料の供給源として貴重な存在であった。

山塊の内部に避難してきた生物として、鳥類を挙げなければならない。鳥類の食料は、毎日残された切れ端だけであった。寒さのため、彼らはニナ・リューシュの高台を離れ、山の暗い空洞に向かった。しかし、それでもその数は膨大で、その存在は歓迎されないため、積極的に追い詰め、その大部分を破壊しなければならなかった。

これがすべて1月末を占め、インストールが完了したのはそれからのことだった。しかし、それからは、ガリア植民地のメンバーにとって、絶望的なほど単調な毎日が始まった。このような、身体の麻痺からくるモラルの麻痺に、彼らは抗うことができるのだろうか。指導者たちは、日常生活の中での緊密な共同作業、誰もが参加できる会話、図書館にある旅行や科学の本から選んで声に出して読むことで、この結果を達成しようとした。ロシア人であれスペイン人であれ、大きなテーブルを囲んで座っている人たちは皆、話を聞いて学び、もしこの地球に帰るとしても、母国に残っていたときよりも無知でない状態で帰ることができるだろう。一方、イサック・ハカブトは何をしていたのか。彼はこのような会話や朗読に興味があったのだろうか?そんなことはない。彼はそこから何を得たのだろうか。長い時間をかけて計算をやり直し、手元に流れ込んでくるお金を数えては直し、数えては直し。彼が稼いだ金は、すでに持っていた金と合わせると、少なくとも15万フランに達していた。この金属は、鳴ったりつまずいたりしながら、どうすれば地上で価値を見出すことができるかを知っているはずで、もし経過した日数を数えるなら、それは興味を失ったところからであった。もちろん、良い紙幣で、良い担保を付けて、期待通りに貸し出す機会はまだなかった。

移住者の中で、最も早く魅力的な職業を作り上げたのはパルミリン・ロゼットであった。彼は一人で数字に向き合うことはなく、長い冬の日を短くすることを計算に求めていたのです。

ガリアについては、知りうる限りのことは知っていたが、その衛星であるネリナについてはそうではなかった。彗星に対する所有権は、その月にも及ぶはずだ。そのため、望遠鏡で見える惑星の領域から切り離されたこの天体の軌道要素を特定することが、彼にできる最低限のことだったのだ。

彼は、この計算を引き受けることを決意した。ネリナの軌道上のさまざまな地点での位置の読み取りが、まだ必要だったのだ。ガリアの質量を直接測定して、つまり天秤で測定して知っていたのだから、ネリナの質量を無名の洞窟の奥から測定することができるだろう。

しかし、彼は「書斎」という名前をつけたふりをした、この無名の部屋を持っていなかった。本当は天文台とは呼べないからだ。そこで、2月の初めのころ、彼はセルバダック大尉にそのことを話した。

「親愛なる教授、書斎が必要ですか?」

- 「はい、大尉、しかし、侵入者を恐れずに作業できる書斎が必要です。」

- エクトール・セルバダックは、「それは、我々が見つけてあげますよ。ただ、もしこのオフィスが私の望むような快適なものでなかったとしても、孤立した静かな場所であることは確かです。」と答えた。

- 「これ以上は求めない。」

- 「合意しています。」

そこで大尉は、パルミリン・ロゼットがなかなか機嫌がいいのを見て、思い切ってこれまでの計算について質問した。

パルミリン・ロゼットが引き揚げると、「教授へ、お聞きしたいことがあります」と言った。

- 「聞こうじゃないか。」

- 「あなたがガリアの公転周期を計算した結果、明らかに正しいことがわかった」と、セルバダック大尉。「しかし、私の誤解でなければ、あと半分遅れたり進んだりすれば、彗星は黄道上で地球と出会わなくなるのです。」

- 「どうかな?」

- 「さて、親愛なる教授、この計算の正確さを確認したほうがいいのでは......。」

- 「無駄なことです。」

- 「プロコペ中尉は、この重要な仕事を喜んでお手伝いします。」

- 「私は誰も必要としない。」パルミリン・ロゼットは心の中で感動しながら答えた。

- 「しかし...」

- 「私は決して間違ってはいない、セルバダック大尉、あなたの主張は見当違いです。」

- 「親愛なる教授、あなたは仲間に親切ではありません、そして..。」とエクトール・セルバダックは答えた。

しかし彼は、パルミリン・ロゼットがまだ惜しい人であることを、心に留めていた。

「セルバダック大尉、私の計算は絶対正しいから、繰り返さないよ。」と教授はそっけなく答えた。

だが、ガリアのためにしたことを、彼女の衛星であるネリナのためにするつもりだと、私は喜んで言う。

- 「それは、とてもいい質問ですね。しかし、ネリナは望遠鏡で見える惑星なので、その元素は地上の天文学者が知っているものだと思っていた。」と、セルバダック大尉は重々しく答えた。

