彗星飛行/第1巻 第10章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


第1巻 第10章
望遠鏡を携え、探針を手に、アルジェリアの遺跡のいくつかを見つけようとしているところである
[編集]

ドブリナ号は、ワイト島の造船所で立派に頑丈に作られた200トンの優れた船で、周遊航海には十分な性能を持っていた。コロンブスやマゼランが大西洋や太平洋を横断したとき、これほど大きな船や安全な船はなかった。さらに、ドブリナ号の船倉には数ヶ月分の食料が用意されており、必要であれば途中で燃料を補給することなく地中海を一周できるようになっていた。なお、ゴルビ島ではバラストを増やす必要はなかったという。確かに、大災害の後、他の物質と同様に彼女の重さが減ったのであれば、排水量も同様に減っているはずである。そのため、2つの重さの比率は全く同じで、ドブリナ号は同様に航行できる状態だった。

ティマシェフ伯爵は船乗りではなかった。このスクーナーの指揮はプロコピウス中尉が執っていた。

この中尉は30歳の男性だった。伯爵家の土地に生まれた彼は、アレクサンドル皇帝の有名な勅令よりもずっと前に解放された農奴の息子で、感謝と友情のために心も身体も元来の領主に捧げていた。彼は、国の船や商船で学んだ優秀な船員であり、ドブリナ号に乗船したときには中尉に任命されていた。ティマシェフ伯爵は、このスクーナー船に乗って、冬は地中海、夏は北の海と、一年の大半を航海していた。

プロコピウス中尉は、自分の本務以外でも非常に学識のある人物だった。彼は、ティマシェフ伯爵にとっても、彼自身にとっても、育ての親にふさわしい教育を受けてきたという点で、信用のおける人物だった。ドブリナ号は、これ以上ないほどの優れたの性能を発揮した。さらに、彼女の乗員は優秀だった。機関士のティグレウ、4人の船員ニーゴシュ、トルストイ、エトケフ、パノフカ、コックのモッチェルから構成され、いずれもティマスチェフ伯爵の借家の息子たちで、海上のロシア名家の伝統を受け継いでいた。船員たちは、かつての主人が運命を共にしてくれれば、物理的な秩序が乱れていても別段気にすることはなかった。プロコピウス中尉は非常に不安を感じており、ティマシェフ伯爵も心の底では同じ不安を感じていることを知っていた。

ドブリナ号は、帆と蒸気の力で東に向かって走っていた。風が良好だったので、1時間に11ノットは確実に出ていたと思われるものの、高波のためにこの速度が刻々と「乱れ」ていた。

というのも、西から吹いていた風は、今では新東風となっているが、それは微風に過ぎず、海はそれほど強くないにしても、かなりの水準の変化があったからである。それは理解できた。地球の質量に引き寄せられて重さが減った液体分子は、振動という単純な効果によって、巨大な高さまで上昇した。彼の時代には、最高潮の波の高さを7、8メートルに抑えていたアラゴは、それが50、60フィートにまで引き上げられているのを見て、非常に驚いたことだろう。それも、ぶつかって跳ね返ってくるような砕けた波ではなく、長い起伏のある波で、スクーナーに20ヤードのレベル差を与えることもあった。ドブリナ号は、引力が減少したことで重さも軽減され、より楽に持ち上げることができた。率直に言って、もしセルヴァダック大尉が船酔いをしていたら、このような状況ではかなり体調を崩していただろう。

しかし、これらの変化は突然起こったものではなく、ある種の非常に長いうねりによるものに過ぎなかった。つまり、このスクーナー船は、通常の地中海の短くて硬い波の引力を受けた場合と比べて、何の疲労も感じなかったのである。唯一の欠点は、何と言っても船のスピードが落ちてしまうことだった。

ドブリナ号は、アルジェリアの海岸線が占めているはずの線を、2~3kmほどの距離を置いてたどっていた。南側には土地の様子はなかった。プロコピウス中尉は、位置が混乱している惑星を観測してスクーナー船の状況を把握することができなくなり、また、太陽の地平線からの高さを計算してスクーナー船の経度と緯度を求めるという目的を達成することができなくなったが、その計算結果は新しい天測航法以前に作成された地図にうまく移植することができなかったものの、ドブリナ号の航路はかなり近似的に把握することができたのである。一方で、ログによって得られる移動距離の推定値と、方位磁石によって示される正確な方向は、この小さな航海には十分であった。

幸いなことに、方位磁石は一瞬たりとも乱されることはなかった。この地域では、世界の北から約22度の位置にある磁北を常に示す磁針には、天文現象の影響はなかった。そのため、太陽が西から昇り東に沈むという意味で、東と西が入れ替わったとしても、北と南は枢機卿の順に位置が変わらない。方位磁石とログが頼りになるが、六分儀がない場合は、少なくとも一時的には使用できない。

