建国の詔

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


原文

三月辛酉朔丁卯。下令曰。自我東征於茲六年矣。賴以皇天之威。凶徒就戮。雖邊土未淸。餘妖尙梗。而中洲之地無復風塵。誠宜恢廓皇都規大壯。而今運屬此屯蒙。民心朴素。巢棲穴住。習俗惟常。夫大人立制。義必隨時。苟有利民。何妨聖造。且當披拂山林。經營宮室。而恭臨寶位。以鎭元元。上則答乾靈授國之德。下則弘皇孫養正之心。然後兼六合以開都。掩八紘而爲宇不亦可乎。觀夫畝傍山〈畝傍山。此云宇禰縻夜摩。〉東南橿原地者。蓋國之墺區乎。可治之。

やよひ、かのとのとりの朔、ひのとのうの日、のりを下してのたまはく、我ひがしうちしより、こゝにむとせなり。あめのかみのみいきほひをかうふりて、あだころされぬ。ほとりのくにいまだしつまらず、のこりのわざはひなほあれたりといへども、うちつくにところまたさはぎなし。まことによろしくみやこをひろめひらきみあらかをはかりつくるべし。しかるにいま、ときわかくくらきにあひ、おほみたからのこゝろすなほなり。にすみあなにすむ、すむしわざ、これ常となれり。かのひじりのりのことはりをたつ、かならず時のまにいやしくも、おほみたからくぼさあり、なんぞひじりのわざにたがはん。且まさに山林をひらきはらひ、おほみやををさめつくりて、つゝしんでたかみくらゐにのぞむべし、もておほみたからをしづむべし。上はすなはちあめのかみ、國をさづけ給ふうつくしみにこたへ、下はすなはちすめみまたゞしきをやしなひ給しみこゝろをひろめん、しかうしてのちに、くにのうちをかねてもて、都をひらきあめのしたをおほひて、いへとせんことよからざらんや。みれば、かのうねびやまたつみのすみかしはらところは、けだし國のもなかか、みやこつくるべし。

この作品は1926年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 

この著作物は、1945年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、1926年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。