工業唱歌

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


第一   技 術󠄁 の 力            大 和 田 建󠄁 樹
 つつ  ひとありてこそ こく じょく ほかよりけず。
   はた耕󠄁たがや  ありてこそ ながららるる いのち こく
  たのもしきは  技󠄂 術󠄁じゆつちから。」 
 かい ぐわい ばん   とうえて われ庭󠄁てい 運󠄁はこばるる、
  にち よう 便󠄁べん   せんうつは きんぎんかがやく いへ 飾󠄁かざ り。
   もしきは  技󠄂 術󠄁。」 
 おもへば織󠄂  ぬの にしき いづくの まとふらん。
  たへなるいろどり みだ れ ぬ いと  てんこううばひし  その 花󠄁はな 紅 葉もみぢ
   もしきは  技󠄂 術󠄁。」 


第二  真󠄁 の 技 𧗷 者      大 和 田 建󠄁 樹
ならべるくわいなかつ、われころもやぶれたり。
夜晝よるひるうごかすあしは、あぶらちりとによごれたり。」
がくりょくあさかんなく、とみもなければもあらず、
されど飽󠄁ほう食󠄁しよく暖󠄁だんして、こころ平󠄁へい滿たされぬ。
廻󠄀まはくるまのたゆみなく、みぎひだりあらそはで、
勤勉きんべんこと忍󠄁しのびなば、成󠄁功せいこうつひにちん。」
たのめやわがなす事每ことごとに、誠󠄁まこといちまもりつつ、
ふいご音󠄁おと槌音󠄁つちおとも、てん響󠄃ひびかん其時そのときを。」


第三  工 業 の 花        大 和 田 建󠄁 樹
千變萬化󠄁せんぺんばんくわかぎりなき、ぜん不思議ふしぎおどろきて、
及󠄁およばぬものと恐󠄁おそれしは、過󠄁ぎしむかしひとごころ。」
いまちゅうげん象󠄂しょうも、きは使󠄁えきして、
人生じんせい利器りきす、文󠄁明開化󠄁ぶんめいかいくわのすすみ。」
りくには鐵道󠄁網󠄂てつどうあみりて、せん道󠄁みち遠󠄁とほからず、
うみには船󠄂舶せんぱくなみて、かいぐゎいばんみなとなり。」
、トンやま通󠄁とほし、釣橋河つりはしかはけわたし、
ぜん障󠄂さわりもゆめとのみ、消󠄁えゆくじん大進󠄁だいしん。」
くもらすいなづまも、もちひてわがものとせし、
電燈でんとうでん電信でんしん、ただがく賜物たまものぞ。」
、かくまで月日つきひにすすみなば、空󠄁そらふねつくられて、
くもよりくも旅󠄁行りよこうする、道󠄁みちひらけんもときぞ。」
海陸かいりく武器ぶきのたたかひも、じつぎょう平󠄁へいたたかひも、
勝󠄁しょうはいひとへにこうぎょうの、ちからあふいまとき。」
むねくんしょうゆび織󠄂物染物おりものそめものも、
いづれかえきある技󠄂術󠄁じゅつしやの、咲󠄁かせしほまれの花󠄁はなならぬ。」
くに盛󠄁衰せいすいえい全󠄁ぜんりょくその支󠄂はいする、
こうぎょう術󠄁じゅつらいこそ、おもへばしやくゎい勝󠄁しょうしやぞ」
一〇、よしやあぶらまみるとも、よしやくすりよごるとも、
てん進󠄁しん掌中しょうちゅうに、にぎこそは愉󠄁くゎいなれ。」
一一、いざ我友わがともよ、諸共もろともに、このくゎいらくめいある、
こうぎょうかいてて、そうてんつくるべし。」


第四  文 化 の 恩 人      大 和 田 建󠄁 樹
、ゼームス、ワット
かぶせしふたげて、湯氣ゆげちからより、
いく年月としつきしんて、じょうくゎん發明はつめいし、
ばつこうそうしたる、ワットはかいだいじん。」
、ジヨージ、スチブンソン
父󠄁ちち炭󠄁坑火たんこうくわたりし、貧󠄁ひんうち起󠄁おこし、
ただ熱心ねつしんべんきょうと、鐵道󠄁てつどうぎょう發明はつめいに、
きゅうめい博󠄁はくしたる、スチブンソンは恩者おんじや。」
、ジヤックハード
貧󠄁賤ひんせんそのぎょく成󠄁せいし、せいだせる機織󠄂はたおり
リヨンのみやこふうして、とき帝󠄁みかど皇后こうごうに、
遇󠄁ぐうたるシヤックハードママてんの志こうはん。」
、トーマス、エヂソン
鐵道󠄁てつどうしょうボーイ、實驗室じつけんしつわが部屋へやに、
つくりてみがきしがく成󠄁りて、發明はつめい遂󠄂げたる電燈でんとうの、
めぐみを遺󠄁のこすエヂソンは、きゅうらすひかりなり。」
、左  甚 五 郞
わがたのしみは貧󠄁まづしきに、ありとうたひて里人さとびとの、
わらふもらずかへりみず、一心刀いつしんとうりて、
彫󠄁ちょうこくつとめしじんろう、「ひだり」のこそ八千代やちよなれ。」

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。