この探検の初日には、スタッフオフィサーよりもこの問題に詳しいプロコピウス中尉が、ティマシェフ伯爵の立会いのもと、これらの諸事情を説明した。ほとんどのロシア人がそうであるように、彼はフランス語を完璧に話した。話題は自然とこれらの現象に移っていったが、その原因はプロコピウス中尉にもセルヴァダック大尉にもわからない。さて、正確には最初から、1月1日から地球が太陽系の世界を横切っていた新しい軌道の話があった。

大尉、プロコピウス中尉は、「地球はもはや太陽の周りを回る通常の航路を辿っておらず、何らかの未知の原因によって異常に接近していることは明らかだ」と述べている。

- そして問題は、金星の軌道を切った後、水星の軌道を切らないかどうかである。

- 「最後には落ちて、太陽の上で消滅してしまう」とティマシェフ伯爵は付け加えた。

- 「落ちたら大変なことになる!」とセルバダック大尉は叫んだ。

- いや、プロコピウス中尉は「今、地球が危機に瀕しているような落下ではないと断言できると思います」と答えている。太陽に向かって突進しているわけではなく、太陽を中心に新しい軌道を描いているのは間違いない。

- 「この仮説を裏付ける証拠はあるのか」とティマシェフ伯爵は尋ねた。

- 「はい、閣下」とプロコピウス中尉は答え、「あなたを納得させる証拠があります。実際、地球上の地球が受けた落下であれば、最終的なカタストロフィーは短時間で起こり、我々は魅力的な中心に極めて近いところにいるはずです。もし落下だとしたら、太陽の作用と相まって惑星を楕円に沿って循環させる接線速度が突然消滅したことになり、この場合、地球が太陽の上に落下するのに64日半しかかからないことになります。

- 「これで結論が出たのか?」とセルバダック大尉が尋ねた。

- 「落ちていないこと」とプロコピウス中尉が答えた。実際、金星の軌道が修正されてから1ヶ月以上が経過しているが、地球の地球が金星の地球を通過したとは到底思えない。そのため、地球の半径3,800万kmのうち、1,100万kmしか太陽に接近していないことになる。したがって、地球が受けるのは落下ではないと断言できます。これは非常に幸運な状況だと思います。さらに、我々は太陽から離れ始めていると信じる理由があります。なぜなら、気温は徐々に低下しており、グルビ島の表面の熱は、アルジェリアがまだ36度線上に位置していた場合のアルジェリアの熱よりも強く存在しません。」

- 「中尉、あなたの推理は正しいはずです」とセルヴァダック大尉は答えた。「いいえ。地球は太陽の上に落下しているわけではなく、やはり太陽の周りを引力で回っています。」

- しかし、プロコピウス中尉は、「我々が原因を追求している大変動の結果、地中海はアフリカ沿岸と同様に、急激に赤道帯の下に押しやられたことも同様に明白である」と答えた。

- 「アフリカの海岸線が残っていれば。」と、セルバダック大尉。

- 「そして地中海も。」とティマシェフ伯爵は付け加えた。

多くの疑問に答えなければなりません。いずれにしても、この時期、地球は太陽から徐々に遠ざかっており、魅力的な中心部の表面に落下することは、もはや恐れるに足らないことだと思われた。

しかし、スクーナー船が少なくとも残骸を見つけようとしたアフリカ大陸には何が残されていたのだろうか。

島を出てから24時間後、ドブリナ号は、アルジェリア沿岸のテネス、シェルシェル、コレア、シディフェルチが占拠すべき地点を明らかに通過した。しかし、メガネのフィールドには、これらの町はひとつも登場していなかった。大陸が波を止めるはずの場所に、海がどこまでも続いていた。

しかし、プロコピウス中尉がドブリナ号に指示を出したのは間違いではなかった。方位磁石の指示、風の方向がほぼ一定であること、航海日誌から得られるスクーナー船の速度、2月2日の日付でその日に取った航路を考慮すると、彼は緯度36度47分、経度0度44分、つまりアルジェリアの首都があったはずの場所にいると言える。

そして、アルジェはもちろん、テネス、シェルシェル、コレア、シディ・フェルチも地球の深部に沈んでいった。

セルヴァダック大尉は、眉をひそめ、歯を食いしばって、無限の水平線の向こうに広がる巨大な海を猛烈な勢いで見つめていた。彼の人生のすべての記憶が蘇ってきた。彼の心臓は狂ったように鼓動していた。数年前まで住んでいたこのアルジェの街で、彼はもういなくなってしまった同志や友人たちと再会した。彼の思いは、自分の国、フランスに向いていた。彼は、恐るべき大変動の影響を受けていないかと考えた。そして、その深い海の下に、沈んだ首都の痕跡を探そうとした。

