彗星飛行/第1巻 第4章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


第1巻 第4章
自然の摂理
[編集]

その瞬間、水平線が奇妙かつ急激に変化し、熟練した船乗りの目にも海と空の区別がつかなくなったのはなぜだろう?

大波が荒れ狂い、これまで科学の記録に登録されていなかった高さまで上昇したのはなぜだろう?

あらゆる要素が耳をつんざくような音を立てて一つになり、地球の骨組み全体が破壊されたかのように地球がうめき、水がその最も深いところから唸り、空気がサイクロンのような猛烈な勢いで悲鳴を上げたのはなぜだろうか?

オーロラの光よりも強烈な輝きが大空を覆い、明るい星の輝きを一瞬にして失わせたのはなぜだろう?

地中海の水が一瞬消えたかと思うと、次の瞬間には泡立った波が押し寄せたのはなぜだろう?

数秒のうちに、月の円盤が地球からの通常の距離の10分の1しか離れていないかのような大きさになったのは、なぜだろう?

今まで天文学では知られていなかった新しい燃える球体が、積もった雲の塊のすぐ後ろに姿を消すかのように、天空に突然現れたのはなぜだろう?

大地、空、海に多大な影響を与えた大変動は、いったいどのような現象だったのだろうか。

一人の人間がこの激動を生き延びることは可能だったのだろうか? もしそうだとしたら、彼はその謎を説明できるだろうか?

訳注[編集]