教授は、自分の仕事の有用性を問われたようで、セルバダック大尉を激しく見据えた。そして、より生き生きとした姿に。

「セルバダック大尉、もし地上の天文学者がネリナを観測し、その平均日周運動、恒星周期の期間、太陽からの平均距離、離心率、近日点経、平均経時変化、昇交点経、軌道の傾きを既に知っているとしたら、ネリナはもはや望遠鏡圏の惑星ではなく、ガリアの衛星なのでこれらを全てやり直さなければならないのだ。さて、月である以上、月として研究したい。「地上人」が地上の月について知っていることを、「ガリア人」がガリアの月について知っていてはいけないという理由はないだろう。」と言った。

パルミリン・ロゼットの「テレストリアン」という発音を聞いてみてもらいたい。彼は今、地上のものをどれほど軽蔑して話していることか。

セルバダック大尉、「私はこの会話を始めた時と同じように、書斎の手配をお願いして終わりにします...」と言った。

- 「我々に任せてもらいたい、親愛なる教授...。」

- 「ああ、急いでないんだ。1時間後には出来上がるかな......。」とパルミリン・ロゼットは答えた。

3時間かかったが、ようやくパルミリン・ロゼットは穴のようなところに設置することができ、そこにテーブルと椅子を置いた。そして、その後の数日間、極寒にもかかわらず、古い部屋に上がり、ネリナのいくつかの位置の観測を引き受けた。それが終わると、彼は書斎に閉じこもり、二度と姿を見せなくなった。

実際、地下800メートルに埋められたこのガリア人が、事件性のないこの状況に対応するためには、大きなモラルエネルギーが必要だった。しかし、氷を持ち帰ることによって新鮮な水を得る必要があったため、火山の奥深くから出ることはなかった。

ただし、中央の吹き出し口の下部には、何度か足を運んだ。セルバダック大尉、ティマチェフ伯爵、プロコペ、ベン・ズーフは、ガリアの核にあるこの深淵を可能な限り探ろうとした。100分の30の金で構成されたこの塊の探索は、彼らにとっては無関心であったことは認めざるを得ない。その上、ガリアでは無価値なこの物質は、地上に落ちても無価値であり、彼らはこのテルル化物には花崗岩の岩石以上に関心を持たなかったのである。

しかし、この探査で分かったことは、中央の火はまだ活発であるということで、火山が噴火しなくなったということは、ガリアの地表に他の噴火口が開いたからだという結論に達したのだ。

こうして、2月、3月、4月、5月と、隔離された人たちが気づかないうちに、一種のモラルの麻痺のような状態で過ぎていった。そのほとんどが、心配になるほどの倦怠感に包まれていた。最初は興味深く聞いていた朗読会も、大きなテーブルを囲んで聞く人がいなくなった。会話は2〜3人に限定され、小さな声で行われた。スペイン人はほとんど圧倒され、寝床を離れることはなかった。食事もほとんどとらない。ロシア人はより逞しく、より熱心に任務を遂行していた。そのため、運動不足はこの長期監禁の重大な危険因子であった。セルバダック大尉、ティマチェフ伯爵、プロコペは、この無感覚が進行しているのを察知したが、何ができるだろうか?しかし、そのようなことはない。彼らは、自分自身がこの特殊なうつ病に侵されていると感じ、必ずしもそれに抵抗したわけではなかった。ある時は眠りが異常に長くなり、ある時は食べ物に対する無敵の嫌悪感、それが何であろうと。冬の間、亀のように地中に埋まっていた虜囚たちが、暖かい季節が戻ってくるまで、亀のように眠り、絶食しているように、本当に思えたのである。

ガリアの植民地の中で、一番抵抗できたのは、小さなニーナだった。彼女は、パブロを励ましながら行ったり来たりしていた。パブロもまた、疲れ切っていた。彼女はどちらかに話しかけ、その新鮮な声は鳥のさえずりのように陰鬱な深みを魅せるのだった。この子には食べさせ、この子には飲ませる。彼女はこの小さな世界の魂であり、出入りすることでこの世界を動かしていたのである。この暗い環境の中で、何か圧倒されるような静寂があると、彼女は楽しげにイタリアの歌を歌った。