いやだ!」と叫んでいた。そんな大惨事はありえない。街はそう簡単には消えません。沈没船が見つかる!?高峰が出てきたでしょうね。150メートルの高さに建てられたカスバ、ランペルール砦のうち、少なくとも数部分は波の上に残っているだろうし、アフリカ全体が地球の底に沈んだのでなければ、その跡を見つけることができるはずだ。"

海面に残骸が一本も浮かんでいないこと、枝が折れた木が一本も漂流していないこと、一ヶ月前にマティフー岬とペスケード・地点の間にできた幅20マイルの壮大な湾に停泊していた船の板が一枚もないことは、まさに驚異的な状況だった。

しかし、もし視線が水面に止まったならば、探査機を使って水面を調べ、不思議にも消えてしまった都市の残骸を浮かび上がらせることはできないだろうか。

ティマシェフ伯爵は、セルヴァダック大尉に疑念を抱かせないように、調査の指示を出した。プラムボブに獣脂を詰めて送った。

皆が非常に驚いたのは、特にプロコピウス中尉が非常に驚いたのは、その音がほぼ一定のレベルを示しており、海面からわずか4、5ファゾムしか離れていなかったことだ。この探査機は2時間かけて広い場所を移動しましたが、円形劇場で作られたアルジェのような都市が示すはずの水準の違いを示すことはなかった。したがって、大災害の後、水がアルジェリアの首都の敷地全体を平らにしたことを認める必要があったのだろうか。

ありえないことだ。

海の底は、岩でもなく、泥でもなく、砂でもなく、貝でもなかった。鉛からは、金色の虹色をした金属粉のようなものが出てきただけで、その正体を知ることはできなかなった。それは、いつも探査機が地中海の底から持ち帰ってくるようなものではなかったのだ。

「中尉、見てください」とエクトール・セルバダックが言った。我々は、あなたが思っている以上にアルジェリアの海岸から離れています。

- 「もっと遠ければ、5ファゾムどころか、200~300ファゾムはあるだろう」とプロコピウス中尉は頭を振って答えた。

- とティマシェフ伯爵が尋ねた。

- 「何を考えているのかわからない。」

- セルヴァダック大尉は、「伯爵閣下、お願いですから、一点を南に押して、我々がここで無駄に探しているものを、もっと遠くで見つけられないか見てみてください」と言った。"

ティマシェフ伯爵はプロコピウス中尉と相談し、天候が何とかなったので、ドブリナ号はあと36時間、南下することが合意された。

エクトール・セルバダックはホストに感謝し、新しい航路をヘルムスマンに伝えた。

2月4日までの36時間、この海の探検は細心の注意を払って行われました。怪しい水の中に探査器具を潜らせてみると、どこもかしこも4〜5ファゾムの平らな底を示していたが、この底を鉄製の浚渫器具で削ってみると、この浚渫器具には切石や金属片、折れた木の枝、あるいは海の土が普通に蒔かれている疎水性の植物や動物の一匹さえも見当たらなかった。このようにして、古い地中海の底辺に代わって、どのような底辺が生まれたのか。

ドブリナ号は北緯36度まで南下した。ミティジャの豊かな平野を海から隔てている山脈、かつてブザレアーの最高点があった高さ400メートルの場所である!船上で陸地が図示されたとき、彼女がかつてサヘルがあった場所を航行していることが明らかになった。周りの土地が飲み込まれても、この峰は海の上の島のように見えているはずである。

ドブリナ号はさらに南下し、サヘルの主要都市ドゥエラ、プラタナスの木陰の広い通りのある町ブファリック、Oued-el-Kebirから400メートルの高さにある砦を見たこともないブリダを越えていった。

プロコピウス中尉は、これ以上未知の海に足を踏み入れることを恐れて、北か東に引き返すようにと進言したものの、セルバダック大尉の勧めもあって、ドブリナ号はどんどん南下していった。

探検はこのようにして、カビレス族がよく訪れたという伝説の洞窟があるムザイアの山にまで及んだ。カロブの木、ハックベリーの木、あらゆる種類のオークが生息し、ライオン、ハイエナ、ジャッカルが生息している....。6週間前にBou-RoumiとChiffaの間に立っていた彼らの最高峰は、その高度が1600メートルを超えていたので、波の上にかなりの高さで現れていたはずである。この場所でも、空と海が一体となった水平線でも、何も見えなかった。

結局、北に戻る必要があり、ドブリナ号は進路を変えながら古代地中海の海にたどり着いたものの、かつてのアルジェリアの名残は見当たりなかった。

脚注[編集]