彼女は可愛いハエのようにブンブン飛び回るが、寓話作家のハエよりもっと役に立つ、もっと有益なものだ。この小さな存在には、多くの生命が宿っており、それはいわば、すべての人に伝わっていたのである。おそらく、この反作用の現象は、その影響下にある人々のほとんど知らないうちに達成されていたのだろうが、それに劣らず現実的であり、ニーナの存在は、墓の中で半分眠っているガリア人にとって有益であったことは間違いないだろう。

しかし、数カ月が過ぎた。セルバダック大尉とその仲間は言えなかっただろう。

6月に入ってから、少しずつ緊張がほぐれてきたようだ。彗星が近づいているのは、輝星の影響なのだろうか。そうかもしれないが、太陽はまだ遠かったのである。プロコペ中尉は、ガリア革命の前半、教授から与えられた位置と数字を丹念に記録していた。彼はエフェメリスを図式化し、自分で描いた軌道の上で、彗星の進行を多少なりとも正確に追うことができるようになった。

遠日点を過ぎると、ガリアの帰還の連続する位置をマークするのは簡単だった。こうして、パルミリン・ロゼットに相談するまでもなく、仲間に知らせることができた。

そして、6月の初め頃、ガリア星が木星の軌道と交差した後、まだ太陽から1億9,700万哩という非常に遠いところにあることを見た。しかし、その速度はケプラーの法則によって次第に速くなり、4ヵ月後には望遠鏡で見える惑星の範囲内で、わずか1億2千5百万哩の距離まで戻ってくる。

この頃、つまり6月の後半になると、セルバダック大尉とその仲間たちは、肉体的にも精神的にも完全に回復していた。ベン・ズーフは、まるで寝すぎた男のように、のうのうとしていた。

ニナ・リューシュの荒れ果てた部屋を訪れることが多くなった。セルバダック大尉、ティマシェフ伯爵、プロコペ中尉は海岸に降った。寒さはまだ厳しいが、静けさは失われていない。地平線にも天頂にも水蒸気はなく、空気の息吹もない。海岸に残された最後の足跡は、初日と同じようにはっきりとそこにあった。

海岸線は一面だけ変わっていた。それは、入り江を覆う岩の岬であった。ここでは、氷床の上昇運動が続いていたのである。この高さにスクーナー船とタータン船が現れ、全く近寄れなくなった。

氷が解けたときに落ちるのは確実で、壊れるのは必然だった。救う術はなかった。

幸いなことに、山奥にある自分の店から離れないイサック・ハカブトは、この海岸までの散歩にセルバダック大尉と同行することはなかった。

もし彼がそこにいたら、この老いぼれはどんな叫び声をあげたことだろう」とベン=ズーフは言った。しかし、孔雀のように鳴きながら尻尾がないのは、補償の対象にはならないのである。

さらに2ヶ月後の7月と8月、ガリアは1億6,400万哩も太陽に接近した。しかし、昼間は、太陽がガリアの赤道を越えて、ショーヴの地球を通過するときに、かなり高い熱を発して、気温を20度くらい上昇させる。ガリア人は毎日この光線で気分転換していたが、これは空中を飛び回って夜明けに戻ってくる数羽の鳥を真似たに過ぎない。

このような春の訪れ......この言葉を使ってもいいのだろうか。- は、ガリアの住民にとても幸せな影響を与えた。希望と自信が戻ってきたのである。日中、地平線上に太陽の円盤が大きく見える。夜、変わらぬ星々の中で、地球が大きくなっているように見えた。目的地は見えている、まだ遠い、でも見えている。しかし、それは空間の中の一点に過ぎない。

そのため、ベン・ズーフはある日、セルバダック大尉とティマチェフ伯爵の前でこんな反省をした。

「本当は、ビュート・モンマルトルが入るなんて、誰も信じてくれないんだ!」

- 「しかし、そうなのです」とセルバダック大尉は答え、「そこで見つかると信じています」と言った。

- 「私もそうです、大尉!しかし、もしロゼット彗星が地球に戻らなくてもよかったとしたら、そうさせる方法はなかったのだろうか?」

- 「いや、友よ」とティマチェフ伯爵は答えた。「人間の力では、宇宙の幾何学的な配置を乱すことはできない。もし、誰もが自分の星の軌道を変えられるとしたら、どんなことになるのだろう。しかし、神はそれを望まず、賢明にそうされたのだと思います。」

脚注[編集]